goo

春の散歩道。



 先週のことです。仕事の都合で、あるスマホ端末を、取引先担当者に送る必要がありました。そういう場合は通常なら宅配便を使うのですが、その人はもう出国してしまうので、直接成田空港に手で持ってきて欲しい。というのです。

で、いつなの?と私が聞きます。

22日のお昼過ぎにお願いします。第一ターミナルです。

え?22日って土曜日じゃない。お休みだよ〜。

まるちゃんお願いしますよ。

ったくもう。。。





 京成本線という電車で成田空港まで向かいますが、ちょっと早く着きすぎるようです。時間があるので、京成成田という駅の一つ前でぶらり降りてみることにしました。京成成田とはあの有名な成田山新勝寺です。そしてその次の駅がもう成田空港です。

 成田の一つ前の駅は、公津の杜(こうづのもり)という駅名です。不思議な名前の駅名です。
 杜(もり)とは「鎮守の杜」の言葉のとおり、神社の杜です。この場所には「杜(もり)」があるのでしょうか。



 降りてみてちょっと驚きです。再開発が進んだ真新しい駅です。駅前にはキレイな大きなマンション群が立ち並びます。駅名から来るイメージとちょっと違いますね。





 駅の北口を数分歩くと大きな公園があります。「公津の杜近隣公園」。この写真ではわかりづらいですが、たくさんの鯉のぼりがたなびいており、小川もあり、広々とした良い公園です。
 駅前の再開発で洒落た街並みの新興住宅街はこの公園までです。この公園を過ぎると一気に風景が変わります。





 正面に見えるクレーン2機が駅前のマンション群を絶賛開発中です。しかし国道464号線を渡ると一気に一面田んぼの風景です。



 ずっと遠くまで、見渡す限りの田んぼです。
 今の時期は丁度田起こしの時期なのですね。田んぼに水を入れて田起こしをしているお父さんがいます。その向かいからおかみさんが「とうちゃん、ごはん〜!!」と大きな声で呼びかけますが、お父ちゃんはトラクターのエンジン音で聞こえません。無心にトラクターのハンドルをさばいています。そんなお父ちゃんをじっと見ているおかあちゃん。そんな春の田園風景でありました。




 更にずんずん進んで、小さな丘を登って行きます。立派な竹林とタケノコ。



 丘を越えると聞こえてくるゲコッゲコッゲコッという無数の蛙の声。蛙とは夏に鳴くものと思っていましたが、こんな春の昼間も鳴くのですね。田んぼに水が張られたので喜んで土の中から出て来たのでしょう。



 林からはホーホケキョと鶯の声が聞こえます。蛙と鶯の二重唱であります。





 お地蔵様が菜の花に囲まれておりました。このお地蔵様の後は小川です。何人かの小学生の男の達が釣りに来ていました。







 道沿いの花壇。道標には1.2kmとありますから半分は来たようです。


 あと0.8km



 季節が良いせいでしょうか。道端にたくさんの花がさいています。ここが杜なのでしょうか。











 着きました〜。








 駅から徒歩で30〜40分ほどでした。往復5キロ。皇居一周と同じぐらいの距離です。天気に恵まれ良いお散歩でありました。ゴールデンウィークに行かれる方は下記地図をご参照ください。私が通った道です。

行き方地図



追伸)
 「公津(こうづ)の杜」の地名の由来を調べました。印旛沼に麻賀多神社の為の港「神津(こうづ)」が「公津」になったそうです。当時の「公津村」という地名は今は「公津の杜」に残っています。

 麻賀多神社/天日津久神社は、ここ数年参拝者が急増し、一気に見違えて立派になって来ております。ご存知の方も多いと思いますが、土地内に埋められていたゴミはショベルカーで掘り出されたあと、天日津久神社の周囲に柵と鳥居が建立されました。また大権現様の碑にも社が建てられました。現在は御本殿が立て直しの工事中であります。

 社務所は1日と15日しか人がいない無人の神社であります。(御札は無人販売所で分けていただけます)しかし無人の神社でありながら手水所の御水は流れており、やはり基本は抑えられております。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )

正気に戻った日本人。


かつての日本人と似ている?

