ポンポンダリアの独り言

毎日、何気なく生活する中で感じた事を気の向くまま、思うがままに投稿して見ようと思いました。

音楽三昧 の 秋

2018年09月23日 | Weblog

 9月12日(水)

 猛暑が続いたあとには長雨が続きそのために被害があり、又 北海道では地震が発生し、その為に被害が出ていると報道されています。たて続きに天災の被害を報道されていて、ここのところ心が痛む日々が続いています。

NHKの朝ドラ「半分、青い」もそろそろ終局に近づいています。

   
                     
  
    
                      

  
我が家から見た今日の空模様と、もう終わりに近づいている「さるすべり」が秋をおしえています

こうした状況のなか 我が町にある「藤塚公民館」に於いて Classic Conncert 2018
高橋朋子(ソプラノ)と春日部「第九)ソリストたちによるコンサートを聞きに行きました。

     

 
 
        
春日部にもこの様な素敵なソリストたちがいらっしゃる事を初めて知りました。 "ブラボー” 

9月15日   

              松伏町中央公民館    "田園ホール・エローラ”に於いてのコンサートでした。このホールは音響効果がとても良く作られていて良くコンサートに使われています。
この日の曲目は、一部で11曲、二部では8曲がうたわれました。私の好きな曲ばかりでしたし、テノール歌手はマイク無しで会場の隅々まで声が通る事を知りました。もうウットリ   

ギターを弾きながらも歌ったりしてダブルパンチの興奮となりました。流石    です。

9月22日 (土曜日)

         
朝日新聞の折り込みにこの広告があるのを見つけ特別価格 通常\7560→\3900に飛びつきました  サンシティ越谷市民ホール

          
何と2階の一番後ろの方の席でした やっぱり売れっ子なので良い値段を取るじゃない
周りの人に聞いてみるとやはり私と同じ魂胆の・・・シ ン ブ ン
 からの購入の様です

1階だと・・・いくら位なのかしら!? 講演の半ばになるとファンサービスで1階の客席へは、美川憲一が、2階には コロッケ が握手にまわって来ました。 私もつられて・・・手を差し出して
”握手”が出来ました。  ぶ厚い手の感覚でした。 

1階のファンからは花束や何か品物が美川憲一に次々と渡されている様子でした。
 この次になにかの講演の機会が有る時には、オペラグラスを忘れない様にしようと思いました。

彼岸花が咲いているのを見るともう秋なのですね!
朝、夕が涼しい時もかいま見る様になりました。 それぞれジャンルの違った「歌」 ざんまいができて、心の中を秋風が通り抜けていくようにも思いました。

           

話は一寸変わりますが、断捨離を気にするようになって、まず もう着ない着物の事を友に口走った事があり、それなら何かに作り替えて老人ホームに持って行くという事になり、友に不要な着物を送りました。 それから数カ月後に友の手作りのバスケットが送られてきました。 

  

 歌を歌える人、何かを上手く作れる人  何かを出来る人を羨む私です。
いくら思っても出来ないものは出来ない 秋の空を見上げるしかありません

  

   

 

 

 

 


                       

コメント

H30年度 公民館祭り

2018年09月09日 | Weblog

    9月9日 (日)

               

公民館にて、思い々のクラブに所属し、日頃切磋琢磨して本日に展示をする事になりました。

        
  書道同好会   条幅                       写経
                                                 

   
             書道同好会                    ペン習字(花ごろも)

      
       
                 
                                 
  手芸品の色々


             ペン習字  睦会

  
    
             ネーチャー  写真クラブ

         
               洋画  アトリエ・ライム
  
        着付け                生け花 
                                        

ここに1年間の傑作を発表して2日間の展示というような会を終了しました。

                           
            
和室にてお茶を頂ける趣向もあって参加をしまた。

                      ここからは ちょいと 高尚な お話し   


「茶飲み友達」と言う言葉があります。夫婦が年をとって色気もなくなり、淡々として茶でも飲んで語り合う・・・と言うよなあっさりとした交誼をいうが、本来の意味はそうではない様です。

       茶飲み友達というものは、言うに言えぬ味のある友達交際をいう。

お茶と言うのは煎茶の三煎・・・と言います。

              

第一煎    湯加減を大事にして、まず茶の中に含まれている 「甘味」を舌の先で
       味わう。
第二煎    湯加減を吟味して茶の中に含まれる「苦味」を味わう。
       甘みは女子供が好みますが、苦味となると子供は好みません。
                  「あの人は甘い奴だ」と言うのは未だ、未熟という事でここからきている。
第三煎   「渋味」を味わう。 この渋味を味わうのが茶の最後の醍醐味をいう。

