瞑想と精神世界

瞑想や精神世界を中心とする覚書

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

明日より瞑想合宿

2007年12月27日 | 瞑想日記
また、久しぶりの日記になった。やはり以前に比べると修行への情熱が衰えているかも知れない。と同時に、書くことへの執着も衰えているかも知れない。

明日からの合宿については、もちろん期待や願いはある。しかし、期待や願いが強すぎ、しかもそうした自分の気持のあり方への充分な自覚(サティ)がなく、合宿最初の数日を振り回されてしまうという経験をいやというほどしてきた。今回は、合宿に臨むにあたっての自分の気持に充分にサティをしつつ臨むことになるだろう。いや、それはこれまでだって同じだったかも知れない。問題は自覚の深さなのか。

充分に自覚しつつ、そして結果をすべて自分を超えたところにゆだねる。そんな気持で臨みたい。

昨日、激しい頭痛があり、やっとの思いで仕事を片付け、帰宅途中、駅で吐いてしまった。一日何も食べていなかったので、吐いたのは水だけだったが。ということで昨日は、期せずして一日断食となった。単なる不摂生か。しかし、もしかしたら、合宿に入るための体の面での調整になったかも知れない。
コメント

「地」と「図」の転換

2007年12月27日 | 瞑想日記
ガンガジの、前回に続く言葉。

「もしもあなたにこうした感情の重なりを最後まで徹底的に経験する意思があれば、あなたは最終的には底なしの深淵に見えるところに辿り着きます。この深淵は、無、空虚、無名と理性が認識するものです。これは非常に重要な瞬間です。なぜなら、完全に何ものでもなく、誰でもないことを進んで受け入れるということは、自由になることを積極的に受け入れるということだからです。何層にも重なった様々な感情はすべて、無の経験、すなわちあなたが自分だと思っているものの死に対する防衛手段です。いったんその防衛手段が崩れ、扉が開いてしまうと、恐れていた無と完全に向き合うことができます。この対峙こそ真実の自己探求によってもたらせれる啓示であり、それによってあなたの心の真ん中にずっと隠されていた真実という秘密の宝石が露にされます。見つかったダイヤモンド、それはあなたです。」(ガンガジ『ポケットの中のダイヤモンド』p181~182)

「誰でもないことを進んで受け入れる」ということは、「何ものも望まない」こと、「何ものも求めない」ことと、私にはほとんど重なり合い、響き合って聞こえる。私たちは、つねに今の私ではない誰かになろうと望み、求めている。そのような一切の希求をしない、そして誰でもないことに充足する。常に求め続ける私たちにとって、それはとてつもなく困難なことなのだろうか。いや、もしかしたらそれは、本当に一瞬「地」と「図」の転換によって起るのかも知れない。
コメント (5)

深い感情を露にする

2007年12月03日 | 瞑想日記
「一般的に、感情の直接経験がさらに深い感情を露にすることがよくあります。イライラする、というのはおそらくほんの水面のさざなみです。イライラよりも深いところに、実は憤怒や恐れがあるかもしれません。」

「恐れの根底にあるのは、深い悲しみや傷ついた痛みかもしれません。そしてそれもまた、物語の必要なしに直接かつ完全に経験することが可能です。もしもあなたにこうした感情の重なりを最後まで徹底的に経験する意思があれば、あなたは最終的には底なしの深淵に見えるところに辿り着きます。」(ガンガジ『ポケットの中のダイヤモンド』p180~181)

この深淵は、無、空虚と理性が認識するものだという。この深淵にたどり着くには、日常的な「自我」が意味を失うような深い悲しみに出会うとか、自らの死に直面するなどが、きっかけになることが多いだろう。また、深い瞑想のなかでもそれは可能かもしれない。

瞑想し、サティを続けることで、自分が隠していた深い感情に出会っていくことは確かだ。瞑想が深まれば、それにしたがい、さらに深い感情に出会い、ついに底なしの深淵のようなところに至るのだろう。

