国立大学職員日記
メインコンテンツ
国立大学職員日記:記事一覧




■はじめに
 旅費の処理をやっていると「この出張、新しく採った科研費で行きたいんだけど申請はいつから出来るの?」と教員から聞かれるのはもはや毎年の「お約束」イベントです。
 そんな訳で文部科学省科学研究費補助金のランキングを今年も作成してみました。「PDF→テキスト→エクセルの文字列関数でデータ抽出」という相変わらず進歩の無い作業で作ったデータのため、例のごとくどこかにデータ間違いがある可能性が高いです。そこらへんは個人でやっているブログの限界ということでどうかご容赦いただき、関係機関の皆様には話のネタにでもしていただければ幸いです。
 今年度は「平成23年度」のものの他にも、国立大学が法人化した平成16年度からの8年分をまとめたランキングも作ってみました。


■平成23年度 科学研究費補助金 配分額ランキング







 ランキングは「配分額(合計)」の順位で作成し、各機関カテゴリーの上位3位まで、別に順位表示をさせています。
 

■科学研究費補助金 配分額総合ランキング 平成16年度~平成23年度



 「総合ランキング」は平成16年度から平成23年度までの「配分額(合計)」の合計金額にて順位付けし、上位100機関の過去8年分の金額と順位の推移をまとめました。表示している金額は億で端数切捨てしてあります。「新規採択+継続分」のデータであることをご注意ください。


■総合ランキング上位20位の順位変動グラフ



 これは総合ランキングで上位20位だった機関の、8年間の順位変動をまとめたグラフです。さすが競争的資金だけあって、運営費交付金に比べると順位変動が多いのが分かります。しかし同時に、我々はこのグラフからあるグループの存在と、それを隔てる「壁」の存在に容易に気づくことが出来ます。ここまで綺麗に分かれたのは恐らく偶然だと思いますが、それでも8年間に渡って存在しているので、ある程度の法則性はあるのだと思います。ちょっと面白かったので、文章で次のとおりにまとめてみました。


【科学研究費補助金獲得状況】

  首席:東京大学
  次席:京都大学
  3位決定戦:大阪大学vs東北大学
  準々決勝組:九州大学vs北海道大学vs名古屋大学

---旧帝国大学の壁---

  東京工業大学

---上位安定組の壁---

  理化学研究所vs筑波大学vs慶應義塾大学vs広島大学vs神戸大学

---13位の壁---

  早稲田大学vs岡山大学vs千葉大学vs東京医科歯科大学

---17位の壁(以下、乱戦)---


■おわりに
 自分は相変わらず総務系統の部署にいますが、科学研究費に限らず、外部資金や競争的資金の獲得にいかに教員が苦戦しているか、徐々に分かり始めてきた気がします。金をかければ良いというものでは無いでしょうが、「無料で手に入る情報には所詮限界がある」というのもまた事実だと思います。当ブログですら資料収集に金が掛かっているのですから、それを生業とする研究者が必要とする資金の多さは「想像に難くない」というやつです。
 あと全然関係ない話なんですが、例えば自分のような人間も科学研究費補助金をもらうことが出来るのだろうかと疑問に思ったのですが、実際どうなんでしょうか。そんな大した額はいらないですが、課題名「産学官連携状況から考える国立大学における非常勤職員雇い止めの問題点」で、書籍代を10万円もいただければ、1年以内にこの問題についてまとまった意見を書いてそれをこのブログで公開することが出来ると思います。
 まぁこの話はほとんど冗談みたいなものですが、実は過去に国立大学事務職員であっても科研費を獲得した例があるので、そこまで荒唐無稽な話とも言い切れないのが面白いところなのです。研究には金が掛かりますが、夢を見るだけなら無料ですからね。いつか科研費もらえたらいいなぁ~とか考えて、今日も自腹で資料収集する訳ですよ。




※おまけ:PDFからエクセルへデータを抽出する方法
 必ず手作業が入るので、プロの方(いるのだろうか?)がされているやり方などには及びませんが、このやり方なら毎年公表されているデータを数分程度で9.5割方データ化できるので、参考までに残しておきます。


1.PDFファイルの準備
 科学研究費補助金のデータは学術振興会のサイトから手に入ります。以下の方法は学術振興会が公表しているPDFファイルでのみ有効ですので、参考にする場合は必ず学術振興会のPDFファイルを参照してください。

