オリジナルインテリア「Rose Party~Since 2003~」マキとスタッフのブログ♪RueRueと薔薇♪

17周年!オリジナルインテリアと大人可愛いファッション、高橋真琴の生活用品を少女のココロを忘れない女性たちへ。

3/29水曜日更新予定新作速報♪

2011-03-29 | 愛犬ルウルウ(19歳超・長寿にて天国へ・現在はルウタ)

みなさまいつもありがとうございます。

東北関東大震災にて被災なさったみなさまへ心よりお見舞い申し上げます。

みなさまの心に少しでも寄り添える存在でいられるよう・・・心から願います。

2粒の・・・涙を流しているミッフィーに心打たれました。ミッフィーもまた、2粒の涙を流して、被災者のみなさまに寄り添ってくれています。

ようやくペットたちの現状も取り上げられました。飼い主のみなさまは、大変な中、彼らと寄り添い、過ごしていらっしゃるようです。

獣医師会も奮闘してくれているようです。わたしのダーも、この世にいたら、きっと今頃は被災地で活動をしていただろうと思います。新潟の震災のときも、彼はあっという間に行動を起こしておりました。

この方の・・・まるで、「僕たちは家族だから離れるわけにはいかないじゃん」とでもいうような微笑みとワンちゃんの姿に涙がこぼれました。

避難所には入れなくて・・・車中で寝泊りなさっているようです。しかしガソリン不足で暖房もきかないだろう車内をものともせず、我が子を守っていらっしゃいます。

阪神のときにも、ペット同伴では避難所に入れず、車中で過ごす方が大勢いらっしゃいました。また、新潟地震では、ワンコとともに車中生活を余儀なくされていた女性が、エコノミー症候群で亡くなったそうです。今回はそのようなことの絶対にないよう、どうか、ペット同伴の方々を受け入れてあげてほしい・・・わたしたちにとって、彼らは、心の支えであり、我が子同然の存在です。我が子を置き去りにすることはできません、我が子を寒い中にほっぽらかすことは決してできません。

もう8年くらい前のことでしょうか・・・ダーが里親探しをしていたワンコたちと一緒に(彼は捨てられた子や飼い主に安楽死を希望された子たちをみんな自分で引き取ってくるんですよ・・・大変だったな^_^;)、特別養護老人ホームに出かけたことが数回あります(わたしはもちろん雑用係です^_^;)。「アニマルセラピー」と言うのでしょうか。

「捨て犬、捨て猫たちにも、こうしてちゃんと仕事はある。犬たちにとっても、そして、彼らに触れる人間にも喜んでほしい。これが共存だと思う。こうして共存していくことが大切だと思うんだ」ダーは、このように話しておりました。

ワンコたちを連れて行ったホームでは、おじいちゃんもおばあちゃんも、本当にうれしそうに、ワンコたちを抱っこしたり撫でたりしていました。中には、日常はほとんどしゃべらないそうなのに、ワンコたちに一生懸命何かを話しかけているおばあちゃんもいました。ワンコたちには、差別が一切ありません、どんな人にも、極端に言えば、どんな汚い格好をしている人にも、どんな悪いことをした人にも、無償の愛でもって接します。

人間にそんなことができるだろうか・・・わたしは、考えました。そんなことできるわけがない、わたしだって、どこかで誰かを差別している、まったく赤の他人に対して無償の愛など与えられるわけがない。

ペットたちは、わたしたち人間にできないことを、しかも、とっても大切なことを、本来なら人間がしなければならないことを、してくれていることを、わたしたちは忘れてはいけないと思うんです。

言葉を話さない彼らの内から発されるそのぬくもりと愛に、どれだけの人が癒され助けられてきたことでしょう。人間の命が大切ならペットの命も大切だ、というのは、そういうことです。

この子のこの素直で優しい目がいとおしくてたまらない。生きていてくれてありがとう、どうか飼い主さんを、そして多くの人を癒してあげてね。

こうしてペットを同伴させてくださる避難所もあるようです。心より感謝申し上げます。本当に本当にありがとうございます。

 

うちのちびっ子も雑巾になりながらがんばっております。いつも一緒に祈っています。被災地の子たちに、どうかどうかイエスさまが寄り添ってくださいますように、と。飼い主さんとはぐれてさまよっている子たちもたくさんいます、どうかその子たちをお救いください。イエスさま、どうぞ、飼い主さんともども、この子たちをお護りください、どうかこの悲しみに、せつなさに、不安に、どうかしっかりと寄り添ってくださっていますように・・・。

そして亡くなった子たちを、その暖かな優しい手で、思い切り抱きしめてくださっていますように。どうかどうか、イエスさま、お願いいたします。

 

さて。

何だかとってもバタバタしておりました。発送が大混雑しておりましたが、ようやく落ち着きました。

明日、3/29水曜日更新予定の新作を一部ご紹介いたします

雨傘コレクションもございます♪ プチプライスで素敵なアンブレラを3タイプご紹介いたします。

明日の一押しは、ホワイトピンクのアンサンブル2タイプ 最高に可愛いのでどうぞお見逃しなく。

まずはこちらのクチュールアンサンブル☆彡 ある有名ブランドさんの今季春物です!

なんてロマンティックで素敵なのでしょう・・・

しっかりとした上質の厚手素材で、今すぐお召しいただけます。お色はみなさまが大好きなベビーピンク、薄ピンクなのでとびっきり素敵。高級感あふれるレースのあしらいがとっても素敵。

サイズはフリー、Mサイズの方にもLサイズの方にも素敵にお召しいただけます。伸縮性抜群なので着心地も最高(*^_^*)

インナーは半そでパフ♪ レースのお襟が何とも可愛い♪ 薄ピンクシフォンのブローチはどこにつけても可愛いんです。

カーディガンもこの可愛らしさ

今の時期に今季物がセールになることはないのでとってもとってもお買い得です、お買い得なだけでなくこの可愛らしさなのでどうぞお見逃しなく。入荷数はわずかです。

丸襟ブラウスを合わせると、びっくりするほど可愛い・・・(^^♪

こちらのブラウスもご紹介いたします。

レースの丸襟なんです♪ 今年は丸襟が大流行、大人の女性にお召しいただいてこそ素敵な丸襟

こちらのアンサンブルもとーってもおススメ!

みなさまが大好きな白ピンク 春夏でもなかなかこの白ピンクは出てきません♪

素材もみなさまが大好きな伸縮性抜群素材、Mサイズオンリーですが、よーく伸びるのでサイズ的にも余裕がございます。

使えるカーデとのセット♪ ホワイトパイピングが可愛い!

手の込んだ刺繍やガーランドが、全体の愛らしさの中に、気品をも漂わせています。

こちらのカーデにも丸襟ブラウスがぴったり。印象ががらりと変わりますので、ぜひセットでどうぞ(^^♪

高級感のあるお花ボタンも素敵。

そして明日より、プレゼントフェアをスタートいたします お買い上げ11550円以上で、画像のチュールフリルニット(2940円)をもれなくプレゼントいたします。わーい この子は現在大ブレイクをいただいているアリスニットの別バージョンです

お顔をふんわり甘く見せてくれる純白チュールフリル三段♪

さらっとした優しい素材で、これから夏にかけて、一枚でもインナーとしても大活躍いたします。プレゼントはたくさんご用意しておりますが、なくなり次第終了いたします。お早めにどうぞ。対象商品は在庫のある全アイテム、プレゼントページを作りますのでご希望の方はかならずカートにお入れくださいネ。

その他にもご紹介いたします。

どうぞお楽しみにネ(^^♪

 


3/25追記更新日変更&話題いろいろ。

2011-03-25 | 新作速報&話題いろいろ

☆3/25再追記

みなさま申し訳ございません、新作更新日を3/27日曜日に変更させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

みなさままいどです。ただいま発送が大変混みあっております。どうぞよろしくお願いいたします。

明日3/27日曜日更新予定の新作一部をご紹介♪

・リボンとフリルづくしカーディガン(再販・ラスト限定11)

・ホワイトピンクキラキラお花クチュールブラウス(一押し)

・ヒラヒラフリルレースカーディガン

・チューリーリボンベビーピンクニット(半そでパフ、ノースリブ)

・ローズプリントシフォンレーススカート

一押しのホワイトピンククチュールブラウス&ヒラヒラフリルレースカーディガン

ブラウスの胸元には純白シフォンモティーフ・フロントには一粒ダイアのようなキラキラが輝きます。クチュールなので、とびっきり素敵な仕上がり。まるでシルクのような肌触り。画像で観るよりずっとずっと素敵で、とーってもおススメです。

フリルカーデは、前で結ぶことができるので、ストールのような愛らしさ&エレガントさ♪

ピンクと白のコーデが映える季節到来♪ 来週からはぐっと暖かくなるそうです♪

半袖にもノースリーブにも、画像のように長袖とレイヤードしていただくこともできる優れもの。ふわっと羽織るだけで、ふんわりとした愛らしさ漂うコーディネートに。ストレッチレースなのでゆったり、フリーサイズとお考えいただいてよいと思います。リボンブローチは私物です。

大人気をいただきそうなベビーピンクのチューリーリボンニット♪ 半袖パフスリーブと、インナーとして最適なノースリーブをご用意しております。

薄手でさらっとした素材、伸縮性抜群でゆったりしているので、気持ちよくお召しいただけます。

ぜひフリルカーデとセットで♪

再販のフリルリボンカーデは、すでに更新時間のお問い合わせなど多数いただいておりますのでお早めにどうぞ(*^_^*)

日曜日の更新をどうぞお楽しみに

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このたびの東北関東大地震で被災なさった方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

また関東地域で、計画停電などご不便を強いられているみなさま、本当にお疲れ様です。仕方のないこととは言え、電気を使えない不便さは相当なものだとお察しいたします。うちは、関東のお客様が本当に多いので、いろいろとお伺いしておりますが、クタクタになって仕事から帰ってきたら家が真っ暗・・・・気持ちまで真っ暗になってしまう・・・といったお言葉をお聞きすると、本当に気の毒です。

小さなことから大きなことまで、何もかもが他人事ではありません。

被災なさった方々への支援について、一番大切な義援金、そして支援物資、節電など、現実面でははっきりしています。けれども、被災者の方々の傷ついたお心を想うとき、わたしたちは被災者の方々とどのように接すればすればよいのか、悩みます。

3/17付・朝日新聞朝刊に掲載された山折哲雄氏の言葉に、わたしは共感します。

『(前略) 「なぜあの人は死に、わたしは生きているのか」と問うと、無常という言葉が浮かんできます。先人は、自然の猛威に頭を垂れ、耐えてきた。日本人の心のDNAとも呼べる無常の重さをかみしめています。

