気楽にとり(鳥&撮り)歩き

近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

美しい歌声の主は…

2019年04月25日 | ホオジロの仲間 2018~
林の中から聞きなれないさえずり声が聞こえてきました。 控えめながらもとても美しい歌声です。 いったいどんな鳥が鳴いているのだろう? じっと目を凝らして探すと、声の主はアオジでした。 アオジ(青鵐) Black-faced bunting 全長約16㎝ 冬には地上で採食することの多いアオジ。 さえずる時には、樹上のステージにあがります。 私の暮らす地域では、アオジが見られるの . . . 本文を読む
コメント (3)

紅いアオサギ 婚姻色

2019年04月24日 | アオサギ
婚姻色が美しいアオサギ成鳥にあいました。 目、くちばし、脚は、いつもの黄色から朱色へと、 目元は黄色から青紫色に変わっています。 このアオサギの婚姻色は、つがいが形成される時期がもっともあでやかで、 抱卵が始まる頃には、じょじょに薄くなっていくようです。 おでこに灰色が残っているのでまだ若く、子育ては今回が初めかもしれないそうです。 ※「アオサギを議論するページ」の管理人さ . . . 本文を読む
コメント (12)

シメ すっかり鉛色

2019年04月23日 | アトリの仲間 2018~
シメのクチバシ、ほぼ繁殖期の鉛色に変わりました。 オオルリやキビタキはじめ夏鳥たちが次々と到着していますが、 越冬していたシメたちも まだ滞在中。よほど居心地が良いのでしょうか(^^) 山間部の公園で出会ったシメ、 鉛色のクチバシは、鈍く青く輝いてしました。 どこから見ても存在感のある立派なクチバシですね。 シメ(鴲) Hawfinch  全長約18cm . . . 本文を読む
コメント (6)

そろそろお別れ?アトリ

2019年04月22日 | アトリの仲間 2018~
桜の花に虫が集まり、それを目当てにいろいろな野鳥たちもやってきます。 アトリの群も、桜並木を枝から枝へ飛び回っていました。 アトリはユーラシア大陸北部で繁殖するそうです。 そろそろ大群をつくって渡っていく頃でしょうか。 小さな体で長距離移動することに驚かされます。 アトリ(獦子鳥、花鶏)Brambling  全長約16㎝ 今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってあ . . . 本文を読む
コメント (10)

チューリップに魅せられて

2019年04月21日 | 鳥見ついでに一枚
兵庫県立フラワーセンターで開催中の「チューリップまつり」 500品種、22万球のチューリップが展示されているそうです。 バラやボタン、ユリに勝るとも劣らない豪華なチューリップを満喫してきました。 特に珍しいと感じた花や 強く印象に残った花の写真を選んでみました。 原種系のチューリップの中から2種 今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を . . . 本文を読む
コメント (12)

青モミジにオオルリ

2019年04月20日 | ヒタキの仲間 2018~
山間のハイキングコースで、今季初のオオルリに会いました。 すがすがしい山の雰囲気の中で見るオオルリと青モミジ、 すーっと目の奥に染みいるような美しさでした。 オオルリ(大瑠璃)Blue-and-White Flycatcher 全長約16㎝ 春なのに赤い春モミジ。若葉が緑ではなく赤い品種のようです。 出猩々(でしょうじょう)? 手前に咲くツツジ、満開でした。 今 . . . 本文を読む
コメント (10)

ヤマドリ♀ 野山にとけこむ

2019年04月19日 | キジ、ヤマドリ、コジュケイ
今シーズン、ヤマドリが数か所で出没しています。 それぞれ離れた場所ですが、一か所は以前から探鳥している公園でした。 まさか、こんな所にヤマドリがいるとは・・・! オスは警戒心が強く早足で駆け抜けていくばかり。 いまだ木々の間にチラリ姿を見たのみです。  採食中のメスは林縁部に出ることも多く、比較的ゆったりと動きます。 おかげで何度かじっくり姿を観ることができました ヤマドリ( . . . 本文を読む
コメント (8)

