KSIの森

劇的に機能するパーシャルデンチャーをめざす歯科技工士の研修会グループKSI(奥森主幹)の情報掲示板です

第3期アドバンスコース3回目

2014年03月17日 | アドバンスドコース

春の足音が感じられます3月15日・16日に第3期アドバンスコースの3回目が実施されました。

 

今回は2ケース目のインプラントオーバーデンチャーのドルダーバーの製作です。

今回のケースはスイングロックで維持を持たせ、内冠にて把持及び支持させさらに緩圧機能をもたせる装置を製作する過去のアドバンスコースに無い非常に難易度の高いケースとなります。

 

スイングロックのアーム部の旋回軌道を見るためにコンパスを用い設計いたします。

 

WAX UPです。

 

そして、パラサ―ムにてWAXミリングしてバー形態を作ります。

 

それを埋没しキャストいたします。

 

作業の合間には実習に関連する色々な考え方や手法などの知識を入れて頂き、臨床に役立つヒントを頂くことができました。

 

1ケース目のプレートの研磨のデモをして頂きました。

完成です。実習生は最終回までにこの状態まで頑張りましょう!

 

最後にドルダーバーのミリングのデモを見せて頂き、終了いたしました。

皆さん宿題頑張りましょう!(こやま)

 

いよいよスタート・・・恒例の KSI 2大イベント・・・

来月の広告ですが、北海道エントリーはすでに半分ぐらいの申し込みがあるそうです。{告知はまだなのですが情報が早いですね^^}

ベーシックは方は、大阪が残りわずか・・関東・埼玉の一回目は既に満員御礼・2回目の埼玉もすでに、半分ぐらいの申し込みがあるそうです。

中には、一年間待っていただいた方も、おられるとかで、お待たせして申し訳ありませんでした^^。

大阪ベーシックは,韓国のジャンさんがアシストで初登場です。おたのしみに^^・・・

 

コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第1回“Fixed K.S.I.”開催!&総会にて新役員決まる!

2014年03月10日 | 各種講演情報

3月8日土曜日に第1回“Fixed K.S.I.”が開催されました!

今回45名の参加があり、初開催でありながら皆様の関心の高さに驚きました。

今回はメーカー展示でデンタリード様に参加して頂きました。

まずは安間崇先生が「サベイドクラウン/軸壁のコントロール」と題し講演頂きました。

サベイドクラウンの軸壁の設定と一連の流れを簡潔にまとめ、今回の参加者の中でも普段仕事でクラウンワークを主に行っている方々に解りやすく解説して頂きました。

 

次に今回のメイン演者である藤尾明先生に「欠損補綴を咬頭嵌合位から考察」という演題でご講演頂きました。

今回、藤尾先生は「歯列弓の保全」と「咬頭嵌合位の安定」の2点に絞ってご講演頂きました。

臼歯部の咬頭嵌合位が保たれていないと前歯部にトラブルが発生することを指摘され、臼歯部を適切に咬合させると共に安定させる適切な咬合面形態と接触点の位置の重要性を述べられ、最後に臨床例を発表して頂きました。

 

お二人のご講演が終了し奥森主幹より今回の “Fixed K.S.I.”の総評を頂きました。

 

藤尾先生・安間先生、貴重なお話ありがとうございました。

藤尾先生には5月11日のオープンセミナ―で再びご講演して頂きます。

満員御礼・・・・早々にお申込みいただきまして有難うございました

オープンセミナ―はですでに定員を越える申し込みがあります。(3月10日現在)

KSI会員でまだ申し込みされていない方は早急に申し込みして下さい。20席ほど増席して頂けるそうですが一般からの申し込みもまだまだある状態なので会員でも漏れる恐れがあります。{サテライトを行う予定は、今のところないとのことです}

 

 

もちろん今回も懇親会がありました!

皆さんお疲れさまでした!第2回もお楽しみに!

 

翌3月9日(日曜日)に京都駅前の京都タワーホテル内の会議場“TKPガーデンシティ京都”において総会が行われ新役員が発表されました。

新役員は以下の通りです

 

 

 

 

 

新役員名簿

 

 ・会長 小山邦宏

 

 ・副会長 山下俊造   ・副会長 安井徳孝

 

 ・専務理事 鈴木利康(会計担当) ・専務理事 藤野智之(広報担当)

 

 ・理事会計(3名)

 

    日浦規史

 

    今西秀郷

 

    中原渉

 

・理事広報(4名)

 

    平田素直

 

    米津浩二

 

    稲田敬司

 

    西原徹

 

 ・主幹 奥森健史

 

・主幹補佐 下田昌幸{学術}

今回の役員改選で副会長・専務理事は2名体制、専務理事及び理事は会計担当と広報担当に分かれ、それぞれの業務を円滑に出来るような体制となりました。

役員全体での “報告” “連絡” “相談”・・・その頭文字をとって、報連相 “ほうれんそう”をスローガンに邁進してまいります。

宜しくお願いいたします。

 

下田前会長は主幹補佐{学術}となり会運営は今後新役員で行います。下田前会長は会の発足からの一番大変な2年間に会長を務められ会運営と学術に力を注がれました。本当にありがとうございました。

新会長 小山邦宏よりご挨拶

この度、下田前会長よりKSIの会長を引き継ぐ事となりました。会の発足という大事業を奥森主幹と共に行われた下田主幹補佐には今後も色々とご指導頂かなければと考えます。新役員共々よろしくお願い申し上げます。今後の活動方針といたしまして、KSI会員が自らのSkill Upだけではなく若手会員を育てる会でもならないと考えます。すなわち後に続く会でならないと考えるのです。今回の役員構成にも若手のお二人、中原理事・西原理事がいます。奥森主幹の考えで、彼らの下の世代ができた時の準備でもあります。会運営そして学術でも同じ事と考えます。技術も伝承しなければ消えていってしまいます。奥森主幹の技術をしっかりとKSIメソッドとし、会員で受け継ぎKSIの歯科業界での存在をより明確にし、欠損補綴におけるリーダー的存在とする事を目標といたします。現在、関西で行われている支部勉強会のような勉強会を今後、関東・九州方面でも行いたいと考えています。昨年入会頂きました関西以外のメンバーにも参加しやすい地域を選択し行いたく新役員で議論の後、決定し発表させて頂きたく思います。今後もKSIの発展の為微力ながら精いっぱい頑張りたく思いますので御支援をどうぞよろしくお願い申し上げます 。簡単でございますが就任のご挨拶とさせて頂きます。

                                                                   平成26年3月11日     KSI会長 小山邦宏

新役員の皆様、4月12日(土曜日)アドバンスコース終了後の時間に役員会を行いたいと思います。ご参加よろしくお願いいたします。

 

コメント (18)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

GC奥森セミナーin名古屋

2014年03月05日 | 各種講演情報

2月9日(日)、株式会社ジーシー名古屋営業所にて、「デンチャーワークにおける自然観と、その欠損歯列の機能回復を追求する」と題し、GC奥森セミナーin名古屋が開催されました。

セミナー前日にはジーシー様より会食にお誘いいただき、奥森先生はじめ小山専務と私、藤野がお招きいただきました。名古屋営業所の所長である鳥澤様、東京営業所より学術研修課の児波様にたいへんお世話になりました。この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

 

さて、当日はKSIメンバーである米津さんも参加されセミナースタート!

今回のセミナーは早々に定員となったとのこと!急遽、席を増加して対応されたとお聞きしました。名古屋でも奥森先生の注目度が覗われます。参加者の中には歯科医師の先生方も10数名参加されていたそうです。弊社の取引先の先生も参加されました。翌日、参加された先生に感想をお聞きしたところ、絶賛されておりました!!

 

 

今回はレクチャーのみではなく、グラディアガムを用いたデモンストレーションが行われました。初めて目にする参加者も多かったようで、参加者皆、真剣な眼差しでした。

 

 

最後にKSIメンバーで記念撮影、「パシャ!」

 

今回、弊社のスタッフも2名参加させていただきました。翌日感想を聞くと、男性スタッフは、「内容のレベルが高すぎて解らないことが多かったけど、たいへん勉強になり、貴重な刺激をいただきました。」とのこと。もう1名の女性スタッフは、「奥森先生の奥様、綺麗!!」でした。

このたびも貴重なご教示を賜わり、誠にありがとうございました。

 

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歯科技工士スタディーグループ K.S.I. WEBサイト