残念なことですが、私たちの力ではみなさんの悲しみを取り除くことはできません。悲しみを完全に共有することはできないのです。でも、みなさんに寄り添うことはできる。悲しみを抱えたまま立ち直っていくことはできるのです。それはみなさんと「無常」を受け止めていくことだと思います』

別に偶然ではありませんが、聖トマス大学で開催されるシスター高木主催の今期の講座でも、4/15に山折さんがお話されます。タイトルが『遠藤周作の場合』ですから、わたしも聴きにいきます。今期もすでに定員オーバーですが、この講座の講師陣たちは、普段滅多に話を聴けないような人ばかりですので、機会があればみなさまもぜひ。

さて。またうれしいご報告です。被害が甚大だった仙台市にお住まいの大切なお客様お二人からご連絡をいただいたのです。理恵さま、Tさま、お二人ともご無事だった・・・。もちろん仙台はもっとも被害の大きかった地域ですから、お二人とも大変な思いをなさっていらっしゃいます。どのような状況だったのか、ニュースでは流れない部分も含め、とても貴重だと思いますので、理恵さまからのメッセージの一部をご紹介させてください。

「本当に・・・長く怖い地震でした。

私は仕事中でした。福祉の仕事で身体障害者の方の支援員として働いています。身体の不自由な方を避難させる事にとても時間がかかり大変でしたが、何とか全員、すぐ隣の公園に避難することができました。
 
私の職場も自宅も幸い津波には合わずに済み、学校へ行っていた子供達も無事でした。ですが、職場の人の中では、家に住めなくなったり、親類の家が津波
に流されたり・・なかには、津波から危機一髪逃れた人もいます。私も4日程は近くの集会所へ避難し、近所の方達と自炊しながら寝泊りをしていました。
 
ライフラインの復旧に時間がかかり、水はようやく昨日(ご連絡をいただいたのは21日)出ました。普段、何気なく使っていた水が、こんなに貴重な物であることを、身をもって体験しました。
沢山の方が、地震や津波で亡くなった中、元気に生きていて、家にまだ住める私はとても恵まれていると思います。
 
今、職場は緊急指定避難場所として近所に住む障害者の方が寝泊りをしています。普段の仕事では、障害者の方の自立支援をしていますが、現在は避難してきている方の見守りや介助をしています。地震の恐怖からまだまだ立ち直れない方が何人かいますが、どうにか元気を取り戻して欲しいです。
 
亡くなった方々を思うと、生かされた命、大切にしなければと心から思いました。
とくに沢山の子供達が犠牲になった事を思うと、人事とは思えず、心が張り裂けそうになります。現実とは信じがたい出来事ですが、現実に起こったことであり、生きている人間はこの現実を乗り越えて行かなければならないのですよね。今はただ、これ以上の犠牲者が出ないことを祈りつつ、自分に出来る事を精一杯
頑張ろうと思います。
 
地震前、マキさんの本の紹介でマキさんが「罪と罰」を読むと言うので、私もふと読んでみたくなり、読んでいたところでした。地震後は全く読むどころではなかったのですが、落ち着いたらまた読みたいです。とても難しい本ですよね(^_^;) でも、最後まで読みますよ~(~_~)」
 
実際にこの大災害の真っ只中にいらした理恵さまのお言葉には胸がつまります。
この12日間、言葉に尽くせないほどの大変さだったとお察しいたします。
お気持ちが落ち着くまでにはまだまだ時間がかかると思いますし、
日常生活に戻るのにも相当の時間が必要になると思います、
けれども、理恵さまの優しさと強さでもって、この難局を必ずや乗り越え、
乗り越えるだけでなく、それまで以上の何かを理恵さまは手になさると確信しております。
とは申しましても、どうかくれぐれもご無理なさいませんよう・・・
わたしは理恵さまに、そして被災者のみなさまに、がんばれ、とか、負けないで、とか言えません・・・
みなさん、すでにがんばりすぎるほどがんばっていらっしゃるのに。
がんばれコール、負けないでコールに、勇気をもらう人もいれば、心が縮んでしまう方々もきっと大勢いらっしゃると思うんです、全財産を亡くされた方や大切な人を亡くされた方は、どうやってがんばればよいのかな、どうやったら負けないでいられるのかな・・・今はまだそんなことを考える余裕もないと思います。
 
また、大きなものをなくされた被災者の方々が、がんばれない自分はダメなのかもしれない、と、悲しい自責に駆られることのないよう、 山折さん、そしてシスター高木のおっしゃるとおり、被災者の方々のお気持ちに寄り添っていけるような行動と言葉で、被災者の方々と向き合っていけたら・・・と思います。
 
理恵さま、Tさまの、そして理恵さま、Tさまの大切な方々の心の平安を
毎日祈っております。
理恵さま、Tさま、大変な中、本当にありがとうございました。
 
あ、理恵さま、メールにも書きましたが、『罪と罰』理恵さまなら絶対読破できます、ラストが素晴らしいので、ラストまでいかなければ損です! 近々、理恵さまにご覧いただくために、カラマーゾフと合わせて感想を書かせていただきたいと思います。わたしは『白痴』に入りました^_^;  完全にドストエフスキー哲学にのめりこんでしまいました・・・。理恵さま、どうぞご一緒に(*^_^*)
 
あ、ずっと書くのを忘れておりました・・・
みなさま、ワンコ救助隊のエンジェルズさんへのご支援本当にありがとうございます。当店の何人ものお客様方が、義援金、そして物資をお送りくださったとのこと・・・ありがとうございます。Rose Partyでも引き続き支援を続けさせていただきます。物資なら、やはり今一番必要なのは、「フード」のようです、カリカリフードです。被災地には送れませんので、滋賀県の本部にお送りいただければよいと思います。言うまでもなく、ペットたちの命も、人間の命と同様大切な大切な命です。彼らはこれまでも、そして今後も、人間の心を癒し、和ませ続けてくれる存在です。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
インテリアハッピィバッグにはたくさんのご注文本当にありがとうございました。今週中にはすべての発送を終える予定です。よろしくお願いいたします。今回はコラージュ2点ご希望の方が多くいらっしゃったのですが、どんなコラージュが入ったのかしら、とご興味ある方もいらっしゃると思います。たとえば、大阪府にお住まいのTさまのハッピィバッグにはこんなに素敵な2点をお入れさせていただきました♪
 
 
今回は、フレームも豪華なキラキラバージョンをたくさんお作りしました。とてもハッピィバッグの商品とは思えない、うちの作家軍はまったく手を抜きません(*^_^*)
右のパールフレームはわたしが選んできたものなのですが、ドレスをあしらうと、本当に素敵
 
フレームは同じものでも、ドレスのデザインなどがすべて一点一点違います♪ 今回もものすごい数を作りましたが、ぜーんぶ違うので、みなさまだけのオリジナル一点物♪
 
 
こちらはRさまのハッピィバッグにお入れさせていただきました。ベビーピンクサテンにフリフリレースをあしらった豪華なプリンセスドレス
 
 
タイトル通り、話題いろいろです^_^;
 
リニューアルオープンした大丸梅田スウィーツ売り場でこんな可愛いお店がオープンしておりました 可愛い♪
 
青森の政子さまに何か甘くて美味しいものを口にしていただきたくて、売り場をさまよっておりましたが、見つけたとたんココに決定!
 
 
 
 
お次は、大丸心斎橋のラデュレ
ラデュレカラーのマカロンタワーが可愛い。
 
 
 
 
 
さて、完売後もたっくさんの再販希望メールをいただいているフリルとリボンづくしのクチュールカーディガン、メーカーが再生産してくれましたので、土曜日に再販予定です。今回でラストですのでお見逃しなく。
 
 
このカーデ、わたしも買いまして大のお気に入りです♪ 本当に可愛らしくてそして着心地も抜群♪ フリーサイズです。
 
その他の可愛い子ちゃんたちもお楽しみに。
 
寒さがぶりかえしております、みなさまどうぞお体大切に。
 
 
 
 

シスター高木からのメッセージ&新刊(*^_^*)

2011-03-20 | 遠藤周作、エミール・ゾラ、ドストエフスキーなどマキの読書

みなさまいつもありがとうございます。

このたびの大地震にて被災なさったみなさまへ心よりお見舞い申し上げます。避難所での生活も10日目に入り、ご高齢の方、ご病気の方への特別な配慮、そして、大きなものを失われた方々への心のケアが早急に必要になってきたようです。

計画停電などで不便を強いられている関東地域のみなさま、そして、被災地以外の地域のみなさまにも、徐々に疲れが目立ってきているように感じます。どうぞお身体ご自愛ください。

今日はうれしいニュースも飛びこんできましたね。80歳の女性と16歳の少年(女性のお孫さん)が、倒壊した家の中から救出されたそうです。さきほど、女性がしっかりとお話なさっている姿も拝見し、喜びに胸が熱くなりました。

わたしにとってもうれしい出来事がありました。被災地域にお住まいの大切なお客様と、一昨日の夜、電話でお話することができたのです。もう何年も、当店でお買い物をしてくださっている大切な政子さま、地震があった直後から、政子さまのことを案じておりました。だから、政子さまのご無事を確認することできて、本当にうれしかったな・・・。

政子さまのお宅は、高台に位置しているので、津波の被害からは何とか免れたそうですが、もうすぐそこまで、津波が押し寄せてきていたそうです。津波の恐怖もさることながら、本震と見まがうほどの強さの余震が何度も何度も、しかも長時間続き、非常に怖い思いをなさったそうです。また、政子さまはご出産なさったばかりで、産まれて一月未満のお子様を抱えていらっしゃいました。一週間が過ぎ、少し落ち着かれたご様子でしたが、ガソリンがなくて外へ出られないストレスなどを抱えていらっしゃいました。わたしは、そんな政子さまのお心に寄り添わせていただきたいな・・・・。何ができるかわからないけれど、政子さまはこのブログをご覧くださっていますから、政子さまのお気持ちが少しでも和むような、楽になれるような、そんな話題もこれからたくさん書かせていただきたいな、と思っています。

わたしたちは、亡くなった方の尊い命を惜しむと同時に、助かった方々の命を心から喜び、彼らが罪悪感を感じずに生きていけるようサポートしていかなければならない、と思いました。

昨日、シスター高木にお会いしてきました。誰より会いたかった人、誰の話よりも話を聴きたかった人。シスターに会いたくて会いたくてたまりませんでした。ようやく会えて、そしていろいろなお話を聴かせていただきました。

シスターのお顔を見た瞬間、つつつ・・・と涙がこぼれ落ちました、何だかわかりませんが、わたしもとても人恋しく、そして不安で、怖かったのです。シスターは、わたしの手をぎゅっと握ってくれました。そして「大丈夫よ」とおっしゃってくださいました。

日本におけるグリーフケア(悲嘆ケア)の第一人者であるシスターは、阪神大震災の被害者遺族、JR脱線事故被害者遺族のみなさまの心のケアをはじめ、わたしたち最愛の人を亡くした人たちの心のケア、そして、末期患者さんたちへのターミナルケアなどを中心に、行っています。少女のように小柄な体のシスターですが、いつも100人分の働きをなさっています。そして、わたしがシスターを大好きな理由の一つは、一般的にはシスターらしからぬ・・・と言ってもよいくらいの、ある意味での頑固さ、厳しさ、をお持ちのところです。このような大きな仕事をいくつも抱えていると、様々な人から、様々な意見が出てきます。権力に呑みこまれそうになることもあります。けれども、シスターは、断固として権力に立ち向かい、てこでも動かない強い意志を持って、ただひたすら、弱者のために働いていらっしゃいます。とにかくシスターご自身には、弱々しいところが一切ないのです。

「わたしのすべては神様のものです。わたしは神様の操り人形になりたいのです。神様がわたしを通して、みなさまにお伝えしたいことを、わたしは伝えてまいります」

そんなシスターから聴いた、今回の震災に関連するお話を、みなさまにご紹介させていただきたいと思います。メモを取ってきましたが、言葉遣いなどは正確でない箇所があるかもしれません、内容は正確に伝えているつもりです。

 

「みなさま、こんにちは。みなさま、ずいぶんお疲れのことと思います。いかがですか? 

