瞑想と精神世界

瞑想や精神世界を中心とする覚書

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

渇愛をぶらさげて

2004年12月24日 | 瞑想日記
◆夏の瞑想合宿のさい、深い瞑想体験への強い期待を持ちながら、その期待の心に最初は全くサティが入っていなかった。地橋先生に指摘されて、期待の心にもサティを入れるようになったが、妄念は消えず、むしろますます強まった。深い瞑想への期待、いや渇愛が消えた分けではなかったからだ。本当の意味で無執着になることができなかったからだ。

◆ブログ瞑想/セカンドライフ/唄 (スローライフに移行する先人の知恵と秘密)
が、私の18日のダイアリー「つかまず、狙わず」にこんなコメントをつけてくれた。

「〆見ようと思うと逃げていく。追いかけると逃げていく。意識すると逃げていく。力を抜いて、共にあることをただ自然に思い感じる。そうすれば理想も夢も近寄ってくる。そんな体験をされたそうです。僕も先日ディジリドゥ(世界最古のアボリジニの楽器:)を教えてもらって、そんな感覚を感じました。難しいけど体得したい。」

◆瞑想合宿に、私はまたさまざまな渇愛をぶらさげて参加するだろう。それらにどれだけ気づき、受容し、無執着になることができるのか。そんなことをじっくり見据える瞑想になるのだろうか。
コメント

無執着に全力を

2004年12月23日 | 瞑想日記
◆無執着であることに全力を
暮れから正月にかけての10日間、他の何かしらを犠牲にして瞑想合宿に参加するのだから、自ずと期待が心に広がる。その「期待」にどう対処するのか。いつもここで触れている「今日の一言」の言葉が、合宿を前にしての自分の心の準備となる。

12/22(水〉のブッダのヴィパッサナー瞑想、「今日の一言」に次のような言葉があった。

 どんな現象も嫌うことなく、つかむこともなく、ありのままに受け容れて、ただ認知する…。
 受容的であること、無執着であることに、全力を傾け尽くすのだ。 
 「一所懸命、淡々と…」の秘訣は、正しくサティを入れ続けること…。

「期待」(ときとして渇愛とさえ言える)を胸に秘めながら、しかも「無執着であることに、全力を傾け尽くす」。難しいが、この心構えを忘れずに瞑想をしよう。

◆思考と自己
「自己」の実態は、思考の積み重ねだ。思考がなければ「自己」はない。思考がなければ、「自己」も出現することはない。思考という無数の長短の線によってはじめて「自己」の輪郭が浮き上がる。思考が消えれば「自己」もやがては消えていく。それほどに根拠が薄い「自己」を私は、後生大事に守り続けているのだ。
コメント

瞑想合宿への期待

2004年12月23日 | 瞑想日記
あさって25日から瞑想合宿なので、今日は一日障子の張り替えや買い物だった。子ども二人が入試を控えているので家族でどこかに出かける予定もなく、「暮れの大掃除だけ帳尻を合わせてくれれば」と、妻もこころよく合宿参加を承諾してくれた。ということで先週あたりからガラス拭きなどに精を出していた。

起床してすぐに瞑想。思考はある程度湧いたがサティはまあまあか。今日の仕事の段取りとか、階下で誰が何をしているようだなとか、生活の中ではどうしても浮かんでくる雑念がある。もうひとつは、やはり合宿への「期待」が心に広がっていて、それに関連した思考。

同じ「期待」といっても、夏の合宿前とはあきらかに違う。夏の合宿では、妄念が消えない苦しい体験を通しての大切な学びがあった。だから今は、自分の中の「期待」に対して徹底的に自覚的であろうとしている。しかし、どんな「期待」が広がっているのかについては、必ずしも明確ではない。深いサマーディ体験への期待? 前回は、それが渇愛になっていた。今回はどうなのか、そういう「期待」が全くないとは言えない。しかし、現実には「期待」も複雑で、気づきにくい層構造になっているようだ。たとえば、前回よりもさらに深い内面への気づきを得たいなどという「期待」。一方で、そういう渇愛や執着にもたんたんとサティをすることで、充実した瞑想をしたいという「期待」‥‥‥。

ともあれ、30分だけ瞑想しようと思ってはじめたら、瞑想を終えた時がぴったり30分後だった。
コメント

瞬間、瞬間に気づきを

2004年12月21日 | 瞑想日記
◆瞬間にすべてが
この瞬間に何かに取り組もうとする姿勢に、自分のいのちのあり方がいや応もなく表現されてしまう。逃げ腰になっているのか、気づきをもって専一にかかわろうとしているのか、妄念にまみれながらいい加減にやろうとしているのか‥‥‥。この一瞬に自分のいのちのすべてが出る。だからこそ、それに値する気づきをもって、ことをなしたいと思う。

たとえばちょっとした事務仕事、掃除、買い物、人とのかかわり‥‥‥。そのどの一瞬をとっても、かぎりあるいのちを生きる姿勢が如実に現われている。あらぬ思考や雑念を知らず知らず追いながら生きるいのちは、所詮それだけのいのちでしかない。だからこそ、瞬間、瞬間に気づきを。

そんなことを時折感じながら、しかしやはり、あらぬ雑念を追う一日だった。

◆無理をして来た
これまで押し殺してはっきりと自覚したり直視したりしていなかった弱さや劣等感を一瞬一瞬感じることが多くなっている。それだけ自分に正直になれてきたのだと思う。どこかで無理をしてきた自分。しかし、まだ充分に実感したり自覚したりし切っていない。だからこそ、瞬間、瞬間に気づきを。
コメント

つかまず、狙わず

2004年12月18日 | 瞑想日記
12/15(水)のブッダのヴィパッサナー瞑想、「今日の一言」に次のような言葉があった。

「強烈な眠気がどうしても消えないまま、あと1時間半で今回の短期合宿も終る…という時点で、完全に諦めがついた。
 その瞬間、なんと昏沈睡眠は霧が晴れるように消失していった。
 良い瞑想に対する執着と渇愛が、執拗な昏沈睡眠の原因になっていたケースである。」

私も、前回の瞑想合宿で、良い瞑想、深い体験への「執着と渇愛」があった。合宿の前半、妄念にかき回されて瞑想にならなかったのは、そのためだろうと思っていた。上のような例を読むと、やはりそうだったのだという思いを深くする。そして、執着や渇愛がかくも深く瞑想に影響を与えてしまうということに何かしら感慨を覚える。

瞑想合宿が近づいてやはり「期待」は高まっている。「何もつかまず、何も狙わず、ただ淡々と観ていくだけ」は、難しいかも知れないが、自分のなかのどんな執着をもただそういう事実として手放しで見ていけるよう、瞑想していこう。
コメント