小田原周辺のマイナースポットや些細な出来事を少しずつ
小田原の端々



昭和から平成へと時代の移り変わりのなかで、小田原駅周辺の店舗もずいぶんと入れ替わりがあった。昭和時代にあった店舗や企業を知ることの出来る貴重な資料が数年ごとに発行されていた小田原商工年鑑で、先日1976年版の年鑑の中に懐かしいお店の広告ページを見つけた。小田原商工年鑑は小田原周辺の商工業者が業種ごとに店名や所在地が記載されている。以前、このブログでも紹介した銭湯の移り変わりもこの商工年鑑を参考にした。先日、今から41年前の1976年発行の小田原商工年鑑をめくっていると今はなき懐かしい店舗の広告ページを目にした。商工年鑑は基本的に大部分のページが電話帳のような記載だが、巻頭巻尾に広告ページが設けられている。その中の一ページは小田原駅周辺の飲食店が4店掲載されていた。真砂とレストランあさひと数年前まであった中華菜館いろはは覚えているが、うな八はほとんど記憶にない。別のページには大東証券小田原支店の写真入の広告が掲載されていた。大東証券の名は現在では耳にすることが無く、調べてみると最終的にはみずほ系列の証券会社に吸収合併されたようだ。 1976年当時、大東証券小田原支店だった建物は現在、第三区公民館として利用されている。なんとなく以前は金融系の店舗だった記憶があったので、はっきりと店名が分かってすっきりとした。小田原商工年鑑1976の広告ページのなかで一番興味をひいたのが、今現在もテナントビルとして駅前通り沿いにあるマツガヤビルの広告。当時のテナントはB1が清盛、1階が不二家、2階が香港飯店、3階がきたはま、4階が小田原クッキングスクール、5階がスカイコンパ、RFが季節限定のスカイビアガーデン。現在のマツガヤビルのテナントはB1が湊や、1階が小田原バル、2階が山内農場、4階がアイフルで5階がアコム。マツガヤビルは不確定情報だが完成したのは1969年なのであと数年で50周年を迎える。昭和から平成への時代の移り変わりのなかで、様々な人々が交差し営んできた場がその佇まいから伝わってくる。駅周辺も近年、店舗の建て替えが進んでいるが、昭和の頃の駅前の雰囲気を伝えるビルとしてこれからも長く残ってほしい。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




今ではほとんど見かけなくなった昭和時代の空き缶を、街中で見かける事はほとんど無いが、河原や山道ではたまに見かける。先日、ランニングの途中に古い清涼飲料水の缶が転がっているのを見つけた。明神ヶ岳の中腹に伸びる足柄林道は明神ヶ岳でトレーニングをする際によく通る林道。林道の入口にゲートがあって一般の車は通行できないため車や人の往来はほとんど無い。その足柄林道の路肩部分にひしゃげた古い空き缶が転がっていた。近寄ってみると、古いスプライトのアルミ缶。久しぶりに見かけたがずいぶんと懐かしいデザインで子供の頃を思い出した。製造年月を調べようと缶の底の汚れを拭う。うっすらと印字が残っていて製造年月は86年11月。今から30年以上前の空き缶だ。昭和時代の自動販売機は250mlの清涼飲料水が多くて、コーラの自動販売機でファンタとともに、この緑色のスプライトをよく見かけた。スプライトのような味の清涼飲料水はミリンダと三ツ矢サイダーが好みだったのでスプライトを飲んだ記憶はあまりないが古びた缶を見るとやはり懐かしい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




古い自動販売機が好きで散策やランニング時に見つけては写真を撮っている。数ヶ月前に大磯方面にランニングに出かけた際に古い清涼飲料水の自動販売機を見つけた。県道63号沿いの大磯町生沢地内に古い清涼飲料水の自動販売機が2台置かれている。場所は厳島神社の池がある近く。置かれている自動販売機はポッカとUCC。残念ながら保存状態が悪く左側のUCCは半壊といった状況。サンプルケースの中に缶が残っていたが、どれもスチール缶ばかりでサビ放題。かろうじてカルピスソーダのサンプルがわかるくらい。おそらく昭和60年前後に稼働が止まったようだ。この場所の自動販売機は10年くらい前から把握していたが近頃は大磯に出かける機会がめっきりと減っていたので通りがかったときにようやく思い出した。10年前の段階でかなり朽ちた感じだったので今だに残っているとは思わなかったので驚いたが、古い自動販売機を目にするとその当時のことがいくつか思い出されて懐かしい。またどこかの街角で古い自動販売機に出会えることを願っている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




街角に忘れ去られたように置かれている古い自動販売機が好きで散策の折に見つけては写真に撮っている。先日、梅まつりに出かけた際に、田島の住宅街で古いタバコの自動販売機を見つけた。梅まつり会場に向かうため、普段は通らない田島の住宅街をたまたま自転車で走っていると一台の古いタバコの自動販売機があるのに気がついた。シャッターの閉まった商店の一角に清涼飲料水の自動販売機と、今は稼働していないタバコの自動販売機が並んで置かれている。隣に稼働中の清涼飲料水の自動販売機があるので、古いタバコの自動販売機はずいぶんと古く見える。残念ながらサンプルケースの中は空っぽだった。値札や商品名のシールによると最後に稼働していた際に売られていた銘柄はマイルドセブンが250円だった頃。マイルドセブンが250円だったのは1999年から2003年までなので、自動販売機が使われなくなってから15年前後が経過している。現在のタバコの自動販売機はタスポがないと購入できないが、古いタバコの自動販売機にはもちろんタスポ機能はついていない。現代の未成年はどのようにタバコを入手しているのだろう。タスポ導入前の古いタバコの自動販売機は私が把握しているのは市内に3台だけなのでなんとか末永く残ってもらいたい。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




今は稼働していない古い自動販売機を見かけては記録にと写真を撮っている。扇町の旧道沿いには一台の古い酒類の自動販売機が残っている。小田原市扇町の旧道沿い。昭和の頃からの商店が立ち並ぶ一角に今は稼働していない酒類の自動販売機が残っている。かなり前から把握していたが個人的に古い自動販売機のくくりにするのには少し中途半端な経年具合だったためブログの記事にするのを躊躇っていたが、そう感じて既に5年くらいは経っているので撤去される前にと記事にした。もともとはサッポロビールの自動販売機だったようでサッポロのロゴがサンプルケース上部に貼られている。残念ながらほとんどのサンプルは欠損していて往時にどのような商品が販売されていたのかは分からず。唯一サンプルケース内に残っているのが2ℓ瓶のサッポロジャインアツ。そういえば昔、花見なんかのときに良くこの瓶を見かけた記憶がある。サッポロジャイアンツは2003年に販売中止になったのでこの自動販売機も少なくとも12年前から稼働していないものと思われる。お酒の自動販売機も規制が厳しくなってずいぶんと数が減ってしまった。扇町の旧道沿いは昭和の頃からの街並みが残っているが年々少しづつ移り変わっていっている。この古い自動販売機はいつ街角から無くなってしまうのだろう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