このたびの地震による被害は、とてつもなく大きなものでした。被災者のみなさまは、今、この時も、身も心もぶるぶる震わせながら、不安と恐怖に向き合っていらっしゃいます。わたしたちは、被災者の方々に、あなたがたは決してひとりぼっちではない、ということをお伝えしなければなりません。

今回の地震の直後から、わたしの元へも、シスターはどのようにされますか? 生と死を考える会はどのような活動をされますか? とたくさんの問い合わせがきております。わたしは今すぐ、被災地へ出向く予定はありません、と言いますのも、現地ではまだ受け入れ態勢が整っておりませんし、迷惑になることも考えられます。これから数ヵ月後、今はまだ考えられないような様々な問題が起こってきます。被災者の方から、悲しみや苦しみ、怒りの感情が、吐き出されるのは、しばらく経ってからのことです(阪神の時もそうでしたね)、わたしはできればその時に、みなさまのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

みなさまもテレビをずっとご覧になっていたのではありませんか? 連日連夜のあの報道に対して、わたしは、ある危機感を持ちましたので、関係先に、直接、わたしの気持ちを申し上げました。けれども、テレビを観る観ないは個人の自由です。でも、みなさま、あの報道を一日中観ていたら、心身ともに壊れてしまいます。どうか、このテレビ報道に対しては、節度をもって、対応してくださるようにお願いいたします。

わたしは、阪神淡路大震災の被災者でもありますが(シスターは六甲修道院でお暮らしなのです)、今回の報道を観ていて、あの時の恐怖が、封印していたつもりのあの時の感情がわっとこみ上げ、未だに自分自身が、あの時の思いから立ち直っていないことを知らされました。多くの方も同じではないでしょうか。

今回の自然災害に対して、東京都知事が、「これは天罰だ」とおっしゃられました。もしかすると、都知事は言葉を誤ったのではないでしょうか。決して「天罰」などではありません。神様はこのようにして罰などお与えにはなりません。被災なさった方々が「これは天からの罰です」と聞かされたとき、みなさんはどれほど傷つかれるでしょう、決して天罰などではありません。

それでは、わたしたちは、今回の大災害をどのように受け止めればよいのでしょうか。「自然からの警告・そして教訓」これがわたしの答えです。都知事も、本当はこのように言いたかったのではないでしょうか。

わたしたちは、このような自然災害が起こるたびに、人智を超える偉大な力というものの存在を認めざるをえません。わたしたちは、その存在に頭を下げなければなりません。そして、この偉大な存在から与えられた「教訓」を、今後に向けて活用していかなければなりません。

原発問題、これは人災です。わたしたちの責任です。電気のない生活はできないかもしれませんが、この機会に、原発への依存を少しでもなくすため、一人ひとりの努力が必要です。節電は、このような時以外にも努めるべきですし、寒さ・暑さにも耐えられる丈夫な体作り、心作りをしていきたいと思います。

今回の大地震で、多くの方が亡くなられました。この方々について、わたしたちはどのように考えるべきでしょうか。わたしは修道服を着ております、ご存知のとおり、クリスチャンであり、神様を確信しております。ですから申し上げますが、亡くなられた方々は、不幸ではないのです、亡くなられた方々を不幸だと思うのはわたしたちです。

神様は、こういった形で、あの方々に「さあ、かえっておいで」とおっしゃられたのです。今回のことに限らず、災害や事故、ご病気で亡くなられた方々は、その一瞬は、苦しまれます。けれども、それはほんの一瞬の出来事で、気がつくと、神様の元にいらっしゃいます。そして、神様から「おかえり」と優しく迎えられ、抱きしめられています。小さな子供たちは、マリアさまに、強く強く抱きしめてもらっています。ここまで信じることが「信仰」なのです。ここまで信じる、ここまで確信する、それがわたしの信仰です。ここまで信じられなければ、この世はあまりにつらすぎます。ここまで信じることができなければ、わたしは修道服など着ていません。わたしは、天国でも極楽でもよいのですが、死の向こう側の世界、神様を確信しているから、ここまではっきりと言えるのです。必ず、彼らは、神様の元で、癒されています。

だからと言って、遺された人たちの悲しみがなくなるかというと、決してそうではありません。ですからわたしは遺族の方々の心に寄り添うケアを続けているのです。みなさまも愛する人を失いましたから、お分かりだと思います。わたしたちは、遺族の方々に、あなたたちは決してひとりぼっちではありません、ということを伝えなければなりません。悲しみに暮れる方々の心にそっと寄り添い、黙って話を聴いてあげる、手を握ってあげる、抱きしめてあげる・・・。悲嘆に暮れる方々の言葉に評価は一切つけず、ただ丸ごと受け入れてあげることが大切です。

お話は変わりますが、わたしはこのような状況の中で、まるで何事もなかったかのように平常心を装いながら、仕事をこなしていくことがどれほど大変なことかを感じています。きっとみなさまも同じだと思います。何もなかったような顔で仕事や家事を続けていかなければならないのは本当につらいことで、一人ひとりの肩に多大なストレスがかかります。今回のような大災害が起こると、被災なさった方々だけではなく、その国のすべての人たちが悲しみと苦しみの中に陥ります。関西だけではありません、中部の方々も四国の方々も九州の方々も沖縄の方々も・・・すべての方々が、今、とてもつらい思いをなさっています。

けれどもみなさま、わたしたちはみんなで、この大きな悲しみを、共に乗り越えていかねばなりません。そのために、今、わたしたちがすることは二つです。食べること、そして、睡眠をとることです。みなさん、食べてくださいね、何でもいいのです、好きなものを好きなように食べてください、ケーキが好きな方はケーキを、お菓子が好きな人はお菓子を。嫌いなものは食べなくてもいいのですよ、体が疲れているときは、食べられるものを好きなものを食べてください。そして、ゆっくりと眠ってくださいね。

わたしは、ずっと祈っています。わたしのもっとも大切なお勤めは、みなさまのことを、神様に祈ることです。」

以上がシスターからのメッセージでした。

このたびシスターが、PHP研究所より、新刊を出されました。

『大切な人を亡くすということ』

この本は、愛する人を亡くされた方、喪失体験をなさった方はもちろんのこと、そうでない方も含めて一人でも多くの方に読んでいただきたいな・・・。

シスターの著作の収益はほとんどすべて、シスターが支援なさっているアフリカの子供たちへの寄付に使われますが、今回は、その一部を、東北大震災への義援金として寄付なさるそうです。

書店でもお買い求めいただけますが、Rose Partyミニミニ図書館にて無料貸し出しもいたします♪

Rose Partyミニミニ図書館では、『ミニミニ図書館』カテゴリ内にてご紹介した本を、すべて無料で貸し出し中です。みなさまのご負担は、返送時の送料のみです(こちらから発送する際の送料はこちらで負担いたします、メール便あるいは定形外郵便)ので、気楽にご活用くださいネ(^^♪

目次を並べてみました^_^;↓

推薦文は、シスターの大親友でいらっしゃる、クリスチャンで、聖路加国際病院の理事長、100歳現役医師(!! 確か先日100歳になられたはずです^_^;)の日野原先生(つい最近も朝日新聞で、若々しくいるための秘訣を披露なさっていました^_^;)です。

「この著書は、過去二十数年の長きにわたって大切な家族をなくされた遺族の方々のグリーフケア、悲嘆の受け皿となってこられた高木慶子修道女によって書かれた書です。

(中略)

高木シスターは、限りある人生にいのちを注ぐ上でのケア、愛する人をなくした方や自分の終末をどう選択するべきか迷いのある方の魂のガイドを長年務めてこられました。

(中略)

本書の中に紹介された具体的な経験例には読者の魂を強く引き寄せる力が感じられます。そしてこのような啓示的で感動的な著述は、他に類を見ないものとわたしたちは信じます。愛する人のおくり人になるみなさんは、何時の日かは送られる人にもなるのですが、シスターにより示された人生の秘儀は読者に大きな感動を与えるものと思います。

本書により、死を超えて現存するスピリチュアリティを、ひとりでも多くの読者が感じることをわたしは期待し、本書を推薦します」

 

みなさまぜひ読んでみてくださいネ。

あ、ちょっとお知らせです。

スプリングハッピィバッグインテリアにはたくさんのご注文をいただきましてありがとうございます。コラージュ二点ご希望の方がとても多くいらっしゃるのですが、一度目の入荷分はすべてホワイトドレスでした^_^; 水曜日までにピンクドレスが入荷いたしますので、素敵なピンクと白でお入れさせていただきますネ。お楽しみに。

21:00から書き出して、ただいま23:00・・・毎度のことながら時間かかりすぎ^_^;

それでは♪

バイバイ(*^_^*)

 

 


お知らせ&3/18金曜日スタート2つのスペシャル企画予告♪

2011-03-17 | 新作速報&話題いろいろ

このたびの地震で被災なさった方々へ心よりお見舞い申し上げます。昨日、今日とずいぶん寒いので、被災地域の方々にとっては、さらに過酷な状況になっていると思います。寒さと不安に身も心もふるえていらっしゃる方々のことを思うと、やりきれない気持ちがいたします。特に避難所生活を強いられている方々の中には高齢者の方が多く、いろいろなことを我慢しながら、何とか暮らしていらっしゃる・・・。一日も早く、必要な支援物資が届き、せめて、暖かい場所で暖かいものを口にしていただきたい思いでいっぱいです。

また、計画停電などにより、不便を強いられている関東地域のみなさま、本当にお疲れ様です。特にお仕事をなさっている方は、電車の運休などで大変な思いをなさっていることと思います。

今年も、緑丘で一番最初に(もしかしたら豊中で一番かもしれない・・・)咲いたうちの桜・・・ほぼ満開状態です。

ひとときの癒しになってほしい、そんな想いで、写真を載せたのですが。西日本の方々にもご覧いただきたいな・・・ちょっと休憩してください、少しだけ、心に休息を。

西日本地域にいるわたしたちも、延々と続く悲惨な状況、それをテレビや新聞で目にすることで、知らぬ間に、大きなストレスを抱えてしまっているようです。先日も書きましたように、頭痛、めまい、下痢、発熱、鬱状態になっている人が、わたしの周囲にもたくさんいます。

直接的な被害がなかった地域でも、精神的なダメージをくらった方々は大勢います。無事でいるわたしたちこそがんばらなければ! とわかってはいるのですが、みな、どうしてよいのやらわかりません。

そこで、専門家や一般の方からのコメントなど、西日本の方たちへ向けての言葉を幾つか集めてみました(テレビなどからメモを取ったものもあるので、言葉遣いなど正確ではない箇所もあります。内容は正確に伝えているつもりです)。

『悲惨な映像を連日連夜目にしている西日本地域の方の心のストレスも、日々深刻なものになってきています。たとえば、レストランで食事をしたり映画を観たり買い物をしたりすることに罪悪感を感じる人も多いことでしょう。けれども、このようなときこそ、変わりない日常を送るべきなのです。「そのような罪悪感を乗り越えることこそが自分たち無事でいる者の使命」と思ってください。ぜひ、気晴らしに出かけ、喫茶店でゆっくりとお茶を飲んでください。わたしたち西日本の人間が、東日本の方たちの分まで、元気で働くためには、それがどうしても必要なのです』(関西の精神科医のコメント)

『こういうときこそ、日本全土で沈み込むのではなく、被害のなかった、あるいは少なかった地域、特に西日本の人たちに心の元気を養ってもらわなければなりません』(専門家のコメント)

『被災地域以外にも、心のケアが必要な方々が増えてきました。このような言い方が適切かどうかはわかりませんが、連日のテレビ報道、合間に入るようになったコマーシャルも、道徳的なものばかりで、どこか追い詰められていくような感があります。何かを見て笑うことも心を休めることも、してはいけないような錯覚に陥ってきています。元気でいる者は、これまで通りの日常を続けることが大切です。その上で、被災地に対して何ができるかを、考えていくべきです』(テレビ司会者のコメント)

『もちろん義援金も大切ですが消費するということも大切です。無事でいる私たちがショッピングや旅行を自粛すると、後々日本の経済が立ち行かなくなります。多くの企業が物資支援をしています。私たちは購買し消費することで企業を支えていかなければなりません。今こんな時だからこそ、私たちは自粛ではなく普通の生活をすることも、被災者の方々へできることのひとつではないでしょうか』(一般の方のコメント)

『物づくりのプロが集まっている東北地域、海産物など美味しい食料をいつも提供してくれている東北沿岸地域、その他にも様々な形で、わたしたちが日ごろお世話になっているこの東北被災地域が復興するまで、被災地を支えていくのは、わたしたちです。そのためにも、心の休息は必要だと思います。わたしもテレビとは少し離れることにしました』(一般の方のコメント)

また、このようなコメントもありました。

『西日本地域でも、電池やカップラーメン、ペーパー類などが売り切れ状態になっています。ご自身の安全対策、被災地への支援物資として、など理由は様々あると思いますが、西日本地域で現在そのような必要性はありません。また、支援物資は、その中身によっては被災地の邪魔になるものもありますから、個人では送らず、何が必要かを知るために、まずは、ご自分の地域の役場などで確認し、品物も役場へ送ることにしてください』(専門家のコメント)

西日本で買い溜めなんて信じられない・・・と思いましたが、実際、電池やペーパー類が完売している店を、この近辺でも2店発見しました・・・。これは、さきほどから書いてきましたように、西日本の方たちもまた、精神的に追い詰められてしまっている証拠なのかもしれません・・・

気持ちはわかるような気がします、連日連夜放映される被災地の物資不足ニュースを観ているだけでも、このような切羽詰った心理になってしまうのだと思います。でも、専門家の言うとおり、今のところ、西日本のわたしたちに買い溜めは必要ないのですから、自粛したほうがよいと思うのですがいかがでしょうか。同じように、首都圏のガソリン買いだめなどで起こった燃料枯渇を原因として、被災地へ物資を運ばなければならないトラックが動けません。

お話は変わりますが、関東地域のお客様方からも「元気です!」「大丈夫です!」とメールをいただけるようになり、それだけでもほっと一安心しております。こまりさま、直己さまからは、関東地域での様子を細かく教えていただいております。ありがとうございます。

西日本地域のお客様方からも、様々なメッセージをいただいております。落ち着きましたらご紹介させていただきたいと思いますが、その中でとりわけ心を動かされた亜希子さまからのお言葉をご紹介させていただきたいと思います。

『いつもお世話になります。
緊迫した情報に胸がつぶされそうになります。
被災なさってる方と私が過ごす一日
顔を洗ったり、歯を磨くこと、朝食、お洗濯・・・当たり前のことが有り難く平穏無事に一日を過ごせることに心から感謝するようになりました。
先ほど拝見したマキ様のブログを見てこちらが励まされました。自分にできること。負けてられへん!
私の主人は消防署に勤務してるのですが、すでに職場の同僚も現地に救助に行っておられます。その成果に4日ぶりに女性を救出できたというニュースを知りました。主人は現地に行くかどうか未決定ですが、決定でも主人の心の支えになりたいと思いました。
今の自分にできることをみつけて被災された方の応援したいと思います。頑張るのは私たちと思ってます』

このような災害でいつも表に立ってくれるのは、消防隊の方々、自衛隊の方々など救助隊の方々です。きっとわたしなどには想像もつかない過酷な現場で懸命な救助活動を続けていらっしゃるのだと思います。本当に頭が下がります。

また、昨夜、NHKで紹介されていたコメントには涙が出ました。

『わたしの父は今、福島原発にて作業をしています。『覚悟をしてください』まるで死刑宣告のようなこの言葉を受け、出発しました。現場では、たくさんの作業員たちが懸命な作業を続けています。どうか彼らに食料を、必要な物資を送ってください。そして、どうか、「電気があることでどれだけわたしたちが助かっていたか」を思い出してください』

最後の言葉は、特に心に響きました。「電気があること」を当たり前のように、わたしも思っていました。まるで空気のように、どこからか勝手に電力がやってきているように思っていました。けれども、そうではないのですね・・・決してそうではなかったのです。原発がなければわたしたちは、今のような生活をすることはできないのです。

だからと言って原発問題を軽く見ているのではありません、ただ、わたしたちも怖ろしいけれど、現場で作業をしている人たちはもっと怖ろしいのです、そして、作業員のご家族の方々はもっともっと怖ろしい思いをなさっていると思います。今のところ、避難地域以外では、人体に影響が出るような放射線は放たれていないと聞いています。余談ですが、東京-ニューヨーク間の飛行機に乗ると、一度で160マイクロシーベルトの放射線を浴びるそうです。大変驚きましたが、逆に言うと、この数値ならば人体にはまったく影響がないということですよね。

長々と書きましてごめんなさい。

どうぞ、ちょっと休息してください。昨日テレビでどこかの医師が、しばらくは深呼吸をしながら生活するのが良い、と言っておりました。わたしも普段は滅多にしない深呼吸をしながらブログを書いております^_^;

ちょっとお知らせです。長袖コレクションボックスの発送は、今週中にすべて完了予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

さて♪

明日、3/18金曜日からスタートする2つのスペシャル企画のご案内です。

まず、明日より、春恒例Rose Party オリジナルインテリア スプリングハッピィバッグを期間限定で発売開始いたします♪

毎年4月スタートなのですが、準備が整いましたので繰り上げました。

今年も趣向をこらしております。

Rose Party オリジナルインテリア スプリングハッピィバッグ

内容

Rose Party オリジナル ベビーピンクベア(MサイズorLサイズ)&ドレスコラージュ+オリジナルメルヘンインテリアアイテムを、通常価格26000円前後をお入れして12800円(税込)にて販売いたします。必ず2倍はお入れいたします。送料も込みですが、北海道・沖縄・離島地域へは別途送料800円を頂戴いたします。

今回は、必ず、Rose Party オリジナル ベビーピンクベア(MサイズorLサイズ)&ドレスコラージュを各一点ずつお入れする予定ですが、ベアのみ2点、コラージュのみ2点ご希望なさる方にはそのようにいたしますので、備考欄にお書き添えくださいませ。

ドレスコラージュは、すべて一点物です 50個お作りしても、どれ一つとして同じものがございません(*^_^*) すべてあなただけの一点物です

オリジナルベア+オリジナルドレスコラージュにさらにメルヘンインテリアアイテム(素敵なものをたくさんそろえております、作家軍はこの一週間がんばりました! まだ作っておりますが^_^;)をお入れいたしますので、インテリアアイテムファンの方、オリジナルアイテムファンの方にとっては、盛りだくさんの内容でございます

お一人様、2点までご注文いただけます。その場合は、すべて違うアイテムをお入れいたします。

販売期間

2011 3/18~3/21 21:00まで。期間内のご注文はすべてお作りいたしますがお早めにどうぞ

発送について

通常通り発送してまいります。現在発送不可能な地域は下記記事にてご確認ください。関東地域へは遅滞の可能性もございますが、今のところきちんと届いております。ご注文が殺到することが予想されますので、発送までに多少のお時間をいただく場合がございます。発送はお振込み順とさせていただきます。

二つ目のスペシャル企画は♪

ウェブショップ限定・イマンレア物&厳選10アイテムセール

Rose Partyで大切に保管していたレア物たちを数点後紹介いたします。

・ビビアンピンク・ビードキャニスターLL

・ビビアンピンク・ブレッドボックス

・ダイアナローズ・洋風大皿 その他にも。

明日の更新時にご確認くださいネ。どれももうどこにもないもの、貴重品だと思います。レア物はすべて定価での販売とさせていただきます。

さらに、先日開催したように、厳選10アイテムを期間限定でセールいたします。こちらも明日の更新時にご確認ください。期間が過ぎれば元の価格に戻りますのでお見逃しなく。厳選アイテムセールは、通常のページでは行っておりませんので、セールページにてお買い求めくださいますようお願いいたします。

20日の日曜日には、お洋服を数点ご紹介できると思います(^^♪

一押しは・・・何と言っても、春のプリンセスセット みなさまが大好きな白ピンク(薄々のベビーピンク♪)のとびきり可愛いジャケット+シフォンプリーツのフレアスカート、そしてジャケットと同素材の台形ティアードスカートの3点がセットになっているのです♪

