そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ヒミズ

2012-01-15 | 劇場映画れびゅー
予告編を観てからずっと気になってた『ヒミズ』を観てきました。
★★★★★

観ていて心が痛くなる、世の中どっちを向いても光が見つからない、そんな中にも光を見出そうと這いずる主人公の感情を瞬間的に疑似体験する。
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『息もできない』を彷彿とする絶望感、しかしこれらと同様に秀作です。

昨年の大震災をストーリーのバックグラウンドに盛り込み、被災者に降り掛かっている厄災、生活の問題と原発問題、そして彼らのアイデンティティが映画のスパイスとして使われている事については時期尚早にも思われ賛否もあるだろうけれど、映画としてはより完璧に仕上げられている。
中途半端な映画でこれをやっていたら相当叩かれただろう。
被災地の映像が胸に刺さる。

何が素晴らしいって役者さん達が全員揃ってエネルギーに満ちあふれていて恐ろしいくらい。
ヴェネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞を二人揃って受賞した染谷将太と二階堂ふみが演じる役の狂気と飢えがスクリーンから熱く伝わって来る。
渡辺哲も、光石研も、でんでんも、その他大勢出ている著名な役者さん達から脇役、ゲスト出演者に至るまで全員が凄い。

これはやっぱ役者さんの力もあるだろうけれど、園子温監督の演出力も大きいんだろう。
この監督の映画観たこと無かったけどこれはスゲーわ、今後要チェック。

もし本谷有希子原作の映画を作ったら生きて居られなくなりそうな映画を作ってしまいそう。

帰りの車中で運転しながらレビュー録音してて、思い出し号泣してしまった。

二階堂ふみって整形前の宮崎あおいと被って見える瞬間がたくさんあったんだけど、芝居は二階堂ふみのが上手いね。

ネタバレ
車中で録音してた内容をそのまま…

絶望的な生活環境の中でも、「上昇志向は要らない、普通でいたい」「今の自分の状況は普通なんだ」って自分に言い聞かせ、ポリシーを持って生きている中学生の少年が居て。
その少年の言葉に何故か共感を持って、憧れる少女が居て。

少年はどんなに家庭環境が悪化しても「それでも自分は普通なんだ」と言い聞かせ、前を向いて生きて行こうと、必死じゃないように見られようとしている。
その彼自身は自分の周りにそんな彼を慕って集まる震災で家を失った被災者達や、彼に憧れる少女が居ることに全く気づいていなくて。

必死で頑張って生きている少年が心配でならないのと、ほんとにイイ奴なんで一緒に居たいと思って、彼に生活の場を与えてもらって支えられながらも彼を慕って集まってくる被災者達が居て。

そんな中で彼に最悪の事が起きてしまい、彼を助けようとみんな応援しているんだけど、死ぬ思いをしてまえ行動を起こす人も居るんだけど、彼はそんな事に気付かず、一直線に悪い方向へ自分を陥れてしまう最悪の選択をしようとする。
良い事をするという言葉の下に、どんどん自分を追い込んでしまう。

そんな彼を見ている周りの人達は、彼に気付かせようと必死になって、最終的になんとか彼は最善の選択にたどり着く。

でも、その先に待っているのは本当に幸せなんだろうか。

最善の、当たり前の選択をしたところだけを取るとハッピーエンド、未来は頑張れば有る、自分に頑張れと言い聞かせ、感情を爆発させるクライマックス。
被災者へのエールとも被る演出にもなっていて、凄く深い、涙の溢れてくる最後なんだけれど、いやまて現実を振り返るとどうなのか。

現実を観たら本当に酷くて息もできない程、被災者の方々は未だにつらい目に合っていて必死で生活をしてらっしゃる方々も大勢居る。

映画の中を振り返って考えると、少女は家に帰ったら母親から死ねと言われて首を吊るための処刑台まで用意されていて、いつ命を絶たなければならない事になるのか。
もう、彼に構っていられないくらい、カウントダウンはとっくに始まっていた。

そんな悲しい終わり方ってある?
そんな悲しい現実が進行している終わり方ってあるか?



ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]
クリエーター情報なし
松竹ホームビデオ

コメント   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« フライトナイト 恐怖の夜 | トップ | ロボジー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

27 トラックバック

ヒミズ (Akira's VOICE)
住田がんばれ!!!  
ヒミズ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが、ポスト3.11のリアル。 「ヒミズ」は、昨年「冷たい熱帯魚」「恋の罪」という、人間のダークサイドを描いたパワフルな2作品で気を吐いた、園子温監督による最新作。 原作は古谷実の同名漫画で、今...
ヒミズ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。古谷実原作、園子温監督。染谷将太、二階堂ふみ、吹越満、でんでん、渡辺哲、 諏訪太朗、川屋せっちん、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、モト冬樹、堀部圭亮、黒沢あす ...
園子温・監督『ヒミズ』声に出して叫びたい日本語。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
園子温・監督が古谷実・原作コミック『ヒミズ』を映画化。撮影準備期間中に起こった東日本大震災をうけて舞台設定を変更して完成。主演の染谷将太と二階堂ふみは、本作でヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤ
映画レビュー「ヒミズ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
◆プチレビュー◆ヒリヒリする痛みの後に、かすかな希望の灯が見える青春映画「ヒミズ」。主演の若手俳優二人が素晴らしい。 【75点】 15歳の中学生、住田の願いは“普通の大人 ...
ヒミズ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが、ポスト3.11のリアル。 「ヒミズ」は、昨年「冷たい熱帯魚」「恋の罪」という、人間のダークサイドを描いたパワフルな2作品で気を吐いた、園子温監督による最新作。 原作は古谷実の同名漫画で、今...
ヒミズ (あーうぃ だにぇっと)
ヒミズ12月26日@一ツ橋ホール いつもより男性の姿が多い。
ヒミズ (とりあえず、コメントです)
古谷実著の同名コミックを原作に園子温監督が創り上げた強烈なドラマです。 映画祭で話題になっていたので、主演の二人がどんな演技を見せてくれるのかずっと気になっていました。 またしてもブラックなエネルギーに溢れているハードな作品でした。
ヒミズ  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 原作は「行け!稲中卓球部」で人気を獲得した漫画家・古谷実が、2001年から2003年にかけヤングマガジン誌上で連載し、“終わりなき日常”を生きる若者の閉塞感を容赦なく描ききった超問題作、 ....
ヒミズ (悠雅的生活)
普通。日常。軽口のバラード。
『ヒミズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒミズ」□監督・脚本 園 子温 □原作 古谷 実□キャスト 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺 哲、吹越満、神楽坂恵、光石 研、       渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上 淳鑑賞日 1月14日(土 )■劇場 TOHOシネマズ川...
ヒミズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「冷たい熱帯魚」の園子温監督が漫画家・古谷実(『行け!稲中卓球部』)の問題作を映画化。家庭環境に恵まれない少年と愛に飢えた少女、2人の中学生の青春を切れ味鋭い独自のタッ ...
ヒミズ2011/12/26試写会(2012-004) (単館系)
12/26 ヒミズ試写 一ツ橋ホール 古谷実による漫画で商業誌連載第四弾目の作品である。 今までのギャグマンガ路線から一線を画した作品で、人間のより暗い部分を見せる作品に仕上がっている。 全4巻。 2...
『ヒミズ』 (こねたみっくす)
恐るべき園子温監督の世界で恐るべき輝きを放つ染谷将太と二階堂ふみ。 トコトン絶望的だと言われている古谷実先生の原作を東日本大震災と絡めることで、絶望・暴力・でんでん親 ...