 北朝鮮で人民達が「将軍さま、マンセー」と熱狂する様子を見ると、ああ、戦前戦中の日本人もああだったのかなあ。とその共通点を感じる日本人は多いことでしょう。あの当時の、ヒステリックな天皇崇拝主義は、いびつな形のまま、現在の北朝鮮に残存しているようです。

 残存?本当にそうでしょうか。ヒステリックな個人崇拝全体主義とは、日本列島から朝鮮半島に渡り残存しているのではなく、本当は朝鮮半島の根元から日本にやって来たものなのかもしれません。



日本人は個人崇拝主義でも全体主義でもなかった

 江戸時代以前の庶民が天皇に抱く気持ちは、個人崇拝などではなく、漠然とした崇敬の気持ちでありました。
天子さま?どこにいらっしゃるかは詳しくはわかりませんが、この国のために大切な御方である。ということは一般庶民老若男女みな共通の意識でありました。

 明治維新後、政府は西洋諸国を見習って天皇を頂点にした政治の仕組みを日本に導入いたしました。しかしそれでもヒステリックな個人崇拝とはほど遠いものでありました。
 それは今のタイの国民と王室の関係に似ています。日本の国民は崇敬の念を皇室に抱いておりましたが、それは個人崇拝とは異なります。



歯車が狂い始めた転機

 日清戦争の時、明治天皇はこの戦争には義がないとしてお認めになりませんでした。従って政府の独断の出兵の様相であり、国民のほとんども日清戦争の内容については知らなかったようです。
 国民が日清戦争について知るようになるのは、日本が清に代わって朝鮮半島の保護者となることになってしまったあたりからでしょうか。伊藤博文は朝鮮併合には最後まで反対していましたが、朝鮮人テロリストに暗殺されてしまい、一気に日本による朝鮮併合が加速しました。朝鮮半島は日本になってしまいました。
 その頃から、日本の歯車は狂い始めて行きます。

 日清戦争のあと、日本は日露戦争へと突き進みます。そして日露戦争に勝利したあと、関東軍を満州鉄道地域に派遣駐在させます。このあたりは地図を見るとわかるように、白頭山を中心とした一帯であります。



 朝鮮半島と満州地域に配属された日本陸軍の軍人たちは、まるで何かに憑依されたかのように暴走して行きます。
日本政府も軍幹部も、国際社会で欧米と対立することは避けたいと考えておりました。しかし満州の関東軍は中央の命令を無視して、暴走拡大していきます。



大陸から輸入された「個人崇拝全体主義」革命

 ヒステリックな個人崇拝主義が大陸から日本への輸入が決定的になったのが、226事件でありました。これは軍の皇道派のクーデターとありますが、元々の思想は大陸発祥の共産革命でありました。
 226の首謀者は、天皇を頂点とした社会主義を実現しようとしていました。しかしこの天皇とは「昭和天皇」のことではなく、自分達の都合の良いように祭り上げられる人物のことを指していました。

 226クーデターを鎮圧したのは、陸軍首脳部ではなく、昭和天皇でありました。昭和天皇はこのクーデターの本質を見抜かれていたのであろうと思います。国全体を破滅させる可能性のある、伝染力の高い「ヒステリックな個人崇拝全体主義」の危険性を。

 戦後の教育で、私達は天皇崇拝の全体主義がこの国を戦争に向かわせたと習います。それは正しいですが、それは昭和天皇(御皇室)とは正反対のものであったことを、この226事件から私達は知ることができます。

 しかし昭和天皇のお気持ちとは逆に、この国は感染力の高い「ヒステリックな個人崇拝全体主義」に感染していくこととなっていきます。うむ〜。



正気に戻った日本人

 さてその後、アメリカとの戦争により、国土と国民に甚大な被害を受け、日本は連合国軍(=国連)に無条件降伏いたしました。
 その時、日本は満州と朝鮮半島との縁が、プチリと切れ、日本は憑き物が落ちたように正気に戻ったのでありました。

 あれ?俺たちは何をしていたのだろう。そのように正気に戻ったかの如くでありました。終戦の混乱から高度成長に移行するにつれ、私達国民は、元のように御皇室に対し、柔らかな崇敬の念を持つように戻って行きました。二千年以上も私達日本の国民が元々抱いていた、柔らかでありながら畏れ多いという崇敬の気持ちであります。