セットアップとしてはもちろんのこと、単品でも様々にご活用いただけるので、何パターンものオシャレな着こなしをお楽しみいただけます。また、これからの卒・入園シーズンの晴れ着としてもご活用いただけます。

メーカーロット割れを非常にお安くしてもらったので、通常価格の60%以上のお値引き、とびっっきりお買い得です

サイズは9号 3枚、11号 7枚、そして13号 8枚と少ないので、お見逃しなく。

それではみなさま・・・

明日の更新をどうぞお楽しみに。

どうかお身体大切に。

 

 


心よりお見舞い申し上げます。

2011-03-15 | 想い

このたびの地震で被災なさった方々へ心よりお見舞い申し上げます。

また、計画停電などにより、不便を強いられている関東地域のみなさま、本当にお疲れ様です。お仕事をなさっている方は、電車の運休などで大変な思いをなさっていることと思います。停電したある家の方が、「不便だけど東北の人はもっと大変、これくらい我慢しなきゃ」とおっしゃっていたのが印象的でした。きっとみなさまもそのような想いで、この不便に耐えていらっしゃるのではないでしょうか。

関西でも、多くの人が節電をしています。「もっと力になれないものなのか?」 西日本に住む多くの方は同様の胸中であろうと推測いたします。実際、被災地の電気を確保、また、日本の経済を支えている首都圏の電車を動かせるなら、自分の家が数日真っ暗になっても構わない、という人がたくさんいます。だけど、東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツと周波数が違うので、周波数変換所を経由しても、送電できる能力は100万キロワットだそうです。

家も財産もすべてを失い、避難所にいらっしゃるみなさまの過酷な現状を思うと、いてもたってもいられないような気持ちです。避難所生活が長引くにつれさまざまな障害が出てくることは、阪神大震災の時に経験済みです。実際、阪神の時、避難所生活をしていた人たちは、一人の時間がとれないストレスと、これから先の不安で死ぬような思いをした、と告白なさっています(精神的ケアは最優先だと思います)。

だからこそ、動ける者が動き、働ける者が働かなければならないと思います。現在茫然自失なさっている(当然のことです)被災者の方々が動けるようになる前に、まずはわたしたち無事でいる者が、東北地方の復興に向けて、努力していかなければならないと自覚しております。

「こんなことになってどうすればよいのかわからない」「どうやって手助けできるのだろう」という言葉がわたしの周囲でもたくさん聞かれます。

それぞれ役目というものがあると思うので一概には言えません、わたしは、いつも以上に仕事をし、被災地へ向けてお送りする義援金を少しでも多くしたいと思っています。また、今回の大惨事による日本経済への打撃を少しでも少なくできるよう(これは結局、被災地やその他の地域で困っている人たちに、重大な打撃を与えてしまいます。個人消費が落ち込むのは避けなければならないそうです)、微力を言い訳にすることなく、動いていきたいと思います。

わたしたちの持っている力に、大・小、強・弱なんてのはないのではないでしょうか、みな一人ひとりの中に、めいめい宿している、与えられている力があります、その力を、こういう時にこそ、最大限に発揮できるよう努力すればよいのだと思います。ご病気で入院中の方が、「わたしにだって何かができる」と、一日中お祈りなさっています、これも、大きな支援だとわたしは思います。支援はすべて、人間の思いやりと優しさ、憐れみの心を通して相手に届く、と思うから、です。「何もできない」人など、世界に一人とていません。

阪神のときにも、他の地域の方々、そして海外からの支援が大きな力となりました。今回の地震被害は津波被害と言っても過言ではありませんし、著しく広範囲に渡っているので、阪神の時とは状況が違います、けれども、神戸は、あの焼け野原から(実際に目にしましたが本当にひどかったのです、戦火のあとのような惨状でした)、みんなの頑張りと支援で復興しました。わたしは当時、三宮でバイトしていたので、神戸にはたくさんの友人・知人がおりました。身内が亡くなったり、身内や本人が大怪我をしたり、建てたばかりの家が全壊・半壊して行き場を失ったり・・・という人が、ほんの身近にたくさんいました(今回そのような目に遭われた方々には精神的ケアをさっそく始めなければならないのではないでしょうか、後々に大きく響きます)今のようにPCや携帯が普及していなかったので、あらゆる意味で、本当にめちゃくちゃでした。そのような中でも、様々な支援と、自らの頑張りとによって、神戸、そして淡路は復興し、ボランティア活動の面でも多大な進化を遂げました。

そもそも悪い状況ばかりではありません。今日も、70歳代の女性が、4日ぶりに救出されたそうです。専門家は、「まだまだ生存者はいる、あきらめてはいけない」と言っていました。

中国メディアでは、「東京では大勢が広場に避難したが、男性は女性を助け、ゴミ一つ落ちていなかった」と紹介し、被災地に中国語の案内があることを指摘し、「外国人にも配慮のある日本に感動している」と述べています。

サッカー日本代表のザック監督は、「商店の人が無料で生活必需品を配っている。お金ができたら返しにくることを知っているからだ。日本人とはそういう人たちなのだ。日本人はあきらめない国民だ」と力説したそうです。

朝日新聞のVoiceコーナーでは、横浜市に住む会社員の40代女性が、勤め先の東京から6時間以上かけて帰った旨を記した後、「大変でしたが、途中で様々な暖かい心に触れさせていただきました。商店街では閉めた店の前に立って昆布茶を振舞ってくれる女性や、携帯を充電させてくれる店、集会所は休憩所となり、お茶やトイレを提供してくれました。みなさまのおかげで無事に帰れました。今後もしもの時には自分のできるお手伝いをしたいと思いました」と書き綴り、

また、阪神大震災経験者の60代男性は、様々な支援の提案をした後、「国民が一丸となって取り組む姿は『平和日本』のメッセージとなるだろう。日本の底力を見せるときである」と言い切りました。

『日本がいま直面しているのは、超級の規模の地震だ。「マグニチュード9.0」という地震のエネルギーだけではない。痛みも、悲しみも、その大きさは計り知れないほどだ。

でも、負けるわけにはいかない』

これは、14日朝刊の朝日新聞・社説です。『でも、負けるわけにはいかない』今、この、勇気あふれる言葉を胸に、めいめいできることでがんばらなければならないのは、無事でいるわたしたちだと思います(今現在、極端に不便を強いられている避難所の方々や、身内を亡くされた方などに、がんばって、負けないで、とは絶対言えません、身内を亡くしたり、家を失った方々はそんなことを考える余裕も元気もないのは当然です。万一言える時が来るとしても、それはもうずっと後のことではないでしょうか)。

ただ、被災地域以外の方でも、このような大惨事のニュースを続けて何日も観ているだけで、体調を崩す場合があります。昨日仕入れに出たのですが、みな、明らかに暗い顔をしていましたし、中には、「地震発生時からずっと気分が悪い」「吐き気がする」「頭が痛い」と体調不良を訴えている人が数多くいました。下痢を頻発している人もいました。特に阪神を経験した友人の中には、あの時の恐怖をまざまざと思い出したせいで、突然発熱したり、鬱症状になったりしている人が実際にいます。このような精神的ダメージは、現在、日本中の人が感じていることだと思います。ですから、まずは自分の体調に気を配りながら「できることを、できるだけ、心をこめて」行えば良いのだと思います。今すぐできなくても、きっと近いうちに何らかの形で支援ができるはずです。どうぞご無理なさいませんように。くれぐれもお体を大切になさってください。

 

☆Rose Party よりお知らせです。

昨日より北海道への荷物の配送を再開いたしました。関東地域へも通常通り発送しております。ただし、ヤマト・西濃のドライバーからの情報によると、「通常通りに到着することもあれば、数日かかることもある」とのことです。発送後に、お荷物番号をお知らせしておりますので、各宅配会社のサイトよりご確認いただけます。よろしくお願いいたします。

長袖コレクションボックスへのたくさんのご注文本当にありがとうございます。ただいまご注文が大変混雑しております。順次発送させていただいております。商品が数回にわけて入荷いたしますので、多少お時間をいただく場合がございます。どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。現在、特に、関西・四国・九州地方からのご注文をたくさんいただいており、ちょっとびっくりしております・・・ものすごく久しぶりのお客様もいらっしゃったりして・・・。何だかみなさまの想いを感じるようです。ありがとうございます。

コレクションボックスは明日21:00までご注文受付中です。引き続きご注文お待ちしております。

発送が落ち着きましたら新作情報などお知らせいたしますネ(*^_^*)

みなさまの気持ちを少しでも和ませられるような素敵な商品を、これからもご紹介させてください。よろしくお願いいたします。

 


お知らせ&スペシャル企画・長袖コレクションボックス限定発売予告♪

2011-03-13 | 想い

☆3/13夜間追記

このたびの地震で被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

被災地にお住まいのみなさま、必要なものがあれば(日用品・電池その他・何か気持ちが少しでも和むようなものなど)お送りさせていただきますのでどうぞご連絡くださいませ。宅配は集配休止中ですが、郵便は受付ていることがわかりました。現在のところ定形外郵便などでお送りできる範囲ではありますが、受け取り可能なみなさまは当店へご連絡いただき、必要な方々へお配りいただけませんでしょうか。食料などの支援物資は然るべき所が対応しておりますし、必要のないものを送って邪魔になってはいけないと思っていますので、必要なものを教えてくださり、また、受け取っていただける方を探しております。よろしくお願いいたします。

当店メールアドレス roseparty@chive.ocn.ne.jp

昨日お知らせしましたお荷物の遅滞ですが、13日現在、関東方面への遅滞はほぼ解消されております。東北地方への集配は休止中です。

☆かわいそうなワンコたちを命がけで救っていらっしゃる動物愛護団体「エンジェルズ」さんからのお知らせを記載させてください。

以下、HPより転載。

沢山の方々から、被災地の動物の一時預かりのお申し出を頂いております。

福島県・岩手県・宮城県などから動物保護の要請が来ております。
*倒壊寸前で人間は脱出できましたが、小型犬2頭は、部屋に居ます。
*屋外で大型犬を飼っていますが、避難場所には入れず、残しています。
*老犬で身体が不自由になっていますが、そのまま残して避難しました。
*津波がまた来るかも知れないと思って、リードを外して来ました。など

本当に心配で心配で、電話口で泣かれている方がほとんどです。
暗闇の中、ワン達も不安な夜を過ごしています。
第一陣が、東北に向けて走る準備がバタバタと始まりました。
行政機関にも連絡をとっております。
道路が寸断されている事、原発の事などで、どこまで前に進めるか判りません。
「命のリレー隊」のご協力をお願い致します
 

