風の向くまま薫るまま

その日その時、感じたままに。

佐野史郎

2018-04-16 15:01:33 | 名バイプレーヤー










そういえばこの方をまだ紹介していませんでしたね。




1992年にTBS系列で放送されたドラマ『ずっとあなたが好きだった』で、マザコン男桂田冬彦を演じ一大ブームを巻き起こしたのがブレイクのキッカケなのは、皆さんご承知のとおり。



私はこの方の実質デビュー作といっていい映画『夢見るように眠りたい』を観ているのですが、その時は普通の好青年といった印象で、後々冬彦さんの「凄げえ」演技を観るまでは、そんなに印象にはなかった俳優さんでした。申し訳ない。


1988年公開の映画『帝都物語』でもやはり、魔人・加藤保憲(嶋田久作)と戦う好青年役で、しかも途中でいなくなっちゃう。これもまたさほど印象に残らない役で、やはり冬彦さん役が廻ってくるまで、機会をまたねばならなかったようです。


ちなみに嶋田久作氏とは、かつて一緒にバンドを組んでいた仲でした。


冬彦さん以降は、ちょっと知的で狂気を讃えたような役が立て続けにオファーされ、ドラマ『はいすくーる落書』や映画『ぼくらの七日間戦争』の嫌味な教師や、オムニバス・ドラマ『世にも奇妙な物語』にはほとんど准レギュラーといって良いほどよく出演しており、変な人嫌味な人から真面目な人いい人に至るまで幅広く熟してらっしゃいます。



島根県出身で、その風土から小泉八雲の怪談話に興味を持ち、かなり深く研究されているとか。異界などへの関心も高いそうで、故・水木しげる先生や京極夏彦氏などと交流を持ち、映画『妖怪大戦争』にはこの御両名とともに、妖怪役で出演されておりました。


東宝特撮映画やウルトラマンなど、特撮モノへの造詣も深い。『ウルトラマンマックス』ではナレーションを担当し、また昭和38年公開の東宝特撮ホラー映画『マタンゴ』のリメイクを希望する署名運動を行ってもいました。この運動は結局頓挫したようですが。



こういう方は大概、海外のホラー映画にも造詣が深いもので、佐野さんもまた御多分に漏れず吸血鬼ドラキュラの大ファンだそうな。それもクリストファー・リー版ではなく、ベラ・ルゴシ演じるドラキュラが好きなのだとか。

私は断然クリストファー・リーですね。まあいいですけど(笑)


また高校生のころからバンドを組んでいたロック少年でもあり、ロック・ギタリスト山本恭司氏(BOWWOW)は高校の同級生だそうです。凄いね。




個人的にも好感が持てちゃう方ですが(笑)最近でもちょっと嫌味な警察官僚とか、やはりエリートで嫌な奴的な役は相変わらず多いようです。あの眼鏡ごしの冷たい視線とか、うまいんですよねえ。プロだから当たり前ですけど。



今年の大河では大老・井伊直弼役で出演しておりますね。佐野さんが演じる井伊直弼は、やっぱり見事に嫌味な奴になってますねえ。

正直、佐野さんと井伊直弼は、私個人としてはイメージが合いません。昨日の放送回では、一橋慶喜(松田翔太)に刺客を差し向けるなど、かなり悪辣なことを行っており、ここまで悪役にしたてちゃっていいの?と、今回の脚本・演出には違和感バリバリです。井伊直弼はこんな人じゃない!


ドラマなんだから、基本は面白ければいいわけですが、それにしてもこれはちょっと、気に入らないなあ。



今年の大河は全体的にも今一つ気に入らないんだよねえ。今年の大河は、よくない!



佐野さんは要求通りの演技を見事にこなしていらっしゃると思います。良くないのはドラマであって、佐野さんではありませんので、その点勘違いなきよう。



もっと良い役に恵まれることを祈りつつ、この名バイプレーヤーには心からのエールを送らせていただきます。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

赤星昇一郎

2018-03-27 09:22:57 | 名バイプレーヤー










1983年から86年にかけて、テレ朝系列の深夜に放送されていたバラエティ番組、『ウソップランド』のことを憶えておられるでしょうか?



