goo

40年ぶりの再開。後編。


全然変わってないね〜。

 40年ぶりにかつての友人たちと会うと、最初は驚きます。全員年をとったオヤジばかりでありますから。もし電車やバスで向かいや隣に座ったとしても決して気がつくことはないでしょう。
 しかしお酒を呑みながら話をしていくと、お互い40年前の記憶がありありと浮かんでくるのでありました。


 それは一緒に時間を過ごしたのは小学校や中学校の時代であります。まだ社会に出る前の子供と呼ばれる時代でありました。
 そして小学校や中学校を卒業し、それぞれが社会に出ることとなります。様々な経験をします。幸せな家庭を築いたものもおりますし、残念ながら早逝してしまっている仲間も何人もおりました。

 40年振りの同窓会では、こうして誰もが一通り社会での御役目を果たし、酸いも甘いも噛み分けて大人になって再び皆40年ぶりに顔を合わせることになりました。


誰もが子供の時から大人であった

 一番強く感じることは、人の本質は変わらないということでありました。すっかり大人(オヤジ)になったそれぞれの顔ではありますが、その奥には子供のころのまんまの顔が残っているのでした。

 しかし考えてみると、子供のあの頃の顔の中に、今の大人の顔をみんな秘めていたのでありました。


 40年たってもその人が醸す(かもす)雰囲気は変わりません。類は類を呼ぶ。やはり似た者どおし集まり話をするのは、40年前の教室の休み時間と同じ風景でありました。

 社会に出る前と出た後の差はありますが、本質は全く変わっていないのでした。



厳しい社会の中でこそ積める年輪

 当時いじめっ子のジャイアンであった彼が、親の後の工務店をついで社長となりすっかりいい大人になっていました。
 彼が「良い顔」になっているのを見て、きっと資金繰りやら人の雇用など大変な苦労をして来たのだなあと感じました。
 しかし最後まで投げ出したり人のせいにしないで、全部自分で解決してきたのだろうな。という人間的な「厚み」が、子供の頃の彼とは最も異なっている点でありました。

 そう、人生の年輪という「厚み」がこの人生の「宝」なのでありました。

 私達は子供でも大人でも老人でも本質は何も変わりません。ただし社会の中で苦労して積み上げた「宝」だけが、自分の「魂」を「年輪」のように少しずつ太らせて行くのでありました。

 (暴力や違法労働を除き)「ノルマの厳しい仕事ほど」「体力的に厳しい仕事ほど」「責任の重い仕事ほど」もし諦めずに成し遂げることができたなら、分厚い年輪の宝を自分の魂がまとうことができるということなのでありましょう。

 それが「自分の我欲のため」ではなく「人の為の愛情と誠意」であればあるほど、今生で自分が身に纏う年輪が分厚くなるのでした。



 誰もが子供の頃と同じ魂でありました。そして誰もが厳しい社会で叩かれているのも同じでありました。誰もがそれぞれの人生の過程の中で、みな自分たちの魂の年輪を少しずつ纏い(まとい)、魂の厚み蓄積している旅の途中なのでありました。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

40年ぶりの再開。中編。


尖った人間関係の繰り返し

 学生だった時代、そして社会人になっていくつかの会社人となり、多くの人達と出会って来ました。
 でも私は攻撃的な性格でありましたから、そのまま喧嘩別れのような人達も大勢おりました。多くの人は私の事を自分勝手な人間であると思っていたと思いますが、それは事実でありました。

 新しい人間関係の場所に入る。しかしその場所で衝突が起きその場所を離れることになる。また新しい人間関係の場所に入る。しかしその場所で同じように衝突が起きる。その繰り返しが私の人生でありました。



心に刺さったたくさんの棘

 Facebookというインターネットのサービスがあります。私はほとんど投稿はしませんが、昔の知り合いの顔を見ることが出来ます。「知り合いでは?」と過去の様々な人達を教えてくれます。
 私は「知り合いでは?」は苦手でした。過去の心の棘がズキズキ痛むからでした。