         

人間も甘い奴から苦い奴になり、更に渋い奴になる。甘味・苦み・渋み を通り越したものを「淡い」と言う。
「君子の交わりは淡きこと水の如し」
苦労を積んで渋い所も出て、人間の至れる境地に達して、初めて茶が飲める、茶話ができる、
茶飲み友達になれるという訳です。

嬉しい茶飲み友達となりたいですね       

以上は論語の先生にお聞きしました。      なるほど   

ただ単に  お~~い! お茶! たかがお茶 されどお茶
こんなに深い意味があるとは・・・いい勉強になりました。    なるほど

     

             
  

  

          

コメント (2)

平成30年の夏は記録的な猛暑

2018年08月29日 | Weblog

平成30年8月29日(水)

あと少しで9月になる日が近づいています。ここんところ台風が次々と発生しては日本列島を狙っている情報が入ってきています。黙って静かに近辺をかすって通り抜けて行ってくれることを願うのですが自然の営みにはなすすべが有りません。

しかし、とにかくこの夏はめちゃくちゃな暑さで連日熱中症に掛からない様にと呼びかけられる毎日で、高齢者の私といたしましてはクーラーを頼りに凌ぐ毎日となりました。

                     

セミもこの暑さで思わずベランダの網戸にへばりついて中々飛び出しませんでした。
なんでも気温が35度以上になると・・・蚊も飛べないそうです。

8月19日(日)は珍しく気温29度で少し涼しさを感じました。この猛暑の時は何処にも行く気がしないで、悶々としていましたので、この時とばかり気合が入りました  以前に秩父のミューズパークにて「サルスベリが見頃」と新聞に紹介されていたことを思い出しエンジンが掛かったのです。

我が家の百日紅はもう盛りを過ぎてハラハラと散り始めていましたが秩父は北方向なのでまだ大丈夫なんだろうな~~~と一人合点をして朝食も取らずにカメラを持って走り出しました。
丁度日曜日とあって大型車の運行が少なく道路は面白い様にマイペースで走行が出来て快適でした。

   
                                 

我が家からコンスタントに運転して約3時間でミューズパークに到着です。しかしこの猛暑はこの秩父にも影響していたのか・・・百日紅(サルスベリ)の最盛期は過ぎていてちょっとガッカリ  でした。
でも天候も良く秩父の山々や町が遠くに見えて写真にも収められて良かったと思いました。

                    

ついでにミューズパークの銀杏並木を見ましたがそろそろ秋の準備をしているのでしょうか少し色づいて来ていました。その銀杏の葉の色が金色に輝く頃に友達と連れ立って来てその美しさに感動した事があったのですが、その友は何を先走ったのか・・・病で旅立ってしまいました。

何気なく生活をしていてもどこかで何かが変化して試練を味わう事に直面するものなのですね
サルスベリに会えた幸せを噛みしめて一寸センチな秩父でした。

8月25日(土)

                   
               

                    

         とうとう春日部にも・・・あれから40年・・・・・・がやって来ました。

新聞購読のお陰でチケットを購入できる事を知り即購入  しかし・・・席は2階A席30列51番 もう最後尾 やっぱりな~~!\5000→\3500 チケット代です。ま、漫談なので声が聞こえれば良いとしました。
相変わらず口八丁手八丁で観客を爆笑の渦に引き込みます。よく人の家庭を覗き見している様なリアルな表現で笑わせます。流石ですお陰様で
チョッとは暑さをしばししのげました 
チャンチャン 私の夏はこの辺で   The  End 

 


                      

          

コメント

第16回 市民公開講座

2018年07月29日 | Weblog

平成30年7月28日(土)

 お友達から 行ってみない!? と お誘いがありました。
具体的に説明がなされなかったけれども、静脈瘤の話もあるんだって!と言う言葉に関心が向いて乗り気になりました。

    
             アスカル幸手 ・ さくらホール

                       
            

14時00分~医療講演: ① 『心臓病とあぶらの話』
                ② 『下肢静脈瘤のギモン~静脈瘤ってどんな病気』

 スライドを中心に画像の説明がなされました。後 質疑応答の時間となり 勇気を出して自分が気になる静脈瘤に関しての質問をしました。

        

 受け付けた順に希望者に健康測定のカードを4枚配布されて、それに基づく検査が行われました。
友達は来る時間が少し遅れたのでカードの配布は1枚のみの様でした。人気があります

 

