鈴木海花の「虫目で歩けば」

自然のディテールの美しさ、面白さを見つける「虫目」で見た、
身近な虫や植物の観察や飼育の記録。

有吉立さんと上野国立科学博物館へ

2018-09-22 15:23:31 | 日記

 兵庫県赤穂にあるアース製薬飼育棟の有吉立さんから、

来週仕事で上京するので、会えたらいいな、と連絡が。

もちろん、私も会いたい!

3年前の12月、小雪の降る赤穂を訪ねて以来です。

 

 神田にあるアース製薬本社で待ち合わせ。

赤穂には4度ほど行ったことがありますが、本社は初めて。

赤穂には有吉さんはじめ飼育部のスタッフたちが精魂込めて飼育している「害虫」たちが何百万匹という数でいますが、ここ本社には一匹も虫はいません!(いてはいけない)。

 先月発売された『きらいになれない 害虫図鑑』は、重版がかかりもう10000部を突破したそう。

ほんとうにおめでとうございます!

 というか、何度読み返しても、実によくできた素晴らしい本。

文章も有吉さんのふだんの語り口そのもの。

 本社前で自著をもつ有吉立さん。

 

本の好評をうけて、NHKはじめテレビ出演や講演の依頼が多々あるそうです。

足元の土を掘り続けるように、地道に、誠実に、そして自身のセンスも生かして、実験用の虫を飼育してきた有吉さんがこの本の出版を機に、新たな活躍の場を得られたこと、心から祝福したいです。

 課長に昇進したという有吉さんは、来年に予定されている飼育棟の改築のプロジェクトリーダーでもあるそうで、

虫の展示に興味津々。

で、上野の昆虫展へ行くことに。

 『Gの部屋』にももちろん。

「Gはこれだけ・・・?」とちょっと物足りなさげですが。笑

 

課長に昇進して飼育に関わる時間が減ってさびしい、そうです。

虫が苦手って言ってたのに~。


 私が7月に科博に来たときは内覧会だったので、お客さんはいなかったけれど、夏休みも終わったというのに、

この日もたくさんの人が入っていた。

そしてお客さんたちがみんな真剣に見ているのにうれしくなる。

今回の科博の虫展の内容はポスターのテイストとは違い、実際はとても真面目で、ある意味地味ともいえると思う

けれど、でもお客さんの反応からみると、研究者たちの成果と、一般の人にわかりやすく、面白く伝えたい、という

熱意がちゃんと受け止められているのがすばらしい!

 会期は10月はじめまでなので、まだ行っていない方はぜひ。

 

 


ツノトンボ越冬準備

2018-09-18 17:58:14 | 日記

 8月26日に孵化したツノトンボ。

ツノトンボは飼育が難しく、かつて失敗しているので

羽化まで飼育したことのあるSさんにアドバイスをお願いしました。

ツノトンボは飢餓耐性が高いので、エサは頻繁にあげなくていいそうですが、

一番問題は、越冬時の湿度管理。

素焼きの鉢に土を入れ、それを庭に下半分埋めておくのがいいのでは、と教えていただいた。

1回脱皮したらしく、気持ち大きくなった。

 

土の上だと、どこにいるのか見えなくなってしまうので

上に不織布を敷いてみました。

ゴミネットで覆って完成。

エサ、探してこなくちゃ。

 

羽化は来年の5月ごろなので、先は長いのだ。

 


クリが実る里山で

2018-09-17 11:58:08 | 日記

 イガイガのなかからツヤツヤの実をのぞかせているクリがいっぱい。

イガがついたままおいておいたら、なかに誰かいる。

クリシギゾウムシあたりか。

この穴からときどき幼虫が、ぽいぽいフンを放り投げるのがおもしろい~

 

 クリの葉っぱのほうはというと、もう硬くて、虫の食い痕がいっぱい。

 クリの樹にはこの時期けっこう幼虫がいる。

 

そんな枯れた部分を食べて、おいしいの?

