鈴木海花の「虫目で歩けば」

自然のディテールの美しさ、面白さを見つける「虫目」で見た、
身近な虫や植物の観察や飼育の記録。

オキナワルリチラシ幼虫の毒粘液!

2019-01-21 08:17:24 | 日記

 昨年暮れに8ミリの2齢幼虫をいただいたオキナワルリチラシ。

 食草のヒサカキの葉をもりもり食べて、大きいものは20ミリを超えました。

 ヒサカキは近隣にたくさんあるので、毎日新鮮な採りたてをあげています。

 

 昨日、掃除をしようと飼育容器の蓋をあけると・・・あれ?毛先に水滴がたくさんついている・・・。

こんなことは初めてだけれど、容器の中が過湿なんだろうか?

あるいは次のステージへの変化の兆候なの?

 

 幼虫をいただいた鳥取大学のN先生に伺うと

『水滴は青酸配糖体を含んだ毒入り粘液です。大量に食べたら死ぬと思いますが、舐めたくらいだと「うわ、まずっ!」程度です。』

と教えていただきました。

毒液だったのか!

しかも青酸系。

 粘り気があるので、アリなどは一発で撃退できそう。

 この毒粘液はストレスや危険を感じたときに出すのだそうです。

 舐めてみるのは・・・やめておこう 笑

 

 


春の香りはまぼろし?

2019-01-05 17:39:41 | 日記

 風もなく、暖かいので家の近くの多峯主山(とおのすやま)へ登ってきました。

といっても途中の見晴台までだけど。多峯主山は標高271mしかなくて、運動目的で慣れている人はトッ、トッ、トッ、と20分くらいで山頂までかけ登るというけれど、最後の傾斜が険しい。

虫を観ながら登ると1時間半かかる山登り苦手な私は、山頂まで行ったのは一度だけ。

ふだんは5本の「マイ・コナラ」(樹高が虫を探すのにちょうどよいので勝手にこう呼んでいる)がある見晴台まで。

脱皮したオキナワルリチラシ幼虫のために新鮮なヒサカキと、ツノトンボのために何か小さい虫を探そう。

ヒサカキはたっくさんあり、コナラの下枝で、クリオオアブラムシみっけ。

卵を産んだ後のちょっと弱ってるメス成虫だけど、とりあえずこれを食べてもらおう。

 

アラカシの幹に虫らしきものが。でも死んでいるみたい。これ、気になるなあ。

 

シダの枝についているのはもしかしてムネアカの?と思ったけれど、色があまり白っぽくないから普通のハラビロカマキリの卵鞘かな。

埼玉県内では見つかっているけれど、このあたりではまだムネアカハラビロカマキリ成虫はみたことがありません。

 

道を歩いていると、ん?かすかに かすかに 花の香りがしました。

春を待ち焦がれる気持ちが、鼻に幻の花の香りを運んできたのかも。

 


思いがけないプレゼント

2018-12-31 20:38:12 | 日記

現実にいるような、いないような虫柄・・・・ヴィヴィアン・ウエストウッドのバンダナもらいました。

 

 

そして、思いがけなく、なんとオキナワルリチラシの幼虫も!

 年末にはこんなどきどきしちゃうのような思いがけないプレゼントがいくつかあって、

今年もみなさまのおかげで、いい一年でした。

どうぞよいお年をお迎えください。


アケビ喰いのこれは?

2018-12-20 17:13:57 | 日記

 散策の途中でアケビの葉をひっくり返していたら、ん?

指先になにかクニャっとしたものが。

 

うっすらピンクで、2センチある。

 

手持ちの図鑑を見たけれど、似ているのはあるものの、アケビ喰いのものがない。

金属のフェンスにからんだアケビにいたので、周囲にはほかに植物もなし。

 

シャクガの仲間かな?

ひきつづき、調べてみます。

 

 


ムクロジの実

2018-12-19 11:53:18 | 日記

 立川でむしむし探検隊という活動をしている加藤禮子さん。

さっき、FBにこんな投稿をされていました。

 

加藤禮子さんの投稿。

小学校で羽根つきを教えてきました。
2年生相手の授業です。

...

羽根つきを教える、、、
不思議な感じがする方も
いらっしゃるかと思います。

今時の小学生は、
相手が打てないように
やり込める、と
思っているようです。

テニスやバドミントンとは、
違うのです。

ひとりで、
また、ふたりで
続けるのが羽根つきだよ、と
教えると、
なんと難しいらしい。

相手が取れるようなところに、
取れやすく打つ。
思いやりが大事なことに
気付きがあるんだな。

ペアになって、
3回までは、
なんとか。

目標を5回に設定しけど、
超えられたのは、
オイラとユウくんのペアで、
6回でした。

もっと見る
i-nekko.jp
 
昔ながらのお正月遊びには、福を招くものがたくさんあります。羽根つきもその一つ。厄を払い、女の子の健やかな成長を願う遊びです。 ■羽根つきの起源室町時代の宮中の様子を記録した「看聞日記(かんもんにっき).....
 
