gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日本経済を立て直すのは脱炭素です

2021-09-17 16:03:13 | 日記
日本の経済は脱炭素でそれも安いエネルギ-が大量に必要です。エネルギ-が安くなれば運輸も工業製品も安くなります。その安い製品でかっての世界の工場日本が復活します。その安いエネルギ-が手に入らないから困ってる。そこなんですよエネルギ-は引力と浮力でいくらでも作れるのにそれを使おうともせず化石燃料に頼り、化石燃料は脱炭素に背くと言われれば原発だと頭の古い人ばかしが日本の旗振りしてるから日本は縮んでいくのです、もっと頭を切り替えて引力と浮力でエネルギ-が取れることを学んで脱炭素化と脱原発を急げ、引力と浮力でエネルギ-が取れる意味も解らん奴が旗振りしてる以上日本は良くならない
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脱炭素の浮体からエネルギ-の取り出し方

2021-09-14 11:18:37 | 日記
容器に浮かせた浮体からエネルギ-を取り出すには浮体を内燃機関のピストンと仮定し、ピストンが上下すれば内燃機関ではピストンにつながったロッドがクランクを回しクランクシャフトが回りピストン運動を回転運動に変える、これを利用して昨日の鋼管の上に機械室を設け、そこで下の浮体からロッドを機械室に通しそこでクランクでシャフトを回し回転運動にしてそこで歯車で回転数を増幅歯車で増幅して発電機やポンプを稼働してポンプで容器の水を移し容器内の浮体を上下さして浮体の上下運動を続けると同時に同じ歯車で発電機を回せば発電が出来電気が取れるはずです。これで自力で浮体を上下できその上で電気もとれます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脱炭素引力と浮力で実際に作る方法

2021-09-13 18:18:06 | 日記
先に脱炭素は引力と浮力で出来ると述べましたが実際に作る方法を述べます。1224mmで長さ12メ-トルの鋼管を作れるところがあります。この鋼管の肉厚12mmにして、外径1224mm、内径1200mmの鋼管4本を用意し、更に外径1200mm、内径1180mm、肉厚10mmで長さ10メ-トルの鋼管4本を用意してもらい外径の太い方を容器として使い、外径の細い方を浮体として使います。これで容器長さ12メ-トル、内径1200mmmの鋼管の端の一方に蓋をし容器として使います。その容器の中に長さ10メ-トル外径1200の鋼管を浮体として使い先の容器の中にこの鋼管を入れ浮体とします。これで容器と浮体が4個そろいます。これを地下に10メ-トル埋めて容器と浮体を用意します。この浮体に比重が1以下で最大値になるよう水を張り、浮体に重量をつける。それを2つを一組として容器に水を移動させるようにする。これを2組にしたのは浮体の上下を回転運動にするのをクランクで回転で回転運動に変える為で、このクランクにすると漲水で上下運動を起こす為、クランクの回転が遅く、浮体のロッドが頂点生きた時や下点でクランクの回転が今までの回転と逆に動く即ち逆回転を防ぐ為、もう一組のクランクを90℃ずらしてクランクを配置できるよう2組にしたのです。この装置で浮体の重量は0.6×0.6×3.14×10=11.304トンでこれをグラムに直すと11.304×1,000×1,000=11,304,000gで102gの物を1メ-トル持ち上げるのが1ジュ-ルですから110,823.529ジュ-ルです。1kwhは3,600,000ジュ-ルですから0.03kwhですが、この筒は2メ-トル動かせるようにできてますから0.06kwhエネルギを出しますこれを1時間に10回動かせば1時間に0.6kwh派生させます。それに筒4個ですから2.4kwh派生さすことが出来ます。その浮体を上下さす水の量は0.6×0.6×3.14×2=2.2608トンこれをグラムに直すと2.2608×1,000×1,000=2,260,800gで102グラムの物を2メ-トル移動さすエネルギ-だから2倍と思うかもしれませんが一つの容器は満タンでそこから空の方に移すから実質1メ-トルしか動いてない為2,260,800g÷102gで22,164.7ジュ-ルでkwhに直すと0.006kwhですこれ2組ですから0.0123kwhです。しかし1時間に1回浮上さす為この10倍の0.123kwh必要となる。発生するエネルギは2.4kwh、ポンプの必要エネリギ-0.0123kwhですから取れるエネルギ-は2.38kwhとなる。これ1万個セットのすれば23,800kwhとなり、これでエネルギ-を生む装置は鋼管だから大量生産も出来安くできると思います。これが成功するともっと太くて長い鋼管も出来るようになり、もっと大容量の鋼管もできるようになり、だんだん効率的になると思います。例えば直径5メ-トル長さ55メートルの鋼管が出来れば2.5×2.5メ-トル×3.14×50メ-トル=981.25これをkwhに直すと2.6722kwhですこの浮体を5メ-トル浮上させれば13.361kwh更に1時間5回上昇させれば5倍の66.805kwhこれが4個ですから267.22kwhです。これを5,000個集めてセットにすれば1,336,100kwh即ち原発を越します。鋼管を作る技術が進めば安く発電できるようになります。今でも引力と浮力で安く発電できるのを理解してほしい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自民党総裁選決戦投票

2021-09-12 14:09:52 | 日記
石破と河野派と岸田と高市派の2グルプ-によるけ選投票の模様、派閥では岸田高市派の様だがそれでは今度の総選挙では自民党は勝てないだろう、そこで若手は石破河野派を押す可能性もある。要は世代交代の若手が勝つか旧習派派閥派が勝つかの戦いです。もし派閥派が勝ったら国民は落胆して総選挙は野党有利となります。自民党旧習派は自分たちが人気の無いのが分かってない、コロナ然り、コロナを抑えきらないで経済だと騒ぎすぎる、国民は経済が大事なのはわかってるがコロナをきちんと押さえないと、いつまでも緊急事態宣言で経済が回らないことは理解している、だから経済よりはコロナ対策が先と言ってるのに、コロナが治まったかのようにこの先収まった時の用意と緊張を緩める策を放言している、これではコロナは収まらない経済を取り戻すにはコロナ退治が先なのを理解してない。今度の総裁選はコロナ退治が大事との声が多き方が勝つ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自民党の先は見えた

2021-09-10 20:11:01 | 日記
河野も岸田も森友桜を再調査しない、原発は維持、従来の自民党の主張を述べるだけで自民党を変えようとはしていない、これでは野党の圧勝だろう。誰が自民党総裁になっても変わらないこと決定。野党頑張れ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする