プカプカプク日記 ~Life is Trip~

週末の食べ歩きや国内・海外旅行記など
お出かけ日記を中心に気ままにお届けいたします 
Love&Smile~♪

那覇2日目はタクシーチャーター(2)

2018-06-29 | 沖縄

「D&D」を出た後、
またタクシー運ちゃんの提案で近くに中村家住宅があるけど寄るか?って。近くならば寄って貰いました。



ここは、約280年前の代表的な沖縄の上層農家の住宅。



戦前の沖縄の住居建築の特色をすべて備えてるきわめて珍しい貴重な遺構で、
重要文化財に指定されています。





住宅の中にも入れます。





とてもりっぱな家です。





奥の豚小屋にも驚き。
フールって言うアーチ型の三連石囲いになってました。
写真は無し。



見学後、売店で冷たいお茶と黒糖ゼリーのおもてなし有り、有難い

   

ここで休憩中に、先程したツアー会社から連絡が入り、
アルモントホテルの一泊が取れたことと、
帰りのを翌朝の関空便が空いてるとの報告を受けました。
これにて、本日も那覇泊決定で、一段落です。ふぅ。

その後、またまたタクシー運ちゃんから中城城跡はどうする?って。
近くならばそこも寄って貰いました。
最初に行こうとしてたのは、勝連城跡だったのですけどね
ところが、ここは凄く広くて眺めも良く、行って良かったです。



ここでは、入場料大人400円を支払った後に、
坂道を上がるのに、カートで送迎して貰えました。
暑い中、これは助かった



坂を上がったところから先は徒歩散策です。



眺めが素晴らしい。









ここは、沖縄の300余あるグスクの中で最も遺構がよく残ってるらしい。
日本の100名城にも選ばれてます。



正門から入って見学です。。。





拝所もあり。全部で8ヶ所あるらしい。



城は、連郭式の山城で、6つの郭で構成されてます。

 

最も広い一の郭へ。





ここも眺め良し。あれは今から行こうとしてる勝連半島か





二の郭。



私らだけかと思ったら他の見学者がやっといた。



ここは、三の郭。



裏門を抜けて振り返ったグスク。



最後の記念運動場のところに、模型あり。城の形状が良く解ります。



古琉球時代のいにしえのロマンにひたれる広大な城跡。
素晴らしい。
でも、暑いのが難点

長くなったので、(3)へつづく。




コメント

那覇2日目はタクシーチャーター(1)

2018-06-28 | 沖縄

那覇2日目の朝、ニュースで大阪の地震を見てビックリ!
いったい、どんな状況になってるのか。。。友人らにLINEして確認。
皆無事そうで、ホッ。
朝のニュースでは一旦伊丹空港も閉鎖されてましたが、
私らの夕方便は大丈夫だろうと、朝の時点では帰る気満々。

そして、2日目は何する?の、いつものノープラン。
沖縄で大阪の地震のことを気にしても埒が明かないので、
以前からいつか行きたいと思っていた、勝連城跡伊計島
タクシー5時間チャーターして暢気に観光することにしました。

それで、地図を見て、宜野湾通るなら行って欲しいお店が2軒あると
タクシー運ちゃんにお願いして回って貰ったの。

まず、1軒目は石窯天然酵母パンの「宗像堂」さん。



パンは一度、
阪急うめだ店のパンイベントで買って食べた事はありましたが、
お店の方にもいつか行ってみたかった。



緑に埋もれたような店構え(笑)、イイ感じ~~
40年以上前の在日米軍ハウスを改築したとか。



売ってるパンの種類が多くて目移りしました。
年配タクシー運ちゃんが、ここ有名なの?と聞きつつ、
一緒にパンのお買い上げ~。



テラスで買ってすぐ食べれるようです。



買った時点では、今日中に大阪に帰ってすぐ冷凍しようと思っていたのが、
飛行機欠航に付き、翌朝のベッドの上の朝食と相成りました。
写真には写ってないけど、ベーグルは既にお腹の中。
もっちり美味しいパンでした。