3人組のお笑いコント・グループ、「怪物ランド」のМCによる番組で、メンバーは郷田ほづみ、平光琢也、そして赤星昇一郎。


郷田氏と平光氏は比較的「普通」のルックスをしているのに対し、赤星氏はスキンヘッドに口ひげという「特異」なルックスで目立っておりました。

番組のハイライトの一つが、妖怪「こなきじじい」の扮装をした赤星氏による決めのフレーズで。


「こなきじじいじゃ!……夢見るぞ」



このフレーズ、私らの仲間内では一世を風靡したものですが、世間的にはどうだったのでしょうね?いずれにしろ、懐かしく思い出された方もおられるのではないでしょうか。




現在では「怪物ランド」としての活動は行われていないようで、これは解散したということなのかな?現在では3人3様の、地道な芸能活動を続けておられるようです。

ちなみにメンバーの一人、郷田ほづみ氏は声優としても有名な方で、1982年に放映された伝説的ロボットアニメ、『装甲騎兵ボトムズ』の主人公キリコの声はこの郷田氏が演じておられました。




さて、赤星氏ですが、その特異なルックスから、特撮モノとの縁が深く、スーパー戦隊シリーズや平成ウルトラマンシリーズなどによく出演されてます。

私的に印象に残っているのは1996年放映、『ウルトラマンティガ』第27話「オビコを見た!」の妖怪オビコ役です。オビコが暮らしていた森が開発のために破壊されてしまい、行き場を失ったオビコは人間の町の暗闇に潜み、夜な夜な悪さを繰り返す。ついにはGUTSの出動となり、ウルトラマンティガと戦うことになってしまう。

ティガはオビコに同情的でしたが、人間に対する悪さを赦すわけにはいかない。懲らしめとして的を外して光線を放つのですが、オビコはその光線をわざと真正面から受け、自ら命を絶つんです。


なんとも哀しい話で、とても印象に残っています。



ちなみに、同じくウルトラマンティガ第16話「よみがえる鬼神」には、郷田ほづみ氏と平光琢也氏が、神社の宝剣を盗もうとするコソ泥役で出演しており、図らずも怪物ランドのメンバー全員が、ウルトラマンティガに出演しているんですね。

面白い。




赤星氏は特撮モノの外にも現代劇時代劇を問わず、多くの作品でバイプレーヤーとして活躍されておられます。現代劇では大概ヤクザとか服役囚、時代劇なら破戒僧や悪山伏、僧兵など、どちらかといえば悪役が多いようです。


でも平和的な宇宙人の役も演じられたりもするんですよ。まあ、いずれにしても「普通」の人の役はあまり回ってこないようです。ルックスがルックスですからね、それもまた良しでしょう。



目立つ方ですから、皆さんもどこかでお見かけしたことがあるはず。この次見かけたら、「あっ、こなきじじいだ!」と思い出してあげてくださいね。



ついでに夢にまで見たりしてね……(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

きくち英一

2017-12-23 09:23:37 | 名バイプレーヤー










1942年生まれ、75歳。


俳優でありスタントマン。殺陣師、スタントコーディネーター。それから結婚式などの司会までマルチに熟す方ですが、我々の世代で菊地さんと云えば、やはり『帰ってきたウルトラマン』でしょう。ウルトラマンのスーツアクターとして活躍され、ウルトラシーリーズでアクロバティックなアクションを多様された最初の方ではないかな。ウルトラセブンもアクロバティックな動きは見せましたが、帰りマンほどには派手ではなかったように思う。



我々としてはウルトラマンのスーツアクターというイメージがどうしても強いのですが、ご本人はあくまで「俳優」であることにこだわっており、『帰ってきた……』でも数回、顔出し出演をしているんですよね。


よく見ると様々な作品に「俳優」として出演しております。大概はヤクザとか、コワモテの役が多く、殺陣師を兼任していることもあるようです。



私などは俳優として出演しているきくち氏を観る度、「アッ!ウルトラマンの人が顔出ししてる!」と、ついつい思ってしまうのですが、これはご本人としては不本意でしょうね。申し訳ありません(笑)




あくまで俳優にこだわるきくちさん。でも私はこれからも、「ウルトラマンの人」と思い続けるのでしょう。それだけきくちさんのウルトラマンは印象的だったということです。許してね(笑)



永遠のウルトラマン俳優、きくち英一氏に拍手を!