これはロコモ度テストで使用されるものです。この台に座って反動を付けずに両腕を胸に抱えたままスッと立てるかどうか?のテスト用品でこの「ロコモ」という単語は私といたしましては初耳でした

           

 今日の講演の発信者は「幸手市」「杉戸町」「宮代町」「北葛北部医師会」
私の住む春日部は含まれていません。
゛とねっと”とはこれらの地域での医療関係のカードの様で個人のデーターがこのカードに挿入されているので医師や救急隊員に見せるだけで処置が速やかに行われるようになっている様です。便利のいいものがあるのですねぇ 
春日部はそういったものがあるのかな

                 

 測定の定員がそれぞれ決まっていておまけに測定の結果の相談窓口の時間の限りがあって大変な時間を要しました  

私は、ロコモ・動脈硬化・体脂肪測定・骨密度測定の四種をこなしました
しかし・・・台風12号の為か雨がひどくなってきたために健康相談が16:30までとなっているので延期されずに終わってしまい、ちょっと残念に思いました

 友達に誘って頂いたお陰様で、色々と自分に関する身体のデータを知る事が出来満足でした。
高齢になればなる程、身体の衰えを知っておく事は良いことかと認知しました

健康記録として、血管エコ―(IMT)左1.4右1.0*体脂肪率34%*基礎代謝量1323Kcal*
体内年齢 53歳
  さて、本当の年齢は    フ・フ・フ ???

平成30年度 開催予定日 10月20日(土)  進修館 を頂きましたので又いこうかなぁ~~~!               

コメント

日帰り旅行 無料体験

2018年07月14日 | Weblog

2018年7月2日(月)

なんですって!? ツアーが無料!?めったにないチャンス 行かない法はない 迷わず応募に必要事項を記入して投函

        

6:32分春日部出発。
ドライバーえびす交通 大熊さん。添乗員:松川さん
過去に気にくわない添乗員に遭遇したのでちょっと気になりましたが…初対面では一寸偏屈な人かな?とは感じました。

私個人といたしましては無料の二文字が私の心を支配してルンルン気分です。
そしてもう一つの楽しみは 「天地の境 富士山五合目」 と 桃狩り (食べ放題) なのです

   

9時15分着: まず訪れたのはファッション工房。これでもか~~と言わんばかりの宝石の原石を並べた宝石の庭を見学です。

              
     もう・・・・!いたるところに、所狭しと惜しみもなく宝石がばらまかれていて、まがい物?と
  思いたくなる程
の原石です。
            

そして一室に集められて自社工房で製造した高品質のおしゃれな商品の説明。そして販売で約1時間の束縛。 ツアー参加の人の中には購入する人も有って感心します。 私は当然にして見るだけ~~ 振る舞われたコーヒーは遠慮なく頂きました。 10時45分 出発

   

       
                 恵林寺の三門    「心頭を滅却すれば火もまた涼し」 

                                                 
                                                           武田信玄公の墓所がある所

恵林寺には11時15分着 この場所にて昼食です。

         
          名物:サラダおざら(自家製麺)・富士桜ポーク冷しゃぶ・煮物

恵林寺の三門は織田信長の焼き討ちで壮絶なを遂げた快川和尚の遺偈が掲げられているが現在のこの三門は、まさしくその悲劇の現場に立てられている。  県の重要文化財
食事の後にゆっくりと恵林寺を訪問したかったが生憎と出発時刻が迫っていてゆっくりと観賞が出来ませんでした。  恵林寺11時51分発

あすなろ農園 12時15分着

          
               たわわに実を付けた "ぶどう”

           
                  袋の中身は   もも 

此の桃畑にて約40分間で桃の食べ放題です。お昼ご飯を済ませたばかりでの桃狩り  桃の入る所は・・・確か・・・第2の胃袋!? 桃農園も考えているよね 桃はきっと入る所が違っていると信じて挑戦

       

柔らかくって甘くジューシー! この時ぞとばかり包丁を振るいましたが・・・結果的に合計3個。やはりそれ以上は無理でした。

              
                      5個 ひと箱 \700

マ、手頃なお値段なので、今日のバスツアーは無料であった事に気をよくしてお土産に2箱調達。ヤッタね   12時55分 出発

              

13時10分 わさび漬けセンターに到着。 ここはお呼びでない といった感じで一応中に入りましたが試食もせずに本当に素通りにしました。 だって、あまり興味ないんです。 13時30分 出発

       

13時50分 金多留萬 本店 着

明治44年、富士山のふもとに創業した菓子舗。とありましたが、私には何の魅力もなくて、写真をも撮りたくなかったです。しかしお気に召して購入する方もいました。   14時00分 発

