曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

伊藤詩織氏が自ら「中村格」に取材。逃げまくる中村格。動画を見ると、ほんとに走っとるわ❗

2017年11月16日 17時42分41秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、
NEW!2017-11-16 17:00:00
テーマ:
伊達直人
伊藤詩織氏が自ら「中村格」に取材。逃げまくる中村格。動画を見ると、ほんとに走っとるわ❗
 
『Black Box』上梓 伊藤詩織さんが「逮捕状を握り潰した」警視庁刑事部長を直撃

 
 
 
伊藤詩織氏が自ら「中村格」に取材してる。
警察幹部が庶民から逃げる。
おかしいよな。
中村格は刑事部長から、総括審議官に出世したんだから、国会に呼んでもらいましょうよ、「野党」

 
 


13日付 東京新聞 性犯罪規定、
改正後残る課題 後藤弘子法科大学院教授 「性犯罪規定『強姦神話』が強力、
被害者のリアリティーとかけ離れ『逃げろ、抵抗しろ、助けを呼べ』と被害者に要求。
意識のない状態での強制性交等は、相手が『同意と思った』と言えば故意が簡単に認められなくなる構造前提」


元TBS記者の山口敬之氏
彼は自分の起こしたレイプ事件を一切反省せず謝罪もせず、
卑劣な極右系雑誌で被害者を罵り続けている。
こんなに強気なのは背後に安倍晋三氏と彼の逮捕を取り消した菅氏元秘書の中村前刑事局長がいるからだ。彼の振る舞いを見ていると事件以前に人間自体が崩れているのを感じる。😫



※転載元:伊達直人ブログ


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 
 
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日の「日刊ゲンダイ」より... | トップ |  日馬富士暴行事案報道に見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事