『帰ってきたウルトラマン』昭和46年
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デヴィッド・プラウズ

2017-12-19 04:48:50 | 名バイプレーヤー










1935年、イングランド生まれ。元ボディビルダーで重量挙げのイギリス・チャンピオンでもあるとか。


198センチという長身と筋骨隆々たる肉体を生かし、俳優を志しますが、身体の大きな人の常といいますか、悪役かホラー映画のモンスター役ばかりをやらされていました。


中でもイギリスの映画制作会社「ハマー・プロ」制作のホラー映画にはよく出演していました。ハマー・プロといえば、クリストファー・リーやピーター・カッシング、テレンス・スタンプなどのホラー映画スターを生み出した会社でありますが、デヴィッドは特別演技が上手いわけでもなく、ルックスが良いわけでもなかったためか、ここでもスターにはなれませんでした。



しかし、そんなハマー・プロ制作の映画の大ファンだった若き映画監督により、デヴィッドはその生涯最高にして最大の当たり役を与えられることになるのです。

監督の名はジョージ・ルーカス。作品名は『スター・ウォーズ』


そしてデヴィッドが与えられた役、それが



「ダースベイダー」でした。









ただ、デヴィッドは訛の強い英語をしゃべるため、ジョージ・ルーカスはこれが気に入らず、声をジェームズ・アール・ジョーンズに吹き替えさせます。役者としての意識の高いデヴィッドはこれがかなりの不服だったらしい。

それとデヴィッドは殺陣が下手で、撮影用のライトセイバーを何本も折ってしまいます。そのため殺陣のシーンは殺陣師兼スタントマンの方が吹き替えることになり、こうしたことがジョージ・ルーカスのデヴィッドに対する印象を悪くしてしまった部分があったようです。


デヴィッドとしてはベイダーを「演じている」のは自分だという意識が強い。しかし監督およびスタッフ・サイドとしては、ただダースベイダーの服を「着ているだけ」の人と認識していたようですね。


スター・ウォーズ第1作が大ヒットを記録し、続編の制作が決定。そんなとき、ちょっとしたゴタゴタが起きてしまいます。


あるインタビューでデビッドが「ルークとダースベイダーが親子だったら面白いね」と発言したのです。


この時点ではまだ、脚本も出来上がっておらず、デヴィッドは当然ながら続編のストーリーなど知る由もないのですが、機密保持にピリピリしていた制作サイドとしては、こんな不用意な発言をされては困るわけです。

勿論本人に悪気はありません。しかし、この出来事が益々デヴィッドの印象を悪いものにしてしまう。




第3作『ジェダイの帰還』では、デヴィッドは冷たい扱いを受けたと述べています。ダースベイダーのシーンの大半を、自分ではなくスタントマンが演じることが多く、デヴィッドは放って置かれることが多かったようです。極めつけはダースベイダーがアナキン・スカイウォーカーとしての素顔を晒すシーンで、アナキンを演じたのはデヴィッドではありませんでした。


制作サイドは、デヴィッドにこのシーンの演技を求めるのは無理だと判断したようです。そこでセバスチャン・ショウという俳優にアナキンを演じさせました。


このシーンはデヴィッドに内緒で撮影され、デヴィッドがこのシーンを初めて観たのは映画館だったそうです。ベイダーを「演じて」いるのは自分だと自負していたデヴィッドにとって、これは大変なショックであり、屈辱でした。


以来、デヴィッドとジョージ・ルーカスとの間の確執は年々深いものとなっていく。そして2010年に至り、とうとうデヴィッドは、スター・ウォーズ関連の全ての公式イベントに出席を拒否されてしまいます。