さぁ これから富士山五合目を目指すことになりました。私といたしましては富士山は遠くから眺めることの方が多くて・・・・・五合目なんて初体験です。今回のツアーはここ一点に集中です。
富士スバルラインを通る折説明では   一千万を掛けてメロディーが流れる道路を作ったと聞きました。 しかし、耳を澄まして・・・いましたが、エンジンの音でかき消されて・・・"(-""-)"聞き取れませんでした。 残念

   
       雲海を見下ろせる場所には多くの人が記念撮影。

             
                  山肌を見せたままの富士山(私としては雪があった方が良いかな)

  
     15時50分 着                “ やったね  ”
           
しかし、ビックリな事になんと! 韓国・中国 の人々の多い事です。日本人と見分けがつかないのですが、なぜか派手な振る舞いをしている様に思いました。 我が物顔!!といった感じに思いました。

         
             甲府地方のお笑い芸人さん。 吉本興業関連

私がグループの待ち合わせの場所で待機していましたが、目立つ服装の人もなにかを待機している状況に見え様子をうかがっていると、ディレクターらしき人が、私に近づいてきて…
「日本人ですか
と、聞かれ
「ハイ、そうです」と答えたなら
「インタビュ―をしたかったのですが、話しかける人ごとに、あちら語を話されるので困っていたのです・・・」
「インタビューしても良いですか!?」 「ハイ!勿論です」と答えました。
「では、富士山が雲から出た時にお願いします」と言われ、初体験だと心待ちにしていましたがなかなか雲が切れなくてそのうちにバスの仲間がぞろぞろと集まりだし、人だかりが出来、だれもが珍しいことなのでお笑い芸人さんに話しかけたりするようになりました。

ヤバ これではインタビューは・・・・??????!

          

富士山の雲が取れだした時には撮影がはじまり、お笑い芸人さんのコメントを撮り始めました。結局、ザワザワしてインタビューは・・・・・特になく  The  End    心待ちにしていたのにな~~~

帰宅してこの芸人さんをネットで調べてみたんですが("^ω^)・・・吉本興業の大きいこと々
なんとか写真を見つけたもののはっきりしたお名前を知る事が出来ませんでした。

無料のバスツアーと芸人さんとの出会い 充実したものになりました 初体験でした。ルンルン

 

    

 

        

    

 

 

 

 

       

  


                    

 

              

    

   

 

 

 

コメント

紫陽花の咲くころ

2018年07月09日 | Weblog

梅雨にはなぜか紫陽花が似合うように思われます。又言い換えれば雨によく合う花

   
              
                             
6月18日に幸手市にある権現堂に咲いていた紫陽花です。人気のスポットで人が沢山見に来るのでam 7:00には現地に行ってゆっくりと眺めて来ました。

我が家にも、紫陽花の木はあるのですがなんとここ2年は花を見ることが出来ていません。
それまでは紫系の大輪が見られ、赤系の紫陽花が無いので人が丹精込めて咲かせていた赤系をおねだりして・・・ 半分強引に貰ってその花が咲くのを楽しみにしていたにもかかわらず葉は一杯付けているのですが・・・期待の赤色の花が見られません

強引だったので・・・花はすねてしまったのでしょうか 人は剪定が間違っているのではとアドバイスを頂くのですが・・・"(-""-)"

                6月22日に  バースデイ カード が届きました。  

     
                   
                                            これは一寸遅れてきたハガキ

私が絵手紙を習っている仲間からの Birthday Card なのです。以前にも申し上げたのですが、普段は絵手紙をかいて出すという事をほとんどしないので、せめて仲間の誕生日には書いて出す
と言うお決まりがあるのです。 
先生には申し訳ないのですが・・・そういう事になっているのです。
絵と言葉がうまく書けるならどんどん出すのでしょうが、情けないかな力不足です。

                        

お話は変わりますが最近新聞やTVのニュ―スで気にするのは、高齢者の事故アクセルとブレーキを間違えること又高速道路での逆走を目にします。 自分に於いても他人ごとではないと思う様になりました。

後期高齢者の運転免許の切り替えの時には 後期高齢者向けの試験が行われ私も誕生日前に教習場に予約を致しましたが、5か月待ちを言われました。 それだけ多いという事ですかね~~~
5月18日に大宮の方に行って講習を受けて来ました。

               

免許は更新できましたが一抹の不安を解消する意味でも  ドライブレコーダーを、取り付ける決心を致しました。 他人様の為に 自分の為にも 一応に安心のために

付けることによって今迄より慎重に運転をしている自分がいます。 高齢者にはなりたくないのですが自然の法則にのっとって毎日進化していくのです。 やれやれ

       

 


        

    

 

          

コメント

今年も Happy Birthday の月がやってきた~~!

