KSIの森

劇的に機能するパーシャルデンチャーをめざす歯科技工士の研修会グループKSI(奥森主幹)の情報掲示板です

2018年度 BASIC Corse in 埼玉 後半

2018年11月15日 | オープンセミナー


2018年度の関東ベーシックコース後半が白水貿易関東研修サービスセンター4Fにて開催されました。

オブザーバーとして尾形さん・荻野さんがお越し頂きました。



まずは開会の挨拶



早速宿題であったパターンのチェック

皆さん丁寧に仕上げられていました。

僕自身も良い刺激を受けました。



次は奥森先生からのスプルーイングのデモ

皆さん真剣に聞かれていました。


遅れて稲田さん・平田理事の登場です。

稲田さんから今回もピース頂きました!

本当にありがとうござます。


そして埋没



お昼を挟みまして

キャストまでの間の時間を利用して講義


今回僭越ながらプレゼンをさせて頂きました。

技工人生初めてのプレゼンだったので緊張…

でも貴重な体験だと思い一生懸命頑張りまして無事に終えられました。

受講生の方々にも何か勉強になれば幸いに思います。

続いて小山会長のプレゼンです。

非常にわかりやすくご説明されていました。

私自身話し方など非常に勉強になりました。



今回の懇親会は会場のテラスで行われました。

平田理事による挨拶から乾杯!


坂本さん・森下さん・伊奈さんによる

まるで屋台の店主ような働きで美味しいご飯が出来てきました。

ご馳走さまです。



そしてキャスト

キャストタイミングに受講生の皆さん驚いておられました。





二日目


掘り出しからスタートです。


平田理事にもサンドプラスターお手伝いいただきました。

ありがとうござます。



奥森先生、突然のトラブルが発生しても落ち着いて迅速に対応。

流石でした。


でも机が低すぎましたね!



そして適合・研磨のデモ

無駄の無いスピーディーな作業

圧巻です。




今回も受講生の皆さん適合は問題ありませんでした。



宮崎さんは先の大阪ベーシックの時に入会されていましたが、その他の受講生も方も全員KSI会員に入会されました。


これから皆さんでKSIを盛り上げていけたらと心から思います。

お疲れ様でした。


最後なりましたがデンタリード坂本さん・森下さん・伊奈さん

ありがとうございました。


追伸

奥森主幹、これからの技工人生への激励のお言葉ありがとうございます。

一度の人生、産まれてきたからには結果で応えられるよう精進していこうと思います。


小山会長、プレゼンの内容等の相談にのっていただき感謝申し上げます。

また機会がありましたら、アシスタントをさせていただきたく存じます。


羽賀社長、プレゼンの事前準備にあたって相談やアドバイス。

準備で帰りが遅くなってしまい終電間際になってしまった時には送ってもいただき…

本当にありがとうございました。


report by 前澤

コメント

平成31年新年会のお知らせ(概要)

2018年10月15日 | オープンセミナー

来年、平成31年の新年会、開催のおしらせ。

 

日時  平成31年1月19・20(土・日)

 

場所  大阪

 

1月19日(土)14:00頃大阪城公園駅(JR環状線)に集合

 

14:00~16:00   大阪城周辺の観光

 

16:00  水都アクアmini号(貸し切り・定員30名)にて大阪城周辺を周遊して

       大阪ミナミの道頓堀川を通って湊町へ移動。17:00頃着

       料金一人¥1,000  

 

 

なお、雨天の時はアクアライナーでの大阪城・中之島、周遊へ変更します。

料金、大阪城入館料¥600・アクアライナー¥1,700・セットで¥2,000です。

 

各自ホテルへ

 

ホテルのご案内

 

ホテルWBFなんば黒門(全室禁煙)  ¥12,000

アパホテルなんば駅東(喫煙可)   ¥15,000

タバコを吸われる方で予算を抑えたい方

ビジネスホテルニッセイ(喫煙可) 約¥8,000 ホテル少々古いです

ホテルは、なんばグランド花月周辺です。

WBFホテル北側にスーパーホテルなんば・日本橋もあります、団体では予約できませんでしたが

¥10,000ぐらいでありますので興味のある方は個人で検索・予約をお願いします。

 

19:00~

ずぼらや道頓堀店にて新年会 (¥8,000)お鍋の苦手な方、会席ご用意できます。

ビンゴ大会あります

 21:00~

 二次会(カラオケ) 場所・予算、未定 23時頃解散

 

1月20日(日)

 