いやはや……。







スター・ウォーズで人生最高の名声を得、そのスター・ウォーズの制作サイドから拒否されてしまった男、デヴィッド・プラウズ。



なんと表現したらよいものか……。



ただこれだけはハッキリと云えます。世界中のスター・ウォーズ・ファンにとって、ダースベイダーと云えばデヴィッド・プラウズ。

デヴィッド・プラウズといえばダースベイダー。


これ以外にはないということを。




ゴジラ・ファンにとって、ゴジラ役者と云えば永遠に中島春雄さんであるように、スター・ウォーズ・ファンにとってダースベイダー俳優は永遠にデヴィッド・プラウズなのです。



ジョージ・ルーカスや制作サイドがどのように扱おうとも、世界中のスター・ウォーズ・ファンは、永遠にデヴィッド、あなたの味方です。



ダースベイダーの声を担当した俳優ジェームズ・アール・ジョーンズも、ダースベイダーはデヴィッド・プラウズのものであり、私は声を充てただけだと発言しています。役者は役者の気持ちが分かるといいますか、さすがですね。



デヴィッド・プラウズ。なんとも不可思議な人生を送った方ではあります。しかしとても幸せな方であるとも云えます。




ダースベイダーという、史上最大最強の悪役に巡り合い。世界中のファンから愛されています。


制作サイドがどの様な扱いをしようとも、ファンは知っています。デヴィッド・プラウズ、あなたこそが


ダースベイダーであると。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

二代目中村又五郎

2017-12-13 04:50:51 | 名バイプレーヤー










池波正太郎氏の小説、『剣客商売』の主人公、秋山小兵衛のモデルとなった方です。



80年代初め頃、フジテレビ系列では毎週2時間枠の時代劇を放送しておりました。その枠で放送された『剣客商売』で、その秋山小兵衛を演じており、小柄な身体に刀を構えた姿に、なんとも優雅なカッコよさを感じたものです。


中村吉右衛門さんと同じ播磨屋一門で、若い頃の吉右衛門さんに歌舞伎を指導した「お師匠」でもあります。




その縁か『鬼平犯科帳』にも何度かゲスト出演されております。私が印象に残っているのは、鬼平第7シリーズの「寒月六間堀」というエピソードで、又五郎さんは息子の仇を討とうとする老武士の役でした。

当時、かたき討ちは子が親の仇を討つものとされており、親が子の仇を討つことは「逆縁」といって禁止されていたんです。だからこの仇討は公には出来ない。

老人から話を聞いた鬼平さんは、自分の身分を最後まで明かさないまま、この老武士の助太刀をするという話でした。



適度な枯れ具合と、そこはかとなく漂う気品、そして不屈の意志。それらすべてを兼ね備えていた方で、この老武士を演じるに、これ以上相応しい方はおりませんでしたね。



身体は小さくとも、なにか「大きな」ものを感じさせる方でありました。




2009年、老衰のため逝去。御年94歳の大往生でした。




若い頃よりその才能を高く評価されていた又五郎さん。その栄誉ある名跡は現在、同じ播磨屋一門の中村歌昇さんが継ぎ、現在、三代目中村又五郎として活動しておられます。





三代目中村又五郎(前・中村歌昇)


鬼平ファンは御存じですね。同心・小林金弥役で、第7シーズン以降レギュラー出演されていた方です。


この方も、地味ですが良い役者さんです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ピエール瀧

2017-12-07 10:35:22 | 名バイプレーヤー










まあ、よくわからない人です。


電気グルーヴというテクノバンドのメンバーで、特になにか楽器を弾くでもなく、歌に専念するでもなく、ステージ上で鶏を放して捕まえたり、陶芸をしてみたり、なんかよくわかりませんが「いろんな」ことをしているらしい。



俳優としていつごろから出始めたのかもよく知りませんが、私が印象に残っているのは、映画『ALLWAYS三丁目の夕日』の、氷を売って歩くオジサン役でした。昔の冷蔵庫は中に氷を入れて冷やすタイプだったため。氷がよく売れたんです。これが電気冷蔵庫に取って代わられて、氷が全然売れなくなってしまう。