透明感のある緑色がほんとに美しいオオミズアオの幼虫です。

逆立ちしているのもいた。

 

カマキリが見てるよ

 

 

食痕のカーブに体を沿わせて擬態しているこれは・・・・・・カバイロモクメシャチホコに似ているけれど

背中の赤い突起がとがっていないし。

名前調べ中です。

こっち見た!

 

 

 

ナシイラガは脱皮したばかり。

 

枯れ枝にはオオトリノフンダマシと卵のう。

 

オオトリノフンダマシって好きだなあ。

目玉がぐるぐるしているみたいでおもしろい。

 

 草むらに目を転じると

粋な色合いの細い体のイモムシ。ナカグロクチバのようです。

 

フンを背負ったカメノコハムシの仲間の幼虫。

 

アシベニカギバ。幼虫もみたいなあ。

 

 

ミドリヒョウモンがウドの花に群れていました。

 

秋がぐんぐん進んでいます。

 

 

 

 

 

 


ヤナギの幼虫たち

2018-09-13 16:23:32 | 日記

 もうちょっと遅い感じですが、あきらめきれなくて

きのうはヤナギの木を観に行きました。

何があきらめきれなかったかというと、モクメシャチホコの幼虫。

あの派手な顔をいちどはみたいなあ、と。

 モクメはダメでしたが、ヤナギにはこんな幼虫がいました。

 

ずんぐりした体形のクワゴモドキシャチホコ

 

ウチスズメの幼虫

 

一見ドクガ風ですが、セグロシャチホコの幼虫。

背中の突起がすごいです。

 

 ああ、あれもこれも観ないうちに、季節が過ぎていく・・・・・・。

 


ナゲナワグモの捕食シーン観察に挑戦してみた

2018-09-03 13:10:45 | 日記

 2010年に放映された『ダーウィンが来た!』の「一発必中 ナゲナワグモ」という番組を見た方も多いと思います。

衝撃でした。

1センチにも満たないクモが、あんな捕食行動をするとは!!!

しかもあのみごとな投げ縄っぷり。

いつか観てみたいものだなあ、と。

 

 そして月日は流れ、2014年の9月のこと。

そのころよく行っていた都内低山地のフィールドの帰り。

電車の席に座って膝上にポーチを置いた。

と、

ポーチのはじっこに、何かついている。

8ミリくらいの、茶色っぽいもの。

小さいうえに電車のなかだし。

でも、これはタダモノではない、と感じ

容器に収容して持ち帰った。

ルーペで見て、図鑑で調べると

かなり珍しいマメイタイセキグモ

という、ナゲナワグモの一種であることがわかった。

胸がときめいた。

探してもそうそう見つかるものではない珍しいクモ、

しかも、あのダーウィンで観た、投げ縄で狩りをするクモ。

しかし、このころまるで知識がなかったので

マンションのベランダの植物にとまらせて、夜観察してみたけれど

狩りをする様子はなかった。

 

 またまた月日は流れ。

今年8月の末、目撃情報がある埼玉県某所の公園へ、ダーウィンの番組で解説をしていらしたクモ研究家の新井浩司さんと、ナゲナワ行動を観察しに行けることになった。情報をくれたレンジャーのKさんと、スーパー虫目人Iさんもいっしょに。

 新井さんによると、やはりナゲナワグモの投げ縄シーンを観ることは、非常にハードルが高い、とのこと。

かなりいろいろな条件がそろっていないと、難しいらしい。

でも、せめて粘球のついた糸を垂らす場面が見られたら、と一縷の望みをもって出かけた。

クモのエキスパート、新井さんの一挙手一投足から目が離せない。

 

 目撃情報があるポイントだったので、まず明るいうちにいる場所を確認。

 するとほどなくIさんが、見つけた!

