鈴木海花の「虫目で歩けば」

自然のディテールの美しさ、面白さを見つける「虫目」で見た、
身近な虫や植物の観察や飼育の記録。

新開孝さんと「しわざ」さがし 2日目

2018-08-08 16:42:46 | 日記

 

 昆虫写真家 新開孝さんとの散策2日目。

この日は狭山丘陵にある里山公園へ。

昨日とひきつづき絵本作家のIさん、そしてレンジャーのKさんと私の夫も参加。

相変わらずの炎暑。

 しかしどうしても今日中にクリアしたい大事なミッションがある。

「いつでも撮れるから、そのうちちゃんと撮ろう」と思っている被写体って、あるもの。

そして、それがどうしても必要になる時がきて、ちょっと焦る。

新開さんにとってそのひとつが、母グモと卵、あるいは子グモがいる「カバキコマチグモの産室」だという。

時期的に今がちょうどいいらしい。

 

 公園に着くと駐車場でKさんが「2週間くらい前に、このオニグルミでスタッフがムラサキシャチホコの幼虫を

何匹か観ているんですよね」と。

「ええっーーー!!!」

今年1匹だけ見つけたムラサキシャチホコの幼虫が寄生が出てしまって、もう悔しいこと、悔しいこと。

Iさんと私は、まだ可能性あるかも、と探し続けていたのですが・・・・・・2週間前かあ。

何齢くらいだったのかにもよるけれど、もう蛹のステージにいっちゃってるかなあ。

この時期幼虫の成長は早い。

オニグルミの樹でオオミズアオの幼虫を見つけた新開さん。

まだこんな小さいのがいるんだ。

 

 「よっし!探そう」と勢い込んで探すも、ムラサキシャチホコの幼虫はみつからなかった・・・・・・。

  気を取り直して、本日のミッションに向かう。

 

 この暑さ、里山公園には私たちのほかに訪れる人もいない。

田んぼのヘリのススキを丹念に見ていくが、うーん・・・・・・「チマキ」はない。

 可能性のある個所をほぼ観終わって、最後のススキポイントへ。

あったー!!!

2つ。

 

カバキコマチグモは国内に生息するクモのなかでは最強の毒をもっているといわれている。

私の虫友も、好奇心から葉を巻いた「チマキ」を開けて、あっという間に噛まれ、

激痛と、手がグローブ状になっただけでなく、それから数か月間、だるさ、悪心、微熱など、体調が悪かった、

という。これを聞いて以来、私は「チマキ」には触らないようにしている。

 でもね、産室のなかの様子を撮影するには―開けるしかない。

 

まずはスケールを添えて外景を撮る。

 

こわい。

 

そして―

みんなが固唾をのんで見つめるなか、

新開さんがいちばん外側の葉をめくった。

すると、糸をはりめぐらした膜状のものが現れた。

そして、さらにこれを破ると―

出た―――!

おっきいーーー!

こわいーーー!

もうハラハラ、ドキドキしっぱなし

幸いにも、母グモは糸の膜の修復に忙しく、すぐ目の前の指を噛むことはなかった。

巣の奥には子グモがいっぱい

 

2つ見つかったもうひとつのほうも開けてみる。

カバキコマチグモは、母グモが子グモにその体を最初の食事として与える。

こちらの巣には、体液を吸い尽くされた母グモの体の残骸だけが残されていた。

 

炎天下でのスリル満点の撮影が終わり、ほっと。

里山の民家を模した休憩所の畳の上でお弁当&ごろり。

 

 メイン・ミッションをクリアしたので、ゆっくり休憩したあとは、のんびりと散策。

サブ・ミッションのエビイロカメムシも見つかった。

 

どっしりとしたクワカミキリ。

 

コスズメ幼虫。

 

樹液にはカナブンやクワガタやヨツボシケシキスイなどが

 

頭や体を樹皮の隙間につっこんで、一心不乱に樹液を吸っている。

 

ところで2日間新開さんと散策をして気が付いたのは、

ときどき見せる、こんな一見ぼーっとタイム。

 

でも、ハエトリグモ並みに虫目が8つぐらいありそうな「虫のしわざ探偵団団長」ですから、

きっと五感はフル活動して、まわりの環境を総合的に把握しているのでしょう。

 

 この日の最後を華々しく飾ってくれたのは、

新開さんが見つけたヤママユガの新成虫!

