紅と福の週便り

紅太郎は虹の橋へ旅立ってもブログの中ではずっっっと一緒です。弟福太郎の成長を優しく見守ってくれることでしょう。

18歳の誕生日

2012-08-14 07:11:50 | 紅太郎の日常
                          





本日8月14日は紅太郎18歳の誕生日です 以前ミツルリのお母飯さんから頂いてたケーキ型バースディカード(ハピバースディの音楽付き点滅ライト付き)を早く使いたくて、夕べから何度も何度も鳴らし続けていますカードから流れてくる可愛らしいメロディーを聴いていると色々な思いがこみあげてきます



「紅たん、生まれてきてくれてありがとう




「紅たん、うちの子になってくれてありがとう」、




「紅たん、こんなに長く一緒にいてくれて、ほんとにありがとう




「紅たん、お世話してるつもりが、心のお世話されてるのおかしゃんの方よ ほんとにありがとう





「紅たん、これからもずっとずっとよろしくね





 更新がとぎれとぎれになっても紅太郎のことを気にかけて下さって本当に本当にありがとうございます こうやって18歳の誕生日のご報告をすることができてとても幸せです  

先日、友人と「つみきのいえ」の作者加藤久仁生展を見に行って参りました。(鹿児島市出身ですって!)ご存知の方も多いと思いますが「つみきのいえ」は第81回アカデミー賞において邦画初となる短編アニメ映画賞を受賞した作品です。 館内ではたくさんのスケッチと供に「つみきのいえ」を鑑賞することができ、あまりにもタイムリーな内容に涙涙 (ネットでも検索すればご覧になれますのでまだの方は是非) 紅太郎とのこれまでの思い出はどの扉を開けても楽しく幸せなことばかり・・でもまだ終わった訳ではありません。これからももっと幸せな思い出を積み上げていきたいと思います 
コメント (31)

夜鳴き紅太郎

2012-08-08 15:47:05 | 紅太郎の日常
                          




おかしゃんの片腕に乗るくらい体重軽くなったれすよ


一番重いときは12キロ近くあった紅太郎の体重・・現在5.6キロちょっと寂しい。でも介護はし易いです。親コウコウかな?



真っ黒お目々は少し薄くなりましたが、真っ白まちゅげは健在です 何かを思い出してるような表情です




アイスクリームの残りは今でも大好き
「うまうま















前回の更新から気が付けばこ~~んなに 本当にごめんなさい
いつも紅太郎のこと気遣って来て下さり本当にありがとうございます 紅太郎が立てなくなってから数ヶ月・・やはり・・寝たきりになるということは大変なことなのだと痛感しています。日々起こる色々なことに対応しているうちにあっと言うまに時間が過ぎて行きます。おまけに母が緊急入院 なんだかドタバタの毎日を過ごしておりました。幸い母は今状態が落ち着いているのでグループホームに戻り往診を受けています。手放しで安心できる状況ではありませんが、でも少なくとも慣れた環境にいられるのは有り難いことです ・・・・とここまで書いておりましたが・・ 実は母が再入院することになりまた体も心も落ち着かない日々となってしまいました 重篤な状態ではないのですが高齢なので状態が変わりやすいのと施設に帰れるかどうか・・などまだまだ不安材料がいっぱい。でも母が不安にならないように出来る限りのことを今は尽くすだけです


さて・・紅太郎に話しは戻って・・今日のタイトル「夜鳴き」と書きましたように、ここ数ヶ月は紅太郎の夜鳴きをどうすればよいのか・・頭を悩ませておりました。夜鳴きは時折悲鳴のような声で、抱っこして泣きやむ・・と言う程度ではなく、何をしてもダメな時はダメで・・こちらも半べそ状態でした紅母は睡眠不足でとうとう風邪につかまりダウン(もう快方に向かっております) 獣医さんに相談してメイベットと言う認知症対策のサプリメントを出して頂きましたが、飲ませたその日は効いた!ような気がしたのですが長続きせず、こうちゃ~~んどうしてあげればいいの^~  ・・・とその時(劇仕立て)あることに気が付きました。紅の夜鳴きは・・確かに夜は目立つので夜鳴きだけだと思っていましたが・・午前中にも時々起こる。ご飯をあげてから2,3時間くらいしてから起きる。うんぴの前はもっと・・。と言うことはご飯に関係あるのではないか!(もっと早く気づけ~紅母~~!) 紅太郎の食欲は旺盛で、カリカリでも何でもどんどん食べていましたし・・歯もしっかりしているので、これまではカリカリにサツマイモとキャベツ、それにぬるま湯をかけてあげていました。でも完全にふやかして柔らかくはしていませんでした。 これまでは全然問題なかったけれど、寝たきりになり背骨が曲がり、腹部に圧力がかかるようになれば当然胃腸の働きも弱るので、もっと早く柔らかい食事に切り替えるべきだったのです。 獣医さんにその事を話、もう一度アドバイスを頂きました。 ご飯は乾燥より缶詰などのウエットタイプにオリーブオイルなどちょっと混ぜてあげると良いとのこと。また姉(がくはは)からのアドバイスでヨーグルトもあげるようにしました。 ご飯の内容を変えてから・・完全に夜鳴きがなくなった訳ではありませんが、鳴き方の程度や長さが改善したように思われます。「おかしゃん、おちっこ出そうら」でクゥンクゥン(可愛い鳴き方) 「おちっこ出て、濡れちゃった」で「ギュンギュン(ちょっとうるさい鳴き方)」「うんぴが出そうらよ~~~」でギャンギャン (ひじょ~~~にうるさい鳴き方) でもそれ以外は天使のような安らかな顔で眠っています  母のことで疲れていても紅の寝顔を見るとす~っと疲れが取れます 紅との穏やかな時間が少しでも長く続きますように・・・母との穏やかな時間が少しでも長く続きますように・・・と祈るばかりです 


今日のあちゃ写真 
 
「おかしゃ・・・目が・・・


ご飯時・・・紅太郎を紅太郎号に乗せるのですが、体が曲がって硬くなっているのでそれはそれは大変 4本の足が4つの穴に上手く入らなくて、紅父と二人がかりでやっとです  で、さ上手くいったぞと思ったら 頭が よ~くこんな風になります






ひさしぶりのおまけ

すごくすご~く前のいつかの晩ご飯


お煮染めとカジキマグロ?のお刺身




たこバジルとスモークサーモンサラダと 多分・・作り置きソースとペンネ


バジルがたくさん採れたので、ニンニクと塩とオリーブオイルと松の実の替わりにアーモンドを入れてソースを作りました。ゆでダコとトマトとキュウリと和えて・・とっても美味しかったです。



こうやって料理の写真を見ると・・普通にご飯の献立考えて作ることがどんなに楽しいことか(時々嫌だけど)その有り難さを痛感します。 ドタバタの日々はただただ簡単にできるもの、コンビニのもので済ますこともありましたから・・・ 「ご飯」って本当に大切 
コメント (16)