再び「個人崇拝全体主義」国家を再生した白頭山地域

 日本との縁が切れたあとの白頭山地域はその後どのようになったでしょうか。そこには新しい「ヒステリックな個人崇拝全体主義」の国家が作られました。

 個人崇拝全体主義といえば、スターリンでありますが、そのスターリンは共産国家建国として注入した国家の一つが朝鮮民主主義人民共和国でありました。
 スターリンは、子飼いであった朝鮮人(ソ連軍の大尉であったという情報もあり)の金成柱に対し、伝説の抗日戦士である金日成の役を演じさせたのでありました。

 そのままソ連の指示どおり金日成という人物を演じた男は、朝鮮民主主義人民共和国の初代総書記となり、スターリンの指示どおり、その地に、個人崇拝の全体主義を建国するのでありました。









かつての軍国日本に似ている理由

 スターリンが世界中に拡散注入した共産国家は、それぞれの土地風土にあった共産国家が生まれました。
 北朝鮮白頭山地域で誕生した「個人崇拝全体主義」は、独特のヒステリックな空気を纏いました。これがこの土地の土着の空気なのでありましょう。

 北朝鮮の人民たちが「将軍さま、マンセー」と歓喜の行進をするのを見て、正気に戻った日本人が「・・・」という気持ちになるのは、それは以前自分達が感染憑依した「ヒステリックな空気」にとても似ていたことを思い出すからかもしれません。

 建国から三代目となった今のこの国ですが、当初のスターリンの共産主義部分はすっかり色褪せてしまい、「ヒステリックな個人崇拝主義」の濃度だけが高まっているように思います。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )

実体のない国家。オモテの影武者たち。


両国のはぐらかし戦法

==========
米空母の位置めぐり波紋=朝鮮半島派遣のはずがインド洋に

【ワシントン時事】北朝鮮をけん制するため朝鮮半島近海に向かっているとされる米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」が、最近まで遠く離れたインド洋に展開していたことが波紋を広げている。米軍発表や高官発言が「誤解を招いた」という指摘に、当局は「最終的に朝鮮半島に向かっているのは事実だ」と釈明している。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042000716&g=int
==========
北朝鮮の核実験場でバレーボールか 衛星写真を公開

北朝鮮の動向を分析しているアメリカの研究グループは、北朝鮮の核実験場でバレーボールの試合が行われていると見られる最新の衛星写真を公開し、その意図はわからないものの、核実験場が待機状態に入った可能性があると分析しています。
・・・
ただ、北朝鮮が、核実験場の上を衛星がいつ通過するか把握していることから、核実験が延期されたように偽装工作を行った可能性もあると指摘しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010954801000.html
==========

 朝鮮半島に米空母が3隻向かったというニュースはデマであり、実際はまだ1隻も日本海には到達していなかったということです。

 また北朝鮮も核実験については「カクジッケン?なにそれ?ここはバレーボール場だよん。見てる?衛星写真さん。」というオトボケぶりです。

 両国とも手の内を隠し始めたという状況です。



第一回目のアメリカの脅しは北朝鮮に効いたか?

 実際朝鮮半島沖に空母を大々的に集結させてしまったならば、何かが起きるまでは散開できないでしょう。「あ、今週核実験しなかったの?あっそう。じゃあ解散解散。みんな持ち場の海に戻ってね。」と簡単に撤退することは難しいでしょう。

 でありますから、「もう今にも3隻空母とイージス艦軍団が朝鮮半島を囲むぞよ。」というデマを流して、北朝鮮と中国に圧力を掛ける作戦にした訳ですね。

 しかしそのアメリカの圧力にも関わらず、北朝鮮はミサイル実験を強行しました。(結果的に発射は失敗したけれど、アメリカの脅しは効かなかったようです。)



 北朝鮮が核施設でバレーボールをしていた写真を撮らせたのも、やはり核実験を強行するための、オトボケのように思います。もし本当に核実験を行わないのであれば、オトボケをする意味は薄いからです。



