風の向くまま薫るまま

その日その時、感じたままに。

LOUDNESS [This Lonely Heart] 1987

2018-01-14 11:53:51 | 今日のメタル











バンドの演奏するバックで、旭日旗がハタハタと……当時はこれでなんの問題もなかったんですけどねえ。



最新アルバム『RISE TO GROLY』のインタビューにて、ラウドネスのヴォーカル、二井原実氏は、「自分の国を守れないなんておかしい」と発言、「もちろん、こちらから仕掛けることはダメ。でも俺は、自分の家族や友人、子供たちに銃が向けられたら戦うよ。テレビのコメンテーターはおかしなことばかり言って腹が立つ」と、国防の必要性を熱く語り、インタビュアーの前田岳彦氏(BURRN!編集部)の篤い賛同を得られるという、ある意味とても感動的なインタビューでした。


アーティストというのはどうしても「左」に流されやすい。特に日本では、音楽関係のアーティストにその傾向が強いように思われ、これだけはっきりと愛国的発言をしてくれたミュージシャンは珍しいかも知れませんね。

今月号のBURRN!にインタビューが載ってます。気になる方は本屋さんで目を通して見ては。






日本にまだヘヴィ・メタルが定着する以前から、世界に通用するヘヴィ・メタル・バンドを目指し、勇躍海外へも進出。自分たち自身の足で道を切り拓いてきたバンド、ラウドネス。

自身の目で世界を見、自身の足で世界を歩き、自身の身体で世界を感じてきた。だから、世界の厳しさをよく知っている。


だからこそ、今の日本の現状が歯がゆくて仕方がないのでしょう。


ラウドネスは世界中にファンがいて、世界中に友人がいて、その活動はまさにワールドワイド。しかしその胸の中では、常に日の丸の旗がハタハタとはためいていたに違いない。



己のルーツを忘れず、世界を主戦場に、独自のメタル道を切り拓き続けたバンド。それがラウドネスです。



デビュー以来ほぼ40年。彼らの根っこはまったくぶれていない。



素晴らしいね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 日本人は神の子か | トップ | とりあえず »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (チャメゴン)
2018-01-14 18:43:12
ラウドネス、音楽も心根も素晴らしい!!!!!
ファンになりましたよ╰(*´︶`*)╯♡
Unknown (Sarasz)
2018-01-14 22:20:53
loudnessは80年代アメリカ進出時のリアルタイムの時から、「日の丸背負ってやってる」って言ってましたよね〜。

なんかまた、スコーン!とヒット曲が出るといいなぁ!
「Crazy night」なんてキョンキョンがカヴァーしたしぃ〜😄

Unknown (玲玲)
2018-01-15 12:34:42
薫風亭さん、杏果が…。

見送るしかないけど。

10周年ライブには当たり前に5人と思ってたけど。

予想の遥か斜めを行く杏果を応援します。

取り乱して、記事違いごめん!
Unknown (玲玲)
2018-01-15 13:03:14
とりあえず、今日の川上アキラの人のふんどしで1人ふんどしは、5人で生出演です。

アーカイブ貼れないや。
Unknown (たま♪)
2018-01-15 15:06:37
ちょっと ネットニュース見ました?
ももかちゃん卒業ってまじかぁ

コメントを投稿

今日のメタル」カテゴリの最新記事