2018年06月10日 | Weblog

                                                 

         
                権現堂 6月4日(月) 紫陽花

最近に九州地方は梅雨入りしたと天気予報は伝えていましたので、ご土地もソロソロ梅雨の時期に突入か?と思います。梅雨と共に私の誕生日月なのです。
しかしあちこちのダイレクトメールから Happy Birthday の
知らせが入るようになりました。
 私って有名人  じゃないよね

         
                            

まったく、よく記録されているものだと感心です。マ、これは商魂たくましい戦略に過ぎないのでしょうね!何だか・・・嬉しいのか、ガッカリなのか・・・ちょっと複雑な気分です。 私も人並みに今迄に何やかんやとありながらもなんとかここまで命長らえてこられたのはおめでたいのでしょうね 

          
                       
                                       国立科学博物館 
  
                      

以前にNHKスペシャルで「人体」を紹介した番組がありました。その時に見に行きたい希望は芽生えましたが2018・3・13~6・17の期間を見てまだ先まで有ると思ったのがいけなかったようです。
そのうちに忘れ、誕生日の月になったので何か…行うか行くか見るか・・・と思った時にやっとこの特別展があった事を思い出しました。
それもあと1週間で終わりになるという切羽詰まった瞬間でした。
ならば、思った時が吉日と言う思いで9日(土)に決行 毎日が日曜日と言う感覚で日々を過ごしているので気楽に行きました。
世の中は土・日に集中する事を忘れていて、会場に到着したのは10時20分既に長い列。写真にあるように11時15分にしか入場は出来ず、唖然としました
ここまで来たのなら待つしかないとあきらめムードとなりました。

      
                     
                                          タモリの解体図
        
                 
  

                    人体の中にいる様な展示物
      

人混みの中をかき分けながらきょろきょろと出来るだけ多くに目をやり、頑張って見終わったのが13時10分頃でした。

  
            今日のお品書き
                   
                                 まだ々外で順番を待っている人

お腹はペコペコ今日は自分の為に奮発上野公園内にある老舗「韻松亭」にいちもくさんしかしここでも待たされました。約30分

        
              
                                
                          茶壺三段弁当   ¥1680円 也

     
                

チョッと奮発したお昼を満喫し駅に向かうべく新緑の濃い公園内をゆっくりと歩きました。炎天下で並んでいた時より木々のお陰で涼しさを感じました。  む・む・む!なんだこの行列は

                  

上野の森美術館の前を通り過ぎようとした時に又30分待ちの垂れ幕が目に入りました。
なんだろうと見ると・・・
生誕120年イスラエル博物館所蔵。 
「ミラクルエッシヤー」 奇想版画家の証を解く謎 6/6 ~9/29とありました。

           何々 まだ期間はあるな~~~~~
  

      

重い足を引きずりやっと地下鉄の近くに来ることが出来ました。 今日は忍耐の一日 

 


日頃ジムに通う日でも"ヨガ”を受けようとすると60人定員なのにそれ以上が待機するので戦戦兢兢の順番取り合戦があり、日々待つことを実践していますが、館内と屋外では状況が違うので・・・少々応えたようです。

年を重ねるとは衰えの一歩をたどって行くプロセス?マ、生まれてからの順番なので仕方ない事ですが、 誕生日と言うのは今となってはあまり早くに来てほしくいと思う今日この頃です。

 

         

 

    ひゃ~~! Birthday プレゼント  珍しくクロスワードの応募が当選した通知です。
                         

                         やったね          

                                                                                   本日の Total 歩数 8514歩

 

 

    

   

   
                               

 

 

 


                                  


                                  

 

 

コメント

雨の中の九州旅行 ☔

2018年05月27日 | Weblog

平成30年5月7日(月)

お友達のお友達が無事に定年退職を迎え、その期に実家のある九州に帰省するという話が持ち上がり、折角、九州に帰るのだから来れば案内が出来るので如何とお誘いが掛かりました

この様な事は、めったにないことなので、あつかましく参加させていただけるように話がまとまりました
4名様御一行での参加です。

藤の牛島 5:21発→春日部5:24着・・・春日部5:30発→6:13押上着・・・押上6:25発→泉岳寺6:44着
泉岳寺6:45発→羽田7:05着 

               
                           羽田飛行場

 なんだか久しぶりの飛行機に心が躍りました。JAL661便 8:00発→大分9:35着 座席23C
でも、アナウンスによると天候の良し悪しで・・・又羽田に戻る可能性もあるという事でした。なるほどなんだか雲行が怪しげとなってきました。

