おんにょの真空管オーディオ

趣味などのよしなしごとを思いつくままTwitter的に綴っています。

オリビア・ニュートン=ジョン

2022年08月11日 | 音楽
オリビア・ニュートン=ジョンが亡くなった。73歳没。後年は癌との
戦いであったらしい。
私が知っているオリビアといえばフィジカルくらい。最近になって
Take Me Home, Country Roadsを歌っていることを知った。
日本ではオリビアのアカペラで始まるバージョンのほうが有名かも。
オリビアのはギターがスリーフィンガーピッキングのような感じ。
いつもはジョン・デンバーのオリジナルで弾き語りをしているの
だけれど、ストロークに代えてスリーフィンガーピッキングで
やってみたらこれが合うんだね。後のりのリズムとはならないけど
良い感じ。
オリビア・ニュートン=ジョンに合掌。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

置き配不能

2022年08月10日 | その他
昨日は宅急便をヤマトの置き配指定にしたのだが、なぜか持ち帰りに
なってしまった。
拙宅は戸建てで玄関前に指定しても問題ないはずなのだが?
自宅前は私道で人が殆ど通らないし。
Amazonでは置き配指定で何度も届いているけど?
クロネコメンバーズに登録しているし、住所は変わっていない。
よくわからないが、再配達を対面にしたら配達店の引き継ぎが行わ
れてようやく夜に届いた。
いつもの配達店と違っていたから拙宅がわからなかったのかな?
同じ番地で3世帯くらい建っているし。
これからはヤマトの置き配指定はせずに対面にしよう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どんな曲を聴くか

2022年08月09日 | 音楽
皆さんはCDとか音源を買うのに何を参考にされているのだろうか。
人づてにこれはいい!とか、本に書いてあったとか、この音楽ジャンル
ではこの人やグループの曲がオススメ、といったことかもしれない。
私は昔、FMレコパルやFMファンなどでクロスオーバーイレブンを
エアチェック(死語)し、気に入った曲が入っているLPを買ったりしていた。
今はSpotifyなどのストリーミングで、流れてくる曲の中でこれはいい!
という曲や歌手にチェックを入れ、その曲が入ったDaily Mixを聴いたり
している。
もうCDなんて要らないし、自分の好みの曲でDaily Mixを構成して流して
くれるのでそれで十分だ。だからお気に入りの曲が何というタイトルか、
誰が歌っているとか、誰の曲とかわからないことが多い。
もうお気に入りのCDやLPは無いといって良いし、それで構わない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Re: 楽器練習用イヤホン

2022年08月08日 | オーディオ
昨日ワイヤレスイヤホンとPCとの相性が悪いと書いたけど、じゃあ
スマホはどうなの?というわけでやってみたんだね。
そうしたらペアリングや接続がスムーズにできたし、何のストレス
もなく音楽が再生できる。
なんだ、Windowsとの相性が悪いだけでAndroidならOKなんだね。
というわけで、手元にスマホを置いて再生やストップ、音量の上げ
下げをすれば全く問題なくできることがわかった。
PCに入っていた曲をスマホに転送した。これでストレスなく練習できる。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽器練習用イヤホン

2022年08月07日 | オーディオ
私は有線のインナーイヤー型イヤホン、ワイヤレスのカナル型イヤホン、
ワイヤレスのネックバンド型イヤホンを使い分けている。
これらのうち楽器練習用に適するのはワイヤレスのインナーイヤー型で
コードが邪魔にならないこと、楽器の音が聞こえることが条件だ。
装着感はネックバンド型が一番良いので、ワイヤレス・ネックバンド・
インナーイヤー型で検索してみると中国製が大部分を占めている。
いま使っているネックバンド型イヤホンも中国製で、PCのBluetoothと
相性が悪い。パワーオンした後PCでいったん接続を切り、再接続して
使っている。手元での音量の大小や再生・ストップはほぼ不可能。
使い勝手の良いイヤホンは、困ったことに検索してもわからない。
人柱になるしかないのかな。有名メーカーのは全く無いし。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