それから、タクシー運ちゃんが近くに展望台が有るから寄る?と聞いてくれたので行って貰いました。

タクシーの中ではクニパは仕事場が地震でどうなってるかの連絡に大忙し。
スタッフや業者の人何人かに見に行って貰って、
壁は縦横に亀裂!クロスは捲れ、室内は落下物でめちゃめちゃだって・・・

こちらが次に寄った嘉数高台展望台のある公園。



戦争の爪痕も見ることが出来ます。
ここが沖縄戦の激戦地の一つだったことを知りました。



高台にある円形状の展望台。



そこから見える360度の景色は絶景です。







普天間基地にオスプレイが駐機してるのも見えました。



う~ん、市街地に近すぎですよね。





展望台には、オスプレイ狙いでしょうか望遠カメラをセッティングされた人とかがスタンバっておられました。
展望台からの市街の絶景の眺めと、基地と、戦争を考えさせられる場所でもありました。

まだまだ大阪に連絡取り合うクニパ。
ここで、仕事に使う機械類は無事動くと解ってホっとしたところ。



公園に沢山咲いてたアラマンダの花に、



ハイビスカスの花。




それから、次にもう1軒回って貰った「D&D」



こちらは雑貨屋さん。
店内は広いです。
さぁ~中に入ろうかな、っとしたところで、にJALから
欠航の知らせが・・・えええ==と、しつつも、
せっかく来たので、食器売り場のイベントコーナーで少しだけ買い物。



沖縄の作家さんかと思って買った蕎麦猪口は、福岡の小石原焼「太田哲三窯」の作品でした。
でもこの刷毛目が気に入って購入。
あと、琉球ガラスのコップを一つと。
このコップが素朴で使い易くとても気に入って毎日使ってます。

この後、ツアー会社にして、ホテルと帰りのの相談にとバタバタ。。。
長くなったので、(2)へつづく。

今夜は、ニッポン応援しなくちゃね




コメント

那覇一泊目の夜は「みつ子ばぁばの台所」

2018-06-27 | 沖縄

那覇一日目の晩ご飯は、ダイビング後でお腹ペコペコ。
それでホテルから近くで17:30から開店しているお店を探しました~。
行きのJAL機内で貰った「ちゅらナビ」に載っていた、
ホテルの並びで徒歩2~3分と近い「みつ子ばぁばの台所」に決定

  

お店はこのビルの2階。1階にショップもあるもよう。

  

やんばるの島野菜や今帰仁アグーが食べれるお店とか。
17:30の開店後一番乗りで入店。。。。

注文したのは、オリオン生と、お刺身4種盛り。



そして、一押しの純血種今帰仁アグー豚の本ソーキ。



塩焼きをしゃぶり付き

それから、ハンダマとチラガー炒め。



ハンダマは葉裏が紫色したポリフェノールたっぷりの沖縄の野菜。
チラガーは、豚の顔肉のこと。この部位もコラーゲンたっぷり。
味付けも

大好きなテビチ煮付けも。



「ちゅらナビ」持参のプレゼントに料理長おすすめの料理一品頂きました!
それがこちら↓



料理長曰く、絶対何か解らないと思うって。
見た目はチコリかタケノコの天ぷらかなと思いながら、カブッと一口。
何だか粘っこい。そして端っこが赤い色してます。
食べても何かサッパリ解りませんでしたが、
それもそのはず、これって、ドラゴンフルーツの蕾ですって
そりゃ当てられんわドラゴンフルーツの蕾が食べれるなんて