 9:45~ なんばグランド花月にて吉本新喜劇などの観劇

 料金¥4,200~¥4,700


12:30~ 昼食 

14:00ごろ解散予定

*順次、案内ハガキをお送りします。参加予定の方のみ返信ください。

 初参加の方はご自分の都合に合わせてご参加ください。 

例:初日のみ参加・二日目不参加

  宴会から参加・二日目参加

  宴会のみ参加 など・・・

  

  以上                              

関西支部・平位     ご不明な点等ございましたらご連絡下さい。

            090-6603-1149 まで       



      

 

コメント (1)

札幌歯科学院専門学校セミナー

2018年06月28日 | オープンセミナー

6月23・24日の両日にわたり札幌歯科学院専門学校で奥森主幹によるWax-upセミナーが開催されました。

 

23日の土曜日は午後スタート。奥森主幹と私(小山)は朝一の飛行機で札幌入りいたしました。

千歳空港に無事到着。

今回は一泊のみなので到着早々昼食に北海道らしいもを頂きました(めちゃ旨でした)

 

まずは開講式

札幌歯科医師会立札幌歯科学院専門学校技工科・専攻科 科長の

太田祥一先生からご挨拶

 

開講式の後、時間の制約がございますので早速講義からスタート

そしてブロックアウトのデモンストレーション本日のアシスタントはKSI北海道支部の三浦会員

 

初日の土曜日は6時までと中々タイトなスケジュール。皆さんに頑張ってもらいました。

 

懇親会で乾杯!

 

初日アシスタントお疲れ様でした、三浦くん!

 

2日目Wax-upのデモがスタート

 

受講生の皆さんもWax-upスタート

 

 

タイムアップとなり、受講生の方々は途中までとなりましたが続きはラボでお願いします。

 

終了式の様子

受講者全員と握手して最後に奥森主幹からご挨拶

 

全員で記念撮影(2日目アシスタントで北海道支部の足立理事、お疲れ様)

この度お世話になりました札幌歯科学院専門学校の先生方、誠にありがとうございました。

受講生の皆さん是非次回はKSIベーシックコースにご参加ください。お待ちしています!

 

(reportこやま)

 

 

 

コメント

DENTALEAD Special Seminar

2018年05月24日 | オープンセミナー

 2018年5月20日(日曜日)大阪の白水貿易株式会社5F セミナールームにおいて“DENTALEAD Special Seminar ~プロビに何を求めるか~”が開催されました。

定員25名のところ31名が参加されました。

 株式会社デンタリード坂本主任より開会宣言です。

 講師に有限会社デンタルプログレッシブ西原 徹先生、特別講師に奥森健史先生をお招きして講演のスタート。

  多くの臨床例よりデンチャーのデザインを解説され、調整がしやすいデザイン、またセカンドプロビジョナルに関してはファイナルデンチャーのイメージの外形にしなければ意味のないプロビジョナルになるということも付け加え解説されました。

 また、模型を残すための手技を詳しく解説され、模型を重合後に壊してしまうのではなく手元に残すことで完成義歯を納品まで確認できることの大切さを解説されていました。そしてデンチャーのデザインについても欠損が拡大したときのため、欠損の部位によって床辺縁部をメタルにするのか、レジンなのかをよく検証することが重要であるということも解説されました。

 休憩時間には西原先生のもとに受講生の皆さんが集まり質問されてました。

 西原先生もなんだかとても楽しそう。

 

 次に奥森先生です。

“パーシャルデンチャーによる対応 ~プロビに何を求めるか~”というタイトルでスタートした講演で「ベイクイメージ・・・おぼろげなイメージ。このイメージがとても重要で、木を見て森を見えなくなってはいけない。全体のバランスが大切である。」ということを言及され、最終補綴物のイメージをしっかりともち、デンチャーを含めた歯列全体を一体化させ、機能させることができるパーシャルデンチャーの目的であるということをあらためて感じました。

 最後に質疑応答。数名から普段の臨床における悩みを質問されました。

 

 材料の展示もありました。

 講義にWAX-UPのデモにと4時間の中に盛りだくさんのセミナーでした。私自信とても勉強になりました。

 講演最中はみなさん熱心にメモをとる姿や大きくうなずきながら聞く姿がとても印象的でした。 

 また、うれしいお知らせです。セミナー終了時、受講生よりに来年度ベーシックコースへの申し込みがあったようです。

 (レポート 大澤)

コメント (1)

2018年度 K.S.I.OpenSeminer

2018年03月22日 | オープンセミナー

2018年度 K.S.I. OpenSeminer 開催

去る3月18日、フクラシア品川 クリスタルスクエアにてK.S.I OpenSeminer が開催されました。 

 

