曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

【脱原発世界ニュース2017 vol.18】仏大統領選で原発政策が変化か

2017年05月12日 15時46分26秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                

 

【脱原発世界ニュース2017 vol.18】仏大統領選で原発政策が変化か?

2017/05/06 (Sat) 09:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2017vol.18
http://npfree.jp
2017.05.06
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【イベント】5/12「日印原子力協定否決・廃案を求める国会行動へ!」
【イベント】5/15「環境創造センター研究棟・田村西部環境センター見学会」
【イベント】5/24「木質バイオマスによる地域エネルギーシステムの転換」
【記事要約】フランス発「次期大統領の原子力問題」
【世界の脱原発】米研究機関が日本の2030年原子力割合の見通しを予測
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先月米国の研究所は、日本政府が2015年に決めた「長期エネルギー需給見通し」の原発の割合は、人口減少と省エネのためにその見通しの半分以下になるだろうという予測を発表しました。また、フランスでは明日大統領選の決選投票が行われます。新しい大統領が、2015年に採択された原子力の割合を2025年までに75%から50%に減らし、再エネを2030年までに32%に引き上げるエネルギー移行法を遵守するのかも焦点となります。一方、日本国内では来週も日印原子力協定の国会承認反対のアクションが行われます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 5/12「日印原子力協定否決・廃案を求める国会行動へ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
現在、日本からの原発輸出へと道を開く日印原子力協定が国会で審議されています。ぜひ議会の傍聴と国会前行動や集会へご参加ください。
※行動予定は国会の状況により変更の可能性がありますので、下記フェイスブックなどで最新情報をご確認ください。

■5月12日(金)予定 
09:00~17:00@衆院外務委員会 傍聴(当日に審議の場合のみ。傍聴ご希望の方はご連絡ください)
15:00~17:00@衆議院第一議員会館 第6会議室 ※14:30より通行証配布
■主催:日印原子力協定国会承認反対キャンペーン
■協力:超党派「原発ゼロの会」
■詳細(facebook):https://www.facebook.com/groups/280202515715849/?fref=ts

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント
 5/15「環境創造センター研究棟・田村西部環境センター見学会」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
2016年7月に福島県三春町に開設された環境創造センターが行っている放射能汚染廃棄物の減容・再利用についての研究の見学と、福島県田村西部環境センターの一般ゴミ焼却炉見学を行います。こちらは焼却炉のほか灰溶融炉を併設し、溶融スラグ(もえがら)を路盤材に加工、県内公共事業において利用しています。放射能汚染廃棄物について理解を深めるため、ぜひご参加ください。

5月15日(月)※時間は多少前後する可能性があります。
★電車の方は、JR磐越東線 郡山駅8:00発―三春駅8:12着にお乗りください。三春駅より乗合いとなります。
09:20 田村広域一般廃棄物最終処分場見学(入口集合)
10:10 移動(30分)
10:40 田村西部環境センター見学(福島県田村郡三春町大字富沢字細内1番地)
11:50 移動(10分)
12:00 昼食
13:30 環境創造センター研究棟・本館見学(本館入口集合)
(13時からの予定を30分繰り下げ交渉中)

■共催:放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会/フクシマ・アクション・プロジェクト(FAP)
■詳細:http://gomif.blog.fc2.com/blog-entry-460.html
■事前申込先:見学には事前申請が必要となりますので、下記までお申込み下さい。
放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会
stopshokyakuf@yahoo.co.jp ※@は半角に直してください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 5/24「木質バイオマスによる地域エネルギーシステムの転換」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
木質バイオマス市場の発展戦略について、日本ではまだ拡がっていない熱利用も含め、欧州での成功事例をご紹介します。また、国内事業者や、地方自治体関係者を交え、今後の方向性を議論します。本シンポジウムは国際ウッドフェア2017の併催企画として開催します。

■日時:5月24日(水)13:00‐16:45(開場:12:30)※日英同時通訳あり
■会場:長野市若里市民文化ホール 会議室1(ビッグハット隣)※アクセス http://www.nagano-mwave.co.jp/wakasato_hall/
■主催:公益財団法人 自然エネルギー財団/世界バイオエネルギー協会
■参加費:無料(要事前登録・先着順)
■詳細:http://www.renewable-ei.org/activities/events_20170524.php

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 フランス発「次期大統領の原子力問題」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(4月19日 Politico)http://www.politico.eu/article/the-next-french-presidents-nuclear-problem-election-france-power-energy/
次期フランス大統領は、定年に近づく原子炉の寿命を延ばすのか停止するのか、そして今後のエネルギー供給を継続させる方法を見つけなければならない。すべての選択肢は財政的にも政治的にも複雑でコストがかかり、フランスの支配的な電力会社であるフランス電力会社が長期的に事業の中核となっていたエネルギー源から転換するよう奨励する必要がある。
今回の大統領選の候補者は多種多様な原子力政策を持っている。原子力を完全に取り除くために努めている極左がいる一方、極右はフランス最大のエネルギー源であり、これらの産業を守ることを求めている。中道左派の最有力候補エマニュエル・マクロンは、現在の原子力を75%から50%まで減らす政策をこのまま進めるべきだと信じている。
2016年の仏世論研究所による調査では、フランス人の53%は核廃絶に反対している。同国の最も古い原発(39年のフェッセンアイム)の閉鎖をめぐる闘いでは深刻な意見の対立が起きている。工場を閉鎖する命令が出されたが、フランス電力会社は2019年にノルマンディーへの新しい原発が準備完了まで待つことを決定し、命令に抵抗した。この事件は、原子力の問題を今回の大統領選挙にもたらした。
2025年までフランスにおける原子力の割合を今の75%から50%まで減らし、2030年までに再生エネルギーを32%に引き上げることを目指し2015年に採択されたフランスのエネルギー移行法を遵守しても、次期大統領にとって途方もない難題となる。
また、フランス電力会社を原子力から離していく明確なインセンティブは法律に入っていない。専門家は4月に出版された「S&P Global Platts」のレポートで、原子力の低下を補うための再生可能エネルギーの目標は低すぎると述べている。
ともかく、次期大統領はどんな選択でも多額のお金がかかる不運な事実を考慮しなければならない。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 米研究機関が日本の2030年原子力割合の見通しを予測
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「米加州、 太陽光と『恵みの雨』で、卸電力価格『0ドル』下回る」(4月24日 日経テクノロジー)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/286991/041800046/?i_cid=nbptec_sied_rnk

■「2030年の原子力割合、見通しの半分 米機関が予測」(3月21日 朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK3N3QJ6K3NULBJ001.html

■「米政府、ユッカマウンテン放射性廃棄物処理場の計画再開を提案」(3月16日 ロイター)
http://jp.reuters.com/article/usa-trump-budget-nuclear-idJPKBN16N0HK

■「原発、推進の必要性が消滅…安価なシェールガス輸入急増、安倍政権は再稼働に邁進」(5月1日 ビジネスジャーナル)
http://biz-journal.jp/2017/05/post_18923.html

■「フランスはこのまま『原発大国』であり続けるのか?」(4月17日 日本ビジネスプレス)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49731



****************************
 
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 
コメント

3,11から6年省エネ拡大を! 脱原発世界ニュース2017vol.10

2017年03月11日 15時04分10秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                 

 

3,11から6年省エネ拡大を!
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2017vol.10
http://npfree.jp
2017.03.11
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【世界の3.11】福島を忘れない世界のイベント
【イベント】3/11「東電抗議と追悼」
【イベント】3/11「反原発!国会前大集会+首相官邸前抗議」
【イベント】3/19「日本の原発輸出に対する抗議デモと国際集会」
【イベント】3/20「さようなら原発全国集会」
【イベント】3/29「福島原発事故の今 パワーシフトが必要なわけ」
【ブックレット】世界へ広がる「福島 10の教訓」
【世界の脱原発】韓国で初の地熱発電所が建設へ
【首長会議】4/28「最終処分場問題 自治体はどう向き合うべきか」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.11から今日で6年目を迎えます。あの大きな地震後に起きた原発事故は福島を中心に甚大な被害を及ぼしました。この影響を受けた人たちは今も厳しい環境で生活されています。今、日本政府は原発輸出をインドに行おうとしており、国内でも原発再稼働を進めていこうとしています。私たちが3.11から学んだことは、2度と今進行中の悲劇を繰り返すのではなく、脱原発社会に向け歩んでいく必要性です。福島の教訓を世界に伝え、国内では省エネ、再生可能エネルギーへ変換していきましょう!Nuclear Free Now!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の3.11 福島を忘れない世界のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
【スペイン】
「福島の事故を記念して」
■日時:3月11日(土)12時~
■場所:El Puerto de Santa Maria
■詳細:
http://www.ecologistasenaccion.org/article33826.html

【スコットランド】
「東日本大震災から6年」
■日時:3月11日(土)18時30分~20時
■場所:Wellington Church, 77 Southpark Avenue, Glasgow, G12 8LE
■詳細:
http://www.japandeskscotland.com/events

【英国】
「福島の展示会:年間20mSv」
■日時:3月2日(木)~4月30日(日)
■場所:Conway Hall, 25 Red Lion Square, Holborn, London WC1R 4RL
■詳細:
http://us7.campaign-archive2.com/?u=e28b8b827432dac3061651556&id=f55c3aaadf&e=cf088284fd

【フランス】
「福島の日常」
佐藤千穂さんとLucas Rueさんの映画「Fukushima, les voix silencieuses 福島~沈黙する声たち~」上映会
■日時:3月18日(土)14時~18時
■場所:Nanterre, France
■詳細:
https://au.eventbu.com/nanterre/vie-quotidienne-de-fukushima/1179715

【米国】
「福島第一原発事故」
原子力災害の歴史、現在の状況、今後の影響について話します。また、ガイガーカウンターデモ、折り紙作り、瞑想、音楽の演奏も行います。
■日時:3月11日(土)10時~14時
■場所:Putnam Plaza, Petaluma, California
■詳細:
http://www.fukushimaresponse.org/Press___Events.html

「福島原発事故から6年」
■日時:3月11日(土)15時~16時30分
■場所:Japanese Consulate/275 Battery St./California St.San Francisco
■詳細:
https://www.indybay.org/newsitems/2017/02/21/18796684.php

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/11「東電抗議と追悼」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
事故から6年。東京電力に福島第一原発事故の責任を求め、柏崎刈羽原発再稼働、汚染水ストップの声を東京電力本店前であげます。ぜひご参加ください。

■日時:3月11日(土)
(第1部)14:00~16:00
■場所:東京電力本店前(東京都千代田区内幸町)
(第2部)16:15~16:45
■場所:JR新橋駅前SL広場(街頭アピール)
■呼びかけ:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎
■詳細:
https://www.tanpoposya.com/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/11「反原発!国会前大集会+首相官邸前抗議」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
3.11追悼 ? 新たなる未来・エネルギー政策の転換を求めて国会前に集まり、脱原発の声を政府に届けましょう!

■日時:3月11日(土)17:00~19:00
■場所:首相官邸前&国会正門前(南庭側)
○首相官邸前エリア:コール中心の抗議を行います。
○国会前大集会:著名人や政治家をゲストスピーカーに迎えた集会です。
■主催:首都圏反原発連合
■詳細:
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=9090

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/19「日本の原発輸出に対する抗議デモと国際集会」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
韓国や南アフリカ、パレスチナのゲストを招き、日本の原発輸出に対する抗議デモと国際集会を行います。ぜひご参加ください。

■日時:3月19日(日)
〇抗議デモ:15:00~@有楽町駅(ビッグカメラ前)集合
〇国際会議:18:00~21:00@韓国YMCA(水道橋)

報告者: 
ナイドウ・クミ氏(南アフリカ)、ニダル・アブ・ズルフ氏(パレスチナ)、金容福氏(キム・ヨンボク博士)(韓国)、田島伸二氏(日本、寓話作家)

■主催:日韓/韓日反核平和連帯
■facebook:
https://www.facebook.com/che.kawasaki/
■連絡先:che.antinuke@gmail.com(崔勝久)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/20「さようなら原発全国集会」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
「いのちを守れ!フクシマを忘れない」というかけ声とともに、ブース出店や原発ライブ、福島や青森からの声とともに代々木公園に集まりましょう。集会後のデモは、渋谷コースと原宿コースに分かれ、街中の人たちにさようなら原発の声を届けましょう。

■日時:3月20日(月・祝)
11:00 ブース開店・さようなら原発ライブ/13:30 発言/15:00 デモ出発
■場所:代々木公園
■イベント詳細(PDF):
http://sayonara-nukes.heteml.jp/nn/wp-content/uploads/2017/01/dcee74cf33659ace487ce4e494c81d3c.pdf

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/29「福島原発事故の今 パワーシフトが必要なわけ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
長い間エネルギー問題に関わっている国際環境NGO FoE Japanの吉田明子さんが、福島原発事故をめぐる現在の状況や1人から出来る小さくても効果的なアクションについてお話しします。

■日時:3月29日 19:00~20:00(18:45 開場)
■場所:ピースボートセンターとうきょう(東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1)
■参加費:500円
■主催:ピースボート
■詳細・申込先:peaceboat.org/18432.html

※ピースボートは3.11から6年を迎える中、福島の教訓を伝え、原発に頼らない社会への取り組みを続けています。これらの取り組みについては以下よりご覧ください。
「3.11から6年 福島の教訓を伝え、原発に頼らない社会を作っていきます」
■詳細:
http://peaceboat.org/17927.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ブックレット 世界へ広がる「福島 10の教訓」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
福島の原発事故の教訓を伝えるブックレット「福島 10の教訓」が、世界に広まっています。1月、2月には新しくポーランド語、ベトナム語、タイ語、中国語(簡体字)に翻訳されました。その他、日本語、韓国語、中国語(繁体字)、英語、スペイン語、フランス語、ベンガル語、アラビア語、トルコ語、アルメニア語があります。

■詳細:
http://fukushimalessons.jp/index.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 韓国で初の地熱発電所が建設へ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「浦項に韓国初の地熱発電所…年末には1000世帯に電力供給」(2月22日 中央日報)
http://japanese.joins.com/article/071/226071.html

■「太陽光発電の新設発電容量、米国で2016年にほぼ倍増」(2月17日 ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/001/438/1438400/

■「テキサスで大成功の風力発電 どこも真似できない例外事例」
https://www.technologyreview.jp/s/10583/the-one-and-only-texas-wind-boom/

■「再生可能エネルギーの未来に目向ける英シェトランド諸島」(2月23日 AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3118418

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【首長会議】4/28「最終処分場問題 自治体はどう向き合うべきか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
脱原発をめざす首長会議が勉強会と総会を行います。勉強会では、東京電機大学の寿楽先生を招き、高レベル放射性廃棄物の最終処分場問題について話が行われます。

■日時:2017年4月23日(日)13:30~17:30(開場 13:00)
■会場:全国町村会館2F ホールB(東京都千代田区永田町1-11-35)
■勉強会参加費:500円 ※総会も傍聴可能
■詳細(要申込):
http://mayors.npfree.jp/?p=5034


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 
 
コメント

米国で原発事故防止強化が話合われる

2017年02月25日 10時38分22秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                             

 

    米国で原発事故防止強化が話合われる
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2017vol.8
http://npfree.jp
2017.02.25
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【首長会議】佐賀県知事の同意権発言へ緊急声明
【イベント】2/25「フランス核実験 被害者はいま」
【イベント】2/25「あるべき原子力損害賠償制度とは?」
【イベント】3/8「REvision2017 自然エネルギーが切り拓く未来」
【イベント】3/8「南相馬のこどもたちの6年」
【イベント】3/10「3・11を忘れない~福島から未来へ」
【イベント】3/11「3.11東電抗議と追悼」
【記事要約】インド発「ジャイタプールで反原発の抗議再び」
【世界の脱原発】ゴミを輸入するリサイクル大国スウェーデン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先月下旬、世界有数の原子力複合企業アレバ(フランス)が、国際調査団から管理体制の弱さを指摘されました。同社はこれまで世界各国に原発を100基以上納入していますが、昨年には原子炉部品の欠陥と不正が発見されました。また、先週米国では電力会社や規制当局などが福島原発事故と同様の事故を防ぐための会合が開かれ、原子力規制委員会の担当者は、想定を超える事態にも備えられるよう対策を進めたいと話しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【首長会議】佐賀県知事の同意権発言へ緊急声明
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
2月20日、脱原発をめざす首長会議が佐賀県の山口知事の発言に抗議する声明を発表しました。これは、山口知事が2月14日の記者会見で「もともと再稼働への同意権は存在していない」と発言したことに対して行われました。

■詳細:
http://mayors.npfree.jp/?p=5046

<勉強会及び総会のお知らせ>
勉強会では、東京電機大学の寿楽先生が招かれ、高レベル放射性廃棄物の最終処分場問題について話が行われます。

■日時:2017年4月23日(日)13:30~17:30(開場 13:00)
■会場:全国町村会館2F ホールB(東京都千代田区永田町1-11-35)
■勉強会参加費:500円 ※総会も傍聴可能です
■詳細(要申込):
http://mayors.npfree.jp/?p=5034

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【イベント】2/25「フランス核実験 被害者はいま
          ―汚された太平洋の楽園―」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
今年の「3・1ビキニ記念のつどい」は南太平洋の楽園で行なわれたフランス核実験について取り上げます。核保有数第3位のフランスは、南半球の仏領ポリネシアの2つの環礁で200回余の核実験を行いながら、被害や環境汚染を否定し、反対運動や被害者の声を無視してきました。しかし、近年被爆者たちが声を上げ変化の兆しがあります。仏核実験の実相と今を学びます。

■日時:2月25日(土)14:00~16:30
■会場:BumB東京スポーツ文化館 研修室B
(夢の島公園内、新木場駅徒歩12分、第五福竜丸展示館より徒歩5分)
■資料代:500円
■詳細:
http://www.d5f.org/news/75.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【イベント】2/25「あるべき原子力損害賠償制度とは?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
国際共同研究プロジェクトとして原子力賠償制度のあり方を研究してきた研究者が、米国(スリーマイル島)、ソ連・ロシア・ウクライナ(チェルノブイリ)、日本(福島)の原子力損害賠償制度を比較検討し、あるべき原子力賠償スキームについて議論します。

(1)「アメリカとソ連・ロシア・ウクライナの原子力賠償制度」(アナリース・ライルズ、コーネル大学教授)
(2)「福島原子力発電所事故の被害の実態」(葦名ゆき弁護士)
(3)「日本における原子力損害賠償制度の課題」(須網隆夫、早稲田大学教授)

■日時:2月25日(土)13:30~15:30
■場所:早稲田大学 8号館 3階 大会議室
■参加費:無料
■詳細:
https://www.waseda.jp/folaw/icl/news/2017/02/07/5661/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/8「REvision2017 自然エネルギーが切り拓く未来」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 パリ協定の発効を受けて自然エネルギーの拡大がますます加速しています。今回、こうした取組みに焦点をあて、自然エネルギー政策の第一線で活躍する世界的な専門家を招き、世界の最新動向を紹介します。

■日時:3月8日(水)10:00~18:00(開場 9:30)※日英同時通訳あり
■会場:イイノホール(千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル4F)
■主催:公益財団法人 自然エネルギー財団
■参加費:無料(要申込)
■詳細:
http://renewable-ei.org/activities/events_20170308.php

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/8「南相馬のこどもたちの6年」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
東日本大震災で大きな被害を受けた福島県の南相馬市。原発事故の影響で、多くの市民が避難を余儀なくされました。卒業や終業式を控えていた子どもたちも例外ではなく、突然の避難所生活が始まりました。事故から6年経ち、南相馬の現状、そして子どもたちへ支援の形などを地元市民グループ代表の西道典さんに伺います。 

■日時:2017年3月8日(水)19:00~20:30(18:45 開場)
■場所:ピースボートセンターとうきょう(新宿区高田馬場3-13-1-B1)
■参加費:500円
■予約・詳細:
http://peaceboat.org/18082.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/10「3・11を忘れない~福島から未来へ」※会場変更
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
3.11から6年経つ今も福島では避難者や廃炉作業員を含め、多くの人が厳しい現実に苦しめられています。今回、その生の声を聞き、ともに福島を忘れず、声を出して前に進んでいくためのイベントが開催されます。また、将来を作り出すために海外との交流を行っている福島の高校生も登壇します。ぜひご参加ください。

■日時:3月10日(金)13:00~16:00
■場所:文京区区民センター 2A会議室(東京都文京区春日1-16-21)
■主催:FoE Japan
■詳細(要申込):
http://www.foejapan.org/energy/evt/170310.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/11「3.11東電抗議と追悼」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
事故から6年。東京電力に福島第一原発事故の責任を求め、柏崎刈羽原発再稼働、汚染水ストップの声を東京電力本店前であげます。ぜひご参加ください。

■日時:3月11日(土)
(第1部)14:00~16:00
■場所:東京電力本店前(東京都千代田区内幸町)
(第2部)16:15~16:45
■場所:JR新橋駅前SL広場(街頭アピール)
■呼びかけ:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎
■詳細:
https://www.tanpoposya.com/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 インド発「ジャイタプールで反原発の抗議再び」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(1月2日 The Hindu)
http://www.thehindu.com/news/cities/mumbai/Jaitapur-to-witness-anti-nuclear-plant-protest-again/article16974634.ece
 ジャイタプール原子力発電プロジェクトに反対する抗議が発表された。フランス電力会社が欧州加圧水型炉を6基建設することを提案したことにより、世界最大の原子力発電所となる。英国のフラムビルと中国の台山にある2基の原子力発電所が現在建設中であり、インド政府の参考プロジェクトとして使用する可能性もあるだろう。
 反原子力団体は現在8年以上にわたり、ジャイタプール原子力発電プロジェクトに一貫して反対している。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 ゴミを輸入するリサイクル大国スウェーデン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「『優秀』すぎるリサイクル大国スウェーデン、ゴミを『輸入』する」(2月20日 Wired)
http://wired.jp/2017/02/20/swedish-recycling/

■「米で原発事故防ぐ対策を話し合う会合」(2月17日 NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170217/k10010879871000.html

■「仏アレバの原発部品問題、安全上の懸念拭えず=国際調査団」(2月7日 WSJ)
http://jp.wsj.com/articles/SB10734999991334983926204582606724038239092

■「スロベニア原発が冷却水トラブルで一時停止、放射能漏れなし」(2月19日 AFPBB)
http://www.afpbb.com/articles/-/3118376?cx_part=topstory


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

 
コメント

福島を忘れない、3,11まであと3週間! 脱原発世界ニュース2017vol.7

2017年02月18日 13時14分36秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                         

 

福島を忘れない、3,11まであと3週間!
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2017vol.7
http://npfree.jp
2017.02.18
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【イベント】2/23-24「日米原子力協力協定と日本のプルトニウム政策国際会議」
【イベント】2/25「あるべき原子力損害賠償制度とは?」
【イベント】3/8「REvision2017 自然エネルギーが切り拓く未来」
【イベント】3/8「南相馬のこどもたちの6年」
【イベント】3/10「3・11を忘れない~福島から未来へ」
【イベント】3/11「3.11東電抗議と追悼」
【世界の脱原発】韓国の原発で数十年にわたり『的外れな』検査が!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あと3週間で3.11から6年目を迎えます。日本国内では来年期間満了となる日米原子力協定、再処理政策が破綻している日本が保有するプルトニウムの問題、あるいはスリーマイル、チェルノブイリ、福島の原子力損害賠償制度について話し合う国際シンポジウムが開催されます。来月末には避難者への住宅支援が打ち切られる事態に直面する中、ぜひみなさんのお近くのイベントに参加し、政府、東電に対して声を上げて行きましょう!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント
 2/23-24「日米原子力協力協定と日本のプルトニウム政策国際会議2017」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
1988年に発効した日本に使用済み燃料再処理の実施基盤を与える「日米原子力協力協定」が2018年7月に30年間の期間満了を迎えることになっています。そこで、原子力資料情報室とアメリカの憂慮する科学者同盟は、日本の核燃料サイクルと再処理政策が持つ問題を徹底的に議論します。

■日時:2月23日(木)、24日(金) ※全セッション日英同時通訳あり
■場所:国連大学 エリザベス・ローズ国際会議場(渋谷区神宮前5-53-70)
■資料代:いずれか1日のみ1,500円/2日間:2,500円(要予約)
■共催:原子力資料情報室/アメリカの憂慮する科学者同盟(UCS)
■詳細:
http://www.cnic.jp/7245

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【イベント】2/25「あるべき原子力損害賠償制度とは?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
国際共同研究プロジェクトとして原子力賠償制度のあり方を研究してきた研究者が、米国(スリーマイル島)、ソ連・ロシア・ウクライナ(チェルノブイリ)、日本(福島)の原子力損害賠償制度を比較検討し、あるべき原子力賠償スキームについて議論します。

(1)「アメリカとソ連・ロシア・ウクライナの原子力賠償制度」(アナリース・ライルズ、コーネル大学教授)
(2)「福島原子力発電所事故の被害の実態」(葦名ゆき弁護士)
(3)「日本における原子力損害賠償制度の課題」(須網隆夫、早稲田大学教授)

■日時:2月25日(土)13:30~15:30
■場所:早稲田大学 8号館 3階 大会議室
■参加費:無料
■詳細:
https://www.waseda.jp/folaw/icl/news/2017/02/07/5661/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/8「REvision2017 自然エネルギーが切り拓く未来」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 パリ協定の発効を受けて自然エネルギーの拡大がますます加速しています。今回、こうした取組みに焦点をあて、自然エネルギー政策の第一線で活躍する世界的な専門家を招き、世界の最新動向を紹介します。

■日時:3月8日(水)10:00~18:00(開場 9:30)※日英同時通訳あり
■会場:イイノホール(千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル4F)
■主催:公益財団法人 自然エネルギー財団
■参加費:無料(要申込)
■詳細:
http://renewable-ei.org/activities/events_20170308.php

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/8「南相馬のこどもたちの6年」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
東日本大震災で大きな被害を受けた福島県の南相馬市。原発事故の影響で、多くの市民が避難を余儀なくされました。卒業や終業式を控えていた子どもたちも例外ではなく、突然の避難所生活が始まりました。事故から6年経ち、南相馬の現状、そして子どもたちへ支援の形などを地元市民グループ代表の西道典さんに伺います。 

■日時:2017年3月8日(水)19:00~20:30(18:45 開場)
■場所:ピースボートセンターとうきょう(新宿区高田馬場3-13-1-B1)
■参加費:500円
■予約・詳細:
http://peaceboat.org/18082.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/10「3・11を忘れない~福島から未来へ」※会場変更
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
3.11から6年経つ今も福島では避難者や廃炉作業員を含め、多くの人が厳しい現実に苦しめられています。今回、その生の声を聞き、ともに福島を忘れず、声を出して前に進んでいくためのイベントが開催されます。また、将来を作り出すために海外との交流を行っている福島の高校生も登壇します。ぜひご参加ください。

■日時:3月10日(金)13:00~16:00
■場所:文京区区民センター 2A会議室(東京都文京区春日1-16-21)
■主催:FoE Japan
■詳細(要申込):
http://www.foejapan.org/energy/evt/170310.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/11「3.11東電抗議と追悼」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
事故から6年。東京電力に福島第一原発事故の責任を求め、柏崎刈羽原発再稼働、汚染水ストップの声を東京電力本店前であげます。ぜひご参加ください。

■日時:3月11日(土)
(第1部)14:00~16:00
■場所:東京電力本店前(東京都千代田区内幸町)
(第2部)16:15~16:45
■場所:JR新橋駅前SL広場(街頭アピール)
■呼びかけ:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎
■詳細:
https://www.tanpoposya.com/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 韓国の原発で数十年にわたり『的外れな』検査が!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「ハイフォン:カットバー島で電気バスを試験運行、北九州市が協力」(2月11日 VIETJO)
http://www.viet-jo.com/news/social/170211090532.html

■「10万年眠る『核廃棄物の墓』:フィンランド最終処分場」(1月26日 WSJ)
http://jp.wsj.com/articles/SB11177354273695693774104582582193774954080

■「韓国の原発運営機関、数十年間も『的外れな検査』続け課徴金処分に」(2月14日 Recordchina)
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170214/Recordchina_20170214008.html

■「東芝の損失が膨張する米原発“契約”の中身」(2月12日 ニュースイッチ)
https://newswitch.jp/p/7933



****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************



http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

 
 
コメント

韓国原発の稼働延長が取り消される!脱原発世界ニュース2017vol.6

2017年02月11日 17時18分24秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                

 

韓国原発の稼働延長が取り消される!脱原発世界ニュース2017vol.6

<button class="favEntryBtn favEntryOff">記事をクリップするクリップ追加</button>

韓国原発の稼働延長が取り消される!
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2017vol.6
http://npfree.jp
2017.02.11
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【書籍紹介】「はみだし」市長の宝塚日記
【イベント】2/23-24「日米原子力協力協定と日本のプルトニウム政策国際会議」
【イベント】2/25「あるべき原子力損害賠償制度とは?」
【イベント】3/8「REvision2017 自然エネルギーが切り拓く未来」
【イベント】3/10「3・11を忘れない~福島から未来へ」
【世界の脱原発】韓国の原発 裁判所が稼働延長を取り消し
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2月7日、ソウル行政裁判所は30年の設計寿命を越えた原発に対して原子力安全委員会が出していた10年の運転延長許可を取り消す判決を出しました。日本では日米原子力協力協定が来年で30年の期間満了を迎えるにあたり、日米の専門家が集まり、日本の核燃料サイクルと再処理政策が持つ問題を議論する場が設けられます。また、今後の原発災害を考慮に入れた原子力損害賠償制度について米国、ロシア、ウクライナ、日本を比較する研究会も開催されます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 書籍紹介 「はみだし」市長の宝塚日記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
「脱原発をめざす首長会議」会員の中川智子・宝塚市長が本を出版しました。脱原発に関する思いや自然エネルギー普及への思いも語られています。中川市長は「2050年までに家庭用の電力消費についての再生可能エネルギー自給率を50%にする」という目標値を掲げた「宝塚エネルギー2050ビジョン」策定をするなど、再エネに力を入れています。

中川智子『「はみだし」市長の宝塚日記」(かもがわ出版、2017年)
定価(本体価格700円+税)
※詳細:
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ha/0892.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント
 2/23-24「日米原子力協力協定と日本のプルトニウム政策国際会議2017」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
1988年に発効した日本に使用済み燃料再処理の実施基盤を与える「日米原子力協力協定」が2018年7月に30年間の期間満了を迎えることになっています。そこで、原子力資料情報室とアメリカの憂慮する科学者同盟は、日本の核燃料サイクルと再処理政策が持つ問題を徹底的に議論します。

■日時:2月23日(木)、24日(金) ※全セッション日英同時通訳あり
■場所:国連大学 エリザベス・ローズ国際会議場(渋谷区神宮前5-53-70)
■資料代:いずれか1日のみ1,500円/2日間:2,500円(要予約)
■共催:原子力資料情報室/アメリカの憂慮する科学者同盟(UCS)
■詳細:
http://www.cnic.jp/7245