次は今帰仁産山羊肉野菜炒め。



山羊肉食べるの初めてかもちょっとマトンっぽい臭みあり。
でも美味しかったです。

いつものジーマーミ豆腐も外せません。



最後の〆は一日5食限定のオリジナル山原そば。



と、珍しい沖縄料理を食べることが出来ました~
満足、満腹、ご馳走様でした。
でも、お店にはみつ子ばぁばはいらっしゃらなかったようだ

食後はホテルで一服してから、国際通りの方へ。。。
やっぱり食後デザートはこれでしょ



パレット久茂地1階の、ブルーシールアイス。



国際通りの入口。



パレット久茂地側。



いつ行っても賑わってて、歩くだけでなぜかワクワクする国際通り。
半年ぶりで、新しいホテルもオープンしてて




コメント

アルモントホテル那覇県庁前に一泊、いや二泊

2018-06-25 | 沖縄

今回の弾丸沖縄旅行では、
去年の11月に泊まったサン沖縄ホテルに忘れたダウンジャケットを
取りに来たと言う目的も兼ねておりまして、
そのために必ずまたサン沖縄ホテルに泊まるつもりにしてたのですが、
生憎の満室。。。サン沖縄ホテルの稼働率高し!
修学旅行生でも泊まってるのかと聞くと個人客ばかりとのこと。
半年も預かっていただきありがとうございました

それで、
今回初めて泊まってみたのがサン沖縄ホテル近くのまだ新しいホテル
「アルモントホテル 那覇県庁前」です。
最寄駅は同じくゆいレール県庁前駅。パレット久茂地の裏辺り。
駅からは徒歩3~4分ぐらいだし、国際通りも近くて便利。



なにせ、まだ新しいのも魅力。
当たった部屋は7階のツイン。



那覇市内のホテルの割に案外広いところも良い。



館内着、スリッパ完備。

   

洗面・バス・トイレはユニット。



シャンプー類は私の好きな御木本の。

   

でも館内12階に大浴場があるので、部屋風呂は一度シャワーを浴びたのみ。
女性用大浴場には暗証番号を入力して入るシステム。
セキュリティーも抜かりなし。
また12階に洗濯機&乾燥機があるので、水着も乾かして持って帰れました。



そして、
朝食会場にもなる1階の「はなもみ」で、ウェルカムドリンクが頂けます。



夜10時まで開いてて、ドリンク飲み放題。



晩ご飯から帰って、ここでコーヒー入れて部屋に持って帰りました。



それとは別に、
EV前のケースにアイスバーも置いてて自由に食べれるサービスもあり。
何だか嬉しいサービス満載なホテルでした。

翌日の朝食バイキング。
これが、想像していたのよりもなかなかの充実度
席が狭いので、きっと大したことないのだろうなと。





沖縄料理が充実してましたよ。こんなパネルで料理の説明あり。







ジャムの種類も多くて嬉しかった。



デザートはホテルオリジナルの黒糖プリン



最後にクニパが取ってきたのは、タコライス。

 

と、何度もお替りした、美味しい朝食でした~
ベストウエスタンは見習って欲しい。

私たち、一泊二日の弾丸旅行でしたので、
この日の11時前にチェックアウト。
大阪北部の地震のことは朝のニュースで見てましたが、
夕方のは大丈夫だろうとタカを括っていたら、
昼過ぎにJALから欠航の知らせが。。。

それで、慌ててツアー会社にし、(大阪には繋がらず、那覇支店に)
同じくアルモントホテルをもう一泊押さえて貰いました。
↓取れたのは同じ7階の青☆の部屋を素泊まりで。
前泊したのは赤☆の部屋。



青☆の部屋の方が少しだけ広かった。



角部屋なので窓が2か所にあって、明るいのが嬉しい。



窓からの景色はこんなのですが。





館内着と、お風呂に持って行くバッグ(持ち帰り不可)は、前泊と同じ。



予期せず、二泊するはめとなった今回の旅行。
アルモントホテルも気に入ったので、次回からも利用させて頂きます。
ホテルの選択枝が増えるのは嬉しい。
なにせ、いつもの一泊弾丸の格安ツアーでは、
利用可能ホテルが4択とかと限られてるのょ。
以前一度泊まったロコアナハも良かったのに、外されたし。
ここも人気が出たら格安ツアーから外されるんだろうな。。。
このホテルは法華クラブの系列で、
シングルルームが多いビジネスユースのホテルのようでした。




コメント

チービシダイビング2本目~ラビリンス(2)