私が初めて見るムツトゲイセキグモだった。

そばに卵のうもある。

 

幸先いいじゃな~い

 

と思ったのだけれど、

4人で3時間あまり探すも、2匹目は見つからなかった。

同じナゲナワグモの仲間のオオトリノフンダマシや

シロオビトリノフンダマシ

はいるんだけれど。(こちらは投げ縄しません)

 

 

セダカシャチホコの幼虫もいた。

 

 

 

 日が沈むころからナゲナワグモはそろそろ、投げ縄を下げるための横糸をはりはじめるとのことだが、

振動とか光とかの刺激に敏感らしい。

なのでしばらく離れていることに。

 

 ちょっと早いけれど夕食。

新井さんから、いろいろなクモの生態の動画を見せていただいたり、ナゲナワグモが出す蛾のフェロモンの話など、面白い話をたくさん伺う。

 

 19時半ごろ、ポイントにもどる。

もうすっかり暗い。

蚊の猛攻のなか、足元の草にダニとかいるかも~

と思いながらも、進むっきゃない。

 

 

暗い中、さっきのムツトゲのところに行きつくと

横糸をはりはじめている模様だが、まだ投げ縄は作る様子がない。

で、また離れた場所に移動して、

 

 

クツワムシとか、集団で寝ているヤマトシジミとかをみて、

またもどる。

さっきのまま・・・…。

「うーん、今夜は投げ縄をつくりそうもないなあ・・・・・・なにか条件を満たしていないんだろうなあ」と新井さん。

やっぱりそう簡単にはいかないのだ。

21時も過ぎたことだし、この夜は撤収とした。

 

 初めて夜間のナゲナワグモの様子を見られて私は満足。

地元でもナゲナワグモの目撃情報があるから、また探してみよう。

投げ縄は湿度が高くないとすぐ乾いてしまうので、つくらないそう。

蒸し暑い真夏の夜に、またチャレンジしてみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 


ヤママユガ降臨

2018-08-30 08:28:28 | 日記

 今朝は門燈にヤママユガが飛来しました。

ここに住み始めて1年弱。

ついにヤママユガが来てくれて感無量。

翅を広げると15,5センチ。大きい!

 

 

 

 でも実は、庭に置いたケージのなかには、一昨日羽化したばかりの

無交尾のメスがいる・・・・・・。

でも、オスが来たのは門燈のほう。

フェロモンより灯りの方が魅力的だったのかー今夜は門燈を消しておこうと思います。

ファーブルのように、フェロモンの力を信じて。

 


たてつづけに羽化

2018-08-28 17:32:41 | 日記

 卵から育てた繭をいれた鉢にネットをかけて、ヤママユガなどを飼育しています。

いつもはウッドデッキに置いているけれど、昨日は荒天だったので

玄関に避難。

 すると、ヤママユガ、アケビコノハ、アカタテハがたてつづけに羽化。

翅を広げて13センチくらいある。

 

メスでした。

 

アケビコノハの眼って、大きいよね~

 

下着の模様もちらっと。

 

アカタテハ

 

 アケビコノハは飛んでいきましたが、ヤママユガはもう一晩泊まっていってもらうことに。

 未交尾のメスなので、ケージにいれたまま、玄関の外で夜を迎えれば・・・ドキドキ。

 

 

 

 

 


草むしりでいろいろ

2018-08-23 16:10:14 | 日記

 涼しい朝には家の周りでちょっと草むしり。

 

 と、

アカスジシロコケガ。黒い点が2つだからメス。

 

 

アケビコノハの若齢幼虫。まだこんな小さいのがいるんだな。

 

 

門燈にはアゲハモドキ。

 

 

カラスウリの新芽にはトホシテントウ。

 

 

ホオズキカメムシ

 

 

シロコブゾウムシ

 

オジロアシナガゾウムシ

 

 

クロコノマチョウの幼虫

 

 

初めて見たツマグロスケバ

 

 やっぱ草むしり、やめとこ。

 

 

 

 

 

 

 

 


