ある音楽人的日乗

「音楽はまさに人生そのもの」・・・ベーシスト皆木秀樹のあれこれ

翼をください

2007年04月22日 | 自分的名盤名曲
 
♪自分的名盤名曲129


翼をください
■1971年
■作詞…山上路夫
■作曲…村井邦彦
■赤い鳥
 ☆後藤悦治郎(g,vo)
 ☆平山泰代(pf,vo)
 ☆山本俊彦(g,vo)
 ☆新居[のち山本]潤子(vo)
 ☆大川 茂(b,vo)


 「翼をください」を知ったのは、中学時代の音楽の授業だったと思います。たしか、教科書に載っていたんです。でも、「赤い鳥」の歌う「翼をください」のオリジナルを聴いたのはそれからずっとずっと後になります。あるオムニバス・アルバムに収録されていたのですが、聴いてみるとすぐに大好きになりました。


 「翼をください」は1971年に発売され、それから3年で100万枚を超す大ヒットになりました。合唱曲としても有名になり、70年代後半からは学校教育の場でもよく採り上げられるようになりました。
 1991年には川村かおりによるカヴァーがスマッシュ・ヒットしています。97年11月には山本潤子自身のリメイク盤が発表され、98年のサッカー・ワールド・カップの際には日本代表チームの応援歌として広く歌われました。


     


 「赤い鳥」は1968年に兵庫県で結成されました。後藤悦治郎が「ピーター・ポール&マリー」のハーモニーを再現するべくメンバーを集めたのです。新居潤子と山本俊彦は、当時谷村新司のグループに在籍していましたが、新居嬢が後藤氏によって引き抜かれたのを契機に山本俊彦も「赤い鳥」に加わったとのことです。
 グループ名は、鈴木三重吉の童話雑誌「赤い鳥」にちなんだものだそうです。メンバー全員がソング・ライティングをこなし、またそれぞれがリード・ヴォーカルをとることができる、美しいハーモニーが魅力のグループです。
 メッセージ・ソングが主流だった当時の関西フォーク・シーンの中にあって、純粋に音楽を追求していった「赤い鳥」は、少々異色の存在だったと言えるでしょう。


 1969年のヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに出場、グランプリを獲得します。ちなみに、この時の2位が「オフ・コース」でした。
 1970年6月、シングル「人生」でメジャー・デビューします。同年10月の合歓ポピュラー・ソング・フェスティヴァルにも出場し、初めて「翼をください」を歌って新人賞を受賞しました。この時、赤い鳥の面々のところに曲が届いたのが出演30分前だったという話が残っています。


     


 ピアノだけによる伴奏で始まる「翼をください」、ゴスペル風の前半では徐々に緊張が高まってゆきます。コーラス・ワークがとてもきれいなんですね。そしてサビでテンポが倍の16ビートに変わるのがまたカッコいいんです。グルーヴするドラムス、よく歌っているベース、ロックしていますね。「大空を飛びたい」という願いが爆発したかのような盛り上がりを聴かせてくれる後半部です。


 「赤い鳥」は音楽的方向性の違いから1974年に解散しました。後藤・平山夫妻は「紙ふうせん」を結成し、アコースティックで素朴なフォークを追求しています。山本・新居・大川の三人(新居は山本と結婚)は、「ハイ・ファイ・セット」を結成、都会的センスにあふれた、ファッショナブルで斬新なコーラス・グループとして活躍しました。


     
     『赤い鳥ベスト・翼をください』


 「翼をください」は川村かおりをはじめ、紙ふうせん、小田和正、徳永英明、平原綾香、渡辺美里、Skoop On Somebodyら、多くのミュージシャンによってカヴァーされています。これからも多くの人によって歌い継がれてゆくことでしょう。