2018-06-24 | ダイビング

さて、2本目のポイントも同じくラビリンスです。
どこをどう行くか悩むイントラM氏。
結局、1本目に潜ったのの逆回りをしたそう。←後で聞く。

クニパがちょい船酔い気味だと言うので、休憩後はやめに2本目にGo!
私はと言うと、あんなに体調不良と言っておきながら元気一杯に(笑)
30分じゃ物足りなくてもう少し長くして貰った2本目

エントリー場所すぐにいたのは、ハナビラクマノミ。



 





まさに、ラビリンス

 

洞窟がいっぱいだと、どう潜ったのかサッパリ掴めず。









宮古島まで行かなくても、地形が楽しめるでしょって、イントラM氏。
う~ん、でもやっぱり宮古島でも潜りたい(笑)



洞窟の中にいたのは、アカマツカサやリュウキュウハタンボ。



うんうん、ここも1本目に通ったな。



上を見上げると、光が眩しい



そして、10cmぐらいはあったメレンゲウミウシ。ネーミングが可愛い



ブランクダイバーでしたが、2本目では随分と余裕が

 

これにて2本目終了。
はほぼカラック提供。良い写真を沢山ありがとう~♪
クニパの後ろ姿からメレンゲウミウシの3枚のみ私が撮ったもの。

今回も着いた日2本だけでしたが、充分楽しむことが出来ました
ありがとうございました。
次回はそんなにブランク開けずに潜りたいです。
私たち、この2本を入れてやっと85本となりました。
じわじわ100本に近づいておりますが、いったいいつになるやら。。。



■ 潜水時間41分、最大水深15.8m、水温24度、透明度15m



コメント (2)

チービシダイビング1本目~ラビリンス

2018-06-23 | ダイビング

今回の弾丸ダイビングもいつものショップ「カラック」利用。
ギリギリまで私の体調の様子見だったのですが、
潜るポイントは、多分糸満か真栄田か又は台風の影響でボートが無理ならどこかのビーチかなと想像して、報告はしていなかったのです。
すると、当日合流した時点でチービシのを予約しているとのこと
ええっ!そうなん。。。と、
以前の慶良間で船酔いした時のことがフラッシュバック。
だ、大丈夫だろうか ←隣でクニパも青ざめる

一応、帯状疱疹治りかけの旨伝えて、一本30分ぐらいでお願いしました。
↓こちらが本日のボート。波之上のそばの三重城港から出発です。
慶良間に行くボートと同じだって。



慶良間の手前、チービシには那覇から約20分で到着です。
神山島、ナガンヌ島、クエフ島の3つの無人島をチービシ諸島と言うそうな。



本日も台風の影響で潜れるポイントがここぐらいしか無いので
他のボートも集まってきております。



さ~て、一本目。
私ら潜るの1年半以上空いてしまったので、ゆる~くリハビリダイビング。
すると海に入ってすぐにアクシデントが
私がカメラを失くしてしまったのです。。。。。。
イントラM氏がすぐ気が付いてくれて、探しに行ってくれました。
ボートの先頭まで流れていたとか。。。見つけてくれてありがとう
潜った瞬間のアクシデントで、もう心臓バクバク。
すぐ上がるって言おうかなんて気弱になりかけましたが、なんとか継続。

そんなことがあったりして、カメラを水中モードにし忘れてて
色がいまいちの私の
今回の写真はほぼ「カラック」からいただいたCDからピックアップ。



 

チービシでのポイントは、神山島南ラビリンス。
クレバスや洞窟が多く、その間を迷宮のように進むことから、
ラビリンスと呼ばれるポイントです。

 

私の好きな地形 光がキレイ



 



洞窟の中に光が射して、とても神秘的。こういう景色を見るのが好き

 

 

私のも少しだけアップ。
まったり寛ぎ中のハゼちゃんに、



洞窟の奥にひそむ伊勢エビ。ひげが解るでしょうか



大きなサラササザエ。食べると美味しいらしい。



ミゾレウミウシに、



キスジカンテンウミウシ。



キスジカンテンウミウシは初めて観測しました。
↓以下のは「カラック」提供。

 

 



お願いした通り、30分程で安全停止をして上がった1本目。
良いリハビリになりました。
想像したより、波の流れもなくゆったりまったりダイブ。
最初はガチガチだったけど、途中からは楽しめた地形ダイブでした。



■ 最大水深14.7m、潜水時間36分、水温24.2度、透明度15m




コメント (2)

’18年 弾丸沖縄ダイビング旅行

2018-06-22 | 沖縄

先日の大阪北部地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
茨木市に住む友人から昨夜ガスが通ったとのメールが来て、
復旧してきていると実感しました。
因みにクニパの仕事場も被災しましたが、応急処置で営業再開しております。
ご報告まで。

私たちはちょうど1泊2日の弾丸沖縄旅行をしていた2日目の朝、
8時過ぎにいとこから「大丈夫?」のLINEで地震を知りました。
それから、旅行にも影響が出てきたのですが、その話しは後ほど。



今回は、行く前から色々受難続きで・・・

まずは、
出発10日前ぐらいに私、帯状疱疹になりまして。。。それも顔面に。
梅雨時期に帯状疱疹になるのこれで2回目。
ホントに梅雨時期は体調が悪いワタクシ。
帯状疱疹になる事これで3回目なんですよ。なんでこんなに。。。
今後、梅雨時期の6月には旅行計画立てない事に決めました。
今回は旅行までに10日間あったため、
薬飲んで様子見ながら、ギリギリ治って弾丸ダイビングを決行しました

そして次は、台風6号が発生
突如台湾沖で発生した台風でしたが、一日で通り過ぎてくれてホッ。
でも海況には影響出るから、ダイビング出来るのかどうだか・・・
まあ、ちょうど体調も良くないことだし、
ビーチダイブぐらいで良いねなんて言いながら向かった沖縄。

それから出発1日前に準備を始めると、
私のダイコンがバッテリー切れになってる
もう、何やってるやら。
1ヶ月前にはちゃんと確認しておかないと、電池交換に間に合いませんわ
無事、ショップでレンタルは出来ましたけれど。


と、何だかんだと、行く前からバタバタした旅行でしたが、
無事2本潜ってくることが出来ました
それもボートダイブ2本。

 

ポイントは、チービシのラビリンス2本です。





台風6号の影響で透明度はもひとつでしたが、
初めてのポイントを楽しむ事が出来て、ラッキー



まずは、いろいろ無事であったことに感謝感謝




コメント (2)

バンコク3日目(5)~シロッコでスコールに合う

2018-06-14 | タイ

さて、「メイクミーマンゴー」のカフェを後にして、
ぶらぶら歩きながら流しのタクシー待ち。
なるべく明るく、広い道を選んで歩いてましたが、なかなか空車が来ない。
気が付けば、パーク・クローン市場まで歩いてました。
夜でも賑やかなバンコク最大の花市場。
見たところほとんどがお供え用の花を扱ってるようだった。←写真無し

その辺りでも捉まらず、
出て来たところが、↑ラマ1世像と↓ワット・ラチャブラナ。



そして、ここら辺でトゥクトゥク2台に声を掛けられて、
ルブアステイトタワーまでと言うとB200だって。
B100で!と交渉するも、ダメダメって素っ気ない。
3台目のトゥクトゥクでやっとB100で行ってくれると交渉成立



この運ちゃん、飛ばす飛ばす



タークシン橋を渡る時に撮ったは、



あれは懐かしのシャングリラホテル・・・ブレブレ写真ですが。



こちらはBTSのサバーンタクシン駅。
政府はこの駅無くす方向になってるらしいですね。



さて、次の目的地ステート・タワーに到着。
相当距離があったのにB100で行ってくれてありがとう~。
チップをはずんでおきました。



目指すは、ステートタワー65階の
ドーム・アット・ルブアのスカイバー&シロッコです
ここでは、EVに乗る前に大きな荷物等は預けないといけないので、
クニパのデイバックを預けました。



