気楽にとり(鳥&撮り)歩き

近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

アオアシシギ、コサギ、朝陽を浴びて…

2016年12月31日 | シギの仲間
2016年も大晦日を迎えました。 最後を飾るのは、初めて早朝撮影に臨んで写したアオアシシギとコサギです。 このアオアシシギ2羽の写真は前にも掲載しましたが、コサギは初登場。 日が昇る直前に自宅を出発し、ちょうどいい時間に目的地に。 めったに立てない三脚を使っての定点撮影でした。 後日、この場所でタカブシギ、クサシギ、オジロトウネン、トウネン、ヨーロッパトウネンとも出会えました。 まさ . . . 本文を読む
コメント (8)

カッコウ?ツツドリ? トケンの幼鳥2羽

2016年12月30日 | カッコウの仲間
2016年・強く印象に残った鳥たちシリーズ、本日はトケンの幼鳥2羽が登場です。 ホトトギスを漢字変換すると不如帰、時鳥、杜鵑と出てきます。 その中のひとつ『杜鵑』はトケンと読むので、ホトトギスの仲間をトケン類と呼ぶそうです。 いつも静かに座っていると近くに飛んできてくれました。 何度もストレッチ。こういう寛いだ姿を繰り返し見せてくれました。 カッコウなのかツツドリなのか?赤型なのでメ . . . 本文を読む
コメント (12)

ナポレオン&アメリカン!

2016年12月29日 | カモ 2016秋~
年末年始は、今年、出逢った中で特に印象の強かった鳥たちの写真を掲載してみます。 まずは、これまででもっとも近くから撮れたヨシガモのオス。 ナポレオンハットに例えられる大きな頭部。 静かに羽のお手入れ。自然な表情を見せてくれました。 華麗なオスのヨシガモですが、やはり鴨らしい愛嬌たっぷりの表情も♪ 11月下旬に、大阪へプチ遠征して初見&初撮りしたアメリカヒドリのオス。 羽ばたく . . . 本文を読む
コメント (2)

魚を食べるオオハム

2016年12月28日 | アビの仲間
引き続き、オオハムの登場です。 アビが捕食するのは主に小魚のようですが、大き目な獲物をゲット。 スルッと一飲みかと思ったら、ちょっと持て余し気味。 魚も必死に逃れようともがき、エラを拡張していました。 どことなく上品さが漂う食べ方でした。 さすが神の使いと呼ばれる鳥?^^; ようやく魚の頭部を口におさめました。 スルッと喉越し? ふーやれやれ・・・ Black-th . . . 本文を読む
コメント (4)

オオハムは神の使い?

2016年12月28日 | アビの仲間
12月上旬に撮影したオオハムです。 近場の漁港に2羽が渡来して話題を呼んでいました。 野鳥図鑑には、冬羽では、頭から体の上面は黒味の強い褐色と書かれていますが、 羽縁に白い部分が目立つので、幼鳥なのでしょうか?    翼開長120cm前後、大型のアビ類です。 沿岸部で見られるのは珍しいのかと思っていましたが、 調べてみると、かつては冬の瀬戸内海にアビ類の大群が渡来していたそうです。 . . . 本文を読む
コメント

コブシの実を食べるツグミ

2016年12月27日 | ツグミの仲間
コブシの木に一羽のツグミが止まっていました。 時々、上空の一点を見つめるような姿勢を取ります。 どの実を食べるか、選んでいるようでした。 ひとつ食べました。 もうひとつ。 またもや、どこか遠くの一点を見つめています。 天敵を警戒しているのとは、ちょっと違う印象を受けました。 ツグミは、私には聞こえない声を聞き、私には見えないものを見ているかのようでした。 やがてツ . . . 本文を読む
コメント (6)

師走のカモたち

2016年12月26日 | カモ 2016秋~
年末カモ特集第二弾。 トップバッターはコガモ夫妻。 アナタ~まってぇ~ コガモ(小鴨)  Common Teal 全長 約38㎝ 別の池にはオカヨシガモの小群が。 こちらの二羽はつがいでしょうか? 小粋なオカヨシガモのオス、流し目にドキ♪ ゆったり羽のお手入れ。 他に人のいない池ばかりで、カモたちは自然な姿を観察させてくれました。 オカヨシガモ(丘葦鴨)Gadwa . . . 本文を読む
コメント (2)

アイアイサー!ミコアイサー!