2.PDF→テキストデータ
 PDFファイルを「全て選択」し、テキストエディタ上にテキストデータを貼り付けてください。必要な部分だけを選択しても良いのですが、どうも経験上「全て選択」して後から不要な部分を切り捨てるほうがうまく行っているので、個人的には「全て選択」を推奨します。なお、自分が使っているテキストエディタソフトは「TeraPad」です。

3.ヘッダーや題名などの、不要な情報の削除
 「全て選択」で貼り付けたデータには不要な部分が多いので、まずそれらを取り除きます。
 文書のヘッダーや題名部分は手作業で取り除きますが、データ部分は手作業でいじらないでください(データ部分の編集作業は後述)。この作業で、とりあえず「データ部分」だけが残るようにします(早い話が「北海道大学」から「株式会社林原生物化学研究所類人猿研究センター」までの部分)。

4.データ部分の整理(テキストエディタ)
 まず「置換」機能を使って「,(コンマ)」を全て消してください。
 次に「 (空白)」をなんでもいいから特殊な記号に置換してください(自分は「★」に置換します)。
 こうすることで「(機関名)(採択件数)★(直接経費)★(間接経費)★(合計額)」のデータが残ります。「機関名」と「採択件数」の間に「★」は入らないので、「北海道大学1000」みたいな状態になります。
 また年度によっては片括弧の「)」に空白がついて「)★」みたいな状態になるので、「)★」を「)」に置換しておくと後で作業が楽になります。

5.データ部分の整理(エクセル)
 ここを詳細に書くと何万字も掛かるため、要点だけを記します。
 使う関数は「LEFT関数」「RIGHT関数」「MIN関数」「MAX関数」「LEN関数」「ISERROR関数」「IF関数」「AND関数」です。
 まず「文字データ」の何文字目に「★」があるかを調べてください。例えば10文字目に「★」があるかをチェックするために、「文字データの左10文字の一番右の文字が「★」だったら「10」を出力しろ」というような命令で「=IF(RIGHT(LEFT(文字データ,10),1)="★",10,0)」という風に作ります。実際には「10」の部分は「10」と入力されたセルを参照するように書きますが。
 「★」は各「文字データ」に3つあるはずなので、その「最大値」「中間値」「最小値」を出してください。
 次にこれらの値と関数を組みまわせて、「文字データ」から「★」に囲まれている部分のデータを抜き出してください。例えば右から2番目の「★(中間値)」と右から1番目の「★(最大値)」に囲まれたデータを採る関数は「=VALUE(LEFT(RIGHT(文字データ,LEN(文字データ)-中間値),最大値-中間値-1))」です。両端のデータの抜き方は簡単だと思うので省略します。
 一番左のデータだけ「○○大学1000」みたくなっていますが、この数字部分は「採択件数」なので、どんなに多くても4桁どまりです。そのため、この部分の「右4文字」「右3文字」「右2文字」「右1文字」から数値を抜く関数を作って、その最大値を取るようにしてやれば自動的に数字が抜けることになります(「ISERROR関数」を使うとエラー表示部分を空白に出来るので便利です)。「機関名」はそうやって抜いた数値の桁数を、この「○○大学1000」の文字数から引いて、その数字をつかって「LEFT関数」で「機関名」を抜いてください。

6.おわり
 これで「機関名」「採択件数」「直接経費」「間接経費」「合計額」のデータが抜くことが出来ます。いちどセルにデータを入れておけば、文字データ部分に値を挿入するだけで自動的に計算が出来るので便利です。
 文字だけで記すとすごくややこしいですが、自分で作りながらやるとすんなり頭に入ると思いますので、もしよろしければエクセルの練習なんかも兼ねて挑戦してみてください。



参考:平成23年度のPDFファイル

コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )


« 国立大学事務... 平成22年度... »
 
コメント
 
 
 
採用の仕組みについて (yoko708)
2011-07-01 22:52:24
こんばんわ。
国立大学の博士課程前期で勉強している者です。
最近、自分の進路について考えることが多く、国立大学職員の道も考え始めました。

ひとつ、疑問なのですが、たとえば関東地方で採用されて、5年働くとします。
その後、近畿地方に移動しなければならなくなったとします。
この場合、もう一度第一次試験から近畿地方で採用試験を受けなければならないのでしょうか?

