gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

フィリッピン大統領の麻薬没滅のやり方は良いのか悪いのか

2016-09-21 14:02:04 | 日記
フィリッピン大統領は麻薬撲滅の為、関係者の射殺を容認している。これが国際的には批判の的になってるが、これぐらいやらないと治安は良くならないのでは、日本でも暴力団撲滅を叫ばれてるがちっとも効果がない。フィリッピン大統領は良くやてるのでは、確かに人権問題は大切だけど治安が良くならないよりはましなのでは、それと同じで北朝鮮の人権問題や核問題でキムジョウンを死刑にするのは一般人間としては当然なのだがアメリカも攻撃しない、ここはキムジョウンを攻撃して抹殺し、北朝鮮を普通の国にすべきです。それを嫌がるのは中国ですがそれを許すと次は自分だと思ってるのが習近平でそれには同調しません。しかしここは世界の平和の為北朝鮮を爆撃しキムジョウンを亡き者にする必要がある。それでアジアは動乱期に入り中国と世界の第3次世界大戦になる。これは避けがたい。それで覇権国家は希望はつぶす。
コメント   この記事についてブログを書く
« グロバリエション | トップ | べ∸シックインカムについて »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事