65階からの夜景です。





最初はスタンド席でしたが、テーブルが空いたからと座りました。
が、座ると景色が見えない。。。



注文したのは、ドリンク2種と



おススメと言われたカラマリア(イカリング)のおつまみを。





   

う~ん、何だか写真で見てたのと違う景色。
このドームから階段降りて歩いてる写真を見たんだけどな。。。
どうやら私たちはドームエリアの方の席に居たようです。



暫くすると、お店の人たちが慌ただしくバタバタ片付けだして、
私たちにも席をチェンジしろって中に入れられました。
何ごと?って聞くともうすぐ雨が降るって。



すると、中に移って1~2分後に大粒の雨が。。。 危機一髪。



あちゃー
夜にもよくスコールが降るので、
ルーフトップバーのスタッフは天気(雨雲レーダー)との睨みっこですね。

ドーム反対側に行くと若者でごった返してました。
全員中に入ってますから。
そして大音響!
こっち側は若者エリアで、年寄りはドームエリアで正解だったか。



せっかく行ったルーフトップバーがで残念な事になりましたが、
これも旅の思い出の1ページと言うことで。
ここは、高くってB2483.47≒8800円

まあ、今日はワットアルンの素敵な夜景を見れたのでヨシとしましょう。
これにて、バンコク3日目おしまい。
ホテルに帰ってバタンキュー



コメント

バンコク3日目(4)~ザ・デッキ&メイクミーマンゴー

2018-06-12 | タイ

夕食を17:30にワットアルンの眺めの良いレストラン「Deck」を予約。
その前に、カフェ「メイクミーマンゴー」で一休みしようとウロウロ探すも
結局見つけられず。。。
見つけられなかった理由は、「Deck」だと思い込んでた場所がホテル入口だったため。↓ここじゃなかったのよ。



ウロウロ、地元市場の中まで探し廻りました。



捜してる内に17:30近くなってしまったので、
諦めて先に「Deck」へ。



ホテルレセプション前を通ってレストランの方へ。



おおっ素晴らしい、対岸目前にワットアルンが・・・



そして、17:30予約を告げると。。。なんと予約が入ってなかった
メールしたんですけど、そう言えば返信なかったから不安だったの
もう一度メールし直しとけば良かったトホホ。
でも、予約は通ってなかったけど、席はありました。良かった

最初2階に通されたけど、壁が邪魔でやっぱり下のフロアに。
このフロアは2組を覗いてほぼ日本人 日本人に大人気レストランです。
白人は上階のバーに行くのでしょう。
2階には中国人の団体さんが入ってました。

気を取り直して、お食事を。



ポメロ(ザボン)のサラダと、



川エビのバミーを。



夕暮れと共にライトアップされるワットアルン。





チャオプラヤ川の観光船も。



私たちの隣はインド人カップル。



大分ライトアップが綺麗になってきました。





とっぷり暮れるとこんな感じに。



そろそろお店を出る最後に、もう一枚



チャオプラヤ川の対岸に浮かび上がるワットアルン。
とても幻想的で、ここでしか見れない景色です♪

↓こちらがレストランの入口だった。



ココナッツジュースにコーク、マンゴシェイクと料理2品で、
合計B974.56(≒3400円)でしたので、
安くて美味しくて眺め最高のレストランでした。

夜のワットポー側。



道からも見えるワットアルン。

 

 

「Deck」を出てから、見つけられなかった「メイクミーマンゴー」へ。
デザートはこちらで食べます。



オシャレな店内。





変わった造りになってて、3階へ上がりました。



クニパ注文のメイクミーマンゴーセットB215≒750円は、



フレッシュマンゴー、もち米、マンゴープリン、マンゴーアイス、タイのカスタードプリンとマンゴー尽くし



私は、マンゴーヨーグルトスムージーB125≒430円を。
マンゴー最高!美味すぎです。
ご馳走様でした。

ここでは、テイクアウトされてる人が多かったみたいですね。
さて、まだ次にもう一軒、移動しま~す。。。





コメント

梅雨入り前にコンチェルト神戸に乗る

2018-06-06 | その他お出かけ

先日の日曜日は、梅雨入り前ラストの日曜日。
夜に予定していた会食がキャンセルになったので急遽どうする?って事で
久しぶりに神戸までお出掛け。

前日の夜に「コンチェルト神戸」のトワイライトクルーズを予約。
天気の良いのが解っていたので、
既に窓際席はいっぱいで残り2席は一列中の席になりますとのこと。
仕方ないですね。
フレンチコースで取り敢えず予約。