 

 

 

 

 

暮れなずむころ、窓の外をタマムシやトンボが飛ぶ「蜻蛉亭」で夕食。

ああ、 なんてぜいたくな2日間。

この夏のビッグイベントが終わり、私は今、ちょっとぼーっとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新開孝さんと、飯能で「しわざ」さがし!一日目

2018-08-03 13:43:58 | 日記

  ご存じ、新開孝さんの『虫のしわざ観察ガイド』。

この本で虫の観察がずいぶん変わった、というひとも多いでしょう。

私もそのひとり。

もっと、もっと「しわざ」を知りたいなあ、と思っていたら、

虫ファンの好評に応え、「しわざ本」の第2弾が先月発売になりました!

うれしいです!

 

『虫のしわざ探偵団』(少年写真新聞社刊)

 

 新開さんは10数年前、都内近郊から宮崎県へ移住されました。

広大な雑木林に囲まれたご自宅はまさに虫観察のフィールドのなかに常に身を置くようなもの。

仕事部屋の窓から、いろんな虫たちの様子が見える、という聞くだけで羨ましさに身をよじりたくなる環境にいるものの、昆虫写真家というのは、たいへん。

現在制作を進めている何冊もの本のための撮影―いくつものステージを経て成虫になる虫の生態をテーマにした場合、たとえば卵、各幼虫時代、前蛹、蛹、そして成虫と、1匹の虫のライフサイクルや食性などなどをカメラに納めるには、実に長い時間と苦労と、そしてチャンスを逃さない行動力も必要。

 そんなわけで、これ以上はない環境のなかで生活し、作品をつくっている新開さんも、出版の時期に合わせ、どうしても今年中に、この虫の、この撮影をしなければならない、ということもあり、年に何回かの日本列島あちこち遠征をされます。

 そして関東遠征の際には、たいてい飯能に!

 7月の下旬の猛暑のなか、贅沢にも2日間のフィールド探索をごいっしょしました。

 

 1日目は絵本作家 Iさんと3人で谷津へ。

 

 アカイロトリノフンダマシ

 

シリアカハネナガウンカ。初めて見ました!

こんなに大きなウンカを見たのも初めて。翅端までいれると15㎜もあります!

 

 

テングイラガか。

 

強力虫目人ふたりの虫のしわざ談義

 

クサカゲロウの仲間?

 

 

 

オジロサナエ

 

 

しわざ本にも載っているハキリバチのしわざ

 

 

ハサミツノカメムシのメス

 

 

ハサミツノカメムシのオス。まだ羽化したばかりらしく、お尻の突起があまり赤くない。

 

 

ハサミツノカメムシの終齢幼虫もいた。

 

 

アカスジキンカメムシとツーショット

 

 

林道で紫色に輝くセンチコガネ。

 

 

新開さんの新兵器。細部にまで工夫がある手製。

たとえば、上に載せたセンチコガネをこの新兵器をつかって新開さんが撮ると・・・・・・

http://kamakirimodoki.sblo.jp/index-3.html

私の撮ったものと雲泥の差があることがわかります。

(後日談:『センチコガネの撮影時に使用していた、あのドーム型ディフューザーは、
まだ使い始めの試用期間でした。
実地で使ってみて、使い勝手に問題があったので、宮崎に戻ってからパーツや接合法などを
大幅に見直し、少々雑に扱っても平気な改良版を新規に拵えました。
こうした工夫は、できるだけ機材をシンプルかつ軽量化することも念頭においています』ー新開さんのメールから)

 

 「あ、あそこにウバタマムシいるよ」

「え、どこどこ?」

伐採木が乱雑に積んである上にいるらしい。

ちょっと遠くて私には見えない・・・・・・・写真撮りたいなあ―

すると、新開さんが登って―あぶない!