恐らく今の私にとって大切なことは、日常の中で出来る限りサティを続けること、瞑想の時間を少しでもとること、そして、こうしたかたちで日々、日記を書き続けることだろう。引かれる文章を引いて、感じたことを書きづつけることが、思いのほか自分自身への刺激になっているようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★現在、ブログなどで 「はだしのゲン」を世界へ!! という取組みを行っています。アニメ『はだしのゲン』を世界中の人に少しでも多く見てもらい、原爆の実態を知ってもらおうという運動です。IMDbという世界的な映画情報サイトでアニメ 『はだしのゲン』 に投票していただき、このアニメの存在を世界に知ってもらうことを呼びかけています。

皆様による、数分でできる投票が、あと300集まれば、このアニメが、アニメランキングのトップ10内に躍り出て、世界にその存在を知られる可能性が見えてきます。

ぜひ投票をお願いします。またブログ「はだしのゲン」を世界へ を紹介していただいたり、呼びかけ文 をブログやメールに貼り付けていただけると、なお目標が実現しやすくなります。詳しくは、呼びかけ文 や、 「はだしのゲン」への投票を!! をご覧ください。
コメント

感情を徹底的に経験する

2007年12月02日 | 瞑想日記
「ネガティブな感情をあなたが徹底的に、どんな物語も付け加えずに経験するとき、それはたちどころに消えてしまいます。もしあなたがある感情を徹底的に経験しているにもかかわらず、それが強烈なままだったら、それについてまだ何か物語が加えられていることに気づいてください‥‥」

「たとえばあなたがイライラしているとき、普通はそのイライラをなくすために何かしたり、自分自身あるいはほかの誰かをそのイライラの原因として責めたりします。すると、イライラをめぐる物語が生まれます。でも、イライラに対して何もせず、それを意識から追い出そうとしたり、消そうとしたりもせずに、それを直接経験することも可能です。イライラを感じた瞬間、ただ完全に、徹底的に思う存分イライラし、それを表すことも抑えつけることもしないでいることができるのです。」(ガンガジ『ポケットの中のダイヤモンド』p179)

ここに真実が語られているのは、これまでのささやかな経験からも分かるけど、しかし、徹底的に感情を経験するにはどうしたらいいのか、多くの人が途方に暮れるだろう。

心理療法では、あるがままを受容してくれるカウンセラーの前で感情を表出することで、その感情へのとらわれから解放されていく。しかし、外に表すことも抑えつけることもしないで、なおかつ感情を徹底的に経験するにはどうすればよいのか。

ひとつの方法は、心のなかで感情を短い言葉で表現していくことだ。もちろん、ただ「イライラ」「イライラ」とラベリングしていても、それを徹底的に経験したことにはならない。イライラをじっと味わっているとき、そこにあるかすかな、微妙な特徴や変化を言葉でピタリと表現できれば、それは感情を一歩深く経験することにつながるだろう。日常生活のなかでもつねに意識して注意深くラベリングを行えば、感情がより徹底的に経験されていくことができるだろう。

もうひとつは、瞑想のなかで感情に向き合うことだ。もちろんこのときもラベリングは有効であり、大切だ。瞑想中は、意識がより深いところに開かれていくので、日常的な抑圧がとれて、より徹底的に感情を経験する可能性が開かれるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★現在、ブログなどで 「はだしのゲン」を世界へ!! という取組みを行っています。アニメ『はだしのゲン』を世界中の人に少しでも多く見てもらい、原爆の実態を知ってもらおうという運動です。IMDbという世界的な映画情報サイトでアニメ 『はだしのゲン』 に投票していただき、このアニメの存在を世界に知ってもらうことを呼びかけています。

皆様による、数分でできる投票が、あと300集まれば、このアニメが、アニメランキングのトップ10内に躍り出て、世界にその存在を知られる可能性が見えてきます。

ぜひ投票をお願いします。またブログ「はだしのゲン」を世界へ を紹介していただいたり、呼びかけ文 をブログやメールに貼り付けていただけると、なお目標が実現しやすくなります。詳しくは、呼びかけ文 や、 「はだしのゲン」への投票を!! をご覧ください。
コメント