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【イベント】2/25「あるべき原子力損害賠償制度とは?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
国際共同研究プロジェクトとして原子力賠償制度のあり方を研究してきた研究者が、米国(スリーマイル島)、ソ連・ロシア・ウクライナ(チェルノブイリ)、日本(福島)の原子力損害賠償制度を比較検討し、あるべき原子力賠償スキームについて議論します。

(1)「アメリカとソ連・ロシア・ウクライナの原子力賠償制度」(アナリース・ライルズ、コーネル大学教授)
(2)「福島原子力発電所事故の被害の実態」(葦名ゆき弁護士)
(3)「日本における原子力損害賠償制度の課題」(須網隆夫、早稲田大学教授)

■日時:2月25日(土)13:30~15:30
■場所:早稲田大学 8号館 3階 大会議室
■参加費:無料
■詳細:
https://www.waseda.jp/folaw/icl/news/2017/02/07/5661/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/8「REvision2017 自然エネルギーが切り拓く未来」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 パリ協定の発効を受けて自然エネルギーの拡大がますます加速しています。今回、こうした取組みに焦点をあて、自然エネルギー政策の第一線で活躍する世界的な専門家を招き、世界の最新動向を紹介します。

■日時:3月8日(水)10:00~18:00(開場 9:30)※日英同時通訳あり
■会場:イイノホール(千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル4F)
■主催:公益財団法人 自然エネルギー財団
■参加費:無料(要申込)
■詳細:
http://renewable-ei.org/activities/events_20170308.php

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 3/10「3・11を忘れない~福島から未来へ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
3.11から6年経つ今も福島では避難者や廃炉作業員を含め、多くの人が厳しい現実に苦しめられています。今回、その生の声を聞き、ともに福島を忘れず、声を出して前に進んでいくためのイベントが開催されます。また、将来を作り出すために海外との交流を行っている福島の高校生も登壇します。ぜひご参加ください。

■日時:3月10日(金)13:00~16:00
■場所:文京区区民センター 2A会議室(東京都文京区春日1-16-21)
■主催:FoE Japan
■詳細(要申込):
http://www.foejapan.org/energy/evt/170310.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 韓国の原発 裁判所が延長を取り消し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「『脱石油』目指すサウジ、国内初の風力発電タービン稼働」(1月30日 AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3114693

■「月城原発1号基の運転延長  行政裁判所が取り消す」(2月8日 KBS)
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=62447

■「ロラン市とコペンハーゲン首都圏が、歴史的な『持続可能な共生を目指す協力協定』締結!」(1月30日 ハフィントンポスト)
http://www.huffingtonpost.jp/tomoko-kitamura-nielsen/lolland-copenhagen_b_14482684.html

■「仏北部の原子力発電所で爆発、汚染のリスクはなし」(2月9日 時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000037-jij_afp-int



****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************



http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 
 
コメント

ASEANが2025年までに再エネ23%を目標に!脱原発世界ニュース2017vol.5

2017年02月04日 16時30分31秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                 

 

ASEANが2025年までに再エネ23%を目標に!
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2017vol.5
http://npfree.jp
2017.02.04
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【キャンペーン】私たちの家から再エネを促進へ!
【核兵器】「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加する被爆者や若者を募集
【イベント】2/18「原発事故自主避難者の住まいを奪うな!さようなら原発緊急集会(仮)」
【イベント】2/23-24「日米原子力協力協定と日本のプルトニウム政策国際会議」
【世界の脱原発1】ASEANで再エネ拡大中!
【世界の脱原発2】再エネ100%企業の電力が日本の消費電力の1割へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

再生可能エネルギーに由来する電力のみを利用する世界の企業18社が、100%目標に達したというニュースが入りました。この電力量の合計は日本の消費量の1割に当たるということです。また、ASEAN(東南アジア諸国連合)は2025年までに再生可能エネルギーの構成比を23%まで引き上げる目標を掲げており、約33兆円の投資が求められています。日本でも自然エネルギー電力会社を応援しているキャンペーンも行われています。ぜひ私たちも盛り上げていきましょう!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【キャンペーン】私たちの家から再エネを促進へ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
現在、多くの市民団体により構成される「パワーシフトキャンペーン」では、自然エネルギーの電力会社を応援するため、市民の声を募集しています。こちらの「パワーシフト宣言=自然エネルギー買いたい宣言」を行うと、地域の自然エネルギー電力会社の情報などをGETできます。先週は、賛同団体として「脱原発をめざす首長会議」「なくそう浜岡原発」「命とふるさとを守る広幡の会」「ピースボート」「さよなら原発の夕べ@浜松」などが加入しています。

■パワーシフト:
http://power-shift.org/
■パワーシフト宣言(記入サイト):http://power-shift.org/declaration/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 核兵器
 「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加する被爆者や若者を募集
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
核兵器の非人道性に関する国際世論の高まりを受け、核兵器禁止条約の交渉会議が今年3月にニューヨーク国連本部で開幕します。こうしたなか、ピースボートは今年4月に出航する地球一周の船旅において、第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」(おりづるプロジェクト)を実施します。このプロジェクトに参加する熱意ある被爆者、被爆二世、継承者、ユースの方々を募集します。※応募締切:2月20日(月)書類必着

■詳細:
http://peaceboat.org/17873.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 2/18「原発事故自主避難者の住まいを奪うな!
                    2・18さようなら原発緊急集会(仮称)」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
福島原発事故で避難区域外から避難を余儀なくされた「自主避難者」に対する住宅無償提供が、この3月末に打ちきりとなります。これまで原発事故の避難区域の内外を問わず対象としてきましたが、避難区域外の「自主避難者」が切り捨てられることになろうとしています。今回その現状を訴える緊急集会を開催します。

■日時:2月18日(土)18:30~(開場 18:00)
■会場:連合会館2階 大会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)
■資料代:800円
■主催:さようなら原発1000万人アクション実行委員会
■詳細:
http://sayonara-nukes.org/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント
 2/23-24「日米原子力協力協定と日本のプルトニウム政策国際会議2017」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
1988年に発効した日本に使用済み燃料再処理の実施基盤を与える「日米原子力協力協定」が2018年7月に30年間の期間満了を迎えることになっています。そこで、原子力資料情報室とアメリカの憂慮する科学者同盟は、日本の核燃料サイクルと再処理政策が持つ問題を徹底的に議論します。

■日時:2月23日(木)、24日(金) ※全セッション日英同時通訳あり
■場所:国連大学 エリザベス・ローズ国際会議場(渋谷区神宮前5-53-70)
■資料代:いずれか1日のみ1,500円/2日間:2,500円(要予約)
■共催:原子力資料情報室/アメリカの憂慮する科学者同盟(UCS)
■詳細:
http://www.cnic.jp/7245

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 ASEANで再エネ拡大中!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「大地震は発生するのか 政府と専門家で見解に相違=韓国」(1月8日 Yonhap News)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/01/06/0900000000AJP20170106005100882.HTML

■「100%再エネ企業が18社、日本の消費電力の1割に」(1月23日 スマートジャパン)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1701/23/news070.html

■「RE100と現在の加盟企業 ~再生可能エネルギー100%を目指す企業経営~」(2月1日 Sustainable Japan)
https://sustainablejapan.jp/2017/02/01/re100/25334

■「拡大するASEANの再生可能エネルギー」(1月23日 SankeiBiz)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170123/mcb1701230500003-n1.htm


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************



http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

 
コメント

東芝が原発建設工事から撤退か?

2017年01月28日 19時13分04秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ
                          
 
東芝が原発建設工事から撤退か?
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2017vol.4
http://npfree.jp
2017.01.28
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【イベント】1/31「どこへ行く、原発輸出?~泥沼化する国際原子力産業の実態と各国の選択~」
【イベント】2/1「そこが知りたい!電力自由化―デンキとの付き合い方、教えます」
【イベント】2/28「アメリカは日本の原子力政策をどう見ているか」
【世界の脱原発】東芝が原発建設工事分野から撤退か?   
【世界の再エネ】中国が2020年までに発電量の約3割を再エネへ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、東芝の米国での原発事業による損失が最大7000億円にのぼるとの報道がなされました。米国では事故やテロに対する安全対策費がかさむとともに、シェール革命により天然ガスの価格が下落しており、同国の電力会社も次々と原発事業から撤退しています。来週には東京で日本政府が行おうとしている原発輸出についてのイベントが開催され、国際原子力産業や各国の報告が行われます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 1/31「どこへ行く、原発輸出?
         ~泥沼化する国際原子力産業の実態と各国の選択~」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
原発事故から6年が経とうとしている中、原発事故後の廃炉・除染・賠償の費用は21.5兆円に跳ね上がり、将来世代も含めて国民が広く負担しなければならない事態となっています。このような中で、日本政府は原発輸出を進めています。ぜひ今回は各国の事情などを踏まえた報告を行います。

■日時:1月31日(火)15:00~18:00(開場 14:40)
 ※開始20分前からロビーにて入館証を配布します
■会場:参議院議員会館B104会議室(定員70名)
■資料代:500円
■共催:国際NGO FoE-Japan、メコン・ウォッチ/協力:原子力資料情報室
■詳細:
http://www.cnic.jp/7313
■要申込:申込みフォームからお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/44c4354f114940

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 2/1「そこが知りたい!電力自由化
                ―デンキとの付き合い方、教えます」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
2016年4月から電力自由化がはじまり、契約する電力会社を選べるようになりました。でも実際に切り替えた家庭は、まだまだ少数です。今回は『そこが知りたい電力自由化-自然エネルギーを選べるの?』の著者である高橋真樹さんを招き、「どんな電力会社がオススメ?」「賃貸住宅でも切り替えられるの?」といった素朴な疑問から、電力自由化との付き合い方まで、わかりやすくお話しいただきます。

■日時:2月1日(水)19:00~20:30(開場 18:45)
■場所:ピースボートセンターとうきょう(新宿区高田馬場3-13-1-B1)
■参加費:500円
■詳細(予約先):
http://peaceboat.org/17195.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 2/28「アメリカは日本の原子力政策をどう見ているか」
         ~「日米原子力協定」満期を1年後に控えて~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
昨年10月に出版された『アメリカは日本の原子力政策をどうみているか』の編者である鈴木達治郎氏を招き、2018年7月に満期を迎える日米原子力協定の行方、米国の原子力政策の現状、日本の再処理政策の持続可能性、プルトニウム保有の問題点等について考えます。