東北地方太平洋沖地震の動物たちを救え!!
「エンジェルズ命のリレー隊」
被災現場の子達の救助に出発します。
どれだけの子達を保護できるか判りません。
それぞれの子達が、数時間前までは、家族に愛され楽しく安心して暮らして居た子たちです。
家族は避難所に向かい、ワン達は被災現場の家に残されています。
余震が続く中、不安でしょう。
現在、関東地域のボランティアさんと連絡を取り合いながら、第一陣レスキュー隊が現場に向けて出発します。全国各地からボランティア参加を表明されています。
被災動物の仮設犬舎建設の準備を始めています。
善意の力で、小さな命を繋げましょう。
皆様からの義援金のご協力をお願い致します。
(*仮設犬舎・飼育費・救助活動費等に使用します。)

お振込先
郵便局:口座番号:14630-16534321
口座名義:
特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELS
       トクヒ)ドウブツアイゴダンタイエンジェルズ 


滋賀銀行:今津支店・口座番号:598577
口座名義:特定非営利活動法人 動物愛護団体ANGELS

       トクヒ)ドウブツアイゴダンタイ エンジェルズ

 

Rose Party では、当店でお買い物をしてくださっているみなさまのご協力にて(店頭・通販でお買い物してくださるすべての方のご協力です。わたし個人の力ではありません)、支援物資(エサなど)をお送りいたしました。今後も続けてまいります。

さらに個人的に支援してくださる方は、犬・猫用ドライフード・缶詰・おやつ・ゴミ用ビニール袋・おもちゃ・毛布(70*100・600*450 サイズなど)などの支援物資を、下記住所までお送りくださいますようお願いいたします。おもちゃ・毛布などは、新品でなくとも、比較的良い状態のものであれば良いと思われます。

〒520-1651
滋賀県高島市今津町酒波1186-2  電話 0740-22-3000(病気のワンコなどおりますので、18:00以降はお控えください)
動物愛護団体「エンジェルズ」宛

特に事前の連絡は必要ないと思われます。物資提供してくださる方は直接、お送りください。これらはすべて、エンジェルズさんからの依頼ではなく、当店の判断で掲載しております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

みなさまこんばんは。

まずはじめに、今回の地震で被災なさった方々に心よりお見舞い申し上げます。

あまりにもひどい天災に、言葉が見つかりません。被災なさった方はもちろんのこと、ご家族・ご友人の安否がわからず不安な時間をお過ごしのみなさまの胸中を想うと、やりきれない思いがいたします。

また、大勢の帰宅困難者の中には、当店のお客様も多数いらっしゃったことと思います。予期せぬ事態に驚かれた上、さらに家にも帰れず、あの寒い中を、やってくるあてのほとんどないバス、タクシーを待っているのは、心身ともにどれほどお辛かったことでしょうか。本当にお疲れ様でした。

今回に限らず、地震による様々な被害は、阪神大震災を経験したわたしたち関西の人たちにとっても、決して他人事ではありません。

Rose Partyでも、現実面にて何かをやらなければならないと思っています。このような時こそ、動ける人間、働ける人間が、きちんと動き働かなければならないと思っています。4月末日までの売上金の一部を、東北地方、茨城県の被災地へ寄付させていただきます。よろしくお願いいたします。

また、当店のお客様で被災地にお住まいの方、何かご入用のものがあれば、できる範囲で対応させていただきたいのですが、現在、宅配業者は、被災地域への集配を休止しております。再開になった時点でお送りいたしますので、ご連絡ください。

☆お荷物の遅滞について☆

・昨日も関東方面へたくさんのお荷物を発送いたしましたが、多少の遅滞が予測されます。関東方面への遅滞はこの数日で解消される予定です(12日現在の情報)。

・東北地方(青森・秋田・岩手・宮城・山形・福島)・北海道へのお荷物の発送は、宅配業者からの指示で、しばらくの間休止となっております。ご注文は受け付けておりますので、集配が再開された時点でお送りさせていただきます。

*一昨日ご注文をいただきました青森県八戸市にお住まいのM.Sさま、昨日地震発生前にお荷物を発送したのですが、本日、発送不可で戻ってまいりました。東北地方への集配が再開した際に改めてお送りさせていただきます。停電でインターネットもご覧いただけないかもしれませんが、何かございましたらいつでもご連絡くださいませ。

・その他の地域へは通常通り発送・到着しております。

 

さて。明日より発売スタートするスペシャル企画のご案内です!

明日、3/13日曜日より、長袖ニット、カーデ(アンサンブル含む)、ブラウスのスウィートボックスを期間限定発売スタートいたします

とびっきりお得でうれしくて楽しい企画をブログ読者様に一足先にお知らせ

長袖ニット、カーデ、ブラウスのスウィートボックス

そうです、今回は初の試み、長袖に特化したボックスなのです♪ みなさまが大好きな、一枚で着られて大活躍の長袖コレクションを増やして、クロゼットを素敵に彩ってくださいネ。

今すぐ着られる長袖ニット、長袖カーデ(アンサンブル含む)、長袖ブラウスを、通常価格27000円前後お入れして、11000円(税込)にて販売いたします

Rose Partyが取引している7社のメーカーさんが、梅春・春物の可愛いアイテムをたくさんご提供してくださったことで実現した、春のスペシャル企画です

素敵なアイテムがたくさんです! この機会にみなさまの♪長袖コレクション♪を増やしてくださいネ。

内容

・今すぐ着られる長袖ニット、長袖カーデ(アンサンブル含む)、長袖ブラウスの中からお選びし、全部で通常価格27000円前後をお入れして、11000円(税込)にて販売いたします。

送料込。ただし、北海道・沖縄・離島地域へは別途送料800円を頂戴いたします。

販売期間

2010/3/13~3/16 21:00まで

期間内のご注文はすべてお受けいたしますが、お早めのご注文をおススメいたします。

デザイン・お色について

・すべて長袖(7分丈含む)、お色は、ホワイト系、ミルクティ・ベージュ系、ベビーピンク系。お色は選べません、ご了承くださいませ。優しく淡いロマンティックなお色がお好みの方のためのボックスです が、ブラックご希望の方もいらっしゃるので、今回もブラックをご用意しております。ブラックご希望の方のみ「ブラック1枚希望、2枚希望・・・」などお書き添えくださいませ。

・デザインは、Rose Partyセレクトファッションにてご紹介しているフリル、レース、パフ袖など、可愛らしいデザインが中心です 「可愛い大人の女性」がテーマですから、ご安心ください(*^_^*)

・素材は春素材が中心、今すぐからこれからの時期にお召しいただけるものばかりです 現行商品をお入れする場合、過去の注文履歴を確認し、お持ちのものはお入れいたしません(^^♪

・枚数は、3-4枚、通常価格にて変動いたします。11000円では到底そろえられないものですのでとてもお買い得です!

サイズについて

・お選びいただけるサイズは

Mサイズ、Lサイズ、そしてLLサイズもご用意しております! LLサイズ以外はフリーサイズも含みます。

「わたしはMサイズとLサイズの中間くらいなの・・・」とおっしゃる方も多くいらっしゃいます。そのようなMサイズの方は、「ゆったりライン希望」など、ご希望をお書き添えください。

同様に、Lサイズの方でも、伸縮性のある素材ではMサイズをお選びになる方も多くいらっしゃいます。その場合も、「伸縮性があればMでOK」などお書き添えください。

可愛いアイテムがあり、これをお入れしたいなあ、と思っても、サイズはどうかな・・・と思えばお入れすることができないことがあります。できるだけ可愛いものをお入れしたいので、そのためにもサイズに関してはご希望をお伺いいたします、ご遠慮なくお書き添えください。

ご注文が殺到することが予想されますので、発送までに通常よりお時間をいただく場合がございます。発送はお振込み順とさせていただきます。

明日、3/13日曜日、午後の早い時間に、ウェブショップ更新、同時にメルマガを発信いたします。

どうぞお楽しみに。 

みなさまからのご注文お待ちしております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

3/11 夜間

みなさまいつもありがとうございます。

本日のブログでは、みなさまに喜んでいただきたくてスペシャル企画を予告予定でしたが

大きな地震がありましたので、明日まで自粛いたします。

東北、関東方面にはたくさんお客様がいらっしゃるので心配です。

みなさまどうぞご注意ください。

明日また更新しますね。

 

 


L⇔R(黒沢健一)「DAY BAY DAY」 夢のお姫様ベア発売中&3/9更新新作速報!

2011-03-08 | 黒沢健一 篠原美也子 音楽・ライブ

[

黒沢健一 作詞・作曲

誰もが一度は耳にしたことのあるL⇔R 1995年の大ヒット曲「DAY BY DAY」

今夜のBGMにぴったり

あたし、L⇔Rのシングル曲ではこれが一番好きでした☆彡 ああ、素敵にいい曲! 間奏もいいなあ!

しっかしあれから15年も経ったんだ、15年! あたしこの頃まだダーにも出逢ってへんがな^_^; うォォっ、15年! 15年ってなんやろ・・・15年ってねぇぇ・・・みなさま、月日の流れって化物じみておりますネ。 

さて

すでにメルマガ発信しておりますが、本日のサプライズ新作です 

 

大ブレイク間違いなしのメルヘンローズ中綿入りキルトラグ♪

お部屋が一気に春めきます☆彡 サイズは185と240、こんな可愛いキルト、通常この価格ではお買い上げいただけません。変な柄じゃなくってこんな可愛い柄がこの価格なんです^_^;

控えめに言っておりますが(どこが?)本当にお買い得なのです

どうぞお見逃しなく

中綿入りなので、ふかふか(^^♪ フローリングにも畳にもどうぞ。

幸せ気分 

そして

本日のスペシャルアイテムは

Rose Party オリジナル メルヘンドレスのキラキラベア♪

脱がせることのできるフリル&レースたっぷりのメルヘンドレスを着たベアちゃん、かつてなかったスペシャルアイテムです

存在感抜群のLLサイズ! このチェアに座らせても違和感がないくらい大きいんです♪

ドレスが最高にメルヘンです

 

おそろいのコットンレースのドロワーズまで履いちゃって・・・(^^♪

ドレスもドロワーズも脱がせてお洗濯できます♪ 真っ白なので汚れたら洗えるってうれしいですよネ。

限定13台です。ベアちゃんファンのみなさまお見逃しなく。

ちなみにこの子は、作家軍が「9800円!」(ドレスにちょっとね・・・とても素敵すぎて、費用がかかりましてね・・・土台のベアも大きいですし)と言い張るのを、頑として受け付けず、この価格になりました。

キルトもベアも詳細はウェブショップにてどうぞ。

あ、曲終わりましたネ、たぶん。

[

それでは、2008年の黒沢健一ライヴバージョンの「DAY BY DAY」をどうぞ

こっちもいいなあ! ぜひ(^^♪ 終わりにちょっと健ちゃんのMC入っています^_^;

さて。明日、3/9水曜日はお洋服の新作更新を予定しております

いろいろご紹介いたしますが・・・たぶん大人気はコットンレースの巻きバラスカートだと思います^_^;

真っ白のコットンフレア(レースをふんだんに使用)に、ベビーピンクの巻きバラが散らばった世にもスウィートなデザイン もうびっくりするほど可愛いのでお楽しみに。

それでは・・・

バタついてきましたので・・・さらば!

