紅と福の週便り

紅太郎は虹の橋へ旅立ってもブログの中ではずっっっと一緒です。弟福太郎の成長を優しく見守ってくれることでしょう。

プードル犬紅太郎

2007-08-31 21:57:51 | 紅太郎の日常
             



   ブラッシングをしていたら、またまたこんなに抜け毛が集まりました。   



                     
   
   紅太郎 「おかしゃんがこんなに素敵な純毛ルームシューズ作ってくれました。 って今夏だよーーー。
        れれれっ。 ぼくってプードルみたいじゃない? でもなんか中途半端。 」
    
 
   紅母 「ごめんね、耳とかトップの分まで集まらなかったの。また今度ねっ。  あ、自毛でセーター作ってあげよっか? 」

   
  紅太郎 「 いらな~い。 」





                   


 どんなにブラッシングをしても後から後からふわふわと抜け毛が舞います。 このところ抜け毛の量がぐんと増えてきた感じ。冬毛の準備にしては早い気もしますが季節の変わり目なのかなと、紅太郎の抜け毛で感じる今日このごろ。  あまり風流ではありませんね。
コメント (18)

しっぽの歌

2007-08-30 22:44:05 | 動画・歌など
 



一番
しっぽ しっぽ ゆれるしっぽ。

しっぽ しっぽ わらうしっぽ。

たのしいな。  うれしいな。

おかしいね。  ゆかいだね。

どんなにすてきな言葉より ずっと心に きっと心に 届く声

見えないしっぽ あなたにも わたしにも。



二番

 しっぽ しっぽ ゆれるしっぽ。
 
 しっぽ しっぽ しょげるしっぽ。

 さびしいよ。 ふあんだよ。 

 かなしいな。 ないちゃうよ。

 どんなにすてきな言葉より  ずっと心に きっと心に 届く声

見えないしっぽ あなたにも わたしにも

三番
  
 しっぽ しっぽ ゆれるしっぽ
  
 しっぽ しっぽ しゃべるしっぽ

 だいすきだ きみのこと

 なによりも たいせつさ

 どんなにすてきな言葉より ずっと心に きっと心に 届く声

 見えないしっぽ あなたにも 私にも










       



 稚拙でお恥ずかしいのですが、紅太郎のしっぽを見ていたら浮かんできた詩(?)です。 紅太郎だけでなく言葉を持たない小さな動物たちが実はとっても多弁なことに驚かされます。しっぽや耳や目や体全体を使って語りかけてきてくれますよね。 情報や言葉があふれすぎているから、なおさらのこと彼らのような素朴な言葉が心に響きます。 紅太郎と長く一緒に暮らしていると自分にも見えないしっぽがあるような気がしてきます。尾骨はあるんですものね。紅母ってやっぱり変?






 


紅太郎 「 ふ~ん。 おかしゃん、ぼくのこと何でもわかってるような言い方するけど、ぼくが今何考えてるかわからないでしょ?  」

紅母 「 んんんん~。  難しいな~ まさかとは思うけど・・カムカムのこと? 」

紅太郎「      」
コメント (13)

素敵な贈り物

2007-08-29 22:16:07 | 紅太郎の日常





先日姉(がくはは)から贈り物が届きました。あれっ、手作りパンなら月初めのはずだけど、思いながら箱を開けると・・おいしそうな葡萄や食用油と一緒にkahoちゃんからの贈り物も同梱されていました。 手に取ってびっくり  8月26日のkahoちゃんのブログに紹介されていた彼女の手作り小物がぜええええんぶここに どれもこれも心がこもっていて感激でほろり、涙もポロリ。 kahoちゃんほんとうに有り難う!あなたはやっぱりスーパーガールです。 今日の写真はクリックすると全部大きくなりますのでじっくり見てね。画像が大きくなった分重くなって遅くなってしまっていたらごめんなさい。 





左から、エコバッグ、姉(がくはは)の絵手紙(上手に描けてるよ~)とkahoちゃんからのカード、携帯入れ、シール、ペットボトル入れ





  

