KSIの森

劇的に機能するパーシャルデンチャーをめざす歯科技工士の研修会グループKSI(奥森主幹)の情報掲示板です

DENTALEAD Special Seminar

2018年05月24日 | オープンセミナー

 2018年5月20日(日曜日)大阪の白水貿易株式会社5F セミナールームにおいて“DENTALEAD Special Seminar ~プロビに何を求めるか~”が開催されました。

定員25名のところ31名が参加されました。

 株式会社デンタリード坂本主任より開会宣言です。

 講師に有限会社デンタルプログレッシブ西原 徹先生、特別講師に奥森健史先生をお招きして講演のスタート。

  多くの臨床例よりデンチャーのデザインを解説され、調整がしやすいデザイン、またセカンドプロビジョナルに関してはファイナルデンチャーのイメージの外形にしなければ意味のないプロビジョナルになるということも付け加え解説されました。

 また、模型を残すための手技を詳しく解説され、模型を重合後に壊してしまうのではなく手元に残すことで完成義歯を納品まで確認できることの大切さを解説されていました。そしてデンチャーのデザインについても欠損が拡大したときのため、欠損の部位によって床辺縁部をメタルにするのか、レジンなのかをよく検証することが重要であるということも解説されました。

 休憩時間には西原先生のもとに受講生の皆さんが集まり質問されてました。

 西原先生もなんだかとても楽しそう。

 

 次に奥森先生です。

“パーシャルデンチャーによる対応 ~プロビに何を求めるか~”というタイトルでスタートした講演で「ベイクイメージ・・・おぼろげなイメージ。このイメージがとても重要で、木を見て森を見えなくなってはいけない。全体のバランスが大切である。」ということを言及され、最終補綴物のイメージをしっかりともち、デンチャーを含めた歯列全体を一体化させ、機能させることができるパーシャルデンチャーの目的であるということをあらためて感じました。

 最後に質疑応答。数名から普段の臨床における悩みを質問されました。

 

 材料の展示もありました。

 講義にWAX-UPのデモにと4時間の中に盛りだくさんのセミナーでした。私自信とても勉強になりました。

 講演最中はみなさん熱心にメモをとる姿や大きくうなずきながら聞く姿がとても印象的でした。 

 また、うれしいお知らせです。セミナー終了時、受講生よりに来年度ベーシックコースへの申し込みがあったようです。

 (レポート 大澤)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年度 K.S.I.OpenSeminer

2018年03月22日 | オープンセミナー

2018年度 K.S.I. OpenSeminer 開催

去る3月18日、フクラシア品川 クリスタルスクエアにてK.S.I OpenSeminer が開催されました。 

 

 本セミナーを主催頂きました株式会社デンタリード様、ご尽力頂きました各関係者各位様に心より感謝致します。

 前日の土曜日には、松川敏久先生、池村仁克先生をお招きし、懇親会を響 品川店にて行いました。

 

 

 

オープンセミナー当日。セミナー前の時間を利用しまして、平成29年度k.s.i.総会が行われました。

総会の内容は

 1.平成29年度会計報告

2.平成30年度の学術活動報告

3.2018年国際歯科大会について

4.支部勉強会について

5.来季役員選出について

6.会報について

7.会則について

8.その他

となっています。これからのk.s.i.をもっとよりよくするために話し合いがされました。

また、今年は4年に一度の国際歯科大会があり、k.s.i.より奥森主幹、小山会長が登壇されます。ぜひ、会員の皆様、会場に足を運び盛り上げていきましょう。

 

 

 

坂本さんきまってます!

 

ブース展示にてK.S.I.メソッドにはかかせない材料の展示もありました。

よく見てみると奥森主幹の製作した金属床の展示も!!