第一次試験問題は全国統一で同じなのに、ある地方で受けた第一次試験合格の資格は違う地方では使えないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
 
 
 
追記 (yoko708)
2011-07-01 22:54:09
6年目からの近畿地方の移動は完全に私的な理由だったとした場合です。
5年関東の大学で働いて、6年目からは、近畿で働こうとしている例です。
 
 
 
Re:yoko708 (管理人)
2011-07-02 07:35:06
もちろん、試験を最初から受けなおして勤務する国立大学を変えることも可能です。しかし、わざわざそのようなことをしなくても、「割愛」という手続きを用いて他大学に異動することは可能です。

ただ、「割愛」は必ず出来るとは限りません。転出する国立大学に他の大学に移りたい理由を伝え、人事課を通して転出先の大学に意向を聞き、転出先の大学がそれを承諾して、初めて出来るものです。

「割愛」する場合は例えば「親の介護をするために実家のある地方に戻りたい」とか「配偶者が転勤するため」といった理由が多いらしいです。中には単に「地元に戻りたい」というのもあるそうですが。

これは予想ですが、大学側としてもある程度職員の意向を組んでくれるとは思います。また、年に一度「身上調書」という働き方の意向を書く書類があるので、それを通して手続きを行う、というのも可能です。

あとはyoko708さんは「完全に私的な理由」がどこまで「私的」なのか、によると思います。上に書いたとおり、生活や家族の事情であって、割と強い必要性があるなら、大学側も無下に却下したりはしませんが、「今いる大学に飽きたから」とか「理由は無いけどいろいろな大学に所属してみたいから」では処理はしてくれるかもしれませんがあまりいい顔はされないと思います(「割愛」をする人事課も、先方の大学に「うちにいる職員がいろいろな大学に所属してみたいからという理由でそちらの大学に移りたがっているのですが受け入れてもらえますか?」とはいくらなんでも聞きにくいと思います)。また法人化後は、国立大学職員はあくまで「その国立大学」と労働契約を結ぶので、法律上も「割愛」は出来て当たり前のものでもありません。ですので「割愛」を希望する場合は、なぜ異動したいのかを、他者が納得できるよう明確にしてから申し出ることをお勧めします。
 
 
 
お返事ありがとうございます (管理人さま)
2011-07-02 21:17:40
早速のお返事、ありがとうございます。

私の意味した「私的理由」とは、管理人さまがおっしゃっていた「介護」や「夫の転勤」などです。
「割愛」という制度が知れてとてもよかったです。
ありがとうございます。

もうひとつ質問があります。
管理人さまは大学職員という職業はどのように選びましたか?
公務員を目指し、「併願先」のような志願の仕方をする人もいるようですが、私は、他の公務員の職業を考えておらず、大学職員のみに興味を持っています。
第一次統一試験の内容は、公務員試験の教養試験内容と同じなのですか?
知識が浅くて申し訳ございません。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
Re:管理人さま (管理人)
2011-07-02 22:31:33
中学生のときに「とあるきっかけ」で行政職の公務員を志望するようになってそのためには国立大学の文型学部を卒業するべきだと考えて大学受験の勉強をして第一志望に合格して公務員試験の勉強して国立大学・国家二種・地方上級・地方中級の試験を受験して筆記で全部通って面接で地方上級と地方中級が落ちて国立大学と国家二種の官庁訪問している最中に今居る国立大学から内々定の案内が来てその国立大学が全志望先の中で第2希望で第1志望は望みが薄かったため「こんなところかな」といった感じに受諾の返事をして国立大学職員になりました。そんな訳で今勤めている国立大学の官庁訪問時の志望順位は2位とそこそこ高かったですが、自分は特に大学職員専願だった訳ではありません。「とにかく採用してくれる機関で仕事をしよう」と割と大雑把に考えていました。

最近職員採用試験関係に疎いので詳細までは書けませんが、原則「教養」試験なので出題範囲は同じだと思います。ただ、たしか国家公務員試験は「30題中20題を回答」型ですが、国立大学職員試験は「全部回答」型だったと思います(「全部回答」型は確か地方公務員試験に多かったはず)。

詳しくは下記にある過去のエントリーを参照ください。

http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/5af7803cbc2b2c61c4e046cb409f3a25
 
 
 
Unknown (東雲)
2011-07-03 00:05:06
このランキングにあるとある大学の職員をしています。毎度丁寧なデータ収集と分析には頭が下がります。8年分のランキング変動と壁の存在は興味深いですね。
それにしても、事務職員でも科研費が取れるとは驚きです。同じく、大学関連の分析をしたいので私も狙ってみようという気になりました笑
 
 
 