■日時:2月28日(火)18:00~19:45(開場 17:30)
■場所:KACHIELセミナールーム(京急第2ビル6F)
■参加費:1000円(ND会員・学生は無料)
■主催:新外交イニシアティブ(ND)
■詳細:
http://www.nd-initiative.org/event/3175/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 東芝が原発建設工事分野から撤退か?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「Greenpeaceがクリーンエネルギー調査でApple、Facebook、Googleを称賛」(1月12日 TechCrunch Japan)
http://jp.techcrunch.com/2017/01/12/20170110apple-facebook-and-google-top-greenpeaces-clean-energy-report/

■「東芝を追い込む米原発事業 損失は最大7000億円に」(1月20日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201701/CK2017012002000123.html?ref=rank

■「ストリーミング企業は『再生可能エネルギーの活用』が遅れている:調査結果」(1月16日 Wired)
http://wired.jp/2017/01/16/streaming-energy/

■「調整機関創設へ 再生エネ 国内外での事業支援 県が新年度」(1月17日 福島民報)
http://www.minpo.jp/news/detail/2017011738184

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の再エネ 中国が2020年までに発電量の約3割を再エネへ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「ブロックチェーンとビットコイン、再生可能エネルギーも変える!?」(1月13日 ニュースイッチ)
http://newswitch.jp/p/7524

■「中国、2020年までに再生可能エネルギー発電1.9兆kWh目指す」(2016年12月16日 ロイター)
http://jp.reuters.com/article/china-power-renewables-idJPKBN1451H1

■「日本人が知らない再生可能エネルギーの偉大な進歩2016年版」(2016年12月30日 MIT Technology Review)
https://www.technologyreview.jp/s/19699/the-biggest-clean-energy-advances-in-2016/

■「ベトナム、原発計画中止 リトアニア、計画凍結 日本の脱原発への政策転換必至」(1月17日 ビッグイシュー)
http://blogos.com/article/205962/




****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 

                                

 

 

コメント

福島県が3,11を世界に伝えるための施設を建設へ 脱原発世界ニュース2017vol.3

2017年01月21日 14時30分13秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                

 

福島県が3,11を世界に伝えるための施設を建設へ
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2017vol.3
http://npfree.jp
2017.01.21
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【イベント】1/21「3・11から未来へ 福島への帰還政策、原発輸出、原発温存政策、福島の若者たちの声…」
【イベント】1/31「どこへ行く、原発輸出?~泥沼化する国際原子力産業の実態と各国の選択~」
【イベント】2/1「そこが知りたい!電力自由化―デンキとの付き合い方、教えます」
【意見募集】世界へ伝える東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設が建設へ
【世界の再エネ1】ラスベガスが街全体を再エネ100%へ!
【世界の再エネ2】米国の電力会社が全米初の屋根借り太陽光事業へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月、福島県は東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設の建設に関して、世界の人々に伝えるべき3.11の記憶の募集を開始しました。2020年の東京五輪・パラリンピックで来日する人々の被災地ツアーなども見込んでいるとのことです。米国ロサンゼルス市では、全米初となる電力会社による住宅用屋根借り太陽光事業が行われます。また、国際エネルギー機関が今後の再生可能エネルギーでは熱を増やしていくべきであると指摘しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 1/21「3・11から未来へ
 福島への帰還政策、原発輸出、原発温存政策、福島の若者たちの声…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
今回のイベントでは、原発事故費用・廃炉費用の託送料金を通じた国民負担問題、ベトナム、台湾、リトアニアなどの原発からの撤退の動き、原発事故避難者の住宅問題などが報告されます。福島から大学生も参加し、ドイツやベラルーシの若者たちとの交流を経て見えてきたことについて語ります。

■日時:1月21日(土)13:45~(開場 13:20)
■会場:文京区男女平等センター(最寄り駅:本郷三丁目)
■参加費:500円
■主催:FoE Japan
■詳細:
http://www.foejapan.org/energy/evt/170121.html
■申し込み:https://www.foejapan.org/event/event_form.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 1/31「どこへ行く、原発輸出?
         ~泥沼化する国際原子力産業の実態と各国の選択~」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
原発事故から6年が経とうとしている中、原発事故後の廃炉・除染・賠償の費用は21.5兆円に跳ね上がり、将来世代も含めて国民が広く負担しなければならない事態となっています。このような中で、日本政府は原発輸出を進めています。ぜひ今回は各国の事情などを踏まえた報告を行います。

■日時:1月31日(火)15:00~18:00(開場 14:40)
 ※開始20分前からロビーにて入館証を配布します
■会場:参議院議員会館B104会議室(定員70名)
■資料代:500円
■共催:国際NGO FoE-Japan、メコン・ウォッチ/協力:原子力資料情報室
■詳細:
http://www.cnic.jp/7313
■要申込:申込みフォームからお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/44c4354f114940

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 イベント 2/1「そこが知りたい!電力自由化
                ―デンキとの付き合い方、教えます」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
2016年4月から電力自由化がはじまり、契約する電力会社を選べるようになりました。でも実際に切り替えた家庭は、まだまだ少数です。今回は『そこが知りたい電力自由化-自然エネルギーを選べるの?』の著者である高橋真樹さんを招き、「どんな電力会社がオススメ?」「賃貸住宅でも切り替えられるの?」といった素朴な疑問から、電力自由化との付き合い方まで、わかりやすくお話しいただきます。

■日時:2月1日 19:00~20:30(開場 18:45)
■場所:ピースボートセンターとうきょう(新宿区高田馬場3-13-1-B1)
■参加費:500円
■詳細(予約先):
http://peaceboat.org/17195.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 意見募集
 世界へ伝える東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設が建設へ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
福島で3.11を世界に伝える「東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設」の建設が決まりました。そこで、現在福島県は展示内容に関して、世界に発信していくべきもの・ことや自分が伝えたいもの、または経験等の意見を募集しています。ぜひ多くの意見、経験などを送りましょう。

■詳細:
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11055b/a-kaibu-ikenboshuu.html

■「アーカイブ拠点施設に交付金 建設費は55億円程度、17年度予算案」(12月23日 福島民友)
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161223-136859.php
■「双葉のアーカイブ施設整備会議 出席わずか17市町村」(1月12日 福島民報)
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/01/post_14623.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の再エネ1 ラスベガスが街全体を再エネ100%へ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「中国、クリーンエネルギー投資で世界をリード IEEFA報告」(2017年1月12日 AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3113409

■「国際エネルギー機関、今後再生可能エネルギーの利用を増やすべき領域は熱と指摘」(2016年12月6日 EICネット)
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=38099&oversea=1

■「インターネットに再生可能エネルギーを使う、米国企業が推進、アジアは遅れる」(2017年1月16日 Smart Japan)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1701/16/news037.html

■「カジノの都市ラスベガスが街全体の電力を100%再生可能エネルギーで生み出すことに」(2016年12月27日 GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20161227-las-vegas-renewable-energy/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の再エネ2 米国の電力会社が全米初の屋根借り太陽光事業へ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「『太平洋の島国』に再エネを導入する国際会議 資金スキームやEV利用など議論」(2016年12月12日 環境ビジネス)
https://www.kankyo-business.jp/news/013957.php

■「米ロサンゼルス市、低所得者住宅を対象に『屋根借り太陽光』」(2016年12月21日 日経テクノロジー)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/286991/121600038/?rt=nocnt

■「話題の原発事故映画を団体鑑賞 韓国野党議員やソウル市長」(2016年12月14日 朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/14/2016121402288.html

■「ディカプリオさんがトランプ氏と会談 再生エネの経済効果訴え」(2016年12月9日 AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3110759



****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************





http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

コメント

2025年までに太陽光のコストはタダに?脱原発世界ニュース2017vol.2

2017年01月14日 18時13分18秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                

 

2025年までに太陽光のコストはタダに?
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2017vol.2
http://npfree.jp
2017.01.14
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【自然エネルギー財団】コラム「自然エネルギーが脱炭素社会への扉を開く」
【記事要約】オーストラリア発「サウスオーストラリアの市民が核廃棄物処理所に反対」
【世界の再エネ1】太陽光のコストが2025年までにほとんどタダに?
【世界の再エネ2】米国で2基の原発が閉鎖!台湾で脱原発法が可決!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

驚くべきことに、太陽光発電のコストが2025年までに1kWh=1セントにまで低下するという調査結果をフランスの大手電力会社が発表しました。また、オランダの鉄道は今年からすべての列車が風力発電エネルギーの利用することに成功しています。また、ベルギーでは全世帯の50%を風力発電でまかなう挑戦も始まっています。米国のハワイでは、再エネ100%への計画を2045年から2040年へと前倒しました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【自然エネルギー財団】「自然エネルギーが脱炭素社会への扉を開く」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
世界各国の自然エネルギーについての事例紹介を行っている自然エネルギー財団が、年頭コラムのコラムで世界の企業が自然エネルギー100%へと率先して転換していっている事例を紹介しています。

■コラム:
http://www.renewable-ei.org/column/column_20170105.php

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【記事要約】オーストラリア発
 「サウスオーストラリアの市民が核廃棄物処理所に反対」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(11月14日 Guardian)
https://www.theguardian.com/environment/2016/nov/14/sa-nuclear-waste-dump-proposal-will-go-to-referendum-if-it-gets-bipartisan-support
オーストラリアのサウスオーストラリア州に、海外からの核廃棄物を保管する核廃棄処理場を建てられる予定だ。オーストラリア政府は、この案で数十億円の経済効果が得られると予測している。世論調査によると、同施設建設に対して43%は賛成、37%は反対、残りの20%は無回答だった。しかし、この案に反対する同州の市民団体は、この問題は政府が決めるのではなく、国民が決めるべきだとし、国民投票の実施を主張している。二大政党の支持があれば国民投票が実行される。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の再エネ1 太陽光のコストが2025年までにほとんどタダに?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「仏大手電力会社、太陽光発電のコストは2025年までに1kWh=1セントにまで低下する・電気料金はほとんどただに」(2016年12月30日 Business news)
http://business.newsln.jp/news/201612301818310000.html

■「オランダ鉄道、今年からすべての列車が風力発電エネルギー利用に」(1月8日 ポートフォリオ・ニュース)
http://www.portfolio.nl/bazaar/home/show/1709

■「全世帯の『50%』を風力発電で、ベルギーの挑戦」(2016年12月22日 ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1612/22/news098.html

