さきたま自然日記(別館)

埼玉中心になんでもありの写真日記です。
花鳥風月、自然を中心に撮ってます。

チュウシャクシギとケリ

2017年05月27日 | 野鳥
5月27日、昨日までの雨が止んで、また暑くなりそうです。
今日は朝から孫姫の運動会。 どんな活躍が見れるやら・・・・
早朝から出かけますで、その前に、ブログもアップしておきますね。(在庫からですが…)


5月4日、秋ヶ瀬近辺の田圃は寂しい状態が続いていたので、毎年ケリが見れるポイントを見に行ってみました。
車でぐるっと回ってみますが、あのケリのけたたましい警戒の声も聞こえず。
道端に車を止めて、今度は歩いて・・・・・・
久々にショルダーストラップを使ってみましたが、さすがに肩にズシリっときます。でも三脚を使うよりはるかに軽快に動けます。
手持ちだと、何よりもフリーアングルで撮れるので、当分はこのスタイルになりそうです!!
田圃の間を歩いてると、畦道に1羽のチュウシャクシギがいます。


今年は、全国的にチュウシャクシギが多いようですが、この田圃では昨年に引き続いて2年連続(?)の渡来です。


カメラの設定を変えようと、ちょっと目を放した内に飛び立ちましたが、ラッキーなことにこちらに向かって来て、目の前を通過。 


チュウシャクシギ(中杓鷸)
日本では旅鳥として春と秋に飛来し、下に反った嘴をもつシャクシギの仲間です。
日本で見られるシャクシギの仲間は、このチュウシャクシギとダイシャクシギ・コシャクシギの他にホウロクシギが代表的です。
このほかに、飛来数はきわめて少ないハリモモチュウシャクシギやシロハラチュウシャクシギがいるそうですが、一度でいいから見てみたいものです。
シャクシギの名前は、特徴の長い嘴を「柄杓」の柄に見立てたものですが、それにしては反りすぎた柄ですね。
ダイシャクシギ・チュウシャクシギ・コシャクシギの順に大きさも違います。大・中・小が並ぶと面白そうですが・・・・


目的のケリは、近づくと激しく威嚇してくるので、すぐ分かるのですが、この日は鳴き声も聞こえません。
車に戻るつもりで、近道の狭い畦道を歩いてると、目の前にケリが・・・・
飛び立つこともなく、けたたましく鳴くわけでもなく、警戒態勢???
巣でもあるのかと思って、足元を見ても卵らしきものも見えません。



この後、急に飛び上がって、いつもの威嚇体勢をとり始めたので、こちらも、そのまま退散!!
結局、この日は2か所でケリを確認しましたが、巣立った雛を見つけることはできませんでした。今頃は、雛が巣立ってる頃かも知れませんね。


さらにその近くで、再びチュウシャクシギに出会います。


先ほど飛び立ったチュウシャクシギと同じ個体かもしれませんが、今度は、まだ水の入ってない田圃の畦道です。



ここにいつまで居てくれるか分かりませんが、これからさらに長旅が続くことでしょう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アマサギはチュウサギがお好き?(飛翔)

2017年05月25日 | 野鳥
ここ10日ほど前から、田圃が急に騒がしくなってきました。
タマシギやアカガシラサギ・シロハラクイナなど、すでに抜けてしまった鳥もいるようですが、連日賑わってます。
いつも思うことですが、携帯やブログを含めたSNSの効果(?)はすごい!!
まさに蟻が群がるごとく・・・・・・・(私も、ほんの一部、ご相伴に預かってるうちの一人ですが…))
しかし、連日の真夏日で、昼間の田圃は暑そう~!!
毎年、来てくれた公園のフクロウは、Mさんの話によると、今年は人工の巣箱にアライグマが棲みついたため今年は期待できないとか・・残念!!

そんな中、当ブログは、まだ事前下書きした記事の在庫消化です。


田圃をぐるっと回ってみたものの、やはりめぼしいシギの姿は無し!
辺りに響くオオヨシキリの賑やかな鳴き声!
駐車場の方に戻る途中、畝に、先ほどのアマサギがチュウサギと一緒にいます。


チュウサギが突然飛び立ちます。 上手くアマサギと重なってくれて、ラッキー!!




チュウサギに誘われるように、アマサギも飛び立ちます。



少し離れたところに降りたチュウサギのもとへ・・・・・やっぱり1羽では寂しいのか?
前回載せた同じチュウサギを追いかけながら田圃の中を移動してるようです。



暫く、2羽で仲良く並んで餌を突っついてましたが、再びチュウサギが飛び立つと・・・・すぐのそれを追いかけるように・・・・


写真右上に写ってるチュウサギを追いかけていきます。


お蔭で、アマサギの飛ぶ姿がたっぷり撮れました。
チュウサギに感謝? (このアマサギは5月24日時点では姿を消しています。)
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

与野公園の薔薇 あ・ら・か・る・と!