いつもありがとうございます

 


3/6日曜日更新予定新作速報! 春物新作いっぱい♪

2011-03-05 | 遠藤周作、エミール・ゾラ、ドストエフスキーなどマキの読書

明日3/6日曜日は、春物新作をたっぷりご紹介いたします♪

マキのおススメは、クチュールの花びらレースカーディガンとクチュールスカート3アイテム♪

その他にもたくさんご紹介いたしますのでお楽しみに!

なんて素敵

クチュールラインの美しいレースカーディガン

伸縮性抜群のストレッチレースなので着心地満点、サイズはフリー、Mサイズの方にもLサイズの方にもキレイにお召しいただけます。

高級感あふれるクチュールラインは一味違います

まるで薔薇の花びらのような美しいフリルが重なった夢いっぱいのデザイン♪

長袖のニット(こちらもご紹介いたします)の上に重ねても素敵

ゆったりとした楽チンな着心地なのにこんなにエレガントなスタイルに♪

販売中のRose Partyオリジナルピンクと白のお姫様カフスとぜひあわせて・・・♪

このままデニムに合わせても、オシャレです。

ここからはクチュールラインのスカート3アイテムをご紹介いたします♪

3アイテムとも上質素材を使用したクチュールライン&信頼の日本製 サイズはすべてフリーサイズ(コットンレーススカートはウエストゴム、かなり余裕があるので60-75くらいまで、上のアントワネットバルーンもフリーサイズ、ウエスト70くらいまで)。

すべて半額以下 各アイテム入荷数は非常に少ないのでお見逃しなく

アントワネットバルーンスカート♪

びっくりするほど可愛いんです♪♪

裾がバルーンになっています(*^_^*)

着丈は身長156で膝丈、一番バランスよくお召しいただけるプリンセス丈です

レースとサテンのリボンベルトつき

こちらのスカートもとってもおススメ!

可憐で清楚なコットンアイレット素材、クチュールなのでとても上質です。

こちらのトップスとぜひセットで!

まるでセットアップのようにぴったりです

胸元のロマンティックなこと・・・(*^_^*)

今の時期ならインナーにも大活躍いたします。

こちらもレースリボンつき

コットンレーススカートは年間を通して(秋冬はガーリーなブーツとあわせて)お召しいただけます。シンプルかつ素敵なデザインのコットンレーススカートはかなり使えます!

こちらもコットンレース♪

クチュールらしい上質なコットンレースです。

ふんわりヒラヒラ

春がくるのが待ち遠しい・・・(^^♪

こんな可愛いフリリーシューズもご紹介♪

お色はブラックとミルクティ、サイズは23-23.5のMサイズと24-24.5のLサイズ。各色・各サイズ数足のみです。

こんな可愛いリボンのクリップが付属いたします

この子がもうどこにつけても可愛いんです^_^;

ブラックも可愛い!

足元をスッキリ見せてくれるのでおススメです。

フリルがシューズバンドの役目を果たすので、安定感抜群、また、ローヒールなので愛らしさたっぷりで、歩きやすく快適です。

リボンがなくてもこんなに可愛い(*^_^*)

お値段もお手ごろなので普段履きとして大活躍♪

ありそうでなかなかない可愛らしさです

明日の更新をどうぞお楽しみに♪

パラソルご希望の方はかならずカートにお入れくださいませ、よろしくお願いいたします。

いよいよ終盤です。下巻の半分まで読み終えました。

約束を反故にして、映画を観にいってしまったのですが^_^; 特に問題はありませんでした。

サイドストーリーって言うのでしょうか、本編にそれほど関わりのない(関わりはあるのか?)ものも多く(それはそれで面白いのですが)、そのためにここまで長くなってしまったのではないだろうか、なーんて思いつつ、睡眠時間を削りまくっている今日この頃です。

カラマーゾフ読者のみなさんが口をそろえて「上巻の見せ場、いや、この小説の魂」とおっしゃる「プロとコントラ」の『大審問官』はもちろんのこと、わたしが息も絶え絶えになってしまったのは、下巻の「兄・イワン」の『悪魔・イワンの悪夢』です。

「「神さまはきっと勝つ!」彼(末の弟で修道士のアリョーシャ・この小説の主人公)は思った。『真実の光の中に立ち上がるか、それとも、自分の信じていないものに仕えた恨みを自分やすべての人に晴らしながら、憎悪の中で滅びるかだ!』アリョーシャは悲痛に付け加えると、またイワンのために祈った。」

「イワンのために祈った」そこに、涙があふれました。このときのアリョーシャが、愛する兄・イワンのことを、どれほど熱烈に想いながら祈ったか、わたしにはわかる気がするのです。

*真実の光とはもちろん「神」のことです、次兄・イワンは、神の存在を認めてはいるが、数多くの幼児虐待などの例を挙げながら、この残虐性に満ちた、不合理極まりない、神の創ったこの世界だけは「絶対に容認しない」、と、言うのです(もちろん誰だって、イワンのような考え方をしてしまえば、そんなもの容認しません、わたしも、決して容認しません、できるもんか、するもんか)。

みなさま、多くの人が敬遠するように、あるいは投げ出してしまうように、カラマーゾフは確かにかなりのツワモノではありますが、それでも、真面目に取り組みさえすれば、必ずや読破していただけると思います。「この小説を読まないで生きていくのはあまりにもったいない」という言葉をどこかで見かけましたが、わたしもその通りだと思います。

最後まで読んだら、またご紹介いたしますネ^m^

わたし、今夜にでも終わらせようと企んでおります、と言うのも・・・

これが控えているんです・・・チャララーン・・・

それではみなさま

明日の更新をどうぞお楽しみに。いつもありがとうございます。

 


映画『ヒア アフター』などいろいろ^m^

2011-03-04 | お出かけ♪

いつもありがとうございます♪

えっと、お知らせです、プレゼントのパラソルが今朝なくなりましたが、日曜日の新作更新用に、15本追加いたしました。現在、いったん終了しておりますが、6日に再スタートいたします。15本のみですのでどうぞお見逃しなく。

先日、LoveLoveRieさんにいただきました。

GOKOKUのキューブシフォンケーキ♪

画像では分かりにくいと思いますがかなり大きいんです

ああ、もう最高に美味しかったなあ・・・♪♪

いつも、Rieさんのファッションも楽しみなんです♪ 前後左右からRieさんをチェック、ピー子のファッションチェックみたいになってしまいます(*^_^*)

先日は、スリムなデニムスタイルに、Rose Partyでお買い上げくだった薄ピンクのリボンダウン♪ バッグもうちでお買い上げくださったチョコのプードルバッグ、チャームは以前プレゼントさせていただいたベビーピンクのベアチャンでした♪

Rieさんって信じられないほど素敵・・・ああ、オシャレでキュートな女性を見ていると元気がみなぎってまいります(*^_^*)

 

宝塚スターカレンダーもRieさんからいただきました

ご主人の会社で配っていた、残り一本を、ご主人が引っつかんでゲットしてくださったそうです^_^; 本当にありがとうございます。これ、フツーのカレンダーとは紙質もぜんぜん違ってめちゃくちゃ豪華なんですよ、毎年発売されますが、定価でしか買えませんし、高価なんです。

3月は大好きな龍 真咲さんです。ああ、この方かっこいいなあ!

Rieさんいつも本当にありがとうございます。またまあちゃんと一緒に遊びにいらしてくださいネ、ルウが心待ちにしております^_^;

先日、Mさんと、クリント・イーストウッド監督の映画『ヒア アフター』を観に行ってきました

ああ、いい映画だったなあ・・・「来世」が確かに存在することを、静謐平穏に、語っておりました。何だか心が洗われるような、優しい映画でしたね。

「死者が復活しないのならキリストも復活しなかったはずです。そしてキリストが復活しなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお罪の中にあることになります。そうだするとキリストを信じて眠りについた人々も滅んでしまったわけです。この世の生活でキリストに望みをかけているだけだとすれば、わたしたちはすべての人の中でもっとも惨めな者です。

しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。

死者が復活しないとしたら、『食べたり飲んだりしようではないか。どうせ明日は死ぬ身ではないか』ということになります。思い違いをしてはいけない。

『死は勝利にのみ込まれた。死よ、おまえの勝利はどこにあるのか。死よ、おまえのとげはどこにあるのか』

(コリント信徒への手紙 15)

わたしはこの一切の疑念をも抱かせないほどに力強い、パウロの言葉にいつも励まされています。どうしようもなくなるたび、聖書のこのページをめくります。

わたしは信じます、復活だか何だか知らないけれど、人は死んでも死なないことを、人の魂の永遠性を。

あなたの大切な人が天に召されたとき、あなたはきっと・・・あなたが過去に無神論者を名乗っていたとしても・・・あなたの大切な人の亡骸を前に、まさか、肉体が朽ちただけで、たったそれだけのことで、この人の心までもが奪われ朽ちたわけではないはずだ、と、切実に感じることでしょう、そのときは、一切の疑念を棄てて、その想いを信じてくださいますように。

そんなあなたの切実な想いを軽く扱う人もいることでしょう(ほとんどの人がそうなのかもしれません)。そんなときには、「あなたも死んだらわかるでしょう」と微笑をもって対応してくださいますように。決してムキになってはいけません、聖書の中でもムキになるのはいつもバカ者ばかりです、あなたにとって重大な事柄の前で、バカ者になってはいけません。

「わたしたちは見えるものではなく見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです」(コリント信徒への手紙 4-29)の通りです。

それから、最愛の人を亡くした方、一人で悩んではいけません、こんな重大事は一人で抱えきれるものではありません、頭がおかしくなっちまいます、わたしも頭がおかしくなる寸前で、シスター高木に救ってもらいました。今でこそ、多少持ち前の明るさやずうずうしさやいいかげんさ(仕事だけはいいかげんではありません)を取り戻してはおりますが(それでも大部分は空元気かもしれませぬ)、当時は本当に大変でした。

とてもここには書けません^_^; 誰にも言えないくらいの怖ろしいことを何度も何度も、これでもか、これでもか、と体験させられました。何とかして作り上げたその笑顔の裏で、本当のあたしが一体何を考えていたか、どれほど、心がのたうちまわっていたか、それを誰かに、詳細にわたって告白することは、相手を気遣うという理由から(^_^;)、一切できないくらいです。

わたしは、一番しんどかったとき(ダーが亡くなって一年から一年半くらいの時期でした)、不意にあることに気づきましたよ、「ああ、これは本物の絶望感だ」って。こればかりは、どんな書物からも決して学べない、本物でいて絶対的な絶望感だ。ああ、こりゃあもうお手上げだ、って。