見て下さい!紅太郎の写真が!以前の記事[少しだけ秋」に同じ写真があります





 携帯入れとアイロンで貼れる布のシール。紅がいっぱい。うるうる。 








バッグに下げてみました。籠にぴったりの色合い。


    





「こうちゃ~ん、ほらkahoちゃんがこうの写真入りのペットボトル入れ作ってくれたよ^~~」



 「なに、なに~~。ぼくちょうどのどかわいてた~、くんくん」






 「 って、おかしゃん。ベロが入らないよ~。 ふたしまってるし~」



 「エコバッグは、大きさをみてもらうのに・・・ちょちょコウ、来て」

 

 「 ぼくの大きさ知らない人、どうやってバッグの大きさ知るのら~~
 2頭身のこけし人形か、ぼくー。それに暑いれすーー。kahoちゃん助けて~」
コメント (16)

裏切られた期待(後編)

2007-08-28 22:46:23 | 紅太郎の日常



(昨日のつづき) 世の中で一番(多分)きらいな病院のはずなのにガタガタ震えながらもなぜか受付のお姉さんの方ばかり見ています。




 「 あの、お姉さん。ここはレストランですか?」

(もしかしたら、ぼくの勘違いかもしれないから念のために聞いてみました。)



 (電話の応対で) 「 ○○動物病院でございます。」


 「ひえ~ やっぱ、病院だってえ~。」
 




(紅太郎の頭の中) 
「 注射かな~。痛いかな~。怖いな~」

   


 「 はい、紅太郎さんどうぞ~ 」 「は、はあうい。」



    診察タイム    

 この充血がもっとひどければ緑内障の疑いもあるけれど今のところただの炎症でしょうとのこと。(ほーーーっ) 紅太郎「ほーーーっ。注射はなかったよ~~。不幸中の幸いら。」 炎症止めの目薬( eye drops )を出して頂きました。



 


自宅に戻って点眼タイム



        

おとしゃん 「ほらほらもっっと目をあけんね~(開けなさい)」
紅太郎   「ちびたい。ちびたいー」
(あ、でも紅母も自分の目に薬を差すの下手でたくさん無駄にします。






「紅太郎くーん、病院こわかった?」



「えっ、病院? ぜ~んぜん平気らったよ。 目薬さしてもらって目もこの通り。ぴっかぴか。 みなさんもこわがらないですぐ病院行こうねー。 」




紅ちゃん偉かったね~。それに比べて紅母。「神経」だとか「麻酔」だとか「削る」って聞いただけで震え上がりました。 ( 逆立つ髪をクリックしてね)




でも紅太郎の言うとおり。終わってみれば何でもない。 考えすぎないでまず行動を起こすことですね。( なーんて また親子して )    


コメント (13)

裏切られた期待(前編)

2007-08-27 22:19:29 | 紅太郎の日常
               


  3ヶ月ほど前、紅太郎の目が充血して目やにが止まらなくなりました。病院へ連れて行ったら炎症を起こして鼻と目をつなぐ腺が詰まっているようだとのこと。目薬で落ち着いていたのですが、また最近目が充血しているよう・・・ 病院へ連れて行くのは怖がってかわいそうなので、お薬だけだしてもらえませんか、とお聞きしたら、やっぱり連れてきて下さいとのお返事。  かわいそうだったのですが連れて行くことにしました。


 それが・・・・つい最近お山に連れて行ったばかりだったので、紅太郎は勘違い・・ 最初から期待顔です。  震えることもなく・・・・途中までは(汗)・・・





「わーい、わーい、お山ら、お山らー

「ち、ちがうのよ、紅ちゃん  」






 「今日もいっぱい走れるかな~ 」

「だ、だから違うのよ紅ちゃん  」





 「 ん?? なんでここで止まるの?  」

「・・・・・ 」






 「なーんか、いやーな予感がしてきたぞ~ 」

「・・・・・・・ 」





「 お、お山じゃないみ、た、いだ。」

 