精霊トンボと豆腐ランチ

2018-08-19 06:02:17 | 日記

 おととい15日は、家のまわりで精霊トンボ(ウスバキトンボ)が群れ飛んだ。

祖父母、父、母、叔父、従妹・・・亡くなったみんなが飛んでいるみたい。

ウスバキトンボは産卵前に、山地や草地をこうして飛ぶらしいけれど

なんとも風情のあるトンボだなあ。

 

神様の気まぐれなプレゼントみたいな風の気持ちいい昨日、

ハイイロチョッキリの産卵痕のあるクヌギのドングリを探したいと、里山へ。

あ、そうだツノトンボの卵なんかもないかなあ・・・。

7月29日の朝、我が家の玄関に来たツノトンボ。

今頃は、卵や幼虫が見つかるのではないか。

 

 農家の畑や家々が並ぶ道から、一歩林道へ入ると、あった、あった。

道に切り落とされたばかりのクヌギやコナラの枝付きドングリが。

それにしても、この切り口の切断っぷりには驚く。

どの枝も切り口はそっくり。

ハイイロチョッキリは大好きな虫なので、持ち帰って飼育してみることにする。

 

ブルーベリー農園に、ホソオチョウが飛んでいる。

(農園のなかなので、入っていくのがためらわれ、写真はないが)

初夏にこの近くでホソオチョウの幼虫を観ているので、このあたりで繁殖しているようだ。

 

 きょうは夕方から用があるのでそろそろ引き返そうか、と思っていたら

携帯にメール。

Iさんからだ。

「ツノトンボの卵見つけました!これから都内に行くので、お渡しできるのは月曜日になるので、

それまで孵化しないといいなあ」と。

私がツノトンボをもう一度飼育したいので卵か幼虫が欲しいなあ、と言っていたのを覚えていてくれたのだ。

渡すまで孵化しないでね、とツノトンボの卵を持ち歩いてくれているI さんが目にうかぶ。

うれしいなあ。

 

 初めてツノトンボの幼虫を見つけたときのあの驚きがよみがえる。

「これは・・・いったい何?」

 

アリの行列で狩りをするアオオビハエトリを観ていたときのこと。

ハエトリグモと同じように、アリを狙っているかと思われる見たこともない生き物が。

かなり前のことなので、全く知識もなく、ただただ?????。

調べてみてツノトンボの幼虫の姿だったとわかり、ああ、採集してくればよかったと後悔。

もう一度出会いたいものだ、と願っていたところ、一昨年卵を見つけて、孵化にはこぎつけたものの

都会暮らしの身には、肉食の幼虫にいいサイズのエサの供給がおいつかず・・・・・・飼いきれなかった。

 で、住む環境がすっかり変わった今、もう一度チャレンジしてみたい、と思っていた。

 ツノトンボの飼育は難しいらしい。

3齢まで育った幼虫はそのまま越冬するらしいが

羽化はどんな風におこるのだろう?

知りたい!

自分の目で見たい!

 

 帰り道、道に迷ってしまった。

県道を目指してとりあえず前に進む。

すると道の駅みたいな建物が。

野菜と卵をしこたま買い込んで、重いけど心ははずむ。

成熟したばかりのニワトリが初めて産んだ卵―初たまご25個入りとアローカナの青い卵もゲット。

卵好きの私にはたまりません。

 

 すぐとなりにある豆腐専門店で、豆乳ソフトクリーム。

風がとおる。

なんだか、行き当たりばったりの旅行気分。

風がとおる。

オカラドーナツや揚げ出し豆腐と豆腐ハンバーグも買ってきてここでランチしよう。

 明日はツノトンボの孵化に備えて、近所の小昆虫さがしをしておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新開孝さんと「しわざ」さがし 2日目

2018-08-08 16:42:46 | 日記

 

 昆虫写真家 新開孝さんとの散策2日目。

この日は狭山丘陵にある里山公園へ。

昨日とひきつづき絵本作家のIさん、そしてレンジャーのKさんと私の夫も参加。

相変わらずの炎暑。

 しかしどうしても今日中にクリアしたい大事なミッションがある。

「いつでも撮れるから、そのうちちゃんと撮ろう」と思っている被写体って、あるもの。

そして、それがどうしても必要になる時がきて、ちょっと焦る。

新開さんにとってそのひとつが、母グモと卵、あるいは子グモがいる「カバキコマチグモの産室」だという。

時期的に今がちょうどいいらしい。

 