ヒミズ  監督/ 園 子温 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  二階堂 ふみ  渡辺 哲  光石 研 【ストーリー】 15歳の少年・住田祐一は、実家の貸しボート屋に集まる、震災で家を失くした夜野さん、田村さんたちと平凡な日常を送っていた。住田のクラスメイトの茶沢景子は、大人びた雰囲気の住田が好きで....
ヒミズ (心のままに映画の風景)
中学3年生の住田祐一(染谷将太)は、同級生の茶沢景子(二階堂ふみ)に好意を抱かれ、何かと積極的にアプローチされる。 貸ボート屋を営む敷地内には、震災で家を失くした人たちが暮していたが、ある日、...
俺にはわかる~『ヒミズ』 (真紅のthinkingdays)
 15歳、中学三年生の住田(染谷将太)は、震災で家を失った大人たちが集う、 湖の畔の貸しボート屋で暮らしていた。住田のクラスメイト・茶沢(二階堂ふみ) は、「普通最高!」と叫ぶ住田を神格化し、憧...
映画「ヒミズ」 (FREE TIME)
映画「ヒミズ」を鑑賞しました。
ヒミズ (to Heart)
「生きろ」と、君が言った。 製作年度 2011年 上映時間 129分 映倫 PG12 原作 古谷実 脚本/監督 園子温 音楽 原田智英 出演 染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/光石研/吹越満/渡辺真起子/神楽坂恵/でんでん/村上淳/窪塚洋介 15歳の孤独な少年、住田祐一の夢は、誰にも迷惑...
初の園子温作品! (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「ヒミズ」を鑑賞しました。 普通に生きることが夢の中学3年生の祐一 彼のことが好きな同じクラスの景子 この2人に起きる事件・・・ うーん 強烈! パンチの効いた作品といいますか ストーリー展開はどこにいくか わからなく 最後まで見れまし...
ヒミズ ひみつやないよ、ヒミズだよ。もぐらのことなんだって。 (労組書記長社労士のブログ)
【=4 -0-】 特に注目していなかったけど友人からのお奨めだったし、主人公の2人がヴェネチア国際映画祭では最優秀新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞のW受賞したというのも話題だったので、観ようかなと思いだした。 今日、東京に中途半端な時間に到着して...
ヒミズ (食はすべての源なり。)
ヒミズ ★★★☆☆(★3つ) 「生きろ」と、君が言った。 主演の二人染谷将太、二階堂ふみが 第68回ヴェネチア映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞) 「普通万歳」をモットーに生きる住田祐一は、衝動的...
身内の暴力と他人の優しさ。『ヒミズ』 (水曜日のシネマ日記)
第68回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で主演の染谷将太と二階堂ふみがマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した作品。不幸な家庭環境に置かれた中学3年生の男子生徒と彼を取り巻く人たちの物語です。
ヒミズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒミズ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)本作は、昨年、『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』で鮮烈な印象を残した園子温監督の作品ですから、やはり大いなる期待を持って映画館に出向きました。  園監督は、このところ随分と短いインターバルで衝撃作を次々に公開...
「ヒミズ」絶望の中でそれぞれ望んだ希望と未来を見つけた2人の支柱 (オールマイティにコメンテート)
「ヒミズ」は古谷実原作の「ヒミズ」を映画化し第68回ヴェネツィア国際映画祭にて出演した染谷将太さんと二階堂ふみさんが新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した ...
ヒミズ (銀幕大帝α)
11年/日本/129分/青春ドラマ/PG12/劇場公開(2012/01/14) -監督- 園子温 過去監督作:『恋の罪』 -アクション監督- 坂口拓 -原作- 古谷実 -脚本- 園子温 -出演- *染谷将太…住田祐一 過去出演作:『フレフレ少女』 *二階堂ふみ…茶沢景子 *渡辺...
ヒミズ (いやいやえん)
しかし私には微妙に合わなかった。ぐっとくるところもあったが手放しで受容できない所もあった。それがラストシーンの希望ともとれる「住田、頑張れ!」のエールである。精神衛生的に落ち込んでいる人には「頑張れ」