安倍首相の動向とXデー

==========
首相、北欧訪問を中止に 北朝鮮情勢踏まえ

安倍晋三首相が27日から予定していた外遊で、ロシアと英国の後に訪れる予定だった北欧諸国の訪問を中止する見通しとなった。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15571560R20C17A4PP8000/
==========

 北欧への外遊を中止するというのは、やはり並のことではありません。この時期ロシアと英国の訪問はどうしてもはずせませんが、それ以外はちょっとキャンセル。ちょっと北朝鮮関係で急用が入りそうなんで。すみません。ということです。

 きっと安倍首相には今月末には日本にいなければならないかも。という重要な情報が入ったのでしょう。
 ただこの時期、安倍首相がロシアのプーチン氏と会談を持つことは非常に重要と思います。中国に対してはトランプ氏が睨みをきかせることに成功しました。しかし今トランプ氏がプーチン氏と交渉するのは難しいでしょうが、安倍首相が交渉を行うことは非常に効果的であります。北朝鮮に関係する5カ国が、トランプ氏と安倍氏を中心にまとまることができるわけです。

中国 ←トランプ氏(米)
ロシア ←安倍氏(日)
韓国 ←ペンス氏(米)



安倍首相の外交手腕

 もし北朝鮮が25、26日前後に核実験を行なったとして、もしアメリカが北朝鮮を爆撃するとするならば、いずれにせよ27日28日の、安倍首相とプーチン大統領の会談が終了してからとなるでしょう。

 シリアの件がありますから、ロシアはアメリカの北朝鮮への空爆には両手を挙げて賛成をすることはできないでしょう。ただそういうことがあったとしても、決してロシアはアメリカと敵対しないで欲しいという。ということと同じように北朝鮮が暴走しないように圧力をかけて欲しい。という調整が、安倍首相の外交手腕であります。



実体のない国家

 何をしでかすかわからないという触れ込みの金正恩でありますが、実はもう亡くなっているという噂があります。
スイスに留学していたころの正恩氏と、今の正恩氏は耳の形が違うそうです。





 正恩氏はその耳の形から何人もの影武者がいると言われておりますが、そもそもすでに全員が影武者である可能性が高いということです。
 朝鮮人民軍幹部たちという複数の船頭たちによる動きが今の北朝鮮なのかもしれません。もし個人のカリスマ指導者が存在するのであれば、ウルトラCもあり得たでしょうが、実体のない影武者という看板と、プライドだけは高く内向きな船頭たち(軍艦部たち)が導く集団であれば、負の方向にしか進んでいかないかもしれません。


なぜ国の指導者が公の場所で演説しないのか

 金正恩という一人の人間が北朝鮮という国を動かしているのではなく、実体のない複数の人間たちのエゴとプライドの集合想念が、あの国を動かしているのかもしれません。



 なぜ北朝鮮は指導者が国民やテレビの前で演説をすることがないのか。それは将軍様とは実体も権限もない複数の影武者集団であったからです。彼らは整形手術と演技訓練でプロのモノマネ役者であり演説をすることはできませんし、また勝手なことをしゃべられては困るのです。
 今の北朝鮮の体制は、ポルポトの大虐殺の調査で、大虐殺を命令した特定の人物はいなかったのに似ています。

 金正恩の父親の正日もまた多数の影武者がいたと言われておりますが、そもそも本当の正日もまた、実体のない存在であったのかもしれません。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

豊洲市場はもんじゅに似ている。



 久しぶりに豊洲市場のことを考察してみたいと思います。
 現在の世論では「小池都知事は自分の選挙のために豊洲移転を反対している。自分の利益のために移転を反対している。」そのような論調が散見されるように思います。

 豊洲が安全かどうか。それが問題であります。
 私は理系でありますから、判断基準は単純明快で、安全がどのように設計上担保されているか。その判断だけです。



豊洲にさっさと移転するべきだ

世論1
豊洲の移転が先延ばしにされると、一日500万円かかる。税金の無駄を止めるためにも、一日も早く豊洲に移転するべきだ。

→豊洲が安全なら正しいです。でも豊洲に危険性があるのであれば、話は変わります。



世論2
豊洲が危ないというけど、築地だって地下水は危ないはず。築地にはアスベストの問題もある。築地も危ないのだから豊洲に移転すべき。

→築地も危ないから同じように危険な豊洲に移転するとは理屈が通りません。お前も悪いことしているから、俺が悪いことしてもいいだろ発言です。



世論3
豊洲の地下水は飲むわけじゃないから、基準値超えのベンゼンもシアンも問題ない。安全だから早く移転しろ。

→専門家会議の座長の発言です。どのような基準で安全といえるか数値で発表して欲しいです。同じ理系として。



本当の安全基準はどこに?