だから、わかるんです、最愛の人を亡くした方、一人で悩んではいけません。まず、同じ体験者か、あなたの話を「黙って真剣に、我事のように聴いてくれる人(だから同じ体験者が良いのです)」に出会うことが先決です、あなたは他人からそうしてもらわなければならないのです。

悲しみに息も絶え絶えになっているあなたは他人から優しくしてもらわなければなりません(本当に悲しんでいる人ほど優しくしてもらっていません、なぜなら彼らは相手に迷惑をかけるを怖れて悲しみを抑え込むのです)、知ったかぶりの説教や、心のこもっていない慰めではなく、本心から、あなたを気遣い、想いを分かち合える人を求めてよいのです、何ら遠慮はいりません、この苦しみは、あなたのせいではないのですからね、あなたが何か悪いことをしたから起こったことではないのですよ、あなたに対する裁きではゼッタイに、ゼッタイに、ありません。これはとても大切なことですから、ハッキリさせておかなければならないのです。

しかし、一人で家に閉じこもっていても出会えません、神様は様々な機会を与えてくれますが、わたしたちがそれに気づかなければ、何も始まらないのです。

関西の方は、わたしにご連絡ください、死別の会(自助グループ・宗教は一切関係ありません)か、シスター高木をご紹介いたします。カトリックの修道女であるシスター高木慶子は、日本におけるグリーフ(悲嘆)ケアの第一人者で、医師や専門家とともに、その小さな体のすべてを懸けて、死別体験者に関わっておられます。最近では、グリーフケア研究所を立ち上げ、後継者を育てることにも懸命です。阪神大震災の遺族の方々の心のケアにも当初から関わってこられ、遺族の方々からは絶大な信頼を得ており、何度も新聞やテレビに取り上げられています。お忙しい方ですが、必ずあなたに会い、あなたの話を、黙って真剣に聴いてくれます。シスターは一切の差別をいたしません、よって、宗教は一切関係ありません。

ちなみに、シスターは、いつお会いしても小奇麗で、そして、相変わらずチャキチャキなさっています。会うたびに握手をしてもらい、元気をもらっています。

まァ、いろいろ書きましたけれど、どれほど凄まじい絶望感に陥っても、もう二度と立ち上がれないのではないかと思っても、人は必ず再び、様々な助力のおかげで立ち上がることができます。

なぜなら、人は、何かをしないと生きていけないからです、先日、死別仲間(変な言い方ですが分かりやすいように)のKさんがおっしゃいました。「人は、どんなに心が苦しくても、ただ食べて寝て仕事をして・・・をくりかえしているだけでは生きていけない」もう本当にその通りなんです、どんな悲しみに出遭っても、ある時がくれば、人は、ただ泣いたり悲しんだりしているだけでは生きていけないことに気づきます、何かをしたい、しなければ、と心から思うようになるのです。

人は、何らかの希望、生きがいがなければ、どんな状況であっても生きてはいられません、それが何なのかは人それぞれですが、めいめい自分にできること、やりたいこと、あるいは「やらなければならないこと」を見つけることができるでしょう。

もちろん、これまでの自分には戻れません、悲しみを知らなかったころの天真爛漫な自分にはもう戻れない、しかも、あまりに深い悲しみは、どんなに時がたっても、消えてなくなることはありません、あまりに深い悲しみは、決して一過性にはなれないのです、しつこいほどの持続性があり、きっと、天に召されるまで続きます(でも心配しないでください! その時々で、神様があなたに必要なものを与えてくれます、心の目を開いていてください)。

しかしいずれにしろ、この世に在る間は、あなたの表面がどれほど良いふうに変わって、他人からはあなたが悲嘆体験者なのかどうかの見分けもつかないくらいになっても、それでも、依然として、あの時の衝撃は、その心の深いところで、まるで「おき火」のように、残ったまんまです。

けれども、それは、悲嘆経験と言う現実を、真正面から(もちろん深く)見据えた場合です、そこには側面もあれば、裏面もある、側面や裏面に見え隠れしているものは何なのか。

言い換えれば、あなたの人生を、まるでちゃぶ台のようにひっくり返した深い悲嘆経験は、新しい自分になれる機会でもあるのですよ、人間は、それまで培ってきたものをすべてひっくり返されるほどの衝撃に出遭わなければ、なかなか変わることなどできません、つまり新しい自分に生まれ変わることなどできないのです。

また、あの、身震いするような絶望感から学んだ「力」というものも身につけています、これまでは持ち得なかった、ある大きな「力」(人の痛みがわかる優しさであったり、恐怖の中で培った度胸や忍耐であったりネ)を得たからには、これまでの自分よりさらにワンランク上の自分に変身しているというわけです。自信を持って、悲しみと共存しつつ、再スタートを切りましょう。

本来人間ってのは、そこからがスタートなんだと思います、悲しみや苦しみに出遭ってからが、人生の「本番」なんだと思います。特に、20代や30代の若い時期に「本番」に入れるなんて、逆に考えれば、「もうけもん」なのかも知れません。わたしは少なからず、今の30代の自分に対して、そう思っています。

・・・・・・

ええっと、何の話をしていましたっけ?

そうそう、映画ね、『ヒア アフター』ね、ええ、かなりいい映画ですよ、それからこの映画に宗教色は一切ありません。神の名も出てこなかったように記憶しています^_^;

映画の後は、Mさんおススメのお店へ♪

とびきり美人の女性オーナーが経営されている「マグノリア」(名前もサイコー!)

神戸は三宮の北野坂にございます。

ロックで素敵なの♪

オーナーさんはニルヴァーナとローリング・ストーンズが好きらしい。

わたしも学生時代ニルヴァーナが大好きだったんですよ・・・意外! と言われそう。カートが亡くなったときには、ひどい衝撃を受けました。

なんか誕生日だったのでケーキを用意してくれていて^_^;

ロウソクがない! 入れてって言ったのに! なんで! と怒っていましたが、ロウソクなんてなくてもうれしすぎました。しかも泣くほど美味しかった^_^;

来年は自分でロウソク、持参します^_^;

ある日のコーデ。

数年前に買ったディアマンテのアントワネットダウンにルネのリボンスカートにバラバッグ。

なんかこないだとほとんど同じ格好やな・・・すみません。

ダウンにもスカートにも靴にもリボンがついているけどね、色のトーンを合わせれば、イヤミがありません、大丈夫。

マァマァみなさま、あたしの髪色をご覧くださいな、シャンプーするたびに明るくなるんよね^_^;

今の色、ものすごく気に入っているんですけれど、もう少しグリーンが入ってほしい。今この瞬間にグリーンを入れてもらえば、思い通りになるのでしょうけれど、美容院に行く時間がありません(-_-;)

前髪について、由美さまからご質問いただきましたが、由美さま、単に厚めで長めなだけです^_^;

えっとですね、あたしの場合、本来前髪じゃないはずの髪まで前髪として利用? しておりますので、かなり厚めになっているとは思います。

ちょっと斜めに流すためには、これはもうカットの仕方ですね、美容師さんにお願いすれば斜めに流せるようなカットをしてくれます ←こんな絵文字あったんか! 新しいのか? 

それでね、これは個人的な技? ではありますが、常々、ブラシで前髪を斜めに梳かしています^_^; 何となく、癖がつくみたいなんですけれど、定かではありませぬ。

次回新作更新は明後日日曜日を予定しております。春物最新作のお洋服がいっぱい♪ 先着15名様はパラソルもゲット♪

明日、速報いたしますのでまた観てネ(^^♪

バイバイ ←またこんなん出てくるし^_^; やっぱ新しく増えたんやな・・・。

 

 


プレゼントフェア&お姫様レースカフスなど3/2更新予定新作速報♪

2011-03-01 | 新作速報&ロマンティックアイテム

まいどです(*^_^*)

ちょっと急用が入ったので急いで更新いたします。

明日、3/2水曜日、お姫様アイテムをたっくさんご紹介いたします♪

その一部を速報♪

その他にも、春らしくとびっきり素敵なシートクッション2デザイン、トイレマット、

その他ファブリック類も充実しております。

夢いっぱい♪

Rose Partyオリジナルならではのメルヘンスウィートアイテム大集合♪

毎回大人気のお姫様カフス☆彡

こちらは前回大人気をいただいたホワイトのお色違い♪ベビーピンク♪

なんて可愛いのでしょう(*^_^*)

カフスをつけるだけでいつものお洋服がさらにさらに! 素敵になります。

今日は朝から夜みたいに陰鬱な空だったので、明日また撮り直します^_^;

 

こちらは新作♪

白ピンクのふんわりふわっふわお砂糖菓子みたいなお姫様カフス☆彡

手首につけるだけでこんなに可愛い♪

ニット、ブラウス、ジャケット・・・様々なアイテムでお楽しみいただけます。

絶対他人と差がつきます♪

ここまでレースでメルヘンなカフスは

探してもなっかなか見つかりません(^^♪

Rose Partyオリジナルならではです♪ 

両サイドにベビーピンクの薔薇つき♪

ピンクと白のふわふわシフォンローズモチーフ♪

実物の素敵さにはうっとりしちゃいます(*^_^*)

ふんわりひらっひら♪

Rose Partyオリジナル・お姫様コンパクトミラー&バッグハンガー。

どちらもレディの必需品♪

もうね・・・みなさま、びっくりするほど可愛らしいんです♪

ピンクと白のデコレーションケーキみたい。

こんな可愛いミラーやバッグハンガー誰も持っていません。

 

バッグハンガーにはチェーンをおつけしているので、使わないときはこうしてバッグチャームにも♪

そして♪

明日よりプレゼントフェアを開催いたします。

お買い上げ金額11550円以上で、こちらのオリジナルパラソル(晴雨兼用♪)をもれなくプレゼントいたします♪

超豪華版プレゼント!

対象は、ウェブショップに在庫のあるすべての商品♪

明日の新作ももちろん対象です。

プレゼントはたくさんご用意しておりますが、なくなり次第終了いたしますので

お早めにどうぞ。

店舗での受け取りの場合は、プレゼントの有無を必ずご確認の上ご来店くださいますようお願いいたします(*^_^*)

カートをつけておりますのでご希望の方は必ずカートにお入れくださいね、

ファックスでのご注文の場合も必ずプレゼント希望と明記ください。

今日は雨でちゃんとした写真が撮れませんでしたが

とってもとっても可愛いんです♪

ブラックにホワイトドット、フリフリフリル、全体にホワイトとブラックのリボンが散っています♪

Rose Party オリジナル・非売品・3150円相当。

雨傘としてもお使いいただけますのでご安心ください♪

小ぶりで軽くてとっても使いやすいのでぜひゲットなさってくださいね。

 

それではみなさま(*^_^*)

明日の更新をお楽しみに。

バイバイ(^^♪