gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

建設や農業、介護にロボットが使えたら

2018-11-30 11:57:53 | 日記
人手が足りない、そう嘆く建設や農業介護にロボットが使えたら、日本の労働者不足を解消するだけではなく高速道路の老朽化、水道の老朽化解消の工事が楽にできて工事費も安く付く、農業も機械化できれば重労働もなくなる、それに介護製品の機械化できれば感情が入らず介護され方も気楽に介護が受けれる、でも難しいらしい、そうはいっても人間と同じ動作を行えるロボット、即ちアトムを作るのは難しいだろう、でも少しづづでも進まないと一足飛びにアトムとはいかないだろうが少しづつでも進めてほしい、もっと現場も口出しして機械を現実に使えるように進歩してほしい。頑張れ、現場もどんな改良するところがあるのか研究者に進言して研究してもらえ、人が足りないのは機械化が足りないからだと思ってもっと機械化に進めよ。
コメント

日本が生き残るためには

2018-11-29 11:02:18 | 日記
日本は人口減少で40年後にはGDPが今より25%減るらしい、人口が減ればGDPが減っても仕方がないのだがそれを防ぐにはロボット化が必須なのにそれをしないで外国人を入れることを考えてる、でもね人は人ひとり分しか働きませんがロボットなら10倍ひょとしたら100倍働くかもしれません。それなのにロボット化に動かない企業はつぶれても仕方がないのです。ロボットの需要があればロボットがどんどん進化しますが外人を入れた場合、ロボットの需要を押さえロボット化が進みません。今一番大事なのはロボット化を早く進めることで外人を増やすことではないのです、ロボット化を邪魔する企業に協力する必要はないのです。人よりロボット化それが先、そうすれば生産性が上がってGDPも減りません逆に増えるでしょう、それが日本が生き残る道です。
コメント

エネリギ-自給率を上げるために

2018-11-24 15:08:59 | 日記
日本は化石燃料の使用をもっと少なくしないと、今まで何度石油危機が起こったか、その可能性は常に存在します、其の為供給先を多角化とか言っていますがいまだに石油供給の停止を恐れ中東問題が起こるたびに石油危機が叫ばれていますがいつまでたってもその問題は解決しません、エネルギ-自給率を上げる努力が足りないし、企業に頼りきりなのも心配、手っ取り早くて確実な方法は各戸に新築時太陽光発電か小型風力発電を義務付け、蓄電池設置も義務付ける、それにより自家発電してもらうと同時に余った電気は国が買い取る。其の為今ある電力会社の架線を含め全ての架線を国が買い取り、新しい架線会社を立ち上げ、各戸の電気も電力会社の電力も全てを統括させ、電気の調整のできる発電所も作り、全ての統括は架線会社に任せれば広く薄く電気を集められ、エネルギ-自給率を挙げられる要は政府のやる気があるか郷かにかかっており、電力会社の抵抗もあると思うが日本の国のためには広く薄くエネルギ-を集める必要がある。
コメント

消費税還元に5%いい考えです

2018-11-23 08:45:36 | 日記
消費税還元にクレジットカ-ドに5%はいい考えです、でもそれを使えない老人や貧者はどうすればいいのでしょう、キャシュレス化は良い事なのですが年寄りも使いやすい簡単な器具を作ってもらえんせんか、スマホは使いずらい、もともと財布を持って歩いていたのだから財布持った感覚で使えるキャシュレスカ-ドを作ればいいのでは、例えば私は神戸市しか知らないのですが神戸市では交通費を敬老優待乗車証と言うので老人のバス代、地下鉄代をそれをタッチすると支払えるようになってます。これと同じ方法でキャシュレスカ-ドとして財布代わりに使わせれば老人でも使えるカ∸ドが出来それになじむのではと思います。いちいちカ-ドに入金しなければなりませんがそれを今のATMから充填できるようにすればいいのでは、なんせ老人はめんどくさいのは大嫌いなのです、だから簡単に使える方法を編み出してください。
コメント

太陽光発電価格引き下げ賛成です。

2018-11-22 13:18:09 | 日記
申請だけして権利を取って、値段を確保し設置費が安くなるのを待つなどアンフェアなことをする人の発電価格を保証しないと言うことは当然です。太陽光発電価格引き下げは当然なことです、頭がいい奴が金儲けする方法を考え出すのは良いけど国民みんなに迷惑する方法はに乗る必要はない、変えなくてはいけない、もう設置費が下がってるのだから値段を下げるのは当然のことです。約束したのをほごにするのはけしからんと言うけど、今までに作らなかった方がけしからんのではないか。今まで作らなっかた人は利益をもっと大きくしようとした人か転売しようとした人でそんなことする人の利益を保証する必要はない。
コメント