捨てられている古い冷蔵庫を見ながら、トボトボと歩いていく姿になんとも言えない哀愁があって、この人面白い!と思ったのが最初でした。




厳しい役、怖い役、優しい役。『あまちゃん』の寿司屋の大将みたいな、「よくわからない人」の役から、映画『凶悪』の文字通り凶悪な殺人犯まで、役柄は実に幅広く、ちょっと屈折した感じのある役の方が似合うかもしれません。



映画『シン・ゴジラ』では、タバ作戦を現場で指揮する自衛官の役で、「戦闘だけが花ではない」だったか、そんな感じのセリフが印象的な、良い役でした。



色々な意味で、奥底の深い人のように思われます。よくわからない人だけど、興味を惹かれる人ではあります。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

追悼、橋本力

2017-11-26 00:02:15 | 名バイプレーヤー










本年10月11日、大魔神を演じた俳優、橋本力(はしもとちから)氏が逝去されました。83歳でした。



大魔神といえばなんといっても「目」です。作り物の目では迫力が出ないということで、大魔神の面の目の部分をくりぬいて、橋本氏ご本人の目で演じておられた。



神様なんだから瞬きをしないでくれと指示され、煙やら埃やらが舞っている撮影現場で必死に目を開け続け、そのため目はいつも充血しており、それがより凄まじい迫力を生んだ。

御蔭で目が荒れてしまい、お茶で目を洗ってケアしていたとか。



橋本氏は元々プロ野球選手でした。大毎オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)の外野手でしたが、ケガのため選手を引退し、親会社だった大映の誘いを受け俳優となります。主に時代劇の斬られ役などの大部屋俳優として活動、背の大きさと体力を買われての大魔神役への起用でした。


大映時代は勝新太郎さんに大変可愛がられ、大映倒産後は勝プロに入社します。或る時、勝さんに呼び出された橋本さんは、「香港映画に出演だ」と告げられ、飛行機代3万円を手渡されました。

それはブルース・リー主演の香港映画『ドラゴン怒りの鉄拳』への出演でした。橋本さんは「悪い日本人」役で出演し、ブルース・リーと激しい立ち回りを演じます。

リーに蹴りを入れられ、宙を飛ぶシーンは、橋本さんご本人ではなく、香港のスタントマンが吹替えたそうです。

その吹き替えたスタントマンとは、若き日のジャッキー・チェンでした。


なにげに、凄い縁ですねえ。





ブルース・リー主演、映画『ドラゴン怒りの鉄拳』出演時の橋本力氏。




昭和60年、元大映社長・永田雅一氏の逝去をきっかけに俳優を引退します。その後も大魔神のイベントなどがある度に精力的に活動していたようです。




スーツアクターのキャリアとしては、大魔神と、映画『妖怪大戦争』の西洋妖怪ダイモンを演じたぐらいで、決してスーツアクター専門というわけではありませんでした。その点は東宝で長年ゴジラをはじめとする、数々の怪獣を演じ続けた故・中島春雄さんとは違います。


しかし、あの「目」の演技一発で、特撮ファンの間では忘れ得ぬスーツアクターの地位を確立された、稀有なる方でありました。






また一人、日本の特撮の歴史を荷った方が逝かれました。寂しいですね。




ご冥福をお祈りいたします。合掌。





大毎オリオンズ時代の橋本力氏。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

遠藤憲一

2017-11-24 08:31:15 | 名バイプレーヤー










通称・エンケンさん。




ここ10年程の間に、すっかりメジャーな俳優さんになりましたね。ちょっと前までは、一部に熱狂的なファンを抱えているけど、知らない人は全く知らない怖い顔の人という感じでしたが(笑)


洋画の予告編のナレーションでも有名な方で、本当に大量の、まさに大量の洋画予告編でナレーションを担当しており、あれも遠藤さんこれも遠藤さん、えっ!?それも!?という感じで、本当にたくさん担当されてます。



若い頃は悪役ばかりを演じ、ある程度年齢がいってから「個性派俳優」としての地位を確立される方たちがおられます。故・蟹江敬三さんや石橋蓮司さん、綿引勝彦さん。橋爪功さんなども若い頃は犯人役ばっかりでしたね。

