瞑想と精神世界

瞑想や精神世界を中心とする覚書

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

詩に昇華された覚醒体験:芦田良貴 詩集

2014年02月14日 | 読書日誌
私が運営するサイト「臨死体験・気功・瞑想」の「覚醒・至高体験事例集」のなかに「芦田良貴 詩集」というページがある。詩ではあるが、書かれたご本人の体験に根ざし、事例集に集めた「覚醒体験」と深く通じる内容を詩として昇華されており、読む者の心を深く打つものがある。

先日、この芦田良貴さんよりメールをいただき、上に紹介した詩を含む詩集を出版したとのことで、送っていただいた。詩集のタイトルは「KAMI」である。このサイトに紹介した詩を含め、全部で18篇が掲載されている。

詩の中には、何かしら「臨死体験」を暗示するものも含まれる。いずれにせよ、ご本人の「覚醒」をもとに表現されたものに違いない。重要なことは、それが完成度の高い詩として私たちに与えられていることだ。つまり、私たちの「思考する意識」に訴えるよりも、魂に直接訴えかけてくるということだ。悟りや覚醒について書かれた本は多いが、詩という形で訴えかけるものは、私はほどんど知らない。その意味でも芦田さんの詩集は貴重だと思う。

この詩集のもうひとつの特徴は、それぞれの詩が英文に移されて読めるようになっているところだ。英文で読むと、日本語だと意外とすんなりと読んでしまう詩句が、とても新鮮な印象をもって迫ってきたりする。違った言語体系の中に置きかえられることで、日本語で書かれたものとまた違った力をもつ詩になっている。

日本語、英語それぞれのこれらの詩を読む人々のなかには、これをきっかけとして大きな気づきを得る人もいるのではないかと思う。私自身も何度も、じっくり読み返したいと思っている。



詩集
KAMI

著者:芦田 良貴
E-mail:ashidayoshiki@gmail.com
発行者:広瀬公治
発行所・制作:book bird
コメント