風の向くまま薫るまま

その日その時、感じたままに。

2018-04-19 12:25:41 | ここで一句





深夜、深い霧の中を、車を走らせていました。


夜の霧の中を車で走るのは実に怖い。こういう時は下手にヘッドライトをビームにすると却って視野が悪くなります。ヘッドライトは下げたまま、フォグランプがある場合はこれを利用しながら、ゆっくりと走りましょう。



霧(きり)といい靄(もや)といいますが、これはいずれも現象的には変わりありません。地上に近い大気中の水蒸気が、なんらかの原因で冷やされ水滴となったもので、これが高い上空で発生すれば雲になるわけです。




霧というのはどこか神秘的ですね。霧と不可思議な現象とを結びつける物語も多い。霧の向こう側には異空間が広がっていて、ベル星人が待ち構えていたりする(笑)。特に夜霧というのはどこか不気味で、アメリカン・ホラー小説の帝王スティーヴン・キング原作の映画『ミスト』では、霧のなかに異次元の怪物たちが大挙して現れ人々を襲う。

カルト的ホラー映画監督、ジョン・カーペンターの作品『ザ・フォッグ』では、夜霧のなかに大昔の亡霊たちがあらわれ、小さな港町に復讐をしにやってくる。

この『ザ・フォッグ』私結構好きなんですよね(笑)



霧というもの、特に夜霧というものはそういう意味では「不安」の象徴なのかも知れない。


それでも、朝は必ずやってくる。



ここで一句


【日の本の夜明け前かな夜と霧】






映画『ザ・フォッグ』(1980)より。霧の中の亡霊たち。

夜が明ければいなくなる。

それまで辛抱。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

本当のこと

2018-03-27 20:25:00 | ここで一句





本当のことを言えという。


あの人は嘘をついているという。



でもあなたの云う本当って、何?



彼方の云う本当って、本当に本当のことなの。




それはあなたにとって都合のよい本当じゃないの?



そう言ってくれないと困ることなんじゃないの。




そういうのって、一言で云うと


「嘘」っていうんだよ。




「嘘」をついているのは


どっち!?






ここで一句




【嘘つきと責めるあなたの口に嘘】



あっ!季語がない!






中条きよし『うそ』
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

氷雨

2018-03-22 13:02:32 | ここで一句





春雨とは言い難い、冷たい雨が降り続いております。関東では大雪となったところもあるようですが、こちらは雨ばかり。暑さ寒さも彼岸までなどと申しますが、それにしても寒すぎる。


とりあえず、雪はもう勘弁、まだ氷雨の方がまし?




なにはともあれ、春はどうやら近づいている、らしい。










「月様、雨が……」

「春雨じゃ、濡れて参ろう」




イマドキ月形半平太なんて知っている人はどれくらいいるのだろう?



『月形半平太』は新国劇の舞台で上演された演目で、幕末維新を題材としており、戦前から戦後にかけて特に人気の高かった演目のようです。主人公の月形半平太とは、福岡藩士の月形洗蔵と土佐勤王党のリーダー武市半平太を合わせた名前で、つまりは架空の人物。当時は大変人気の演目だったようで、特に戦前においては何度も映画化されたようです。

上記のセリフ、

「春雨じゃ、濡れて参ろう」

は当時のいわゆる流行語だったようです。


戦後は昭和40年代頃まではドラマ化もされていたようですが、その後はパタリとなくなってしまった。私などもこれに関しては後付けの知識で、実際の映像当を見たことはありません。


どんな内容なのかもよく知らず、上記のセリフだけが残った。



しかしこのセリフも、いずれは忘れさられ、消えていくことでしょう。



流行りモノの理、ということか。









それはそれとして、春の雨に濡れていくことは、本当に風流なのか?カッコイイのか?


雨の量にもよるでしょうが、なるべく濡れないほうが健康のためにも良いと思うけどなあ。




ここで一句



【春雨じゃと濡れて帰って風邪をひき】




皆さまくれぐれも御自愛の程。










佳山明生『氷雨』、
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

テロンテロン

2017-12-21 04:42:50 | ここで一句





冬本番といった感じですねえ。


こちらでは、朝方の気温が0℃を下回る日が続いております。そうなりますと、怖いのが路面凍結、



いかにスタッドレスタイヤを掃いていようとも、滑るときは滑ります。慎重の上にも慎重な運転を心がけましょう。



ところで、こちらの方言では、凍結してツルツルの路面状態を、「テロテロ」と表現します。


そしてこの「テロテロ」状態がさらに進みますと、「テロンテロン」になるんです。



「ツルツル」より「テロンテロン」の方が、いかにも凍っていて滑るような感じがしませんか?なんかこの言葉、好きなんですよねえ。


いや、滑るのは嫌いですけど(笑)