【翼をください】 
今 私の願いごとが
かなうならば 翼が欲しい
この背中に 鳥のように
白い翼 付けてください

   この大空に 翼をひろげ
   飛んで行きたいよ
   悲しみの無い 自由な空へ
   翼はためかせ 行きたい

いま富とか 名誉ならば 
いらないけど 翼がほしい
子供の時 夢見たこと
今も同じ 夢に見ている




人気blogランキングへ←クリックお願いいたします
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« ラバー・ソウル (Rubber So... | トップ | スリー・ウィッシズ (Three... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きです、この曲! (カルロス)
2007-04-22 23:20:37
ぼくも赤い鳥の歌う「翼をください」が好きですねぇ。
iPodにも入れていまだに頻繁に聴いてますよ(^^)
なんてピュアなイメージがするんだろって思いますね。小学生のときにラジオから流れてきたのを聴いたのが最初だったけど、妙に切なくなるようなキレイなメロディに感動した覚えがあります。
年代を感じるなぁ(笑) (けい)
2007-04-23 10:13:58
MINAGIさんは中学生のときで カルロスさんは小学生のとき・・・そしてわたしは?(笑)って思っちゃいました。この歌 確かにゴスペルで歌うといい感じがしますね。なんだか歌いたくなってしまいました。
メンバーに歌おうって誘ってみようかな。
歌詞もメロディも 力がじんと湧いてくる感じで 歌い継がれてほしい曲のひとつです。
カルロスさん (MINAGI)
2007-04-23 10:54:03
いろんなバージョンがありますけど、ぼくもやっぱり「赤い鳥」の「翼をください」が一番好きです。

>ピュアなイメージ
 歌詞もピュアですよね。シンプルですけれど、いい歌詞だと思います。

 ぼくが最初に「翼~」に触れたのは音楽の授業の時の合唱だったと思います。その時から「いいメロディだなあ」と思ってました。月並みな言い方ですが、ほんとにいい曲ですね。
けいさん (MINAGI)
2007-04-23 11:01:08
>ゴスペルで歌うと
 そうですね、ゴスペルにも合いそうですね。チャンスがあればトライしてみるのも面白いかも。
 良い曲はどんな形にもアレンジできますよね。

 もともとは、この曲、歌詞のほうが先にできたんだそうです。歌詞の持つエネルギーが曲作りに作用したんでしょうか、エネルギーの相乗効果でこんなに力が湧いてくるような曲に仕上がったのかもしれないですね。
翼をください (Nob)
2007-04-23 19:24:35
シングル、おそろいです♪
TBさせていただきました。
この曲って、学校で歌われるようになったのは、ヒットからだいぶ後でしたっけ?
初めて聞いた時は、メロディーの美しさもさることながら、山本潤子さんの美声にビックリでした。
Nobさん (MINAGI)
2007-04-24 09:54:38
トラックバック、どうもありがとうございます。相互TBさせて頂きたかったんですが、はじかれたみたいです。残念。。。

>学校で歌われるようになったのは
 ヒットしたのが72年前後で、教科書に載ったのが70年代後半だから、学校で歌われるようになったのはヒットしてから5~6年後くらいでしょうか。あんまり時を移さず採用されてるんですね。

>山本潤子さんの美声
 ほんとうにキレイな声の持ち主ですよね。声聴いてるだけで気分が落ち着きます。

コメントを投稿

自分的名盤名曲」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

◇ 赤い鳥 (♪ 音楽回顧録 ♪ )
???????????????? 何と、1971年の曲だったんですね。 でも、老若男女、皆さん御存知の歌。 竹田の子守歌  翼をください  /   赤い鳥 「翼をください」 って卒業式に歌われる歌でしたっけ? ( 私は違いましたが・・・)   当時は、確か...
赤い鳥「翼をください」の3種類の歌詞 (北村正裕のナンセンスダイアリー)
70年台フォークの名曲「翼をください」の歌詞のヴァリエーションについて整理しておきたいと思います。
赤い鳥『翼をください』歌詞「今富とか」削除の真相 (北村正裕BLOG)
赤い鳥の「翼をください」の歌詞について、今朝の朝日新聞の記事で「『今 富とか~』で始まる2番冒頭の歌詞は、曲の長さを抑えるためにレコードでは省略された」と書かれています。