 

おかげでウバタマムシ、初めて撮ることができた。

 

 と、ここで13時を過ぎたので、お昼に。

いつもは散策場所にころがっている丸太とかに腰かけておにぎり、ということが多いけれど

この炎暑。新開さんも遠征旅行中ということもあり、一度屋内に入るのがいいのでは、とIさんと相談し、

「あの、まずい店にしようか、仕方ないから」ということに決定。

車移動なしで、行ける飲食店というのが、他に皆無。

ただ、1軒だけあるのがこのイタリア料理店(らしきもの)で、どうも近隣の主婦たちが力を合わせてやっているらしく

その味は、家で自分でスパゲッティを茹でて、レトルトのソースをかけたものと変わらず。

でも、とにかく他に飲食店がないために、大繁盛しちゃってる。

競合する店もなく、繁盛している、とういことになると、「これでいいのだ!」と

お店に向上心は生まれず、

なんとこのまずさで「予約のとりにくい店」だったりする。

まあでもとにかく室内で一休みできて、空腹を満たせるということで

ランチをここで。

 で、おなかもいっぱいになり、しばしエアコンの効いた室内で休んでいたら

私はなんとなく、だらーっとしてしまい、午後の散策をつづける体力に自信がなくなり、この後もつづけたら

ふたりの足をひっぱることになりそう・・・・・・。

とここで脱落。

明日もあることだし、と近所の図書館で待機することにして、

第二の谷津に出かけるふたりを見送りました。

 

(つづきはまた明日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アース製薬飼育棟の飼育員 有吉立さん著『きらいに なれない 害虫図鑑』

2018-07-25 13:57:07 | 日記

 赤穂にあるアース製薬生物研究部飼育棟の飼育員 有吉立さんから

『きらいに なれない 害虫図鑑』が届きました。

彼女から本を出すとはきいていたのですが、読み始めると・・・

止まらない面白さ!

実験用に飼育している虫にほかの虫が発生してしまっても、

肝心な虫を殺してしまわないよう、虫ケア商品(殺虫剤)は使えない、というとこでは笑ってしまった。

 

 

赤穂のアース製薬飼育棟には何度も伺ったことがあるので、そのときのことを思い出しながら一気読み―といっても、中身が濃いのでけっこう時間がかかったのですが。

有吉さんとは数年前の8月、赤穂でいっしょに虫さがししたことがありました。

アース製薬社屋の前は海、そして後ろは山で、虫がたくさんいる環境。

本にも会社の周辺で、飼育用の虫を採集する話が出てきます。

 

毎年200件以上の見学依頼があるという人気ぶりの飼育棟。

『害虫図鑑』にもそのいきさつが出てくるが、棟内展示の写真はすべて有吉さんの撮影。

飼育棟の有吉立さん。

 

このとき見せていただいたハテナゴキブリ、というGの一種(日本にはいません)。

 

 

毎年12月に行われる「虫供養」にお邪魔したことも。

地元のお寺で30年前から行われている自然発生的な年末の行事で、

小雪の降るなか、70名も参列した社員たちが厳粛な雰囲気のなか、ひとりひとり焼香していました。

 蚊やダニに刺されることなくフィールドを歩けるのも、このみなさんのおかげです。

 フィールドにダニが増えてきた昨今、私も今年はディード入りの強力サラテクトのお世話になっています。

 

 『害虫図鑑』(幻冬舎刊 1200円+税)

近日発売です!

 

 

 

 

 

 


待望のナツフジのウラギンシジミ卵と幼虫

2018-07-18 18:23:41 | 日記

九州のSさんにお願いして送っていただいたナツフジのウラギンシジミの卵が届いた!!!

 

8卵のうち2卵はまだ孵化前。

やっと念願の卵の写真を撮ることができた。

 

 

なかにはもう2齢になっている幼虫も。

 

しかし小さい。卵は1㎜ないし、

 

2齢幼虫も2㎜ない。

 

やわらかいフジの新芽とか、インゲンマメとか、食草もばっちり用意万端!