エンケンさんもその系譜に属する方で、Vシネマや特撮モノにもよく出てました。『忍者戦隊カクレンジャー』の悪役とか、印象的でしたね。


時代劇でもよく斬られてました。鬼平や剣客商売にもよく出られていました。剣客商売で演じた「妖怪」みたいな浪人。伸ばし放題の髪にボロボロの着物をまとった凄腕の浪人役は凄かった!暗闇の中に立つ姿は、時代劇というよりホラーでしたね(笑)



最近では、朝ドラでコワモテだけど実はよいお父さんという役で出てます。これがまたいい。あの怖い顔をくしゃくしゃにして、泣いたり笑ったり、これがグッとくるんですよね。怖い顔だからこそ、逆に強い印象をもって迫ってくるのかもしれませんね。


さっきから怖い顔怖い顔言ってますが(笑)普段のインタビューではそれを気にしているのか、わざとらしいくらいに(失礼!)にこやかなお顔で対応されているお姿が、またなんとも可笑しくて、良い人なんだろうなあって、思いますねえ。



これからもその怖い顔(何度も失礼!)を存分に生かして、我々ファンを楽しませてくださいね。



応援してます!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

國村隼

2017-11-16 04:12:29 | 名バイプレーヤー






「礼は要りません、仕事ですから」



『シン・ゴジラ』で財前自衛隊統合幕僚長を演じた國村隼さん。ふとした時に見せる微笑が、なんとも魅力的な良い役でしたね。



若い時からとにかくたくさんの作品に出てます。それもなにげに話題作が多かったりする。松田優作さんの遺作となった映画『ブラックレイン』では、優作さん演じるヤクザ・佐藤の子分役で出てたんですね。リドリー・スコット監督と優作さんに役者としての教示を受けたとか。なんと贅沢な(笑)


テレビドラマではなんといっても『鬼平犯科帳』の2時間スペシャル版「雨引の文五郎」で演じた雨引の文五郎が素晴らしかった。鬼平スペシャルの中でも傑作編だったと思いますね。


近年では映画『アウトレイジ』とか映画『進撃の巨人』にも出てるし、シン・ゴジラより後にも、『ジョジョの奇妙な冒険』の実写版とか『鋼の錬金術師』の実写版にも出てるし、その他その他実に多くの映画、ドラマで、この方のお姿をよくお見かけします。まあなんと、いったいどんだけ出まくってんねん!


売れっ子バイプレーヤー國村隼。きっとあなたもどこかで必ず見かけているはず。


それだけ演技者として信頼されてるということなのでしょうね。もちろんこの独特のルックスもあるでしょうけど、現代の映像作品には欠かせない逸材のお一人だと云って良いでしょう。


いつもいつも、私たちを楽しませてくれて、ありがとうございます。







「礼は要りません、仕事ですから」
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

中村嘉葎雄

2017-11-02 04:50:11 | 名バイプレーヤー










歌舞伎役者・中村時蔵の5男。すぐ上の兄が、時代劇スターの萬屋錦之介(中村錦之助)です。ちなみに歌舞伎役者の中村獅童は甥にあたります。


兄の錦之助さんが「スター」であることにこだわり続けたのに対し、嘉葎雄さんは時代劇と現代劇との区別なく、様々な作品に脇役として出演されています。



もちろん、主役をやられることもあって、以前特撮映画カテゴリーで紹介した映画『怪談』では、耳無し芳一を演じております。



私の印象に残っているのは、『新・必殺仕置人』の巳代松ですね。表の仕事は「いかけ屋」といって、路上の片隅で穴のあいた鍋や釜を修繕する仕事で、小さなふいごを持参し、鋳鉄を溶かして鍋や鎌などの穴の開いた部分に塗りつける。

金属関係の仕事と言うことで、山の民、被差別民を連想する方もおられるでしょうが、町の鍛冶屋さんが必ずしも被差別民ではなかったように、いかけ屋も被差別民と言い切ってしまえるのかどうか。

いずれにしろ、社会の最下層といっていい人々の生業の一つではあったようです。そういう役も演じられていた。



兄・萬屋錦之介とは違った道を歩み、日本の映像作品には欠かせない重鎮のお一人となられました。御年79歳、まだまだお若い!


これからのご活躍を期待します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加