■「米ハワイ州の電力大手、2040年に電力の100%再エネ達成へ」(2016年12月26日 日経テクノロジー)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/122605667/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の再エネ2 米国で2基の原発が閉鎖!台湾で脱原発法が可決!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「NY近郊の老朽原発2基閉鎖で合意 州知事『人口過密地域に時限爆弾』」(2017年1月10日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201701/CK2017011002000231.html

■「米原発閉鎖が告げる『採算性メルトダウン』」(2017年1月11日 ロイター)
http://jp.reuters.com/article/usa-energy-breakingviews-idJPKBN14U0FZ

■「台湾が脱原発法可決 アジア初、25年までに『廃炉』」(2017年1月12日 中国新聞)
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=310698&comment_sub_id=0&category_id=256

■「福島原発がモデル…韓国ディザスター映画、公開12日で観客動員300万人突破!」(2016年12月19日 シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0088430


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

 
コメント

今年の脱原発・再エネをふり返る!脱原発世界ニュース2016vol.49

2016年12月25日 10時50分30秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                

 

今年の脱原発・再エネをふり返る!
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2016vol.49
http://npfree.jp
2016.12.24
世界の原発の動きはここでチェック!
※来年は1月7日から配信します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【書籍紹介】「原発に抗う―『プロメテウスの罠』で問うたこと」
【世界の再エネ】100%達成国はここだ!
【世界の再エネ】100%へ向かっているのはここだ!
【世界の脱原発】台湾、ベトナムが脱原発へ舵を切る!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年はコスタリカやポルトガル、スコットランドで再生可能エネルギー100%を達成しました。また、アイスランドやノルウェーはすでにほぼ100%となっています。これに続けとばかりに、ウルグアイは95%を達成、明確な期間を決め100%を目指すことを表明した国はスウェーデン、米国などの国があります。国際エネルギー機関は、5年後には再生可能エネルギーが欧米の全需要を満たすまで成長するだろうという報告を発表しました。日本国内でも自治体や企業、市民などが再エネも進めています。年末は身体を休め、新しい年へと力を蓄えましょう。来年も脱原発・再エネ拡大でよろしくお願いいたします。よしお年を。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 書籍紹介「原発に抗う―『プロメテウスの罠』で問うたこと」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
朝日新聞で原発問題に焦点を当てた『プロメテウスの罠』を中心に、「原発的なるもの=いのちよりカネの価値観」を批判し続けてきた朝日新聞の本田記者の渾身の一冊。ぜひご一読ください。

本田雅和「原発に抗う―『プロメテウスの罠』で問うたこと」(緑風出版 2000円)
http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1621-7n.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の再エネ 100%達成国はここだ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
今年、世界で初めて中米の小国コスタリカが定常的に再エネ100%を達成しました。また、一時的に100%を達成したのはヨーロッパのポルトガル、スコットランドでした。特にポルトガルでは再エネの需給調整技術の実証実験が行われます。この他、アイスランド、ノルウェーもほぼ100%再エネ国といわれています。

■「コスタリカ、100%再生可能エネルギー移行をほぼ達成」(9月1日 Business news)
http://business.newsln.jp/news/201609012302240000.html

■「再エネ100%を記録したポルトガル、ADRで需給調整に挑む」(11月24日 ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1611/24/news037.html

■「スコットランド、約1日間に渡って風力発電による発電量が全電力需要量を超過」(8月12日 Business news)
http://business.newsln.jp/news/201608120145500000.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の再エネ 100%へ向かっているのはここだ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
まず南米のウルグアイが95%を達成しました。またヨーロッパのスウェーデンは25年まで、米国は2050年までに再エネ100%を目指すことを明らかにしています。そして、これらを裏付けるように米国のアイオワ州が2030年まで、ハワイ州は2045年までに100%を目指しています。

■「再生可能エネルギー95%を実現。ウルグアイから日本が学ぶべきこと」(2015年12月 Tabi-Labo)
http://tabi-labo.com/222087/energy/

■「スウェーデンが25年以内に、全電力を再生エネルギーで賄うことを視野に入れる」(10月30日 Irorio)
http://irorio.jp/daikohkai/20161030/360430/

■「米国政府、2050年までに再エネ100%を決意表明!」
(2015年12月9日 The Nation)
http://www.thenation.com/article/congress-has-a-plan-to-achieve-100-percent-clean-and-renewable-energy-by-2050/
世界中が地球温暖化の気候変動によって大きな影響を受けている中で、米国の革新議会当院集会(Congressional Progressive Caucus)は2050年までにCO2排出をほぼゼロにし、2030年までに50%、2050年までに再生可能なエネルギーの使用を100%にするという決意を表明した。再生可能エネルギーへのシフトは米国の雇用増加にも貢献するという。

■「アイオワ州、2030年までに100%再生可能エネルギー化を達成へ」(9月3日 Business news)
http://business.newsln.jp/news/201609032139090000.html

■「『再エネ100%』義務のハワイ州、エネルギー政策責任者が語る『これまで』と『これから』」(9月21日 日経テクノロジーオンライン)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/092104186/?rt=nocnt

■「5年後、再生可能エネルギーは『欧米の全需要』を満たす:IEA報告書」(10月28日 Wired)
http://wired.jp/2016/10/28/renewable-capacity-europe/

■「風力の発電能力、初めて原発抜く コスト減、普及後押し」
(2015年12月29日 朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASHDT41F8HDTULZU009.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【世界の脱原発】台湾、ベトナムが脱原発へ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
国民の投票結果により脱原発政権変わった台湾では、2025年までに全原発を停止し、全廃することを決めました。もちろん今建設中の原発も中止となります。また、日本とロシアが参入し原発が作られようとしていましたが、建設コストが高くなってきていることなどから、その建設を白紙撤回しました。

■「台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止」(10月22日 朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASJBQ5Q7SJBQUHBI014.html

■「ベトナム 原発計画を撤回!?-オールジャパンの売り込み攻勢の影で」
https://foejapan.wordpress.com/2016/11/10/vietnam-2/

■「ベトナム原発計画のゆくえ…『多くの国会議員が原発中止に賛成』」
https://foejapan.wordpress.com/2016/11/10/vietnam-3/


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************



http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 
コメント

世界初の地熱+水力ハイブリック発電が稼働へ!脱原発世界ニュース2016vol.48

2016年12月18日 11時49分53秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                

 

         世界初の地熱+水力ハイブリック発電が稼働へ!
 

      Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2016vol.48
http://npfree.jp
2016.12.17
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【報告書】日本の原子炉の一次冷却系部材、炭素異常に関するレビュー
【記事要約】インド発「チェンナイで原子力反対会議が開催される」
【記事要約】ニュージーランド発「脱原発ヒーロー」
【世界の脱原発】世界初の地熱+水力ハイブリッド発電が稼働開始!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、脱原発が決まった台湾では、政府が原発事故の被災地で生産された食品の輸入禁止を緩和しようとしており、それに対して多くの市民が反対しています。また、日本の原発が輸出されると見られているインドでは、地元の市民団体が原発反対の声を上げています。再生可能エネルギーの分野では、米国のユタ州で、世界初の地熱と水力を合わせたハイブリット型の発電所が運転を開始し、今後の技術革新に期待が高まっています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【報告書】日本の原子炉の一次冷却系部材、炭素異常に関するレビュー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
英国の原子力コンサルタントが作成し、国際環境NGO グリーンピース・ジャパンが発行した依託報告書が発表されました。この中では、原子力規制委員会のどこが不十分か、また日本の原発に導入されている部品でも強度不足の可能性があることが論じられています。

報告書:
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/Final_JohnLarge_Report2_JN_20161213.pdf

「フランスでは、原発部品データ捏造が発覚 日本の原発は、大丈夫?」(12月13日 グリーンピース)
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/58283/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 インド発「チェンナイで原子力反対会議が開催される」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(11月3日 New India Press)
http://www.newindianexpress.com/cities/chennai/2016/nov/03/anti-nuclear-conference-to-be-held-in-chennai-1534575.html
インドは現在、クダンクラム原発やカルパッカムの原発がある。また、今度ロシアの協力を得て、新しい原発が建設される予定だ。12月10日の国際人権デーを迎えるにあたり、インドを代表する脱原発や環境問題を扱う市民団体(PMANEやVCK、MDMK、CPMなど)がインドのチェンナイで原子力反対会議を開催した。脱原発関係者によると、チェンナイがあるタミル・ナードゥ州はこれからインドの核廃棄物の拠点になる恐れがあるという。また、国家的な安全規制や緊急災難の対応に失敗した今の時点で、同州で核廃棄物を処理することは非常識であると非難されている。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 ニュージーランド発「脱原発ヒーロー」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(11月14日 SPINOFF)
http://thespinoff.co.nz/society/14-11-2016/the-australian-hero-of-nuclear-free-new-zealand/
戦後1947年から1962年まで、米国はマーシャル諸島で核実験を行った。これによりマーシャル諸島の被爆者は強制移住させられ、身体的・精神的なダメージを受けた。1984年、ニュジーランドの元国会委員ヘレン・カルディコットさんは、ニュジーランドの核兵器廃棄運動に加わっていた。ハーバード大学で医学を専攻した彼女は、1983年23歳という若い頃から被爆者の健康改善やニュジーランド市民を対象とした核兵器廃棄アドボカシーに力を入れていた。彼女は2万人の女性とともに花を持って核兵器に反対する運動を平和的なアプローチを行ってきたことで有名である。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 世界初の地熱+水力ハイブリッド発電が稼働開始!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「インド、3億人が電気のない生活も…『原発事故を起こした日本から輸入していいのか』」(12月12日 Zakzak)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161212/frn1612121700004-n2.htm

■「被災地食品の輸入反対7割 福島原発事故後禁止の台湾で世論調査」(12月15日 西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/295752

■「仏企業の欠陥原発部品と隠ぺい、世界に波紋」(12月14日 WSJ)
http://jp.wsj.com/articles/SB12639540122206773900404582496252929656934

■「中国大亜湾原発 放射能漏えい事故発生か=香港メディア」(12月13日 Epochtimes)
http://www.epochtimes.jp/2016/12/26524.html

■「世界初の地熱+水力ハイブリッド発電、地下に戻す熱水で電力を増やす」(12月8日 SmartJapan)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1612/08/news031.html


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************



http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)



 
 
コメント

スウェーデンが40年まで全電力を再エネへ!脱原発世界ニュース2016vol.47

2016年12月11日 10時35分02秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

         