 そして、午後よりオープンセミナー開催です。

 株式会社デンタリード坂本主任より、開会宣言が行われました。

 

 その後、小山会長によるご挨拶。

 いよいよ講師陣によるレクチャーです。

 

トップバッターは奥森主幹による「欠損補綴の目的から考える機能させるパーシャルデンチャー・オーバーデンチャー」。

と題しまして、パーシャルデンチャーの目的として、現存する歯牙の喪失を最小限に食い止めること、歯列の保護、歯列弓の安定、咀嚼力・発音機能の回復、生理的機能の回復、審美的回復を説明され、機能時の力のコントロールを考えてプロソデザインをしないと機能しないということを解説されました。また、力をコントロールをされたデンチャーを装着し長期にわたり動揺歯をコントロールされている症例を動画にて解説されました。

 

 

 次に名古屋にてご開業のカメリア歯科矯正クリニック 池村仁克先生による「審美とパーシャルデンチャーの融合」。 

と題しまして、審美とは・・・美しさと機能、患者さんの満足と笑顔を獲得していくということを述べられました。また、「術者と患者さんの満足が同じかどうか、治療を進めるとともに患者さんの笑顔がよくなっていくことや、患者さんと同じ立場になって審美治療を考える為に患者さんと求める状態を獲得していく為にもう一度考える」といったことを解説されました。

 そして、「デンチャーをどう綺麗に見せるということではなく、患者さんがその治療を受けることによって歯が変わることだけではないというところに楽しさ、うれしさを感じていただけることが融合と考えています。」と述べられていて、「単に、デンチャーを入れさせていただいた一患者さんではなく旅行までさせていただけるような関係が築けることが喜びだ。」と語っていました。この池村先生の経験を聞き、私もそのような関係を患者さんと築いていければと思いました。

 最後に、審美とは「術前と術後のお顔の印象が変わってくること。これこそが審美」というお言葉も心に残りました。

 

 最後に松川敏久先生が登壇されました。

演題は「全部欠損から部分欠損まで、さまざまな欠損補綴治療の術式と実際」という演題でご講演いただきました。

 まず、松川先生は自己紹介をされ、ご自身でカウンセリングした最初の自費のケースのフルデンチャーを発表されました。そのケースを通じて、全体を見るということを勉強させていただいたというエピソードを話されました。そして、チームでの歯科治療の重要性をおっしゃっていて、歯科医師をはじめ、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、受付の全員で治療している意識が大切であるとも話されていました。

 そして、数ある奥森主幹とのコラボレーションのケースの中で、天然歯とインプラントのオーバーデンチャーのケースでは、Longevityを考え力のコントロールの難しさである見えない力をコントロールしていくという、まさに、「~欠損補綴治療において、その一つのケースにかける執念~」を見たケースでした。そのすべてがK.S.Iメソッドを臨床に応用され、口腔内で機能している動画もあり、とてもすばらしい講演でした。ありがとうございます。

 

 

 

 

  オープンセミナーも大盛況に終えることができました。受講された皆様もいろいろと感じ、刺激をいただいたのではないかと思います。

 松川先生、池村先生、奥森主幹、大変お忙し中、貴重なご講演ありがとうございます。

 

 今回、レポートをさせていただくにあたり多大なるご協力をいただきました平田理事、黒島支部長にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 レポート 大澤 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

一般社団法人 山形県歯科技工士会 学術研修会

2018年02月28日 | オープンセミナー

2月25日(日曜日)山形県歯科医師会館にて一般社団法人 山形県歯科技工士会 学術研修会が開催されました。

 

大阪伊丹空港からいざ、山形へ!きっと雪で寒いことでしょう。

 

上空は青空ですが、気流の乱れで少しゆれました。

降下開始、山々には雪が・・・・

 

山形空港周辺の街が見えてきました。やはり雪。

 

滑走路には雪はありませんが、除雪した雪が結構積んであります。

 

到着後、前夜祭です。山形県歯科技工士会の皆様のご計らいで旨い山形の料理と日本酒を頂きました。

ご馳走さまでした!