 本当は会って「あの時はお世話になりました。ありがとうございました」と言うべきなのに、義理を欠いたまま分かれた人達ばかりでありました。

 もし私がこの世を去る時、走馬灯のように自分の人生を振り返るでしょうが、たくさんの人達に「本当にあの時はすみませんでした。御礼を言わなければならないのに、後足で砂をかけるような離れ方をして申し訳ありませんでした」と頭を下げなければならないことでしょう。
 でももうその時はすでに遅しすでにお寿司、私は人生を終えて死んでしまった後でありましたから。



せめて今会っている人たちには

 だからせめて今生きて会っている人達には、もうそういう過ちは繰り返したくない。そのように強く思うようになってきました。
 きちんと御礼を述べる。自分の過ちはきちんと謝罪する。精一杯の誠意を見せる。相手が困っていたら誰であっても出来る限りのことをする。
 いたらない自分でありますが、少なくとも今会っている人達とこれから会う人達には、少しでもそのように接したい。そう思うようになっていました。

 もう人生も折り返し、きっとこの人生の終着駅も見えて来始めてきた年代であるからかもしれません。



溶けた棘。一気に再開

 そのように生きることを決意したからなのでしょうか。私の心の中の無数の棘が少しずつグラグラ抜けかけてきたような変化が起こりました。
 幼児の頃、乳歯が抜ける時の感じであります。グラグラ。グラグラ。


 この半年間、過去の様々な人と一気に会うという縁が重なりました。10年以上、20年以上、30年以上、40年以上、私がその人間関係を離れて、一度も会っていない、心の棘が刺さったままの人達と、一気に会うことになったのでした。それぞれ別の人達、別の集団、別のお誘いであります。それらのお誘いがこの半年であちこちから一気にお声が私にかかったのでした。

 それはある日、何十年ぶりかで「まるちゃん、久しぶり、呑まない?」という感じで私にインターネットのメッセージが届くのでした。
 正直私は会いたくないです。心の棘がズキズキ痛むからです。不義理にした相手、不誠実だった相手。お互いそのように思って分かれた相手。

 しかし私は「呑みに誘われたら自分からは断らない」という亡き親父の訓戒がありますから、自分が会いたくないという相手が来ることがわかっていても、声を掛けられたら必ず会いました。勇気を振り絞ってその場に顔を出します。

 もう会うのは本当はバツが悪くて嫌なのですが、やはりお互い生きているうちにきちんと会って置きたい、自分の不義理はきちんと精算したいし、今出来る最大の誠意をきちんと相手に示したい。そのように自分に課して、過去の人達に会いに行くのでありました。



 この半問の偶然は、本当に不思議です。私は人間関係が狭いので過去の人達と会ったり呑んだりするなんて、もう数年に1度あるかないかです。
 しかしこの半年、中学やら高校やら大学やらその後社会人になって転々とした職場の人達から、久々に呑みませんか。というお誘いが一気に来たのはどういう意味でしょう。

 人生にはいろいろな課題があります。どの課題も難しいものでありますが、私はそのうちの大きな課題を昇華する機会を得たのかもしれない。そのように思いました。
 自分の心の中の棘がグラウグラと抜けたので、それまで自分が拒んでいた彼らとの再開が一気に氷解したのかもしれません。



心の中。自分自身との和解

 久々に会ったメンツはみんなもう中年や初老のオジサンばかりでありました。かつてはお互い若造であった人達も同じように年をとって行きます。
 あの頃はお互い尖っていましたが、どちらも現実的に丸くなっておりました。

 私がこの世を去る時に、本当は謝らなきゃいけないのにとうとう伝えられず仕舞いだった。と後悔する人達であったのに、お互いが生きているうちに会えて、それは幸運なことでありました。



つづく。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

40年ぶりの再開。前編。


私的なお話で恐縮ですが

 これは私の個人的な話なので多くの人には全く興味のないことなのでありますが、ここは私的メモ備忘の場所でありますので、書き置くことを、どうぞご容赦お願いいたします。

 長年の読者の方であればご存知の事とは思いますが、私は攻撃的な性格でありますから、約半世紀の人生でいろいろな人と争い、そして喧嘩別れになっていることばかりでした。常に人に勝っていること、自分は正義で相手が間違っていること。これが私の人生の歴史でありました。