「やっぱ、ここはその、あの、ひょっとして


はい、その通りなの、ごめんねー。仕方ないもんね。」( 尻尾は口ほどにものを言い。  いじらしー。 



[To be continued ] 次回後編へ続きます。


 昨日は思いもかけない事態が発生して紅母の歯のことで大変ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。またたくさんの励ましのお言葉を頂きまことに有り難うございました。 この歳になっても歯医者さんは苦手です。でもいつもお世話になる先生に応急処置をとって頂き、元々の作りは別として何とか人前に出られる顔になりました。 予期せぬことで紅太郎とまったく同じ心境を味わうことになってしまった紅母。親子って似るものですね。絵に表したらおんなじ顔になりました。 「いい歳してなんだっ」って頭をクリックしてやって下さい。



コメント (16)

ぼくの悩み聞いて。

2007-08-26 23:19:11 | 紅太郎の日常
         







「ねえ、おとしゃん。相談したいことがあるんですけど。」   (すーすーすー)




 
「あごを乗せれば気づいてくれるかなー。」  (すーすーすーすー)






 
 「 これでどうだ、体重かけるよー」  (すーすすすーすーすー)




      20分経過    






 「  もしもーし。 おとしゃーん。 とんとん。 」






 「おかしゃん。たいへん。おとしゃん、意識不明です。 」  (すすすっ!)







  休日の午後、テレビを見ながら寝てしまったおとしゃん。辛抱強くアプローチを続ける紅太郎の努力も空しく、ついぞおとしゃんは起きてくれませんでした。 紅太郎の悩み事も聞いてもらえず・・・  




 今日は甥っ子のひろし君(と言っても立派な社会人)がおじいちゃんのお墓参りやおばあちゃんのお見舞いにわざわざ訪ねて来てくれました。20代の若い男性が一人で祖父母を思って車を走らせて来てくれるなんて感激です。ひろし君本当にありがとうね。 さて、 一緒に楽しくお食事をして一日が終わるはず・・・だったのですが、食事中に一大事件! 紅母の前歯(差し歯なのですが)半分欠けてしまったのです。 最初は貝殻か何かかと思っていたのですが・・もうショック。恐る恐る鏡を見たら・・
。まわりに夏なのに大きなマスクをかけていたり、変な笑い方をする人を見かけたら紅母かもしれません。 紅太郎の悩みもだけど,だれか紅母の悩みも聞いて!! ( 昨日、ひろし君に新しい技を教えてもらいました。お時間のある方は紅母の絵をクリックしてね。 紅母の気持ちがもっとわかります。(汗))
コメント (16)

びくったな~もー

2007-08-25 22:42:15 | 紅太郎の日常
         



  最初にご紹介しましたように、紅太郎はとっても怖がり。蚊をたたくパチンという音やアイロンの自動スイッチのカチッという音が遠くで聞こえても腰を抜かします。 自分で床をひっかいた音でもびっくりして飛び上がるくらいなんですよ。雷は平気なのに変ですよね。
今日も今日とて気持ちよく眠っている写真を撮っている時、夢の中で走っていたのでしょう、自分の前足で壁をひっかいた音にびっくりして一回転してしまいました。  

夢の中までは写真に撮れないので絵に描いてみました。友情出演はいつもコメントを下さる仕事仲間の紅緒ママのマーティ紅緒ちゃん、ぶーちゃんママのぶーちゃん、それとkahoちゃんとこのがく君です。    


    夢の中は多分こんな感じ・・・・ 


     「    風がきもちいいな~。   」




               


      ( 走ってる )





     「みんなもおいでよ~」(上からがく君、紅緒ちゃん、ぶーちゃん)
               


      ( 走ってる ) 前足注目




     (  前足が少し動いていたから気にはなっていたんですよねー )
 


      (   ガシッ!  ) 

              

        「 びくったな~もー」  
( 一回転   )


  いくら壁があるからって仰向けはやっぱり安定しないから横向きに寝ようね、紅。      
コメント (12)