 本セミナーを主催頂きました株式会社デンタリード様、ご尽力頂きました各関係者各位様に心より感謝致します。

 前日の土曜日には、松川敏久先生、池村仁克先生をお招きし、懇親会を響 品川店にて行いました。

 

 

 

オープンセミナー当日。セミナー前の時間を利用しまして、平成29年度k.s.i.総会が行われました。

総会の内容は

 1.平成29年度会計報告

2.平成30年度の学術活動報告

3.2018年国際歯科大会について

4.支部勉強会について

5.来季役員選出について

6.会報について

7.会則について

8.その他

となっています。これからのk.s.i.をもっとよりよくするために話し合いがされました。

また、今年は4年に一度の国際歯科大会があり、k.s.i.より奥森主幹、小山会長が登壇されます。ぜひ、会員の皆様、会場に足を運び盛り上げていきましょう。

 

 

 

坂本さんきまってます!

 

ブース展示にてK.S.I.メソッドにはかかせない材料の展示もありました。

よく見てみると奥森主幹の製作した金属床の展示も!!

 そして、午後よりオープンセミナー開催です。

 株式会社デンタリード坂本主任より、開会宣言が行われました。

 

 その後、小山会長によるご挨拶。

 いよいよ講師陣によるレクチャーです。

 

トップバッターは奥森主幹による「欠損補綴の目的から考える機能させるパーシャルデンチャー・オーバーデンチャー」。

と題しまして、パーシャルデンチャーの目的として、現存する歯牙の喪失を最小限に食い止めること、歯列の保護、歯列弓の安定、咀嚼力・発音機能の回復、生理的機能の回復、審美的回復を説明され、機能時の力のコントロールを考えてプロソデザインをしないと機能しないということを解説されました。また、力をコントロールをされたデンチャーを装着し長期にわたり動揺歯をコントロールされている症例を動画にて解説されました。

 

 

 次に名古屋にてご開業のカメリア歯科矯正クリニック 池村仁克先生による「審美とパーシャルデンチャーの融合」。 

と題しまして、審美とは・・・美しさと機能、患者さんの満足と笑顔を獲得していくということを述べられました。また、「術者と患者さんの満足が同じかどうか、治療を進めるとともに患者さんの笑顔がよくなっていくことや、患者さんと同じ立場になって審美治療を考える為に患者さんと求める状態を獲得していく為にもう一度考える」といったことを解説されました。

 そして、「デンチャーをどう綺麗に見せるということではなく、患者さんがその治療を受けることによって歯が変わることだけではないというところに楽しさ、うれしさを感じていただけることが融合と考えています。」と述べられていて、「単に、デンチャーを入れさせていただいた一患者さんではなく旅行までさせていただけるような関係が築けることが喜びだ。」と語っていました。この池村先生の経験を聞き、私もそのような関係を患者さんと築いていければと思いました。

 最後に、審美とは「術前と術後のお顔の印象が変わってくること。これこそが審美」というお言葉も心に残りました。

 

 最後に松川敏久先生が登壇されました。

演題は「全部欠損から部分欠損まで、さまざまな欠損補綴治療の術式と実際」という演題でご講演いただきました。

 まず、松川先生は自己紹介をされ、ご自身でカウンセリングした最初の自費のケースのフルデンチャーを発表されました。そのケースを通じて、全体を見るということを勉強させていただいたというエピソードを話されました。そして、チームでの歯科治療の重要性をおっしゃっていて、歯科医師をはじめ、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、受付の全員で治療している意識が大切であるとも話されていました。

 そして、数ある奥森主幹とのコラボレーションのケースの中で、天然歯とインプラントのオーバーデンチャーのケースでは、Longevityを考え力のコントロールの難しさである見えない力をコントロールしていくという、まさに、「~欠損補綴治療において、その一つのケースにかける執念~」を見たケースでした。そのすべてがK.S.Iメソッドを臨床に応用され、口腔内で機能している動画もあり、とてもすばらしい講演でした。ありがとうございます。

 

 

 

 

  オープンセミナーも大盛況に終えることができました。受講された皆様もいろいろと感じ、刺激をいただいたのではないかと思います。

 松川先生、池村先生、奥森主幹、大変お忙し中、貴重なご講演ありがとうございます。

 

 今回、レポートをさせていただくにあたり多大なるご協力をいただきました平田理事、黒島支部長にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 レポート 大澤 

 

 

コメント (3)

歯科技工士スタディーグループ K.S.I. WEBサイト