結局運よく目的地、大分に無事着陸出来ましたが生憎の雨 お迎えに来ていただいた知人も同じアナウンスを聞いていてどうなる事かとヒヤヒヤしていた・・・という第一声

とにかく雨の降りしきる大分の町を走り、温泉があちこちに分布しているので温泉巡りを第一としました。中でも "泥の温泉”は極め付きで、温泉の湯の下の方にある泥をすくい上げ、綺麗になる事を前提に予想して塗りたくってみました。 初体験

     
                            
お昼には「地獄蒸し工房 鉄輪」というお店に入りました。温泉で噴き出す高温の蒸気租利用した調理法で別府では江戸時代から用いられれているそうです。
野菜や魚 etc. を時間を計りながら100℃の蒸気で蒸し上げていくのです。出来上がると添えつけの厚いビニィールの手袋をして蒸し上がった品を取り上げるのです。

私も蒸気の中からの取り出しを経験をしてみようと思ったのですが、誰でもかれでもが使用している厚手の手袋を使う事に抵抗があって、結局は未体験に終わりました

又料理も一籠にアソートで入っているので、それを5人で食べるには一寸遠慮もあって気兼ねをしてしまいました。一人づつ同じものを食べるのには良いのですが・・・・・

    
           鬼山地獄                           白池地獄  

      
                                       地獄の色々
   
                      海地獄                         鬼石坊主地獄
                
                     国指定名勝:竜巻地獄

別府市指定の天然記念物の「間欠泉」。間欠泉は一定の間隔で熱湯と噴気を噴出します。世界の間欠泉の中でも休止時間の短いことにおいて注目を浴びていると説明がありましたが、噴き出すまで15分もあるというので見られませんでした

雨降る中でも、韓国のツアー客が賑々しく闊歩していました。彼等達は何処へ行っても一寸マナー知らずのようです。ま、仕方ないですね 旅の恥はかき捨て という事もあるようですので・・・
傘をさしながら地獄をめぐりました。 思いだせないほどの過去に、地獄めぐりをした微かな記憶はあるのですが・・・?何だか風景が変わっている様に思いました。

第一日目はこれにて一見落着 

今日のホテルは「杉乃井ホテル本館」 〒874-0822 大分県別府市大字南立石2272
TEL.0977-24-1141

夜はバイキングそして又温泉
別館へもリムジンバスのピストン運行。屋上に温泉があって水着を着装して夜景を見乍ら、イルミネーションのアトラクションを見乍ら楽しめる趣向。 目が覚めてしまいました。

8日 熊本県 

    
         