FAST-FRETの使い方

2022年08月06日 | アコギ弦
ネットで検索すると、弦に塗布した後はクロスで拭けとなっている。
私はアコギを使い終わった後、クロスでアコギ本体とか弦を拭いた後に
FAST-FRETを塗布し、クロスでまた拭いていた。
でもこれってオイルなので塗布したら終了ではないのか?という疑問
がある。拭いたらせっかく塗布したものが拭き取られてしまうのでは?
そのままでもオイルでベタベタするとか、酸化するとかは無いようだ。
弦の表面がオイルで覆われた状態のほうが、拭き取った状態よりも良い
のではないだろうか?よくわからないけど。
塗りっぱなしでも問題ないのならそうしようかな?というわけで、
やり方を変えてみた。
違いが出るのは数ヶ月先だからまだわからない。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オーディオの音量

2022年08月05日 | オーディオ
昔自分が若い頃は、オーディオは爆音で鳴らすものだと思っていた。
ところが晴海で開催されるオーディオフェアへ行って、その考えが
間違いであることがわかった。
どのブースでも通常の音量と思われる程度で、耳をつんざくような
爆音には出会わなかったからだ。
だいいちオーケストラでも爆音で聴くなんてことはまず無いよね。
せいぜい通常の楽器が出す音量で聴ければ良いから。
ハードロック等をオーディオで聴くことはないから経験していない
のかもしれない。とあるライブ会場で、音量が大きすぎて出てきて
しまったことがある。耳が耐えられないと思った。
私のオーディオの聴き方は、普通に会話ができる音量程度なので、
アンプの出力は通常100mWあれば足りる。だから製作するアンプも
小出力が多い。
大きな部屋で音量を上げて聴くのならもっと必要だが、そういう
状況は想定していないし、大体拙宅にはそんな部屋は無い。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8B8はCSPPアンプとして不適

2022年08月04日 | 真空管アンプ
8B8をCSPPアンプとして使用すると発振したり、発振しなくても高域に
ピークを生じたりしやすいとのこと。

これは5極部と3極部の間にシールドが存在し、5極部のカソードに接続
されており、カソードに振幅のあるCSPPアンプでは3極部プレートに
飛びついて問題を起こすらしい。

今までテレビ球をいろいろ使ってきたけど、問題を起こさなかったのは
17JZ8…3極部と5極部が単に並立しているだけ
6T9…3極部と5極部の間にシールドが設けられ、単独のピンに接続
PCL83…3極部と5極部が単に並立しているだけ
という事情があったから。

3極部プレートと5極部カソードが同位相で問題を起こすのなら、逆位相
にしたらどうか? つまり電圧増幅ユニットと電力増幅ユニットを入れ子
にするというわけ。まあやってみて発振したらそのときまた考えよう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ナット幅・その2

2022年08月03日 | ギター弾き語り
K.YairiにオーダーしたYF-00028-LH Customはナット幅の指定が44mm。
このアコギのナット幅は実際どうであろうか。ノギスで測定してみた。
ナットはヘッドに向かって逆テーパー形状となっており、44mmより
幅が広かった。指板のナット部での幅は45.5mmでカマボコの指定。
ちなみに製品のYF-00028はナット幅が42mmとなっている。
もしかしたら実物はもうすこし幅広なのかもしれないね。
ちなみに1弦~6弦の間隔は37.2mmであった。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ナット幅

2022年08月02日 | ギター弾き語り
K.YairiにオーダーしたRF-65LH Customはナット幅の指定が43mm。
実際にどこがそうなのか測定してみた。
ナットはヘッドに向かって逆テーパー形状となっており、43mmは
台形の狭いところであった。広いところは44mmとなっており、
中央を取るのなら43.5mmがナット幅と言えそう。
指板のナット部での幅は43.8mmで、指板からネック(マホガニー)
へ接着されているところが膨らんでいるのですこし広い。
ちなみに製品のRF-65RBはナット幅が42mmとなっていて、すこし
細いのかもしれない。どこを測っているのかわからない。
ちなみに1弦~6弦の間隔は36.0mmであった。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする