紅と福の週便り

紅太郎は虹の橋へ旅立ってもブログの中ではずっっっと一緒です。弟福太郎の成長を優しく見守ってくれることでしょう。

紅紅奮闘

2011-06-29 22:27:04 | 紅太郎の日常
                          



長い長い梅雨がやっと終わったと思ったら連日の猛暑厳しいお天気ですが皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?紅太郎一家はへろへろになりながらも何とか持ちこたえています。紅太郎も頑張っています。また新しいことに挑戦中ですのでご報告させて下さい


紅太郎はトイレのトレーニングをしたことがありません。元々は庭で飼っていたので自然と裏庭にするようになって必要なかったのです。一歳になって家の中で暮らすようになっても「おかしゃん、トイレらよ。出して~~」と教えてくれたので以来ずっとそのパターンでした。昨年の7月足を痛めてからは紅父の作ったスロープを降りて用を足していたのですが、足腰が弱っているので降りる時がどうも危なっかしい そろそろトイレを家の中に移さなければ・・・と思っていたその矢先、夜中に悲鳴のような紅の声で飛び起きてリビングに行くと、ありゃりゃ~~家の中で大きい方と小さい方、失敗していました 人間でもトイレの間隔が短くなるのですから当たり前ですよね。これはもう!急がなければと思ったものの・・・トイレのトレーニングをしたことがないので何をどうすれば良いのか・・・ここからが紅母と紅太郎の紅紅奮闘記です



寝室からすぐの廊下に紅の匂いをつけたシーツを敷いて・・・匂いと湿気を取ると言う石を飾りに敷いて、粘ること3時間


「何らこれ?」


「ふわふわらね」



この日は催さなかったらしく断念





と言うより、いきなりトイレを家の中に移しても無理じゃないの~~と思い直してまずはベランダにさせる作戦に変更しました

自然を再現してみました


あ、嗅いでる。良い感じ?


と甘い期待をしてしまいましたがここからが大変でした やはり17年間の習慣は強くてスロープを降りようとしてしまうんです・・・・当然ですよね ここで頑張らないと先へ進まないと思ってスロープへの通路を塞ぐと、行ったり来たりうろうろ、息が荒くなってパニックになりかけたので可哀想になって2回ほどスロープへ下ろしてしました。でも3回目、心を鬼にして紅父と二人見守りました そして・・・紅・・・限界・・・遠い目、お仕事  そして驚くべきことが起こりました。 その日、戸を開けたままにしておいたら、自分から降りて今度は自分でおちっこできたんです

訓練を初めて二日目でした 大きい方はタイミングがずれてピークが部屋の中になることがたまにあるので見守りが必要ですが、小さい方は100%大丈夫になりました 親バカですが、「紅偉いね」って何度叫んだことでしょう 最終的な目標は家の中のトイレですが、今回のことは大きな一歩だと思います。 これからもいくつ試練があることでしょう。でも一つ一つ一緒に解決していきますね




ここからは夕食後のよくある風景です。
 視力が落ちてからはものすごい勢いで飛びついてくるので、ポッキーのようにおされにあげることにしました

 

「ちょらい


「う~ん 魅惑的なにほひ~~




時々カムカムを見失ってとんでもない物をかんじゃうことも

紅~~~それはファスナーのつまみよ~~

「いつになく固いれすねーー」



「うぬ~~、かみかみ」





家の中をとことこ歩き回って、ご飯食べて、ベランダでお仕事して・・・後はぐっすりお昼寝がお仕事の紅太郎でした~

「色々ね、あるけろね。お仕事きっちり頑張ってるよ みなしゃまもお体に気を付けて頑張ってくらさい



長くなってしまってごめんなさい久しぶりだとついついあれもこれも、と欲張ってしまいます これからますます厳しくなる暑さ。昨年7月は紅が足を痛めた苦い思い出があります。熱中症に気を付けてしっかり見守っていこうと思います 皆様もお体大切にお過ごし下さいね。また何かありましたらご報告させて下さい



かあいいおまけ

先週、姉がくははの長女あすちゃんの赤ちゃん「まゆかちゃん」と次女kahoちゃんの赤ちゃん「こうた君」と最後に、でも負けずにかあいいがく君に会いに福岡に行って参りました。

まゆかた~~ん、また会いに来るからね~



こうたく~ん、水も滴るいい男子よ~~今度は一緒にダンスしようね


 がっくく~~ん、お手もおかわりもすっごく上手だったね~ また見たいな~~





                            

コメント (30)