転がる石は丸くなるぞう

 ただし人生とは生きている限り救いがあります。
 小さな会社ではありますが、自分が経営者をやるという立場になり、頭を打たれることばかり。という環境に身を置くことになりました。私は別に社長をやりたかった訳ではありませんが、気づいたらそういう場所にいることになっておりました。自分は人の上に立つような人間ではありませんが、自分の鼻っ柱を折るには丁度良い環境でありました。

 なぜなら、お客さんに注文をもらうのも、社員の人達に働いてもらうのも、こちらが傲慢であった瞬間に崩れてしまいます。
 もう資金繰りの厳しさを解決できるなら、もう何だってするし、こんな頭で良ければ何回だって下げさせてもらいまっせ。いくらプライドの高い私であっても、資金繰りという数字の前には自分が折れなければなりませんでした。
 そして、もうそういう生活が10年も続くと、流石に私の傲慢さも、少しずつ角が取れていっているのではないでしょうか。と期待いたします。



助けて欲しいという言葉が隠されている

 かつてはお客さんと喧嘩することも多かったのですが(なんせ鼻っ柱だけは強かったですから)、最近は「こちらが折れる」という私にとって「超難易度のワザ」も少しずつ出来るようになって来ました。

 どんなお客さんであっても、うちの会社に問い合わせてくれるということは、それはうちの会社のどこかを好きになってくれているということであります。私はそれをすっかり忘れていました。
 私は、相手がうちの会社を非難して来た瞬間に、「相手は倒すべき敵だ。」と短絡的に捉える人間でありました。が、それは大いなる間違いでありました。

 その非難の声の後ろにはうちの会社に対して「助けて欲しい。手伝って欲しい」という言葉があることに、つい最近気がつくようになりました。

 「助けて」という言葉であれば何とかしてあげようという気持ちになりましょうが、「おたく何やってんのよ」と言われれば、カチンっと瞬間湯沸かし器のスイッチが入ります。
 まさかその言葉の後ろに「助けて」という言葉が隠れているなんて、私は全然知らなかったのでした。



つづく。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

焼き鳥屋の詩。


国民の中で一番質素な暮らしをされる

 ここ数日、昭和天皇のあるエピソードを思い出しておりました。
 それは陛下が、戦後もずっと16年間、昭和36年まで、皇居内の防空壕(御文庫附属室)でお暮らしになられておられたということです。
 その防空壕はもう湿気がすごく何でも湿ってしまうような劣悪な環境でありましたが、陛下はそこから動こうとはしませんでした。
 家が焼けて満足に暮らせない国民がまだ一人でも残っている限り、自分は防空壕を出ることは出来ない。そのように仰っていたそうです。

 陛下のお住いが防空壕ではなく吹上御所になったのは、日本中が高度成長に入り誰もが自分の家を持てるようになってからでありました。

 それだけではありません。陛下のお暮らしは本当に質素な生活であり、鉛筆はちびちびでスリッパもかかとが擦り切れつま先しかないものでも捨てずに大事にお使いになっていたそうです。

 陛下は国民の中で一番貧しいレベルで生活されようとしていたということです。きっとそれは長い長い間、皇室に受け継がれてきた真の帝王学であろうと思います。
 そしてその御心は平成の今上天皇皇后両陛下にもしっかりと受け継がれていることを私達は知ることができます。



権力者ほど負の因子が桁違いに膨らむ怖さ

 最近ニュースになる彼の国の弟皇帝は残念ながら真の帝王学を誰からも学ぶことができなかったのでありましょう。まだ何も知らない若いうちに側近たちに祭り上げられて皇帝になったという事情もあるでしょうが、そもそも彼の父親も祖父も真の帝王学を知っていたかは甚だ疑わしいです。