ちょっと早目に着いたのでモザイク3階のカフェで一休み。

  

目の前にティークルーズから帰って停泊中のコンチェルト。



カフェでは、神戸魔法の壺プリンをいただきま~す



トワイライトクルーズは17:15出航です。
そろそろ時間が来たので、船内へ。
入ったところで生演奏のお出迎え。



1階船内。



私たちの当たった部屋は船後方2階のパール。



出航前に3階のデッキに上がってみましょう。





お天気が良かったので、デッキも気持ちいいですが、
2時間ずっとデッキに居るのも疲れそうかな。
貸し出し用の日傘も用意されてました。

さて、出航と共にお食事が始まります。



私たちはフレンチコースの一番下のランクを予約。
前菜はサーモン。



あっ、大きめな船とすれ違います。



同じく観光船のルミナス神戸2でした。



ルミナスには、クニパは仕事関係の会食で一度乗ったらしい。
よって、比べたかったみたい。



この日のトワイライトクルーズは満席。
私たち予約後の残り1テーブルは埋まったのですね。当日なら乗船無理でした。



景色を見ながらのんびりお食事。
次はカッテージチーズの浮かんだ春人参ポタージュ。
チーズは既に私の口の中・笑



大麦リゾットの上に鯛のポワレ。カブラのソースも美味しい。



すると、ここで船内放送が。



もう、明石海峡大橋までやってきてました。



窓際席の人たちはそのまま席で眺めてましたが、
私たち一列中の席だったので、ここでデッキに上がりました。



う~ん、夕陽にはちょっと早かった。あと15~20分って感じ。
大橋にももう少し接近して欲しかった。



席に戻って、牛肉のテリーヌ。



ここで、また生演奏が始まり、



同室のお客様の中にお誕生日の人が2人いてケーキ登場。
お隣のテーブルの人のバースディケーキ。



皆さんアニバーサリーにコンチェルトを利用しているのですね。
私たちは単に気まぐれで乗っただけでしたが。

   

夕陽が良い感じになってきました。

 

最後のデザートと、私はレモンティーをチョイス。



食事を終えて、皆さんデッキへ。



もう三菱重工の辺りまで帰ってきてます。



これにて、トワイライトクルーズ終了。



こちらはコンチェルトチケットセンター。お土産も売っております。

 

なかなか楽しめたコンチェルトのトワイライトクルーズ。
ただ、帰ってくるのが予定より15分早い18:45で、夕陽がね。。。

ランチ&ディナークルーズは120分なのに、
トワイライトクルーズは105分だって~、今知った。



船で頂くフレンチと言っても期待していませんでしたが、
予想より美味しかったです。
これならもうワンランク上のコースにしても良かったかも
シェフの腕が良かったのでしょう。
セントレジス大阪やノボテル甲子園にいて、賞も受賞されてる方らしい。

終わって、クニパにルミナス神戸2とどうだったか尋ねると、
ほぼ五分五分とのこと。

トワイライトで美しくなってきた神戸の町。





ポートタワーもライトアップ。

 

メリケンパークまでぶらぶらお散歩。



レストランやスタバが出来てる。



あっ!
前クールで見てたドラマ『女子的生活』で出て来たBE KOBE。



ここにあったんだ!インスタポイントになってます。



帰りはそのまま歩いて、元町まで。。。

 

最後は元町中華街でフカヒレラーメン(350円)をすするクニパで
おしまい。

近畿地方も梅雨入りしましたね~
ジメジメ蒸し蒸しの一番苦手な季節の始まりか。。。



コメント

バンコク3日目(3)~ワットアルンへ

2018-06-04 | タイ

午後からクニパのパンツを着替えて出掛けたのは、ワットアルン。
お寺には短パンやノースリーブ等肌露出の恰好NGなので。

今回ワットアルンのみ観光してきました。

行き方は、BTSでサバーンタクシン駅まで行き、
そこからオレンジ・エクスプレス・ラインで。

   