 私は十年以上ある電機メーカーの研究部門で設計をしてきました。日本の製造業とは「安全性と信頼性」のカタマリであります。安全性の設計については本当に徹底的に叩き込まれます。ですから今回の豊洲問題は政治トピックス以前に、設計者としてとても興味がありました。



 実際の設計ではどうだったのでしょう。
==========
共産党都議団が昨年入手したその報告書によると、同社は専門家会議が使ったのと同じリスク評価モデルを使って計算し、「土壌汚染対策により地下水水質が環境基準に担保されれば、床下空間が空洞の場合でも発がんリスクは目標発がんリスク(10万人に1人)を下回ることが示された」と結論付けている。そして、「地下水環境基準の約10倍程度までは許容される」とし、目標地下水濃度は0・118㎎/L(ベンゼン)としている。

http://lite.blogos.com/article/218521/?axis=&p=2
==========

 専門会議座長の言うように地下水は飲むわけではないので、飲用水基準までは不要のようです。しかしそれでも飲用水基準の10倍程度です。しかし実際は100倍のベンゼンが検出されました。むむ〜。

 特に問題なのは、ベンゼンもシアンも揮発性が高いということです。飲むわけではありませんが、ガスとして隙間をぬって地表に出て来るわけです。
 それでも基準値10倍までなら問題ないと判断されましたが、実際は基準値100倍であります。
このデータだけでは「豊洲は市場として何十年も運用するにあたり安全である」とは言い難いようです。



夢の増殖炉。もんじゅとは

 私は豊洲市場は原発のもんじゅと似ているように思います。ようやく廃炉が決まったもんじゅでありますが、そこまでは長い長い道のりがありました。

 もんじゅは完成後も事故続きでまともな稼働はほとんど出来ませんでした。しかし稼働もせず維持するだけで、年間200億円もかかります。桁は違いますが豊洲市場と似ていますね。
 しかももんじゅは廃炉が決定してもその廃炉には最低でも4000億円以上かかると言われています。

 何にもしなくても高額な維持費もかかるし、廃炉にも巨額な費用がかかります。だったらもんじゅも稼働させればいいじゃないか。それは現在の「豊洲稼働せよ」という世論と共通点があります。



空気に触れさせられない冷却材ナトリウム

 実際もんじゅは技術的に稼働ができない原子炉でありました。
 福島の原発であれば、万が一のことがあっても水をかけて冷やし続ければ最悪の事態は免れます。もちろん冷却によってトリチウム汚染水は発生しますが、それでも最悪の事態は防げます。
 しかしもんじゅは違います。水の代わりにナトリウムという物質を使います。しかしこのナトリウムは空気中の酸素に触れると発火するどころか、水分に触れると大爆発してしまいます。


水にナトリウムを放り込む

 つまり原発に事故が起きたとしても、今回の福島のように水をかけて冷やすことはできません。密閉空間が破損されて空気が入ってきただけで、発火を起こし、水に振れただけで大爆発する危険性がある原子炉であります。従って廃炉にするしかない宿命の原子炉でした。



 豊洲ももんじゅと似ています。移転せず維持するのも地獄。移転するのも地獄。であるならば、そこで働く人と都民の健康の被害の有無を判断基準にするべきではないかと思います。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

化学兵器を想定して。



==========
北朝鮮ミサイル「サリン弾頭可能」 安倍首相
2017/4/13 13:39

 安倍晋三首相は13日午前の参院外交防衛委員会で、北朝鮮の弾道ミサイル技術に関し「サリンを弾頭につけて着弾させる能力をすでに保有している可能性がある」と述べた。北朝鮮の核・ミサイル技術が向上していると指摘し「新たな段階の脅威であり、朝鮮半島の非核化は日本が絶対に実現させるべき課題の一つだ」と強調した。
==========