********************************

そうか、バドミントンやテニスとどっか違うと感じていたけど。
やたら負けず嫌いのが子ども最年少記録をつくったとか、そればかりもてはやされる昨今、メンタルの違うこういう遊びは貴重だなあ。
子どもの頃、暮れになると小遣いをにぎりしめて、マーケットのなかにある駄菓子屋兼おもちゃやに羽子板と羽根を買いに行ったものでした。羽根をひとつひとつ慎重に吟味して、気に入ったのを真剣に選んだっけ。羽根の玉はムクロジの実。ムクロジの樹の下でツチカメムシを探すと羽根つきを思い出します。

 

 


枯葉じゃないよ

2018-11-23 15:38:26 | 日記

 バスで5つ乗ったところにあるお寺の庭でケンモンミドリキリガを観たと聞いたので、

行ってみたけれど見つからず。成虫だもんね。移動するよね。

で、がっかりしながらバス停からうつむきながら自宅へ向かうトウカエデの葉が散り始めた道で・・・

あれ、これ枯葉じゃないでしょ。

体も大き目だし触覚をみるとメス。

うちにおいでよ、オスがいるよ!と翅をもつと、けっこう元気なのか、飛び立とうとする翅がどくどくと鼓動をうっている。ちょっと待って、今出会わせてあげるから。

 

繭を入れておくケージのなかに。

うまくいくかな~


カラスウリの葉で

2018-11-19 16:11:28 | 日記

 このところ、腰がぎっくり一歩手前だったので、しばらく自重。

きょうはやっとよくなったので、近所を歩きました。

 カラスウリの葉にいたのが、トホシテントウの越冬幼虫。

右にあるのは脱皮殻。

 

分岐した黒い棘がものものしいですが

さわっても指にささる硬さはありません。

冬の間にもう数回脱皮しそうです。

 

トホシテントウはこんもりした体形といい、細毛でおおわれた体表に散る10個の黒い点々といい

大好きなテントウムシ。

とげとげしい幼虫とはがらっと違うこれが成虫。かわいいよね~

庭にあるカラスウリで繁殖してくれたらうれしいので、連れ帰りました。

 

 

 

これもカラスウリの葉裏にいた1.2㎜の幼虫。

まだ小さいのではっきりしないけれど、去年の秋に見つけたウリキンウワバの終齢幼虫に雰囲気がにているので

たぶん、ウリキンウワバ。

これが去年の9月に見つけたよウリキンウワバの幼虫で、この後ほどなく営繭した。

秋に羽化したとすると、きょう見つけた小さい幼虫はこのまま越冬して春に羽化かな。

 

 そういえばリンゴドクガの幼虫、まだ!幼虫なんです!

11月11日の様子。

 

オニグルミの葉で見つけて、クヌギの葉で育てていたけれど

だんだんうちの前のクヌギの葉も硬くなってきちゃったので、

その隣にあるコナラにしてみたら、まだ柔らか目な葉が気に入ったらしく

けっこうな食欲。

これが今日の様子。

営繭の様子をぜひ見たい!

 

 

 

 

 

 

 

 


次々と毛の色が変わるリンゴドクガ幼虫

2018-11-03 17:56:13 | 日記

 10月2日に見つけて、飼育しようと採集したリンゴドクガ幼虫。

リンゴドクガ幼虫の飼育は初めてだったので何齢かわからなかったが2.5センチくらいで色は黄色だった。

色白な顔

 

 10月10日の脱皮の様子は以前ブログに載せたとおり、色が劇的に変わった。

このミントグリーンは翌日には徐々に黄色に変わった。

 

 チョウ・ガ目の幼虫をいくつか飼育してきたけれど、リンゴドクガの幼虫はエサの食べ方が「お上品」で

成長の推移はとてもゆっくり、という印象。

 葉の間に粗く糸をはってじっとしている日がつづいた。

 

 そろそろ営繭か、と思っていたら10月30日。

また脱皮した!

こんどは真っ白に。

 

 エサの食べ方は相変わらず「お上品」で、大丈夫かな、と心配になるほど。

 

 すると昨日11月3日。毛の色が変わってきた。エサも少しかじっている。

今度は毛がピンク色を帯びてきた。

 

 営繭するときには、自分の毛を抜いて使うらし。

まだまだリンゴドクガの幼虫から目が離せない。

来年は卵から観察してみたいなあ。

 

 

 


きょうはわがH市の文化祭

2018-10-27 13:00:03 | 日記

 きょうは私の住むH市の文化祭!

地元小学校(私の自宅から5分ほどのところにある)のチョウをテーマにした課外活動の成果の展示もあるというので、楽しみにしていました。

 

 

 H市の小学校でチョウをテーマに、「子どもと昆虫夢つくり」活動をされている平澤和夫さん(写真右)の指導で、はじまったのが3年前だそう。

まだ3年というのに、地域の50種のチョウを採集し、標本にしている。

 

 

この活動に参加しているのは15名ほどの児童たち。

その感想がすばらしい。

『手足のふるえが止まらず、動けなくなってしまいました・・・・・・』

そうそう、その気持ちだよね!

3年間の活動で観察した地元の分布の展示は貴重なデータ。

 

 きょうは地元の教育長さんに展翅法を披露。

 

次の野外活動は3月で、オオムラサキの越冬幼虫を探しに行くというので

いっしょに連れていっていただくことになった!

楽しみだなあ。

これからもこの活動がつづいていくといいね。


これからは きのこも見なくちゃ

2018-10-19 19:06:01 | 日記

 

 新開孝さんから新著『きのこレストラン』(ポプラ社刊1500円+税)送っていただきました!

新開さんがきのこの本をつくるとこうなる。

きのこに集まる虫ってこんなにたくさんいるんだなあ。

タイワンオオテントウダマシの羽化の様子をとらえた写真のページ。

美しい。

でもタイワンオオテントウダマシは関東にはいない。残念。

 

 人間にとって食べごろが過ぎてからが虫たちの「きのこレストラン」開店。

きのこや土や枯葉や、いろんな香りしてくる美しい写真が満載。

さっそく山の方へ行ってきのこの傘の裏側を見たくなる、そんな写真絵本です。

 

 で、さっそくこの間、タマゴタケを見た山道へ行ってみました。

 きょうはこの間ほどキノコの姿を見ない。

もう時期が遅いのかな。

薄紫のヒダのと、

ツチグリが見つかった。

でもきのこを食べている虫は見つからなかった。

明日も見に行ってみよう。