2016年12月26日 | カモ 2016秋~
カモの中では、動きがすばやく警戒心も強そうなミコアイサ。 越冬地・日本の環境に慣れて来たのか、 岸辺近くに寄ってくる姿をチラホラ見かけるようになりました。 たまたまかもしれませんが、度胸のあるメスが多いように感じます。 繁殖羽になりかけのオス、ウトウトお昼寝中。 メスの茶髪も綺麗ですね。 看板か何かの人工物も、水面に色が滲んで映るとちょっときれいですね。 たいていは、こ . . . 本文を読む
コメント

チョウゲンボウ、飛んだ!

2016年12月25日 | 猛禽類
私の背丈より低い位置から、チョウゲンボウが飛び立ちました。 絶好のチャンス到来。 高い所を飛ぶ猛禽類は、なかなか写せませんが、この高さならなんとか。 何か獲物をつかまえたようです。 翼の色からして、メスでしょうか? オチリ、丸見え! 鳥のお尻のキュートさが好きな方も少なくないようです。もちろん私も(^.^) まぁ!失礼な! 正面顔。目から涙といっしょにマスカラが流れ落ちて . . . 本文を読む
コメント (6)

紅い鳥を探して…

2016年12月24日 | アトリの仲間
先日、まだ見ぬ紅い鳥を探して初めてのフィールドに出かけました。 地名だけ教えて頂いて、詳しいポイントも知らないままの行き当たりばったりの探鳥でしたか、運よく見つけることができました。 逆光気味のブッシュの中という悪条件ですが、初見初撮りベニマシコです。 おいしそうに食べているのは、アキニレの実(種子)でしょうか?? あまり猿には似ていないように思います。 インコ系の顔立ちのような? . . . 本文を読む
コメント (6)

モズ、モズ、モズ

2016年12月23日 | モズ
それぞれ別の場所で撮影したモズたち。 カメラに対する反応に、それぞれの性格が表れています。 このモズ男くんは、近くから撮影してもどっしり構えて余裕のポーズ。 こちらのモズ子さん、人の気配を感じて、即、枝の間に身を隠します。 少し待っていると、全身が写るところに出て来てくれました。 いちばん絵になる場所に止まっていたモズ男くん。 ラクウショウの紅葉を背景に入れようと企てましたが、 . . . 本文を読む
コメント (2)

イソシギ、紅葉の池に…

2016年12月23日 | シギの仲間
ラクウショウの紅葉が映る池に、イソシギが一羽。 身近な場所で一年中見られるイソシギですが、なかなか良い場所で撮るチャンスに恵まれませんでした。 野鳥撮影を始めて最初に写したシギなので、親しみを感じています。 シギ類の中では、足が短めでコロッとしているのも親しみがわきます(^^) 次回は、名前の通り磯辺で逢いたいです。 イソシギ(磯鷸) Common sandpiper 全長・ . . . 本文を読む
コメント

ズグロカモメとユリカモメの違い

2016年12月22日 | カモメの仲間
ズグロカモメとユリカモメ、よく似ているので間違えやすいと聞くので比べてみました。 ズグロカモメは、飛びながら「キュキュッ」「ピュ」などと甲高い声でよく鳴きます。 背面の翼が比較的きれいに撮れました。 ズグロカモメの全長は約32cm、ユリカモメは約40㎝。 ズグロカモメの方がひとまわりほど小さいのですが、実際に両方同時に比べてみないとなかなか実感できません。 やはりクチバシが黒いのが一番 . . . 本文を読む
コメント (4)

ウミネコだってカモメである!

2016年12月22日 | カモメの仲間
年の瀬も押し迫ってまいりましたが、朝からさっそく画像と心の整理。 下書きのまま投稿の機会がなかったウミネコの登場です。 秋の台風一過の後、港に行って撮影しました。 波が高かったせいか港に入ってくるウミネコが多かったです。 上空を厚い雲の塊が猛スピードで流れていたのを思い出しました。 カモメの仲間は、成鳥の羽になるまで2年から4年ほどかかるそうですね。 そのためウミネコにもいろいろな羽色の . . . 本文を読む
コメント

人生いろいろ カモいろいろ

2016年12月21日 | カモ 2016秋~
いろいろなカモさん達の写真が溜まってきたので、今回は年末カモ特集第一弾です。 トップバッターは、オカヨシガモ♂とハシビロガモ♂。 横顔も正面顔も新幹線~♪俺のが速いぞ~♪ 岸辺では、密かにカメラ目線のホシハジロ♂、ご機嫌なヒドリガモ♀、もう一羽はスズガモのオスでしょうか? 種類は違っても、仲たがいすることなく、のんびり日光浴を楽しんでいます。 ヒドリガモの小群。ゆっくりと漂うように . . . 本文を読む
コメント