名残り桜にヤマガラ

2019年04月18日 | ヤマガラ
散りゆく桜の中を ヤマガラが飛び回っていました。 小さな虫を探す姿は、桜に名残を惜しんでいるようにも見えてきます。 花びらが散った後に残る「がく」や「しべ」も紅くて美しいです。 つやつやの若葉が 日に日にのびていきますね。  ヤマガラ(山雀)Varied tit 全長約14cm 今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。 ↓ポチッと押して頂け . . . 本文を読む
コメント (12)

カリガネ 旅立つ

2019年04月17日 | ガン・ハクチョウの仲間
昨年の11月中旬から滞在していたカリガネの幼鳥、 先日、ついに近場の池から姿を消しました 遅ればせながら繁殖地に向けて旅立っていったのでしょう。 ほぼ5カ月の間、たくさんの方々がこの幼いカリガネを気にかけて、 折につけ安否確認に立ち寄っていらっしゃいました。 幼いカリガネが、無事に仲間たちと合流できるよう願っています。 カリガネとよく行動を共にしていたオオバンたち こ . . . 本文を読む
コメント (10)

春モミジに花鶏

2019年04月16日 | アトリの仲間 2018~
アトリの群が、ふくらみはじめた新芽をついばんでいました。 秋の紅葉だけでなく、春のモミジやカエデの芽はとても綺麗です。 野鳥の観察や撮影を通して、あらためて自然を新鮮な目で見られるようになりました。                  アトリ(獦子鳥、花鶏) . . . 本文を読む
コメント (11)

メジロの中に一羽だけ

2019年04月15日 | ムシクイ
 メジロにまじって一羽だけ飛んできたのは・・・ センダイムシクイのようです。 白いお腹を見せて 頭上の枝に止まってくれました。 繁殖地のお山へ行く途中で 都市公園に寄ったのでしょう。     週末に山で見かけたセンダイムシクイ。 ♪チヨ チヨ ビィー♪というさえずりが、あちこちから聞こえてきました。   センダイムシクイ(仙台虫 . . . 本文を読む
コメント (10)

コゲラ発進!

2019年04月14日 | キツツキの仲間
 翼をひろげて飛び立つ瞬間のコゲラ。 あちこち桜の枝を渡って、虫を探していました。   木の根元近くでピタッ。上空をトビが通過しました。      目を閉じて耳を澄ませて、虫がいないか探っていたのでしょうか? 側頭部の赤い羽が凛々しい雄のコゲラでした。  コゲラ(小啄木鳥) Japanese Pygmy Woo . . . 本文を読む
コメント (10)

サクラサクラ シジュウカラ

2019年04月12日 | シジュウカラ
この春の桜並木で、いちばん良いモデルになってくれたのはシジュウカラでした お目当ては桜の蜜ではなく、花の根元にひそむ小さな幼虫です。 枝から枝へ飛び移って、シジュウカラは次々と虫を探し出していました。 下の写真でも、クチバシの先に小さなワームをくわえています。         シジュウカラ(四十雀) Japanese ti . . . 本文を読む
コメント (6)

水辺で出会った鳥たち

2019年04月11日 | カイツブリの仲間
夏羽のカンムリカイツブリ、 大きな池に一羽だけ居残っていました。 花見の人々のにぎわいを見物するかのように、 潜水しながら岸辺近くまで泳いできました。     桜並木にシジュウカラ  久しぶりのタシギ。こちらもぽつんと一羽。    夏鳥のコチドリたちが到着しています。  水辺に散らばっているのは、菱の実 . . . 本文を読む
コメント (8)

「冬鳥」というけれど

2019年04月10日 | ツグミの仲間
 「冬鳥」と聞くと、寒さに強いような印象を受けますが 日本の冬を越すのは、やはり辛かったでしょう。 待ちに待った春。 いつも不機嫌そうな顔のシロハラも ヒメオドリコソウ(姫踊子草)の中で、微笑んでいるように思えました。      シロハラは、なんだかいつもイライラしているように見えます。 でも、春の日差しの下ではちょっとうれしそう? . . . 本文を読む
コメント (8)