 

スウェーデンが40年まで全電力を再エネへ!
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2016vol.47
http://npfree.jp
2016.12.10
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【核兵器特集】今も続く健康被害
【記事要約】米国発「50年前の原発事故から考える安全」
【記事要約】ウクライナ発「ウクライナで再び原発事故が起こるのか?」
【世界の脱原発】スウェーデンが2040年までに全電力を再エネへ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原子炉を10基持つスウェーデンが、原発を段階的に減らし、2040年までに全電力を再生可能エネルギーに移行する計画を立てています。また、近隣国のデンマークは昨年使用電力の140%を風力発電で生み出し、その余剰電力をドイツやスウェーデン、ノルウェーなどに輸出しています。また、アイスランドではほぼ100%が水力や地熱発電で作られています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【核兵器特集】今も続く健康被害
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「広島の1300倍、実験場となったウイグルで核汚染被害 臓器収奪も」(10月17日 Epoch Times in Japan)
http://www.epochtimes.jp/2016/10/26272.html

■「フランス核実験開始50年 ムルロア/上 仏政府、影響を機密化」(7月19日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160719/ddf/012/030/003000c

■「『核実験の島』から避難させた船長が語る、住民の健康被害の実態」(5月2日 ハーバービジネス)
https://hbol.jp/92677

■「カザフスタンはなぜ核兵器を廃絶したか(カイラト・アブドラフマノフ・カザフスタン国連大使)」(2014年8月29日 IPS)
http://www.international-press-syndicate-japan.net/index.php/viewpoints/2152-opinion-why-kazakhstan-dismantled-its-nuclear-arsenal

■「アメリカ最大級の核汚染『ハンフォード』:解雇された技術者の証言」(2013年11月5日 ハフィントンポスト)
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/05/walter-tamosaitis-hanford-site_n_4216693.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 米国発「50年前の原発事故から考える安全」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(10月5日 Monroe News)
http://www.monroenews.com/news/20161005/anti-nuclear-groups-remember-melting-incident-50-years-ago
1966年10月5日、米国のミシガン州にあるエンリコ・フェルミ1号炉で炉心溶融が起こった。この炉は1973年に再び動き始めた。あるエネルギー専門家は、これは50年前の事件でたった1%しか流出されなかったと主張をしたが、市民は原発に対する安全を不安視する声を出した。事件が起こった原発周辺で多数の脱原発市民団体などが集まり、この事件を思い出す集会を開催し、安全なエネルギーの重要性や脱原発への必要性を訴えた。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 ウクライナ発「ウクライナで再び原発事故が起こるのか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(11月14日 New Eastern Europe)
http://www.neweasterneurope.eu/articles-and-commentary/2186-nuclear-power-development-in-ukraine-deja-vu         
1986年、全世界に衝撃を与えたチェルノブイリ原発事故。この事故により近隣のウクライナやベラルーシの住民約2万5千人は撤退させ、事故処理に60万人が投入された。短期的には200人が被曝により緊急治療を受け、1,800人は入院した。現場に投入された人々の10%は、被曝で死亡した。その事故から30年にたった2016年、ウクライナでは原発の再建設の意見が出ている。天然ガスなどエネルギーが豊かであるウクライナがなぜ原子力に注目しているか?その背景はEUの強い影響がある。これにより、ウクライナが老朽化した原子炉の稼働を延長するよう圧力をかけている。人類最大の災難だったチェルノブイリ原発事故。原発の再建設は、未来の原発事故のデジャブではないか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 スウェーデンが2040年までに全電力を再エネへ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「チェルノブイリ 鋼鉄の覆い 原発事故 石棺老朽化で設置」(11月30日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201611/CK2016113002000133.html

■「ウクライナ ロシアへの核廃棄物処理代支払いを拒否」(10月22日 Sputnik)
https://jp.sputniknews.com/russia/201610222931948/

■「1月までに議論開始 食品の放射性物質濃度『国際基準』」(11月10日 福島民報)
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/11/post_14416.html

■「スウェーデンが25年以内に、全電力を再生エネルギーで賄うことを視野に入れる」(10月30日 Irorio)
http://irorio.jp/daikohkai/20161030/360430/


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

 
コメント

南アが原発建設の延長を決定!脱原発世界ニュース2016vol.46

2016年12月07日 13時13分45秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                

 

南アが原発建設の延長を決定!
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2016vol.46
http://npfree.jp
2016.12.03
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【核兵器】世界を巡るヒバクシャ in メキシコ、ハワイ
【イベント】12/10,14「世代と国境を越えて 核兵器禁止に向かう」@広島、東京
【記事要約】南アフリカ発「新しい原発建設を2030年代まで延長へ」
【世界の脱原発】ポルトガルで!再エネ需給安定化を目指す試みが始まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

南アフリカでは新しい原発の建設を2030年代までに延長することが決まりました。今年一時的に再エネ100%を達成したポルトガルでは、再エネ受給の安定化を目指す実証実験が開始されました。核兵器に関しては、先月末ピースボートに乗り世界各地で核廃絶を訴えていたヒバクシャの方々が帰国し、今月報告会を行います。核兵器禁止条約交渉開始に日本政府は反対しましたが、今後政府が支持せざるを得ないような大きなうねりを市民の間でも作り出していきたいですね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【核兵器】世界を巡るヒバクシャ in メキシコ、ハワイ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
現在世界一周の船旅を行っているピースボート。この船には被爆者の方々が乗り、世界各地で核兵器をなくすために原爆の証言などを行っています。今回はメキシコ、ハワイでの活動を紹介します。

■メキシコ~リーダーシップを取る国~
http://ameblo.jp/hibakushaglobal/entry-12223081803.html

■ハワイ~最後の寄港地にて~
http://ameblo.jp/hibakushaglobal/entry-12224004135.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【イベント】
 12/10,14「世代と国境を越えて 核兵器禁止に向かう」@広島、東京
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ピースボートに乗船し、世界で原爆投下についての証言を行ってきたヒバクシャの方々が、帰国報告会を行います。世界に伝えてきたメッセージ、そして世界からの声を聞くことができます。ぜひご参加ください。

@広島
■日時:12月10日(土)16:00~17:30(開場 15:45)
■場所:合人社ウェンディひと・まちプラザ 研究室C(広島市中区袋町6-36)
■参加費:300円
■予約:
http://peaceboat.org/16879.html

@東京
■日時:12月14日(水)19:00~20:30(開場 18:45)
■場所:ピースボートセンターとうきょう(新宿区高田馬場3-13-1-B1)
■参加費:500円
■予約:
http://peaceboat.org/16892.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 南アフリカ発「新しい原発の建設を2030年代まで延長へ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(11月23日 Financial Times)
https://www.ft.com/content/225708d2-b0c7-11e6-a37c-f4a01f1b0fa1
南アフリカ政府は、財政難により原発建設を延長することを決定した。ズマ大統領は、原発建設に対する世論の非難や官僚との意見対立により、このような決定を行った。1980年代から始まった南アフリカ初の原発建設計画は2037年まで行われないことになった。また政府関係者は、2050年までに天然ガスや新エネルギーの開発など幅広いエネルギー政策を目標としている。しかし、一方では国有企業の汚職についての意見も出されている。南アフリカ最大の電力会社であるエスコムは、原発のほうがコストや安全性の面から見て新エネルギーより安定的であるというレポートを出している。しかし、科学・産業など多数の専門家は、熱や風力のようは新エネルギーを発展させることが南アフリカを動かす原動力になると予測している。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 米国発「原発のない世界のための闘い」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(10月29日 Pressdemocrat)
http://www.pressdemocrat.com/news/6241381-181/activists-recount-pioneering-win-over?artslide=0             
数十年間続いた脱原発のための闘っていた米国の脱原発活動家。彼ら・彼女らは、気候変化により生じている環境問題の解決や人類の未来のため、積極的に脱原発運動を続けてきた。この運動の初勝利は、1964年に米国での原発建設の計画を無効化したことだ。しかし、約20年後のディアブロ・キャニオン原発の建設は止められなかった。同原発は1985年に稼働し、2025年には施設の老化により閉鎖される予定だ。脱原発活動家たちは、次の世代のために原発のない世界を作るためこれからも闘い続けていくつもりであると声を出している。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 ポルトガルで再エネ需給安定化を目指す試みが始まる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「再エネ100%を記録したポルトガル、ADRで需給調整に挑む」(11月24日 ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1611/24/news037.html

■「海外の研究者ら視察 浜岡原発、放射線のコンクリ壁劣化調査」(11月10日 静岡新聞)
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/hamaoka/300018.html

■「福島第1原発事故 事故処理の求人広告、ブラジル政府が自粛要請 日系人向け情報紙 被ばくリスク懸念」(11月18日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20161118/ddm/041/040/089000c

■「<核ごみの後始末 日仏のギャップ> 最終処分場、1億6500万年前の粘土層に」(10月25日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201610/CK2016102502000132.html


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************

 
 
 
http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
コメント

ベトナムやオーストラリアで脱原発の風脱原発世界ニュース2016vol.45

2016年11月26日 19時29分47秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                               

 

ベトナムやオーストラリアで脱原発の風
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2016vol.45
http://npfree.jp
2016.11.26
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【イベント】11/29「日印原子力協力協定検討会」
【ベトナム】経済性が理由で、日本の原発建設は白紙撤回へ!
【オーストラリア】「市民陪審」が国際核廃棄物処分場を圧倒的多数で否決!
【記事要約】ニュージーランド発「ニュージーランドの脱原発ヒーローへの思い」
【世界の脱原発】福島沖地震を海外メディアが集中的に報道
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、福島沖で阪神大震災や熊本地震を越える大きな地震(3.11の余震)が発生しました。この地震に対して、多くの海外メディアが集中的に報道しました。このように原発への不安も生まれる中、ベトナムでは日本の原発建設計画を白紙撤回とし、オーストラリアでは国際核廃棄物処分場建設構想に対して多くの市民が反対の意思を表明しました。11月29日には東京で日印原子力協定の問題点を検討する勉強会が開催されます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【イベント】11/29「日印原子力協力協定検討会」(記者会見・集会)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
2016年11月11日、日印両政府は日印原子力協力協定に調印しました。核不拡散条約非加盟国と日本が原子力協力協定を調印する初めのケースです。日本政府はこの協定は民生用に限定され、核保有国インドを実質的に核不拡散体制に取り込む、といいます。しかし、本当にそうなっているのでしょうか? 協定文書、他の多彩な情報をもとに、問題点を明らかにします。