Re:東雲さん (管理人)
2011-07-03 07:22:17
参考までに該当科研のデータを記します。熊本大学の総務部人事課係長さんが行った奨励研究「国立大学法人化と大学事務職員のワークモチベーションについて」というものです。

http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19905014
 
 
 
Unknown (東雲)
2011-07-03 18:29:32
これはこれは。なるほどこういった観点なのですね。面白いものをご紹介有難うございます。キーワード「事務職員」「大学職員」でひいてみると他にも「高等専門学校・学生課・課長」なんて例があるのですね。時間ができたらまとめて読んでみたいと思います。
 
 
 
こんにちは (ましろ)
2011-07-13 15:01:36
以前にコメントさせていただいたものです。
元々は市役所が第一志望でしたが、
このHPをみて、大学職員が第一志望になりました。

給与について質問なのですが、
管理人様は地方の大学職員ですか?
それとも旧帝大ですか?
ネットなどをみると、科学研究費のための
採択数などによって国立大学の赤字黒字が
あり、それが給与に反映されているように
思いました。

旧帝大のような実績のあるところであれば
経営は安定しているように思いますが、
そうでもない地方の特に単科大学などは
経営悪化の一途をたどっているように
見受けられました。

管理人様が以前に掲載していた年収が
どの程度の大学なのか基準を知りたくなりました。

もし差し支えないようであれば
お答えできる範囲でかまいませんので、
教えていただけるとありがたいです。
 
 
 
Re:ましろさん (管理人)
2011-07-13 23:04:24
当ブログは自由に意見を表明できるように、自分の所属大学については言及を避けておりますので、申し訳ありませんが大学の規模についてはお答えできません。

というか「給与体系」自体はどこの国立大学でも同じなので、はっきりいって大した違いはないと思います。額面上の差はありますが(地域手当などに金額差がある)、これにしてもその国立大学がある都市の物価水準などを考慮にいれる必要があるので、国立大学ごとの給与の「高い・低い」はあまりに複雑すぎて一概にはとても言えないと思います。

就職する際には給与水準はとても大事な要因となると思いますが、特に行政関係の法人においては働く上でもっと大事なこともあると思いますので、面接対策も含め、そっち方面にも配慮いただければ幸いです。
 
 
 
出向について (ともこ)
2011-07-29 12:03:13
こんにちわ。
いつも参考にさせていただいております。
私も先日採用試験を受け、来春から大学職員として働くことが決まりました。しかし、内定を頂けた大学が通勤2時間であり、将来同じ採用区内の別の大学に異動できないかと考えています。私は女性で兄弟がいないので結婚と親のことを考えると心配になりました。
質問ですが、3年勤務後に希望申請の中で別大学への出向を願い出ることは出来るのでしょうか?また、異動できた場合はそのまま出向先で働き続けることは可能でしょうか?
 
 
 
Re:ともこさん (管理人)
2011-07-29 20:59:42
「出向先で働き続ける」ことを念頭に置くのであれば、「出向」よりも「転籍」を考えた方が良いでしょう。もちろん、採用されていきなり「転籍」というのも何なので、クッションとして「出向」を考えるのはありですが、「出向」は原則戻ってくることを前提にしているので、完全に「転籍」したいなら、最初からそのように意思表示する方が大学側としても処理が簡単なはずです。

「出向」や「転籍」については国立大学で共通に定まっているルールがある訳ではないので、何とも言えません。しかし、通勤時間や家庭のことなどを理由に転籍を希望すること自体はそこまで特殊なことではないので、「転籍」が可能かどうかについては配属先の先輩や係長にどんどん聞いてみてください。また、年に一度、身上調書という文書で持って、働き方の意向を示す手続きがあります。これは制度上明確に転籍を申し出る機会でもありますので、転籍を考える場合は必ずこの身上調書で意向を表明してください。

もっとも、文部科学省が大本となっていた昔とは違って、曲がりなりにも今は法人単位である各「国立大学」が採用元となっています。「自分の大学で働いて欲しい」として雇った人材がすぐに他所に行きたがるのを見るのは、人事関連部署としては、怒ったりはしませんが、あまり良い気分ではないかも知れません。身上調書や配属先の職員にどんどん話を伺うこと自体はより計画的な将来のために良いことですが、まずは当面、採用された国立大学で業務に専念することをお勧めします。「3年勤務後」とあるのでこの点はご配慮いただけているのかなとは思いますが、このあたりはインターネット上でもなければ面と向かって言い難い面もあるため、念のためにお伝えいたします。
 
