気楽にとり(鳥&撮り)歩き

近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

バンの一家

2015年11月30日 | バン
小さなヒナの頃から写真を撮り続けてきたバンの一家が勢ぞろい。 クチバシと額板が赤いのが親鳥。子供たちはまだ黄色っぽいクチバシです。 4羽いた子どもは3羽になっていました。 春に生まれた一番子は、同じ程度に成長した頃、家族から離れて行きました。 悪い想像はせずに、姿が見えなくなった一羽も一人立ちしていったと思うことにします(^^) こちらの2羽は同じ公園の別の池に住み着いた新顔。 . . . 本文を読む
コメント

ガマの奥にカワセミ

2015年11月30日 | カワセミ
風で揺れるガマの葉の向こうにカワセミを見つけました。 なかなかピントが合わず初心者泣かせな場所でした。枯れたツタまで…。 背中のこの輝きでカワセミだと気づきました。          20分ほどして戻ってきてもまだ同じ場所に止まっていました。       朝から冷たい風の吹く寒い一日だったので、日向で暖まっていたようです。 弾けたガマの穂も風で揺れていました。 カワセミ(川蝉 . . . 本文を読む
コメント

空に向けて歌う鳥たち

2015年11月29日 | いろいろな鳥 撮りあわせ
メタセコイアのてっぺんでヤマガラが高らかに囀っていました。 いっしょに写せなかったのですが、上空は航路で飛行機雲が何本も伸びていました。 ヤマガラも時々あらわれる不思議な形の雲を見上げていたのかもしれません。 曇り空に、乾いた鳴き声を響かせてたジョウビタキ。 小さなクチバシで囀るエナガ。 日差しを浴びてご機嫌な様子。 ホオジロのチチチというおなじみの地鳴き。 こちらの . . . 本文を読む
コメント

ススキにホオジロ

2015年11月28日 | ホオジロ
ススキにホオジロのペアが。 ススキの茎で波乗りをしているような動きのオス。 バランスをとりながら穂先へ移動しています。 ホオジロの重みでススキの穂がスーっと垂れ下がっていきました。    穂先に移動して実を食べ始めました。 流れるような一連の動き、お見事! 芝生の上でも仲良く餌探し。 ホオジロ(頬白) ススキ(薄・芒) . . . 本文を読む
コメント

ジョウビタキと不思議な雲?

2015年11月27日 | ジョウビタキ
今日は木枯らしの吹く寒い一日となりました。 午後には少し風もおさまってきたので用足しのついでに近場の鳥見スポットへ。 帰宅後、写真を確認するとジョウビタキと一緒に不思議な雲が写っていました。     「フレア・ゴースト」というものでしょうか? それにしては、雲の下から伸びているような・・・ 同じ位置を撮影したすべての写真に写っています。 何かのポールがたまたま雲のように見えたのでしょうか。 小 . . . 本文を読む
コメント (6)

影絵のような鳥と木の実

2015年11月27日 | アトリの仲間
昨日に続いてモミジバフウの実とカワラヒワです。 曇り空の下、なんとかきれいに撮影できないものかといろいろ立ち位置を変えてみました。 いっそのこと影絵風の写真も撮ってみました。 2羽が同じ枝に。厚い雲の下ではこれが精一杯の明るさ。 できることなら、やはり晴れた日に青空をバックに撮りたいですね。 鍛え抜かれた野鳥の腹筋。 影絵風の野鳥と鈴懸の丸い実。 自分ではけっこう気に入っていま . . . 本文を読む
コメント

紅葉葉楓とカワラヒワ

2015年11月26日 | アトリの仲間
大きなモミジバフウ(紅葉葉楓)の木にカワラヒワが。      5~6羽が入れ代わり立ち代わり。    赤く染まった葉と茶色い木の実、カワラヒワの保護色になっていました。 大きくて真ん丸な実がお目当て。 ぱっと見には、どこにいるのかわかりませんね?^^; 高い木の上にいるからか、葉っぱが保護色になっているからか、大胆にふるまうカワラヒワ達でし . . . 本文を読む
コメント (4)

コゲラのあけた穴?