             阿蘇くじゅう国立公園  「 ゆふいん 狭霧台」 より 望む景色
                    晴れていればもっと絶景になるのになぁ
~~~ 

       
              由布院駅                                         出来立ての焼きプリン 
                                      ほっぺがとろけるように美味しかった

由布院の駅より由布院観光のメインストリート"湯の坪街道”をぶらぶらと、お店をひやかし乍ら闊歩そしてお目当ては金鱗湖の側にある、湯の岳庵のランチです。

        
                          金鱗湖

湖底の半分に温泉、もう半分には冷泉が湧くと言われる湖。魚の鱗が光に反射して水面が金色に輝いて見えたことから、この名が付く。冬でも水温が13℃から15℃と高く、冷え込んだ早朝に幻想的な朝霧が見られる事でも知られている。木々に囲まれ、夏は新緑、秋は紅葉と周囲の四季のひょうじょうが湖面に映える光景が美しい。とありました。

    


           湯の岳庵のお店             リッチ  ランチ

        
                    アーデンホテル阿蘇
          〒869-1402  熊本県阿蘇郡阿蘇村下野147-10
                            Tel.   0967-35-1241

このホテルは昨日のホテルにくらべると・・・古臭い感じ。ま、料金も違うので仕方ありません。
でも我々の人数の割には夜具を敷くとチョッと狭いと感じました。四人位なら丁度いいかも。温泉もしなびたような風合で温泉らしいと言えばそう思えるし・・・ 温泉好きの人には良いのかも ま、いいか~~

9日 朝  のち 

3日ぶりに晴れを見ることが出来ました。おかしいなぁ~~晴れ女の集まりだったような気がしていたのですが・・・だぁれだ雨女が?❓居た

ともあれ晴れて良かった! この日は九州に実家を持つ知人のふるさと「竹田」にある史跡、岡城跡にある・・・・・滝廉太郎・・・・・の銅像を見に行きました。

     

 明治四年に14代・277年間続いた中川氏が廃藩置県によって東今日に移住し、城の建物は1874年明治7年大分県による入札・払い下げですべてが取り壊された。
滝廉太郎は、少年時代を竹田で過ごし、荒れ果てた岡城に登って遊んだ印象が深かったとされ、明治34年(1902)に中学校唱歌「荒城の月」を作曲、発表している。 とその歴史に書き込まれていました。

                    
                             滝廉太郎 の 像

          ♪ 春高楼の花の宴
                  めぐる盃影として
                        千代の松が枝わけいでし
                                   むかしの光今いづこ ♪

                  今の小学生はこの歌を知っているのでしょうか?

時代の流れと共に少しづつ世の中も変わって行き、私が3歳の時に戦争を体験した者には何にもなくなって一からの出発を経験したことはとても貴重に思います。そして今日この場所にたたずんでいる私は幸せを感じました。

                    
                      竹田まちなか情報誌

岡城跡でちょいとセンチになってからランチタイム。竹田の街にあるレストランにて九州地方では鶏肉を唐揚げではなく、とり天として食されている様なので私はそれを注文しました。ま、そんなものでした。どちらかと言うと・・・唐揚げの方が良いような気がしました。慣れ?なのでしょうね

雨の中運転をして案内をして頂いた彼女には大変お世話様になりました。有意義な旅となりました。  雨も又良し
お母さんと共に春日部に戻ってきてくださいね。

JAL 672   大分 16:50  Seat 20B

この様な贅沢な旅行でとても良かったです。連れていって下さった皆様ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  
  

   

 

 

コメント

印象に良くなかったバスツアー

2018年05月05日 | Weblog

1980.4.21(土)

上田城千本桜まつりのキャチフレーズで日帰りツアーの案内を見たのは3月の半ばの事。お城に桜は絵になるので気持ちが動き応募をしました。

今年の花の開花宣言が例年より早くなっていました。ちょっと心配がよぎります まぁ、花は気温次第で変化するので期待は出来ませんそう思っている方が落胆は少なくて済みます。

           

過去にも角館に枝垂桜を期待していったのですが・・・時はすでに遅く葉桜を見て帰って来た事もあります。当日は心配した通り桜の花情報は駆け足で通り過ぎて行っていました。

お天気が良いのだけは幸いしました。

添乗員は年齢を想像出来るほど年期の入った女性。口少なに仕事としての事柄を単刀直入に伝えておわり。笑いを取るような言葉なし。

しかし旅行代金を集金の時、私は旅行参加証の注意事項をうっかりよく読んでいませんでした。お釣りの無いように代金を用意しなかったので、お釣りをもらう羽目になりました。

「お客さん、参加証にちゃんとお釣りの無いようにと書いてありました。そのようにして頂かないと・・・困ります」
「だってうっかり・・・という事もあるし、あなたの仕事だからお釣りを用意しておくべきではないの!?」
「そう言う、うっかりのお客様が多いと・・・お釣りも足りなくなります。そのためにも参加証にかいてあったのです!」

としつこい問答となりました。

結局支払うべき事なのでお釣りができるまで待って支払い完了。この辺でもう気分はマイナー私も悪いと思いながらも、そこまで言われるとは・・・今までに経験が無い事なのであまり良い気分ではなくなりました 

トイレタイムの時、近辺の参加者に添乗員の態度が気分的に悪いのは私だけと聞いてみたのですが同乗者の人も、あまりいい感じではない添乗員との答えやはり・・・と思いました。

            
     (きのこむら深山で栽培されているキノコ (昼食場となる所で使用されている物です。) 