B15(≒50円)とは安いです。
最初、間違えた船乗場でB100と言われたのは、
中国人ご用達の観光船乗場だったもよう。
危ない危ない。
オレンジラインはこちら。さあ、乗り込みましょう。



あの船はホテルの送迎船かな。。。



王宮やワットポーには15年前、
シャングリラに泊まった時にチャオプラヤ川下って観光に行きましたが、
その時はこの船乗り場が解らず、
ホテルの船乗場からチャーターで行ったんですよ。高かった
おまけに桟橋で降りる時も使用料とか要求されたし・・・?







まだまだ工事中のホテル?がありますね。



あっ、もう見えて来たワットアルン。
現在はワットポー側のター・ティアンは工事中のクローズで
ワットアルン側の船着場に到着。



ワットアルンは、修復工事が終わって、美しいモザイクが見れます。

 



入場料(B50)を払って、早速大仏塔に登ってみましょう。

   

以前はこの階段を上がれてたようですが、今は上がれないみたい。
上がれたとしても急勾配すぎで、怖そ。

   

   

仏塔の周りをぐるっと一周。

   



ヤック(鬼)とモック(猿)の像が土台を支えてます。



大仏塔の周りに小仏塔が四方に配置。



この獅子もちょっと笑える。親子だね。







 

こちらは本堂ではないですが、お参り。

  

扉が美しかったので

  

その前にいたニャンコ。

 

人慣れしてるのか、おとなしい。

   

こちらが2体の大きなヤック(鬼)が立つ山門で、
この奥に回廊・本堂が続きます。



が、本堂はパスして、これにてワットアルンを後にしました。
行き先は、川の向かい側。
渡し舟(B3)に乗って行きます。





ワットポーの入口。



今回はワットポーには入らず、
「メイクミーマンゴー」と言うカフェ探し




コメント

バンコク3日目(2)~「タリンプリン」でランチ

2018-06-01 | タイ

スパ1930の後は、終わったのがちょうど12時だったので
そのままBTSに乗ってランチへ向かいます。

行ったお店は、「タリンプリン」のトンロー店。
またトンロー(笑)
今回よく行くトンロー。



ここはトンロー駅から徒歩10分ほど。
おおっ!敷地がとても広そう。
お店の入口。



庭に面した方の席は満席でした。日本人率高し



トンロー店はキレイな一軒家レストランで、
バンコクに数店舗ある中でここが人気でおススメってことだったので行ってみました。



駅からちょっと歩くと、喉カラカラに。
まずはスムージー、私はスイカを。美味しい~

   

注文の、タイカレーはビーフをチョイス。



ビーフがとろっとろ、辛さもマイルドでとても美味しい。
それからまだ食べてなかった、パッタイ。



ほど良い甘さのパッタイ。だ~い好き。

↓ピンボケで、尚且つ何食べたかもう忘却
イカ?又はチキン?のフリットだったか・・・ちょっと甘め。



この後、コーヒーとデザートを。

   

デザートはプリンをススメられて。



味はどれもそこそこ美味しく、安心して食べれるお店ですね。
〆てB1188.77≒4200円。

帰りは、お店のトゥクトゥクでトンロー駅近くまで送って貰いました。



このサービスも料金に含まれてるのでしょうね、ちょっとお高めなのわ。
日本人ご用達のお店でした。(特に駐妻)

トゥクトゥクで送って貰ってると他店のトゥクトゥクとすれ違いましたが、
そちらは和食店ので、やはりそこにも日本人が乗っていたのでした。
この辺りはそう言うお店が多いのかも。


駅の高架から見たバンコクの渋滞奥までズラッと。。



ランチの後は、一旦ホテルへ帰り、
クニパのステテコをパンツに着替えて出掛け直します。




コメント