 もし弟皇帝が、自分の国の国民の一番貧しいレベルの生活をしていたなら、きっとその国は生き延びる因子を大きく貯金していたことでしょう。
 その弟皇帝の寿命も彼の一族も守られるという人生で一番価値のある善徳の貯金を蓄積することができたでありましょう。



国の代表とは一番最後に国民の残り物をとる人

 代表者とは、一番贅沢ができて、一番好き勝手にできる身分の事ではありません。真実はいつも正反対です。
 代表者とは、一番質素で、一番忍耐を強いられる身分の事であります。
 食事に例えるのであれば、全員が食べ終わったあとの残りを頂く立場の事です。決して真っ先に美味しい部分を食べる身分の事ではありません。

 子供を育てる親は、一番美味しいところは子供に食べさせます。子供が食べ終わったあとの残りを食べる事を厭う(いとう)親はおりません。
 真の国の代表者であれば、国に飢えた国民がいる限りは、決して贅沢な御馳走を食すことなどできないものです。隣の部屋で自分の子供がお腹空いたと泣いている状態で、自分だけ北京ダックや大トロお寿司など食べることができましょうか。



良心の呵責

 弟皇帝は新年の挨拶で「国民に苦しい生活を強いているのは自分の不徳のせいである」と述べたそうです。
 もし彼が真の帝王学を学ぶ機会があれば、彼は国民のために善徳因子を蓄積できる帝王になれたかもしれません。残念です。



 こんな重責の立場。本来なら兄が受け継ぐべきなのに自分に押し付けて逃げたという兄への感情、逃げた兄と異なり自分はきちんと受け継いだ。認めて欲しいという父への感情。誰も自分勝手で俺の事はわかっていないという周囲への感情。
 男の子なら誰でも持つ感情でありますが、権力が大きければ大きいほど、負の因子を積んだ時の借金の大きさの桁が異なります。怖いことです。



 亡き父の誕生日。側近たちから「(長兄の死を受けて)これで跡継ぎ問題は完璧に決着した」という声明を聞きながら歪む顔。良心の呵責。



 我々の生活においても、社会においても、人の上に立つ立場の人は、常に彼の国の弟皇帝と同じ過ちを犯す可能性があることを、人一倍強く自戒する必要があります。人の上に立つ者は、本当に簡単に堕ちる恐ろしい崖にいるのです。誰よりも自戒して自戒して、それでも不十分なぐらいであります。



ガード下焼き鳥屋の詩

 亡き兄を知る人は、生前彼が非常に楽しかったと伝えるのは、新橋の焼き鳥屋で日本のサラリーマンたちと(自分の身分を知られず)呑んだことだったそうです。ふむう。
 私などはいつも自分の生活に不満を持ちますが、真実は何も持たない名も無き庶民の生活こそが、一番の幸福であることを彼は私達に伝えているように思います。

 私達東京のオヤジたちは新橋のガード下の焼き鳥屋なんてあまりにもアタリマエ過ぎますが、この場所が彼にとって「自由の象徴」であったということであります。


合掌



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

三角関係。


 北朝鮮の前総書記の長男の正男氏が何者かによって殺されたというニュースが世間を騒がせております。特に報道関係者には北朝鮮と縁が深い人が多いでしょうから大きなニュースの扱いかもしれません。

 北朝鮮と中国との関係を考えるときに、次の三角関係で考えると私達一般日本人でもわかりやすいです。

1,北朝鮮のキム政権
2,北京の習近平政権
3,旧満州の瀋陽軍区

 瀋陽軍区とは人民解放軍の軍区の中でも一番強い軍隊であると言われ、かつ最も北京に対して反抗心を持っている。と言われます。



 上記地図の赤い地区が瀋陽軍区です。



 瀋陽軍区は、旧満州の地域と被ります。この地域は満州人と朝鮮人の地域であり、漢民族とは違う民族や文化の地域です。
 そしてもし習政権にクーデーターを起こすとすると、その最右翼がこの瀋陽軍区であろうと言われています。