第一の見学場所は、「ニチロ毛皮丸子工場」に近づいて来ると工場の宣伝はしっかりと添乗員は案内をしました。工場に於いては約75分の見学が組み込まれていました。

        

2時の遅いランチ、「山の丸膳」と銘打った山菜料理。旅費¥4980なのでそれなりのものです。

  
         上田城の風景

                           
            この大きな石にご注目
         

思った通り"桜の花”は見られませんでした。H28年NHK大河ドラマの「真田丸」の舞台となったようです。私はその時間には他局の韓国ドラマです。歴史に疎い私なので見れば勉強になるのでしょうが残念乍らその時間帯は他局を見ています。

 
                 
   
 場内でのパフォーマンスをするエキストラ  この細長い窓から敵を伺い攻撃したとの説明。

     
     細い窓から見える風景です。           細い窓のある城。
    

          
                   上田城から見える町

     
                   真田神社
              
                          バスプールの風景

時間いっぱいに見学をしました。 真田氏から今に伝わる上田城!四百有余年の歴史とありました。
やはり桜がほしかったなぁ~~~

ツアーのパンフに記載されていたのはこれまで パンフには記されていなかったので次のコースは何処に行くのか・・・さっぱりわからずでした。春日部を出発した時点では説明はありませんでした

まるでミステリーツアーで上田城を後にした時にやっと次の目的地は「ワイナリー」と説明。

    
                  
                             試飲できるコーナー

そして最後のお立ち寄りは 「有名なロールケーキ店」でした。

辺りは薄暗くなってきていました。帰路に着くバスの中では大抵書かされるアンケートです。
私は初めから添乗員が気に入らなかったので、添乗員の評価を「×」にし、理由として旅費の釣銭でのクレームを付けられていい気はしなかった事又コースの説明不足の二点を挙げて書き込みました。

何と 添乗員が集計し、結果として「×」がお一人様いらっしゃいますが他のお客様は「○」にして下さったという事は一人を除いて「良かった」という事になりますね
そして拍手がなされました。

トイレ休憩の時に同調した客は文句を言いながらも評価を×にしなかった様子 裏切者 
口と腹では違う 世間を知らされた思いがしました。

添乗員が結果をそのように公表するというのは、初めての経験です。
いまでいう  超 気分が悪い  頭にきた~~!!

上田城を見られただけが良かったバスツアーとなりました。

 

   

   

 

 

コメント (2)

花を追いかけて (^^♪

2018年04月29日 | Weblog

2018年4月29日 (日)

今日は昭和の日で休日。今年は日曜日と重なってしまい・・・残念何時から昭和の日になったのかしら・・・ 昔は 天皇誕生日 と言ったのにね 天皇と言えば天皇陛下の退位まで30日で1年。天皇陛下は現在84歳のご高齢の中よく公務をこなされていることに感服します。退位の為に年号が改正される事になるようですがこれからは 和暦ではなく西暦で記した方がよさそうですね
どうなるのか興味が湧きます

           
                   4月16日(月) 秩父:羊山公園

桜も急ぎ足で北上している折、ふと 次なるは"芝桜”をふと思い出し、行く気になりました。久しぶの秩父です。当方より普通に飛ばして 3時間です。ここは人気があって早く行かないと込み合います。 にかく早起きして8時開園に間に合うようにスタートです。

     
自然が織りなす花の絨毯のキャチフレーズ通りの芝桜は約17.600の広大な敷地に9種類40万株以上の芝桜が花をさかせ4月中旬~5月上旬の開花期には花の絨毯となります。
                           

マツクダニエルクッション・多摩の流れ・スカーレットフレーム・オータムローズ・エメラルドクッション・リットルドット・アメージンググレース・オーキントンブルー・モンブラン などの種類があるようです。
       
        (
外人さんが長じゅばんを羽織っての コスプレ)  

計画通り早めに到着出来て満足 芝桜はまだ八分咲きだそうです。写真に見える山は「武甲山」思い立ったら吉日と言う言葉がありますが本当にそうだと思いました。 写真を撮り終わったころには大勢の人達が押し寄せて来たので退散です。

ちなみに入園料:¥300 駐車場¥500 市内の75歳以上は無料!他市の75歳以上をも無料…にと思いますが如何なものなんでしょうね 虫が良すぎるのかしら えこひいきするな 
遠方より、見に来てあげてる
のに・・・・!? ちょっと違うかしら  
貴女はどうお思いになりますか

        
                        

 なんだかんだ考えながら帰路でR140を走っていたのですが、保登山の鳥居を目にしたとき、ふと新聞に、保登山の裾のに"桜のアーチ”が見られると乗っていたことを思い出し、折角なので、立ち寄ってみました。 よく2月には「蠟梅」を撮りに来たりしているのですが桜の事は寝耳に水でした 

丁度ケーブルの乗降口の近くにありました。  入園料¥300 駐車料金¥500
入園すると成る程、桜がまだ咲いているのが目に入って来ました まだ確かにいろんな種類が山腹にありました。そして結構外来の人々も来て盛んにカメラに収めていました。

   
                      

                          


              

桜を取り囲む木々はもう新緑を思わせる美しい萌木色もあって思わず素敵な色のコラボにうっとりで心地よい春風に身を任せ乍ら約1時間程は楽しめました。 桜の木々にはその名前が記してありました。
思いがけない所に桜の名所があったのでした
 

     
                                         
                               ここで2ショット いいなぁ~~~

 

コメント