瞑想と精神世界

瞑想や精神世界を中心とする覚書

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近況

2015年04月06日 | 瞑想日記
このブログに自分のことを語った最後が、2013年12月末だから、もう2年数ヶ月もご無沙汰していたことになる。少し近況に触れておきたい。

まず健康と仕事の面だが、2013年6月末に脳梗塞で二ヶ月近く入院したが、その後は健康に活動している。歩行に若干の違和感は残るが、ほぼ普通に歩ける。最近は健康のため毎日1時間ほど歩くように心がけている。体重は発病前の72キロ前後から10キロ減り、62~3キロ台をほぼ保っている。退院後、持久力は少し弱まった感じがするが、睡眠時間を多くすることでカバーしている。

今年3月までは、高校で「再任用」という形で政治経済、日本史などを中心に週3日ほど教え、短大で一日教えていた。4月からは高校は非常勤という形になり、仕事は純粋に授業だけ、今年は政経と世界史、週二日6時間の担当だ。短大の非常勤講師は4年目になるが、一般教養の英語と「実践コミュニケーション」という講座、合せて4コマの担当だ。前年度は、高校と併せ週4日の勤務だったが、本年度は週3日、それも自分の授業時間だけの拘束になるので、かなり時間的な余裕ができる。その分、自分の関心分野の研究に力を注げる。

このブログを更新しなくなったひとつの理由は、瞑想をしなくなったからだと思う。以前はこのブログに報告することによって、自分の瞑想や求道の励みにしていた面がある。ということは求道の思いがそれだけ弱まった、と言えるのかもしれない。読む本も、最近は精神世界関係の本がすっかり減って、日本文化に関係するものや政治・経済分野のものが圧倒的に多い。日本文化論関係では、いずれ本にまとめたいという気持ちで研究を続けている。

もちろん求道の思いがまったくなくなったということではない。自分の日常的な思考の流れに気づきを入れたり、人間関係のなかで自分の心のあり方を振り返ったり、ということは毎日、何かしらある。精神的な成長や解放にかかわることはつねに意識して、日々を送っている。もちろん、ヴィパッサナー瞑想の合宿に参加したときのような深いところでの「統合」体験があるわけではない。ときどきそんな日々を思い出し、合宿時のような体験が自分にとって本質的に重要なことなんだということを確認したりもする。

最近というか、ここ数年の私にとって大切なことは、同年代の古い友人との語り合いだ。関心や追求しようとすることに若干のずれもあるが、共通する部分も多い。精神世界への関心やそれに関係する体験も、違いもあるが、ともにそうした関心を長いあいだ語り合ってきた。現在も、月に二度や三度は語り合っている。その語り合いによって影響を受ける部分も多い。脳梗塞以来、ただでさえ弱かった酒を禁止された。それでも少しだけ飲みながら友人と語る時間は、自分にとってかけがえのないものだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 芦田良貴さんの詩集「KAM... | トップ | 中学校学習指導要領・道徳編... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝 (ひでおみ)
2015-04-06 20:15:18
初めまして。以前から時々お邪魔させていただいておりました。体調がだいぶ良くなられたようでほっとしております。私は幼稚園の頃に空から光が降りてきて光に包まれる体験をしていて、それ以降も色々なことはあったのですが、今年54歳を迎えた今思うことは、世の中に色々な奇跡や不思議なことはあるけれども、今この時、この瞬間を生きている私達という存在以上の奇跡はないと思うのです。普通に会話し、普通に食事をとり、誰かに出会う。これは奇跡なのだと感じています。どうか末永くお元気でありますようお祈りいたします。
ありがとうございます。 (Noboru)
2015-04-06 20:47:18
ほとんど休止状態のブログにお気を留めていただき、また温かいお気遣いもいただき、ありがとうございます。本当に、普通に日々の生活を送り、人に出会う。これは奇跡的なことなのでしょうね。私自身、周囲の人々との出会いが、そうなるべくして出会ったとしか思えない、何か必然性のようなものを感じることがあります。

もしよろしければ、幼稚園の頃やその後の体験をお聞かせいただけると、うれしいです。
不思議な出来事 (ひでおみ)
2015-04-07 16:44:14
早速のお返事ありがとうございます。色々なことがありましたが、二年ほど前の出来事を一つだけ書いてみます。私の妻は膠原病と難治性のてんかんを患っています。私はそのことを結婚前から知っていましたが、子供の頃から人の痛いところをさすったりすると痛みが消えたり、熱が下がったりするので治す自信がありました。確かにリウマチのような痛みも少しさすると嘘のように消えてゆくので妻は「ほんとに不思議ねえ」と言っていたのですが、ある時期からむしろ悪化するようになり突然凄まじい痙攣発作を起こして救急車を呼び緊急搬送されたり、更に家の中で異様な物音がしたり人の気配が常にあるような幽霊屋敷状態になってきました。今思えばそうした治療は光に虫たちが集まるような状況を作っていたのだと思います。私にはどうすることもできずに早朝の散歩の時など誰もいない畑道で泣きながら「神様どうか助けて下さい」と祈るばかりでした。そんな日々が続いたある日、唐突に変化が起きました。2月14日か15日の出来事でした。早朝に目が覚めた私は家の中が昨日までとまったく違うことに気づきました。悪い気配がすべて消え、清められた早朝の美しい神殿のような気に満ちていました。何が起きたのだろうかと目を閉じ心を落ち着かせると西の方に向かってゆく光のような姿が見えました。私は世界中の多くの人が知っているあの方だと思いました。名前をお聞きしましたが答えてはもらえませんでした。ただ一言「息子よ」と言いました(この言葉は私を指した言葉でなく後世を生きる私達のことを指しています)その日以来妻の病状は落ち着き家の中からおかしな気配は消えました。けれども不思議な出来事はそれだけです。相変わらず家計は苦しいですし、妻の病状も良くなったわけでもありません。ただうまく説明できませんがこの世は本当に、本当に美しい所だと感じるようになりました。人間の愚かさや浅ましさ、残酷さや醜さを毎日目にしているにも関わらずです。また一瞬にして命を奪う大自然の恐ろしさを身にしみて知ったせいかも知れませんが、今という時の尊さやいのちのはかなさを感じるとともにいのちがあるという奇跡を大切にしたい気持ちでいっぱいです。
今を大切に (Noboru)
2015-04-08 10:05:10
ひでおみさん、さっそく貴重な体験をシャアしていただき、ありがとうございます。じっくりと拝読させていただきました。とくに苦しみの中での祈りの末に、家の中の様子が急変し、「悪い気配がすべて消え、清められた早朝の美しい神殿のような気に満ちていました」というあたりが印象的でした。ひでおみさんの切なる祈りの思いが受け入れられたのですね。また最後の「この世は本当に、本当に美しい所だと感じるようになりました」というお言葉も、じっくりと味わいたい言葉です。かけがえのない今を大切にしたいです。ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

瞑想日記」カテゴリの最新記事