 


国立科学博物館の特別展示がはじまった

2018-07-14 06:31:16 | 日記

 

 上野にある国立科学博物館で昨日13日から、特別展『昆活しようぜ!』がはじまりました。

一昨日内覧会というのがあったので、行ってきました。

 上野公園、広いなあ。

クスノキがたくさんあるので、アオスジアゲハがけっこう飛んでいる。

 

 やっと着きました。

 

「2メートルもある巨大昆虫模型!」とパンフレットにあったエントランスの部屋。

夏休みのイベントでよくある、お子様向けの巨大昆虫模型とは一線を画す、リアルかつアートな模型。

鏡と光が効果的に使われていて、自分が小人になって昆虫を観ているような、そんな錯覚に陥るくらい素晴らしい。

訊いてみると、アメリカでつくられたそう。

 

 

 「昆虫とは?」「昆虫の多様性」「昆虫の生態」「昆虫の能力」「昆虫研究室」

と、テーマごとに展示がつづいていきます。

 

 

 

 

数万点の標本が展示されている標本回廊。

 

「岸田コレクション」のヒトリガの標本の美しさに見入った。

 

 

この特別展のためにマダガスカルへ行って採集した、青く輝く新種のセイボウの仲間。

来場応募者のなかからこの新種の名前をプレゼントするという前代未聞のキャンペーンの展示。

 

「観覧注意!」とある『Gの部屋』

世界にはこんなGもいるんだ!と目を見開かせられる部屋。

キイロテントウゴキブリとかケンランマルゴキブリとかハテナゴキブリとか、ニコニコゴキブリなんていうのも。

生体展示されているハテナゴキブリ。

 

 

 

自然写真家 山口進さんの、今は幻となったジャポニカ学習帳の昆虫表紙も観ることができる。

 

本格的な採集道具の展示。

 

 「昆虫の能力」というコーナーでは、昆虫が伝達手段として発するフェロモン、鳴き声、振動などを

実感できる装置もあり、面白かった(このコーナーは撮影禁止だったので写真はない)

 

 

 最後に昆虫グッズの販売コーナーも。

 

この図録(2000円)。充実の内容。

 

 ひとわたり回ったところで、内覧会の閉会式というのははじまったらしく、

みんなその会場へ移動して、展覧会場には誰もいなくなったので、しめしめ。

ひとりでもう一度、じっくり見てまわろう。

改めてエントランスの部屋の模型のすばらしさを堪能。

自らの姿にうっとり見入るオオムラサキ。

 

 

 

 

 蝉しぐれのなか、バス停から家までの道端でゴマダラカミキリ。夏、だなあ。

 

10月8日までと会期も長いので、上野へ行くことがあったらぜひ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


虫さがしは早朝に

2018-07-10 17:03:06 | 日記

 ここ1か月くらいは、クルミの樹で幼虫探しをしていました。

そしてムラサキシャチホコをはじめ、見つけた幼虫からはすべて寄生がでてしまった・・・。

もう、がっくり。

 幼虫が成虫になる割合って、ほんとに少ないことを実感した。

 

 気を取り直して・・・朝は6時前に家を出ます。

だって、暑いんだもん。

 

サクラコガネかな?

 

フキバッタの仔。色合いがきれいだな。

少しブルーがはいっているのが効いている。

 

わーい!ウシカメムシの4齢幼虫。

何度見ても面白い。

 

トリノフンダマシ!

おなかのほうはこうなってるんだ。

朝からこんなのに会えるとテンションあがる~

 

ススキの葉では母グモが卵のうを守っている。

 

 

アカサシガメの朝食光景をみていたら、おなかが空いてきちゃった。

もう帰ろうかな。

 

 

シャワーを浴びたら、ゴハンの前にまずアイス。

ほうじ茶味、美味しいです。

 

大事に育ててきたガの蛹―ヤママユ×2、ヒメヤママユ、ウスタビガ×2、オオスカシバ

のために、羽化ルームをセットしました!

 

 

 

 


夏がくるよー、という朝

2018-06-25 07:31:38 | 日記

 夏の到来がすぐそこ、と感じさせる朝の日差し。

 

 昨日は近くの里山公園へオニグルミを観に行きました。

オニグルミが4本あって、まわりがぐるっと平地なので観やすい!

オニグルミといえば、アレですね。

1時間ほど探して、「いた!」。

 

頭、おっきい!

もう3齢か4齢でしょうか?

 

横から見ると頭部がエイリアン。

 

その後、1時間半くらい付近を丹念に見るも、2匹目は見つからず。

ああ、遅かったなあ。

タマゴから見つけたかったのに。

ムラサキシャチホコの卵は40個くらい、まとめて産み付けられるといいます。

だから付近にもっといていいのに、と思うのですが、

小さいうちにいろいろやられちゃうんでしょうか。

ここまで生き延びるのはたいへんなんだなあ。

寄生も多いときく。

 

 同じ樹で、10mmもない真っ黒な幼虫も見つけました。

胸部が膨らんでいます。

なんだろう?

 

そしてバイバラシロシャチホコの幼虫も。(右側が頭部)

ちょっとの刺激で激しく威嚇ポーズをとり

体全体を振り回します。

気の強い幼虫です。

 

 

帰り道にあったクリの樹では、カニグモとマメコガネが一騎打ち。

 

近いうちにもう一度行って、探してみよう。

 

 

 


現役の里山

2018-06-18 08:34:22 | 日記

この間の日曜日に行ったのは地元の里山。

里山公園ではなくて、現役というか、もとからあったというか、まだ里山として機能している環境。

でっかいコガネグモがよく似合う風景でした。

 

あ、ウマノスズクサ

 

あ、ホソオチョウの幼虫がたくさん

ホソオチョウの成虫はまだ見たことがありません。

国内には生息していない種なので、東南アジがから持ち込まれたといわれる。

同じウマノスズクサを食草とするジャコウアゲハを圧迫するのでは、と心配されているが

どうなんだろう?

そもそもウマノスズクサなんていう、どこにでもある草ではない植物を食べる種が

持ち込まれてどんどん繁殖しているとしたら、よほど適応能力が高いのではないだろうか。

 

 

エノキの葉ではゴマダラチョウの幼虫が脱皮して、「仮面」をぽいっ、としていた。

ゴマダラチョウも、アカボシゴマダラに押され気味といわれている。

 

コガシラアワフキの交尾はハート型。尾端に見える赤いものは何?

 

サルハムシの仲間。光沢がきれいです。

 

綴られた葉をひらいてみると、ハエトリグモの幼体がうごめいていた。

 

毛の生えたゾウムシかと思ったら、ハイイロチョッキリだった。

 

 

 天気が回復したら、こんどはマイペースで歩いてみたい場所でした。

 

 

 

 


おおきなクリの樹の下で

2018-06-14 08:28:03 | 日記

 気温よし、風よし、空よし、フィールドよし、蚊少なく虫多し、虫友よし

―昨日はそんな、一年のうちで幾日もない里山での一日だった。

 クリの樹では、チョウ、ガ、カミキリムシ、ハナムグリ,ハチ、アブ、アリなどなどたくさんの虫たちが

夢中で花粉を食べたり、蜜を吸ったり。

キマダラセセリ

 

クロハナムグリ?→Iさんにヒラタハナムグリと教えていただきました。

 

 

エグリトラカミキリ?

 

メスグロヒョウモンのオス?

 

いずれも虫目のツワモノども

 

6センチくらいのトビモンオオエダシャク。まだまだ大きくなります。

 

疑似柵にいた名前不明のガ

 

2センチもあるツノアオカメムシ

 

ツノアオカメムシと同じ場所で見ることが多いアオクチブトカメムシ

 

 

虫よけ効果のあるアームカバーに平気で飛んできたアカシマサシガメ

 

エビイロカメムシは産卵中

 

 

そして、レンジャーのKさんに連れて行ってもらったアワブキでは―

スミナガシの若齢幼虫が!!!

まだ3.5㎜くらい。

でもちゃんと模様が見える。

 

 

時間がたつのも忘れて虫の行動をじ~っと観察するIさんが、

アリの集まっている枝に寄ってきたミズイロオナガシジミに気が付いてみていると・・・

卵を産んだ!

その一部始終を連写したIさん。

私はその卵を撮らせてもらいました(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 


連載のお隣さん おもちゃ作家の佐藤蕗さんと

2018-06-08 07:21:58 | 日記

連載のお隣さん、おもちゃ作家の佐藤蕗さんhttp://fuki.petit.cc/muscat1/

来年の新年号でコラボ紙面をつくることになり、昨日は打ち合わせで二子玉川へ。

蕗さんもお隣の私の欄に興味をもってくれていたらしく、さっそくいっしょに河川敷を歩くと・・・

即虫目体得。

私が見たかったキマダラカメムシの、しましま模様時代の1齢幼虫を見つけてくれた!

虫×おもちゃでどんな紙面になるか、すごく楽しみ!