 
 
ありがとうございます (ともこ)
2011-07-29 23:53:00
詳しいご説明ありがとうございます。「転籍」という制度があるのですね。説明会や面接で聞けないことなのでとても参考になります。
ご忠告ありがとうございます。私もまずは採用された大学できちんと実績を積み、その後のことは状況を見つつ希望を出して行こうと思います。

また、追加で質問があります。
内定を頂いた大学では初任給の提示がありません。自分で大学HPを調べ「役職員の報酬・給与等について」の記載を確認し、予測はついていますが一人暮らしの可能性から給与の面が気になります。人事担当へ問い合わせて確認を取ることは失礼にあたるのでしょうか?
あまりにも知識の低い質問ですみません。
民間だと初任給の提示は必ずあるのですが、公的機関では公表を避けているのかと聞きづらく時間を過ごしてしまいました。説明会で聞くべきことだったと反省しております。

どうぞ宜しくお願いします。
 
 
 
Re:ともこさん (管理人)
2011-07-30 22:35:18
初任給については、恐らく募集の段階で「17万円から20万円くらい」といった提示が出ているかと思います。非常にアバウトな提示方法ですが、国立大学における初任給は「初任給計算」という厳密に定められた方法で計算される(割と時間がかかる)ため、大学側も迂闊に具体的な金額を知らせることが出来ない事情があるはずです。

本ブログでは過去に初任給に関するエントリーを作成しているので、それを参照してみてください。なお、学部4卒の新卒採用なら基本給は「17万2200円」になるはずです。各種手当やら控除金額については、これも本ブログで過去に作成したエントリーを参考にしてみてください。大体の目安にはなるはずです。

初任給計算について(各論)
http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/62517196f725e3e32a2ce4525f3e9b05

自分の1年目の年収が乗ってるエントリー
http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/697c3c61da9c96efb90c6e8abd0b6f9b

上記情報を踏まえた上でも確認が必要であれば、採用先の大学に確認するより手はないと思いますが、これ以後は自己の責任において行ってください。
 
 
 
ありがとうございます (ともこ)
2011-07-31 00:33:34
そういう事情があるんですね。
リンクも参考にして、必要があれば聞いてみます。

どうもありがとうございました。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2012-03-07 11:57:05
ありがトゥーす

 
 
 
奨励研究 (Mr.M)
2014-10-07 11:49:13
国立大学事務職員も科研費「奨励研究」へ申請可能と思います。
私は国立大学工学部の技術職員で、毎年申請しています。
10数年前の古い話ですが、職場の図書館司書の方に応募を勧め採択されました。
 
 
 
奨励研究 (Mr.M)
2014-10-07 12:13:56
「奨励研究」申請で色々調べており、この頁をみつけました。
科研費データベースを使って、所属機関「事務職員」で検索してみました。
2000~2014年の採択者12名
教育委員会1、中学校2、大学9
是非、応募されて下さい。
 
 
 
奨励研究 (Mr.M)
2014-10-07 12:20:58
科研費データベースを使っての検索結果に誤りがありましたので訂正します。
所属機関「事務職員」で2000~2014年採択者を検索。
該当30件
国立大学事務職員も多数採択されています。

2014年 6件(教育員会1、国立大学2、私立大学3)
 
 
 
happy1@gmail.com (happy wheels the game)
2017-11-21 16:12:15
例のごとくどこかにデータ間違いがある可能性が高いです。そこらへんは個人でやっているブログの限界ということでどうかご容赦いただき、関係機関の皆様には話のネタにでもしていただければ幸いです。!!
 
 
 
thansk your sites! (happy wheels)
2018-03-26 17:18:11
I have read through other blogs, but they are cumbersome and confusing more than your post. I hope you continue to have such quality articles to share with everyone! I believe a lot of people will be surprised to read this article!
 
 
 
Unknown (Animated Video Service)
2018-05-07 19:11:13
That is a graph summarizing the rating fluctuation of the agency that changed into the pinnacle 20 inside the standard ranking, over 8 years. As predicted there are handiest aggressive budget, and you may see that the rating fluctuation is more than the operation expenses provide. at the same time, but, we are able to without problems word the lifestyles of a collection from the graph and the lifestyles of wall keeping apart it. I assume that it became in all likelihood a coincidence that was divided so beautifully to this point, but because it has existed over eight years, I assume there's a positive diploma of law.
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。