■日時:11月29日(火)15:00~17:00(開場 14:30)
■場所:衆議院第一議員会館 第3会議室
■主催:NPO法人原子力資料情報室
■詳細:
http://www.cnic.jp/7272

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【ベトナム】経済性が理由で、日本の原発建設は白紙撤回へ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ベトナムでは、日本と日本が原発輸出を予定していた原子力事業が国会議員の90%を超す白紙撤回賛成多数で承認されました。今回の撤回の大きな理由は、原発の建設費がかさみ、財政再建を進めるベトナムにとって大きな負担になるということでした。また、ベトナム電力公社の社長は「原発は経済面で競争力なし」と述べているとのことです。このベトナムの判断は、これから原発を輸入しようとしている国々に対して影響を与えると考えられます。
■「ベトナム 原発計画を撤回!?-オールジャパンの売り込み攻勢の影で」
https://foejapan.wordpress.com/2016/11/10/vietnam-2/
■「ベトナム原発計画のゆくえ…『多くの国会議員が原発中止に賛成』」
https://foejapan.wordpress.com/2016/11/10/vietnam-3/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【オーストラリア】
 「市民陪審」が国際核廃棄物処分場を圧倒的多数で否決!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
オーストラリアでは南オーストラリア州に他国の核廃棄物を受け入れる話が出ており、そのための調査が王立委員会により行われてきました。この調査結果が今年2月に発表された後、市民の意見を集約するため「市民陪審」(特定の政策について無作為抽出された市民が評価する仕組み)が設けられ、4つのテーマ、1.安全性、2.信頼感、説明責任、透明性、3.社会・地域の同意、4.経済的利益とリスクが話し合われました。その結果、350人の陪審者の3分の2が「どのような条件下でも処分場を建設すべきでない」との意見であったことが11月7日の発表されました。この発表に対して同州知事は今回の結果を重く受け止めざるをえないと話しており、今後の動きに注目が集まっています。
※詳細(原子力資料情報室):http://www.cnic.jp/7257

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 
 ニュージーランド発「ニュージーランドの脱原発ヒーローへの思い」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(10月14日 stugg)
http://www.stuff.co.nz/environment/85238646/tribute-to-our-antinuclear-stance-suggested-for-wainuiomata
原発のない世界のために活動していたニュージーランド・ ワイヌイオマタ出身の故フレイジャー・コルマンさん。1970年、フランス政府は南太平洋にあるフランス領ポリネシアのムルロア環礁で核爆弾実験を行った。その3年後、当時大臣だったコルマンさんは核実験に抗議するためにニュージーランドから軍艦を送った。これにより、ニュージーランドのみならず、全世界的に脱原発運動が広がった。1970年代はまだ原発や核実験に対する安全意識や運動があまりなかったため、コルマンさんの行動はとても意味のある行動だった。彼はその後にも、核兵器のない世界を作るため数十年間努力した。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 福島沖地震を海外メディアが集中的に報道
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「福島沖地震、海外メディアも詳報 避難者のトラウマを心配、NZ地震との関連にも」(11月22日 Newsphere)
http://newsphere.jp/national/20161122-1/

■「海外メディアも大きな扱いで速報、住民避難の様子伝える」(11月22日 産経)
http://www.sankei.com/affairs/news/161122/afr1611220101-n1.html

■「キム・ギドク監督の最新映画『ストップ』韓国で12月の公開を確定…福島原発を題材にした注目作品」(11月10日 Ksyle)
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2056598

■「『トモダチ作戦』の健康被害裁判で東電支持の日本政府――米国兵補償で国内影響懸念」(10月26日 週刊金曜日)
http://blogos.com/article/195528/


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

 
コメント

世界から日印原子力協定に反対の声 !脱原発世界ニュース2016vol.44

2016年11月21日 10時34分16秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                

 

       世界から日印原子力協定に反対の声 !
 

           Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2016vol.44
http://npfree.jp
2016.11.19
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【核兵器】世界を巡るヒバクシャ in ピースボート
【イベント】11/23 世界初「チェルノブイリ博物館」と「コミュタン福島」の展示を比較して
【イベント】11/29【U40限定イベント】「日本は核を禁止したくないの?」
【インドの原発事情】30カ国から日印原子力協定に反対の声!
【世界の脱原発】5年後に再エネは欧米の全需要を満たす
【首長会議】後援 11/29「原発・放射能汚染とエネルギー政策を考える集い」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週11日、インドへの原発輸出への道を開く日印原子力協定が締結されました。この締結の前には世界30カ国の市民から同協定への反対の署名が政府に提出されるとともに、広島、長崎の両市長から反対の声が届けられています。11月23日には福島県に建設された放射能教育を展示するコミュタン福島とチェルノブイリ博物館の展示内容の比較が世界で初めて行われます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【核兵器】世界を巡るヒバクシャ in ピースボート
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
現在世界一周の船旅を行っているピースボート。この船には被爆者の方々が乗り、世界各地で核兵器をなくすために原爆の証言などを行っています。今回は船内のでの動きをお知らせします。船には被爆者の方々や広島・長崎への原爆投下を指示したトルーマン大統領の孫であるクリフトン・トルーマン・ダニエルさんも乗船されています。

■核廃絶 ピースボート船内での動き
http://ameblo.jp/hibakushaglobal/entry-12219977801.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【イベント】11/23
 「チェルノブイリ博物館」と「コミュタン福島」の展示を比較して
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
福島県内のIAEA(国際原子力)などを監視する市民団体「フクシマ・アクション・プロジェクトが学習会を開催します。会場は今年7月に福島の子どもたち向けの放射線教育を行うための施設として福島でオープンしたコミュタン福島です。同館は17:00閉館ですので、ぜひ学習会前に放射線教育に関する展示もご覧ください。

■講師:後藤忍さん(福島大学共生システム理工学類準教授)
■日時:11月23日(水・祝)14:00~16:30
■場所:福島県環境創造センター コミュタン福島 交流棟会議室
■参加費:無料
■主催:フクシマ・アクション・プロジェクト
■詳細:
http://npfree.jp/fukushima.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【イベント】
 11/29【U40限定イベント】「日本は核を禁止したくないの?」 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
10月27日、国連で「核兵器禁止条約の制定に向けた交渉を2017年に開始するよう求める決議」が採択されました。しかし、唯一の被爆国である日本はこの決議に「反対」し、日本国内外からこれに対して大きな驚きと反発の声が上がっています。日本はなぜ「反対」に投じたのか、そもそも核兵器禁止条約とはなんなのか、私たちは何ができるのか、ピースボートの川崎哲さんを招いて話し合うイベントです。

■日時:11月29日(火) 19:00~21:30
■場所:ピースボートセンターとうきょう(高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分)
■参加費:300円+おかず一品
■共催:林田光弘/PEACE BOAT
■詳細:
https://www.facebook.com/events/148105358993414/?active_tab=about

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 英国発「ロシア人4千万人が核戦争の訓練に参加」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(10月5日 Independent)
http://www.independent.co.uk/news/world/europe/russia-nuclear-weapon-training-attack-radiation-moscow-vladimir-putin-a7345461.html
ロシア政府は、欧米からの核兵器攻撃にさらされる恐れがあると判断し、ロシア非常事態省による国家的な核戦争の訓練を行った。核兵器破棄問題についてのロシアと欧米間の意見対立により、その関係を悪化させている英国のメディアBBCは伝えている。また、2000年に米ロ双方が34トンのプルトニウムを平行して処分する協定が結ばれているが、実はロシアが核兵器の開発や軍事力を高めており、それが世界的な軍事力の緊張を高めることにつながっている。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 インドの原発事情1 30カ国から日印原子力協定に反対の声!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「世界から日印原子力協定に反対の声!」(11月14日 ピースボート)
ameblo.jp/hibakushaglobal/entry-12219977801.html

■「インドと原子力協定 核拡散の歯止め揺るがす」(11月15日 琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-394252.html

■「原子力供給国グループ インド加盟決まらず 中国など反対」(6月24日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160625/k00/00m/030/065000c

■「インド 賠償責任は電力会社に…原発条約を批准」(2月5日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160206/k00/00m/030/098000c

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 インドの原発事情2 今も終わらないボパール化学工場事故
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「「忘災」の原発列島 インドで『アベさん、帰れ!』日印原子力協定に反対運動」(1月28日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160128/dde/012/040/012000c

■「インド南部の原発で事故、反対運動があらためて活発化」(2014年5月16日 WSJ)
http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304408504579565172192577350

■「ボパール化学工場事故から30年、次世代に引き継がれる健康被害」(2014年12月9日 AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3033581

■「世界最悪の化学工場事故と未来へ託した希望:インド映画『祈りの雨』監督に訊く」(2013年11月2日 Wired)
http://wired.jp/2013/11/02/interview-ravi-kumar/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 5年後に再エネは欧米の全需要を満たす
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「5年後、再生可能エネルギーは『欧米の全需要』を満たす:IEA報告書」(10月28日 Wired)
http://wired.jp/2016/10/28/renewable-capacity-europe/

■「だれでも全米でソーラーエネルギーに投資しながら利用できる、Arcadia Powerの新サービス」(11月4日 Techcrunch)
http://jp.techcrunch.com/2016/11/04/20161103arcadia-power-launches-a-solar-energy-service-for-renters-across-the-u-s/

■「日本建設のベトナム原発、白紙へ 現地メディアが報道」(11月10日 朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASJC9624QJC9UHBI04C.html

■「ナイジェリアで100MWのメガソーラー建設、ドバイの再エネ企業」(11月7日 日経BP)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/110704908/?rt=nocnt

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 首長会議【後援イベント】
 11/29「原発・放射能汚染とエネルギー政策を考える集い」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
脱原発をめざす首長会議が後援するイベントを紹介します。

「原発・放射能汚染とエネルギー政策を考える集い」
~飯田哲也さん・小出裕章さんに聴く~

◆日時:2016年11月29日(火)13時30分~18時(開場 13時)
◆場所:市川グリーンスタジオ(市川市鬼高1-1-4 メディアパーク市川 2階)
※アクセス:京成線 鬼越駅より徒歩8分
◆参加費:1,000円( 小・中・高校生・大学生・専門学校生は無料)
◆主催:11.29「原発・放射能汚染とエネルギー政策を考える集い実行委員会」
◆詳細:
http://healing-goods.info/koide/2016/10/20161129/

****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************




http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

 
コメント