曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

南アが原発建設の延長を決定!脱原発世界ニュース2016vol.46

2016年12月07日 13時13分45秒 | 脱原発!原発のない社会の実現を目指せ

                                

 

南アが原発建設の延長を決定!
 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2016vol.46
http://npfree.jp
2016.12.03
世界の原発の動きはここでチェック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目のトピックス
【核兵器】世界を巡るヒバクシャ in メキシコ、ハワイ
【イベント】12/10,14「世代と国境を越えて 核兵器禁止に向かう」@広島、東京
【記事要約】南アフリカ発「新しい原発建設を2030年代まで延長へ」
【世界の脱原発】ポルトガルで!再エネ需給安定化を目指す試みが始まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

南アフリカでは新しい原発の建設を2030年代までに延長することが決まりました。今年一時的に再エネ100%を達成したポルトガルでは、再エネ受給の安定化を目指す実証実験が開始されました。核兵器に関しては、先月末ピースボートに乗り世界各地で核廃絶を訴えていたヒバクシャの方々が帰国し、今月報告会を行います。核兵器禁止条約交渉開始に日本政府は反対しましたが、今後政府が支持せざるを得ないような大きなうねりを市民の間でも作り出していきたいですね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【核兵器】世界を巡るヒバクシャ in メキシコ、ハワイ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
現在世界一周の船旅を行っているピースボート。この船には被爆者の方々が乗り、世界各地で核兵器をなくすために原爆の証言などを行っています。今回はメキシコ、ハワイでの活動を紹介します。

■メキシコ~リーダーシップを取る国~
http://ameblo.jp/hibakushaglobal/entry-12223081803.html

■ハワイ~最後の寄港地にて~
http://ameblo.jp/hibakushaglobal/entry-12224004135.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【イベント】
 12/10,14「世代と国境を越えて 核兵器禁止に向かう」@広島、東京
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ピースボートに乗船し、世界で原爆投下についての証言を行ってきたヒバクシャの方々が、帰国報告会を行います。世界に伝えてきたメッセージ、そして世界からの声を聞くことができます。ぜひご参加ください。

@広島
■日時:12月10日(土)16:00~17:30(開場 15:45)
■場所:合人社ウェンディひと・まちプラザ 研究室C(広島市中区袋町6-36)
■参加費:300円
■予約:
http://peaceboat.org/16879.html

@東京
■日時:12月14日(水)19:00~20:30(開場 18:45)
■場所:ピースボートセンターとうきょう(新宿区高田馬場3-13-1-B1)
■参加費:500円
■予約:
http://peaceboat.org/16892.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 南アフリカ発「新しい原発の建設を2030年代まで延長へ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(11月23日 Financial Times)
https://www.ft.com/content/225708d2-b0c7-11e6-a37c-f4a01f1b0fa1
南アフリカ政府は、財政難により原発建設を延長することを決定した。ズマ大統領は、原発建設に対する世論の非難や官僚との意見対立により、このような決定を行った。1980年代から始まった南アフリカ初の原発建設計画は2037年まで行われないことになった。また政府関係者は、2050年までに天然ガスや新エネルギーの開発など幅広いエネルギー政策を目標としている。しかし、一方では国有企業の汚職についての意見も出されている。南アフリカ最大の電力会社であるエスコムは、原発のほうがコストや安全性の面から見て新エネルギーより安定的であるというレポートを出している。しかし、科学・産業など多数の専門家は、熱や風力のようは新エネルギーを発展させることが南アフリカを動かす原動力になると予測している。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 記事要約 米国発「原発のない世界のための闘い」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(10月29日 Pressdemocrat)
http://www.pressdemocrat.com/news/6241381-181/activists-recount-pioneering-win-over?artslide=0             
数十年間続いた脱原発のための闘っていた米国の脱原発活動家。彼ら・彼女らは、気候変化により生じている環境問題の解決や人類の未来のため、積極的に脱原発運動を続けてきた。この運動の初勝利は、1964年に米国での原発建設の計画を無効化したことだ。しかし、約20年後のディアブロ・キャニオン原発の建設は止められなかった。同原発は1985年に稼働し、2025年には施設の老化により閉鎖される予定だ。脱原発活動家たちは、次の世代のために原発のない世界を作るためこれからも闘い続けていくつもりであると声を出している。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 世界の脱原発 ポルトガルで再エネ需給安定化を目指す試みが始まる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■「再エネ100%を記録したポルトガル、ADRで需給調整に挑む」(11月24日 ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1611/24/news037.html

■「海外の研究者ら視察 浜岡原発、放射線のコンクリ壁劣化調査」(11月10日 静岡新聞)
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/hamaoka/300018.html

■「福島第1原発事故 事故処理の求人広告、ブラジル政府が自粛要請 日系人向け情報紙 被ばくリスク懸念」(11月18日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20161118/ddm/041/040/089000c

■「<核ごみの後始末 日仏のギャップ> 最終処分場、1億6500万年前の粘土層に」(10月25日 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201610/CK2016102502000132.html


****************************

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=1

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
http://npfree.jp/emailmagazine.html

<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
facebook:脱原発世界会議
Web:peaceboat.org/projects/npfree

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://npfree.jp/contact/

****************************

 
 
 
http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民が知っておくべき安倍暴... | トップ | 権力による政治弾圧冤罪ねつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脱原発!原発のない社会の実現を目指せ」カテゴリの最新記事