 公園に着くと駐車場でKさんが「2週間くらい前に、このオニグルミでスタッフがムラサキシャチホコの幼虫を

何匹か観ているんですよね」と。

「ええっーーー!!!」

今年1匹だけ見つけたムラサキシャチホコの幼虫が寄生が出てしまって、もう悔しいこと、悔しいこと。

Iさんと私は、まだ可能性あるかも、と探し続けていたのですが・・・・・・2週間前かあ。

何齢くらいだったのかにもよるけれど、もう蛹のステージにいっちゃってるかなあ。

この時期幼虫の成長は早い。

オニグルミの樹でオオミズアオの幼虫を見つけた新開さん。

まだこんな小さいのがいるんだ。

 

 「よっし!探そう」と勢い込んで探すも、ムラサキシャチホコの幼虫はみつからなかった・・・・・・。

  気を取り直して、本日のミッションに向かう。

 

 この暑さ、里山公園には私たちのほかに訪れる人もいない。

田んぼのヘリのススキを丹念に見ていくが、うーん・・・・・・「チマキ」はない。

 可能性のある個所をほぼ観終わって、最後のススキポイントへ。

あったー!!!

2つ。

 

カバキコマチグモは国内に生息するクモのなかでは最強の毒をもっているといわれている。

私の虫友も、好奇心から葉を巻いた「チマキ」を開けて、あっという間に噛まれ、

激痛と、手がグローブ状になっただけでなく、それから数か月間、だるさ、悪心、微熱など、体調が悪かった、

という。これを聞いて以来、私は「チマキ」には触らないようにしている。

 でもね、産室のなかの様子を撮影するには―開けるしかない。

 

まずはスケールを添えて外景を撮る。

 

こわい。

 

そして―

みんなが固唾をのんで見つめるなか、

新開さんがいちばん外側の葉をめくった。

すると、糸をはりめぐらした膜状のものが現れた。

そして、さらにこれを破ると―

出た―――!

おっきいーーー!

こわいーーー!

もうハラハラ、ドキドキしっぱなし

幸いにも、母グモは糸の膜の修復に忙しく、すぐ目の前の指を噛むことはなかった。

巣の奥には子グモがいっぱい

 

2つ見つかったもうひとつのほうも開けてみる。

カバキコマチグモは、母グモが子グモにその体を最初の食事として与える。

こちらの巣には、体液を吸い尽くされた母グモの体の残骸だけが残されていた。

 

炎天下でのスリル満点の撮影が終わり、ほっと。

里山の民家を模した休憩所の畳の上でお弁当&ごろり。

 

 メイン・ミッションをクリアしたので、ゆっくり休憩したあとは、のんびりと散策。

サブ・ミッションのエビイロカメムシも見つかった。

 

どっしりとしたクワカミキリ。

 

コスズメ幼虫。

 

樹液にはカナブンやクワガタやヨツボシケシキスイなどが

 

頭や体を樹皮の隙間につっこんで、一心不乱に樹液を吸っている。

 

ところで2日間新開さんと散策をして気が付いたのは、

ときどき見せる、こんな一見ぼーっとタイム。

 

でも、ハエトリグモ並みに虫目が8つぐらいありそうな「虫のしわざ探偵団団長」ですから、

きっと五感はフル活動して、まわりの環境を総合的に把握しているのでしょう。

 

 この日の最後を華々しく飾ってくれたのは、

新開さんが見つけたヤママユガの新成虫!

 

 

 

 

 

暮れなずむころ、窓の外をタマムシやトンボが飛ぶ「蜻蛉亭」で夕食。

ああ、 なんてぜいたくな2日間。

この夏のビッグイベントが終わり、私は今、ちょっとぼーっとしています。