2015年11月26日 | キツツキの仲間
小さな目がくりっとして可愛いコゲラ。羽もきれいに整っています。 幹には小さな穴がたくさんあいていました。 穴をさらに彫って虫を探しているのか・・・ 以前あけた穴に入りこんだ虫を食べているようにも見えました。 足を広げてしっかり踏ん張るようにとまっています。 後頭部の赤い羽根は、なかなか確認できません。 メジロ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、そして最後にコゲラが飛んできました。 . . . 本文を読む
コメント

カシラダカとアオジ(?)

2015年11月25日 | ホオジロの仲間
丘の上の遊歩道に現れたのはカシラダカのメスでしょうか? 冠羽が風になびいています。 こちらはアオジのメスでしょうか? クロジのメスなら上尾筒の色が赤茶色とのこと。 でも、枝に隠れて肝心の部分が見えません。 確認できないままに藪の中に飛ばれてしまいました。 ひとまずアオジということで(^^) カシラダカとアオジ、揃って木の実を食べていたのを邪魔してしまったようです。 カシラダ . . . 本文を読む
コメント

初ツグミ

2015年11月25日 | ツグミの仲間
ようやくツグミに逢えました。 こんなに白い鳥だったかな?・・・記憶とのギャップが大きいのですが 背中を見たらイメージ通り。 曇り空の下、ちょっとした光線の加減で羽の色合いが変わるので驚きました。     10羽くらいの小さな群れで行動していました。 スズメも一羽仲間入り。大きさの違いがわかりますね。 ツグミ(鶇) . . . 本文を読む
コメント (2)

木の実を食べるシメ

2015年11月24日 | アトリの仲間
高い木の上で2羽のシメが木の実を食べていました。 どの実を食べようか選んでいるようです。 西洋人形の瞳を思わせる目の色が印象的です。 脚力を支える腹筋にご注目(^^) いつも厳しい目つきで、しかめっ面をしているかと思いましたが、案外かわいいですね。 太いクチバシの中は実でいっぱい。 夢中になって次々と食べていました。 食べていたのは、ムクノキ(椋の木)の実でしょうか? 食事 . . . 本文を読む
コメント

羽を休めるタゲリの群れ

2015年11月23日 | チドリの仲間
刈り入れの終わった田んぼで羽を休めるタゲリの群れ。 時々、舞い上がって移動するタゲリも。 美しい尾羽を扇子状に開いてバランスをとっています。 足場が悪いためか、わずかな移動でも舞い上がっていました。 翼の内側は鮮やかな白色。 後ろから見ると翼は光沢のある黒。先の方だけ白くなっています。 長い冠羽の先はクルッと反り返っています。 胸元は黒いスヌード(輪っか状のマフラー)をしてい . . . 本文を読む
コメント

どこにでもいるアオサギ

2015年11月22日 | アオサギ
アオサギはどこにでもいる。 柵の上に一本足で立っている。 (このポジションを「お立ち台」と私は呼んでいます) 曇り空の下、池の畔にたたずんでいる。 (背中を丸めた幼鳥。なんだか少し寒そうでした。) カワウと一緒にいる。 高いクヌギの木の上にいる。    熱心に羽繕いしている。 (けっこうオシャレ?) クチバシを磨いている所は初めて見ました。 快晴の日、波止場でカワウや . . . 本文を読む
コメント

落ち葉とハクセキレイ

2015年11月22日 | セキレイの仲間
  落ち葉の上にハクセキレイが飛んできました。   羽色がグレーになっています。雌の冬羽でしょうか? おや?何か見つけたようです。 パンくずでしょうか。カモの落し物? ラッキー♪ カモたちが羽の手入れをしていたのか、羽毛がたくさん落ちていました。 近くの柵に止まっていたのは、黒々しているのでオスでしょうか? ハクセキレイ(白鶺鴒) . . . 本文を読む
コメント (2)

タゲリの群

2015年11月21日 | チドリの仲間
日帰り温泉の帰り道、幹線道路沿いの田んぼで何やら黒っぽい鳥を見つけました。 もしや…と思って近づくと、20羽ほどのタゲリの群。 予想外の初遭遇となりました。 メタリックな黒緑色の翼と細長い冠羽が目をひきます。 大きな丸い目も印象的です。 ああー、飛び去ってしまう!せっかく見つけたのに・・・ 心配は外れて、少し離れた場所に舞い降りました。 気があせって急に近づきすぎてしまったようですが、 . . . 本文を読む
コメント (2)