日本語はこうした擬音、オノマトペの類いが多いらしい。それだけ表現が豊かだということでしょう。



表現力が豊かということは、心が豊かだということ。日本人の豊かな表現力、好きだなあ。




ここで一句


【てろてろやテロンテロンな冬の朝】

滑るの嫌!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

雪起こし

2017-11-19 06:09:57 | ここで一句





そろそろ雪の便りも聞かれる季節。


雪が降る前に鳴る雷を「雪起こし」というのだそうです。眠っている雪を、雷が起してあげるのでしょうか。なんとも情緒ある表現で、日本っていいなって、思いますね。


もっともこの雪起こし、私の50数年の人生の中で、おそらく一度も聴いたことはないと思う。


1度くらい、聴いてみたいものですね。




ここで一句



【雪起こし雷おこしまたお越し】



♪またのお越しを待ってます~。岩おこし~、泡おこし~。

またお越し♪




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

コタツの日

2017-11-09 03:50:29 | ここで一句





コタツを出すのに良い日があるそうな。



旧暦亥の月(10月)の最初の亥の日に出すと、火事を出さずに縁起がよいのだそうです。この日を「亥の子の日」というそうな。




今年の亥の子の日は11月9日……あっ、今日だ!(笑)



西日本辺りでは、この亥の子の日に「亥の子祭」というのが行われるとか。「亥の子餅」という餅を作ったり、「藁鉄砲」というもので地面を撞いてまわり、またある程度の大きさの石に縄をかけ、これを子供たちが引っ張って歩く。その時に「亥の子唄」という唄を歌いながらあるくのだそうです。


この祭りは田の神を山へ返す儀礼なのだそうです。


東日本では旧暦の10月10日に「十日夜(とおかんや)」という祭りが行われ、やはり田の神に餅を供え、やはり藁鉄砲で地面を撞く。こちらも同様に田の神を山へ帰す農耕儀礼だそうです。



田の神は春の雪解け水とともに里へ降りてきて、秋の収穫が終わると山へ帰る。田の神が山へ帰れば冬がやってくるというわけです。


暖房器具を出す節目としてはちょうどいいですねえ。




それにしても、ついこの間コタツをしまったと思ったら、もう出さなきゃならない時期がきてしまった。

時の経つのが本当に早い、年々加速度がついているようだ(笑)




岩手はこのところ妙に暖かく、コタツを出していいやら、微妙なところもありますが、せっかくですので、出せる人は出してしまいましょう。


コタツでぬくぬく温まる、これも冬の楽しみの一つってことで、



冬が、来る。





ここで一句


【ぬくぬくと日がなうたた寝コタツ猫】



ある意味理想、かな(笑)





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

総理来る‼

2017-10-11 05:06:27 | ここで一句





平成29年10月10日。衆院選告示日。安倍総理は東北行脚に勤しみました。


午前中に福島県福島市を訪れ、午後2時前には岩手県一関市。午後4時頃には宮城県仙台市と、東北被災3県を精力的に回りました。



まあ、何と言いますか、東北は「鬼の国」ですからね、まつろわぬ鬼どもはいまだ調伏しきれていないようです。




特に岩手県は、今回の選挙から選挙の区割りが変更されまして、これまで2区だった一関市と平泉町が3区に編入されました。



さて、岩手3区の候補者には、誰がいるでしょう?



成る程、そういうことか。




突然ですが、ここで1区、じゃない一句。




【陰陽師妖怪退治や秋の陣】




分かる人には分かる(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の朝

2017-09-12 05:42:57 | ここで一句




早朝、未だ世も明けきらぬ頃。


外は激しい雨。その雨の中、コオロギの泣き声が響いています。


雨音の激しさとコオロギの静かな鳴き声と。


秋、なんだなあと、思いましたね。



ここで一句




【興梠の驟雨に沁みる音色かな】



お粗末。



雨を防げる家があるとは、有難いことですね。家に感謝。


それを気づかせてくる雨に感謝。



コオロギに、感謝。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

盆帰り

2017-08-11 04:33:37 | ここで一句





愈々毎年夏恒例の、「民族大移動」の時節がやってまいりました。



目に見える世界の方々はもちろん、見えない世界の方々も大忙し。こぞって皆さん大移動です。



日本の夏の風物詩。何があってもこれだけは絶えることがない。いや、




絶やしちゃいけません。



そんな時節に因んで、ここで一句。




【大移動彼方此方の盆帰り】


おそ松、じゃないお粗末。






作詞作曲、小椋佳。歌、中村雅俊。『盆帰り』


どなた様も万端相整えて、滞りなくお迎えを。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

暑い!!!!!!!!!!!

2017-05-23 04:13:40 | ここで一句





五月だというのに連日の30度越え!こりゃ今年の夏はどうなるんだ一体!



こういう暑い日こそ、辛いカレーを喰うに限る!!というわけで、


昼下がり、遅い昼食を食べに、行きましたよCOCO壱へ、食べましたよ1辛で。


大汗かいてヒーヒー言いながら食べたカレーの美味かったこと!!よ~っし、暑さなんかにゃ負けねーぞ!!




そんなわけで、ここで一句



【大汗や初夏の暑さと1辛と】


お粗末さん。






【黄色の子カレー大好き玉井さん】

俳句になってない!(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加