サリンの備え

 人口密集地に住んでいる方は、外出時にはメガネとマスクは欠かせない用心が必要になって来ていると思います。それは北朝鮮からの化学兵器やテロによる細菌兵器などから、いざという時に身を守るためです。

 本来は下記のような防護服や防護マスクなどが望ましいのでしょうが、



 こういう出で立ちで通常の生活することは現実的には不可能でありますが、花粉症対策メガネとマスクでも、自分の身体への被害を大きく減らすことができると考えられます。
 幸い日本は花粉症の人が多いおかげで、マスクをしていても変に見られません。これからは、季節に関係なく外出時は花粉症メガネとマスクを用意した方が良いかもしれません。



100均の花粉症メガネでサリン対策

 私は花粉症であるようですが、幸い軽度でありますから(毎日キャベツ食べてるから?)とくにメガネとマスクはなくても支障はありません。それでも外出時はメガネとマスクを着用しています。

 メガネをしている理由は、元々はサリン対策でなくて、紫外線対策であります。中高年になると白内障の予防が必要です。これには紫外線から目を守ることです。特にここ数年は太陽が眩しくなって来ているように感じますので、眼を守るために昼間の外出時はメガネをかけるようにしています。

 紫外線対策のメガネというと色付きサングラスを思う浮かべる方が多いかもしれませんが、実はプラスチックレンズであれば、透明であっても紫外線の大部分はカットしてしまうのです。
 ですから100均で売っている「花粉症対策メガネ」などで紫外線は充分対策されています。

 逆に色付きのメガネだと、暗いので掛けると瞳孔が開いてしまいます。眼の周りをすっぽり覆う大きなレンズだと良いのですが、小さめのファッションサングラスだと、逆に周囲から明るい光線が、開いた瞳孔に飛び込んでくるので良くありません。
であれば透明のグラスで、「外が眩しいっ」て瞳孔を絞る方が、紫外線対策としては有効なぐらいです。



 このような100均で売っているメガネであれば、昼間外出時の紫外線を防ぐこともできますし、レンズの周囲にガードがついているので、花粉を防いでくれます。ということは、花粉だけでなく、サリンなどの化学兵器にについても、普通のメガネよりは、レンズ回りのガードの分、防御の効果が高いと考えられます。
 


マスクの正しい着用方法

 花粉症マスクは今はどこでも売っています。重要なことは顔のサイズに合ったものを選ぶことです。どうしても鼻の隙間が空いてしまうので、



 このようにワイヤー部分を山折り谷折りに折り曲げて、



 ワイヤをきちっと折り目をつけて密着するように付けると、隙間も出来ず、メガネも曇りにくくなります。



 私は普通の人より嗅覚が敏感なのかもしれません(原始人?)が、大都会の雑踏や満員電車の中では、マスクをすると非常に楽に感じて快適です。個人的な話ですが。人の想念が臭いで伝わってくるような。なんてね〜。
 元々雑踏ではマスクをする習慣を持っておりましたが、これは今後サリン対策にもなると思います。もちろん身体へのダメージをゼロにはできないかもしれませんが、軽度に抑えることはできると思います。



紫外線対策がサリン対策にも

 外出先でサリンなどの化学兵器に遭遇することを考えると、眼や鼻口などの防御だけでなく、肌の露出を抑えることも大切です。
 ビジネスマンであれば多くの人は真夏でも長袖ですし、女性の方は紫外線対策の袖をされていますので、これも重要です。



 サリンなどは臭いでは気づきにくいのですが、外出時に「花粉症対策」と「紫外線対策」をしておくことで、万が一これらのガスに遭遇しても身体への被害を少なくできると思います。



入室前に脱衣しシャワーを浴びる

 もし化学兵器に遭遇したと考えられる場合は、自宅に入る前にサリンが付着した衣服は脱いでビニール袋などで密閉し肌に触れないようにします。そしてシャワーなどで肌についた薬品を洗い流すことが必要です。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