魔物の土地

 中国は一枚岩ではありません。習近平もいつ寝首をかかれるかわからない状態です。ですから習政権は強権的に社会を押さえ込んでいると言えます。
 しかし北京に最も近いこの旧満州の瀋陽軍区が、もっとも北京の寝首をかこうとしているのは皮肉であります。また泥沼の日中戦争もそもそも日本の関東軍がこの満州地域で自らの野望に呑み込まれていったことがその背景であります。この土地には人を権力の虜にしてしまう魔物が何千年という歴史で育まれているのかもしれません。そしてこの瀋陽軍区と北朝鮮の堺にあるのが彼らの聖地白頭山です。



急速に加速する北朝鮮軍事力の秘密

 先日安倍首相がトランプ氏とゴルフ会談をしている時に、北朝鮮が日本海にミサイルの実験を行ないました。このニュースに安倍首相とトランプ大統領の会食が凍りついたと報道されましたが、それはこのミサイルが今までと異なるからでした。

 今までの北朝鮮のミサイルは液体燃料ですから打ち上げの数日前からその準備を偵察衛星から知ることができました。しかし今回は技術難易度の高い固体燃料のミサイルです。専用台車で移動し、準備から発射まで数分と言われますから、偵察衛星で事前に発見することは不可能です。
 またその高度も500kmと高く、もしTHAADが配備されていたとしても、この高度ミサイルを迎撃することは非常に困難であるかも。と言われています。

 もちろんこのような高い技術のミサイルをこの短期間に北朝鮮が開発できることは不可能でありましょう。その裏には瀋陽軍区が深く関与していると言われます。



 今回のミサイル発射ポイントは瀋陽軍区のすぐそばであることからもそれが伺えます。



高麗の復活?

 このミサイルは日米に対して大きな脅威となっていますが、実は一番脅威と感じているのは北京であります。
 実は瀋陽軍区は北朝鮮軍を使って、北京を恫喝しているのでありました。


 北京政府は自分たちの言うことを聞かない瀋陽軍区と北朝鮮には、本音では手を焼いているといって良いでしょう。特に北京政府はアメリカとの戦争は何としても避けなければなりませんが、解放軍が暴走し始めていて、押さえ込むのが一苦労です。

 特に日本とアメリカは北朝鮮対策を口実に、法整備や軍備整備を行なっておりますから、北京としてはもう北朝鮮には静かにしていて欲しい。という気持ちでありましょう。

 現在の中国と北朝鮮の関係は
 北京政府 VS 瀋陽軍区+北朝鮮
 という構図であると考えられます。本当はもっと複雑で、何重もの敵の敵は味方という利権と欲得の構図が積み重なっているでしょうが、非常に簡単に考えると、まず現在は上記構図です。



 瀋陽軍区+北朝鮮はかつての高句麗と同じですね。朝鮮半島の国境も近い将来にはこのような区割りに戻るかもしれません。



三角関係に巻き込まれた正男氏

 北京政府は正男氏をかくまっておりましたが、その理由はおそらく北朝鮮キム政権を倒した後に、次の傀儡政権を築くためであります。
 正男氏は、ジョンイル氏の長男でありますから、北朝鮮人民にとっては受け入れやすい後継者でありましょう。
 本人はきっとそういう政治の世界から離れたくて脱北し、中国に身を潜めていたつもりでしょうが、北京側はいざという時のための保険として、彼を養っていたのでした。

 現在の北朝鮮のトップであるジョンウン氏は、いつ北京政府が自分を暗殺し兄の正男にすげ替えるか、が恐怖であったことでしょう。
 特に瀋陽軍区が朝鮮人民軍と共に暴走し始めてからは。どうも北京は本気で首の挿げ替えを狙っているらしい。

 そのような背景が正男氏の暗殺にあったのかもしれません。



お願い
永住権短期取得についてパブリックコメントが受け付けられておりますが、締め切りが本日までです。
ご興味のある方は、どうぞご意見をお送りください。
単純に「永住権短期取得に反対です」だけでも良いそうです。よろしくお願いいたします。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130107&Mode=3


 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 32 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