2017年05月23日 | 花と野鳥
与野公園のバラ第2弾です。
薔薇の花が、あまりにも種類が多すぎて全てを紹介できませんが、そのうちのいくつかを・・・・
園内ではやはりピンク系のバラの花が一番多いでしょうか?



そして、バラの代表格、深紅のバラ。 一番妖艶な感じがします。


黄色いバラの花びらに、羽アリが1匹。


その他にもいろんな色の花が咲いています。 それぞれ、微妙に色が違うんですよね。






この園では初めてでしょうか? 今まで見たことが無い?(気が付かなかったのかも?)
一つの株から、複数の色の花が咲いてる?


今回も、たくさんの写真を撮ってきたので、我が家のあちこちにバラの写真を飾って楽しんでます。
まさに家庭バラ園を開催中です。 もちろん無料ですよ。(笑)


*今回は連載のため、コメント欄を閉じてます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

与野公園のバラが見頃です。

2017年05月21日 | 
アマサギの飛翔を載せる予定だったのですが、鳥写真が続いたので、先にバラの花を載せてみたいと思います。

昨日の5月20日は与野公園の「バラ祭り」が盛大に開催されたようです。
バラ祭りの日は人も多いので、その前の12日に撮った写真です。この日もほぼ満開の状態でした。

今回は、花の色が綺麗に出るように、敢えて曇りの日の夕刻を選んで撮ってみました。
使用したレンズは、久しぶりにカールツァイスPlanar T* 1.4/50 ZEといつもの100ミリマクロ。(一部ストロボも使ってみました。)

この公園は、過去何度も紹介してるので割愛しますが、明治10年に開園した140年以上の歴史がある公園です。
園内には、約170種3000株のバラの花が咲いてるでですが、今回も名前はパスしますので、ご容赦を・・・・・
1回目は、同じ種類の花を、それぞれ角度を変えて撮って見た写真からです。

まずは黄色から・・・・



赤と白のグラデュエーションが綺麗



ところで、最近のバラの花も品種改良が進み、たくさんの種類があって、西洋の花と思いがちですが、日本は薔薇の自生地として有名なんですね。
特に、ノイバラ、テリハノイバラ、ハマナシ(ハマナス)の3種類は、世界の薔薇の品種改良に大きく影響を与えたそうです。
昔から身近な花だったようで、古くは「万葉集」にも「うばら」「うまら」という名前で謳われています。


淡いピンクが可愛い妖精



ちょっと妖艶な・・・・・・



こちらは、真紅の笑顔?



今や、全世界では2万種以上あると云われていますが、これからさらに増えていくのでしょうか。



コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

田圃ではアマサギ(甘鷺)

2017年05月18日 | 野鳥
5月1~8日にかけて、何度か公園近くの田圃にシギチを求めて・・・・・・・・遊んでくれたのはこのアマサギだけ!
しかもチュウサギと一緒にいた1羽だけでした。
サギの仲間では、最もきれいな夏のアマサギ。たくさん撮ってきましたので、2回に分けて載せてみます。

田圃にも水が入り始めて、いよいよ田植えが始まったというのに、何処を探しても、シギやチドリの仲間は見当たりません。
田圃の畦道をのんびり歩いてると、少し離れたところを1羽のアマサギが飛んでます。


そして、降り立ったのが・・・・上手い具合にタンポポなどが咲いてる草むらです。



1羽だけで、表情がどこか寂しげに見えます。

すぐそばには、これも1羽のチュウサギがいて、綺麗な飾り羽が風にたなびいて綺麗でした。


アマサギは動きそうでないので、チュウサギを観察してると、突然飛び立ちます。
慌ててカメラを振ったものの、完全にフレームアウト!!


ボーとしてると、、、今度はチュウサギを追いかけるようにアマサギも飛び立ちますが、慌てたせいで、なかなかフレームに入らず、撮れたのは着地の後姿!!


先に飛んだチュウサギが気になるのか、畝越しに覗いてます。   一緒にいたいのに~!!


その後しばらく、その場所から動きそうにないので、再び畦道を歩いて、シギを探しますが、やっぱり見つからず。
近くで、キジの鳴き声が聞こえるので、そちらを向くと、雄のキジがいました。辺りを見ても雌はまだいないようです。


それにしても、今年はどうしたのでしょうか?
このまま、田圃のシギチを見ないまま夏を迎えるのでしょうか!!

・・・・・・・・・・続く!
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

日本ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村