 

日本歯科技工士会 杉岡範明会長と奥森主幹が暑く語られた前夜祭でした。

スタディーグループ KSI”のこともよく知っておられました。

今後も当会からの、認定講師の排出も含め邁進していきましょう。

 

さて、学術研修会当日。

 

山形県歯科医師会館。立派な建物です。

道路には雪は無いですが、道端には雪が残ります。

 

藤原 東北支部長も岩手県より車を3時間走らせての参加!東北を背負う意気込みを感じます!

 

さあ、学術研修会 開始です。

 

 

今回の学術研修会は年に一度の山形県歯科医師会と山形県歯科技工士会の合同学術大会ということです。

歯科医師の参加も含め40名の参加となりました。

 

まずは一般社団法人山形県歯科医師会常務理事の大類 晋 先生からのご挨拶。

 

続いて、一般社団法人山形県歯科技工士会 会長 齊藤博夫 会長よりご挨拶。

 

そして奥森主幹の講演がスタート。「欠損補綴の目的から考える“機能させる”~Partial &over denture with implant~」

とのお題で講演されました。

 

 

講演最中は熱心にメモをとる姿や大きくうなずきながら聞く姿が印象的でした。

欠損補綴の目的からパーシャルデンチャーにおける必要な要素とそれに対応するアプローチの仕方を多くの臨床例から解説しました。

 

午後より公益社団法人 日本歯科技工士会会長 杉岡範明 会長のご講演です。

~共に語ろう!歯科技工士のこれから~と題して減少傾向の若い技工士の問題を懸念し業界の活性化のため必要な

法整備など日本歯科技工士会が行っている活動をご報告されました。

 

 

杉岡会長は奥さまとお二人で北海道でラボをされています。週に3,4日は東京の日本技工士会での会務という生活を送られています。

大変な激務と奉仕の精神に本当に頭の下がる思いでした。

 

最後に質疑応答。数名から普段の臨床における悩みを質問されました。

多くの参加者からKSIベーシックコースに参加したいという声が聞かれました。(私、小山もKSIのプロモーションビデオ上映後にご挨拶させていただきました!)

 

 

最後に集合写真。

 

帰りの山形空港。さすが東北、風が冷たかったです。山形県歯科技工士会の尾形 学術理事送迎ありがとうございました。

 

無事伊丹到着。

この度、お世話になりました一般社団法人 山形県歯科技工士会の齊藤 会長並びに役員の皆様方に心より御礼申し上げます。

 

(report/小山)

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

国際歯科大会 早期割引締め切りのお知らせ

2018年02月17日 | オープンセミナー

2018〖10月5日~7日 〙に開催されます 国際歯科大会(パシフィコ横浜)

早期団体割引 KSI{50名} の申し込みが

なんと最終集計で  85名 という多くのお申し込みを頂き、有難うございました。

本日をもって、KSI会員枠 早割り申し込みを締め切りとさせていただきます

お申込みいただきました皆様の 指名 住所 連絡先等を、念のため再度ラインで確認させていただきます。

有難うございました。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2018年01月03日 | オープンセミナー

新年明けましておめでとうございます。

KSIメンバーにとって実りある年となる様お祈り申し上げます。 奥森家所属 小太郎

2018がスタートいたしました。

皆様におかれましては夢多き、希望を胸にこの年を迎えられたことでしょう。

でも、焦らず ゛ぼちぼち、コツコツ” で行きましょう。

そして、ここ一番で力を発揮できるよう充実した日々をお送りください。

古人いわく゛急がば回れ” といったところでしょか^^。

じっくり煮詰めた料理は、味わいも深く絶品であることは言うまでもありません。

私{奥森}も50年以上生きてまいりましたが、゛こっちが近道だよ”

と教えられた道は、ろくでもない道が多かったように思います。

2018KSIメンバーは、しっかり大地を踏み進んでまいりましょう。

本年度もよろしくお願い申し上げます。

                          奥森・・

 

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

歯科技工士スタディーグループ K.S.I. WEBサイト