くろ玉 - 紅太郎編

2007-08-24 23:47:18 | 紅太郎の日常

 「紅太郎とがく君の目や鼻が黒玉みたいと紅緒ママコメント」 「「くろ玉ってどんなお菓子?」とkahoちゃんが反応」
「くろ玉って山梨の郷土菓子ですごく美味しい。」と紅緒ママ 「うわあ、それはどんなものだ。食べてみたーい。」と叔母紅母と姪kahoちゃんどちらも同時に反応(話し合ったわけでもないのに恐るべき食いしん坊の遺伝子です。)、で即注文・

さて、前置きがずいぶん長くなりましたが、今日は先日届いた澤田屋さんの  くろ玉のお話です。
紅太郎の目や鼻に似ていると言われたら、子供の頃図画工作の大好き(今でも)だった紅母がすることは・・・・・決まっています。茶封筒をはさみでちょちょい・・




     ちょっとぷっくり紅太郎になっちゃった。




       「ぼくほんとはもっと小顔ですぅ~。」








 この後予期せぬ事態が・・・

帰ってきたおとしゃんがダイニングテーブルに置きっぱなしのくろ玉紅太郎を見て・・・・いたずらしたくなったようで・・ 紅母の作品が~







  こんなのになってましたー!




     きゃあ~   おじん顔だ~~。


     あ、でも悔しいけど、こっちの方が似てるかも

「でもぼく、おじんじゃないれすからね。」






 思わぬことから紅母もおとしゃんも図画工作を楽しむことができました。子供さんのいらっしゃるところは夏休みの宿題のお手伝いに忙しいのでは? 子供の頃、絵の好きだった父や兄が私の宿題なのに手伝うと言うより自分たちが楽しんでいたことを思い出します。 こんなこととは無縁のように思えるおとしゃんも子供の頃の夏休みを思い出したのかもしれませんね。




                  


  さ、いよいよティータイムです。どんなお味かな~~~。 今日はタイムリーにも紅緒ママから頂いていた「おいしい珈琲屋」のコーヒーがあったので一緒に頂くことにしました。


 「ん~~。期待通りのお味です。珈琲もこくがあって美味しい!
味の解説はkahoちゃんのgakunoheya「くろ玉」を見て下さいね。
あと珈琲は鹿児島市荒田にあるパル工房で購入できます。
珈琲豆を支えてくれているのは「陽だまり堂」さんで購入したわんちゃんのフォトホルダーです。かわいくてしっかり仕事してくれるので気に入っています。   ( あ、なんだかいっぺんにいろいろ紹介してしまいましたが頼まれた訳ではありませんので念のため  )


     


コメント (11)

一人芝居

2007-08-23 23:28:38 | 3分間紅太郎
   カンパカパンカンパーン  
 

 おめでとうございます!! アカレミー賞犬部門主演男優賞は・・・

 紅太郎さん でーーーーーす      



 「 ヤッター、キャー、ワー 、ヤー 」





  



 「 ううそ~! しんじられない !  」






  「おかしゃん、 つねってみてー 」







   「いた~~~いぃ ほ、ほんとなんだね。」







 「 どうしよう、ぐふ。 女の子からファンレターとか来たら・・・」
  




                  


      

  「 なわけないでしょ。 母さんも調子にのらないの 」(そんなニヒルな顔で突っ込まなくても・・・ 」





コメント (17)

幸せのひげ

2007-08-22 22:50:36 | 紅太郎の日常
     


紅太郎「   はいっ、ここで問題です。」 ( いきなり、ですか。









紅太郎 「 ぼくはさっき、冷たくて甘くて夢のように美味しいものをなめました。  」










紅太郎 「 じゃーん、はたしてそれは何でしょう。  」



紅太郎 「  おかしゃん、正解したらもうひとなめできる??   」 (げっ、自分で問題出して自分で答えるの?  )







 ヨーグルトにアイスクリーム、健康を考えてカップの残りをなめさせてあげることしかできませんが当人はいたって幸せそう。舌が届くところはまではある程度きれいになりますが必ず白とか茶とかの幸せのひげが残ります。(あ、でも鼻の上のひげって変ですね。)        
コメント (15)