紅と福の週便り

紅太郎は虹の橋へ旅立ってもブログの中ではずっっっと一緒です。弟福太郎の成長を優しく見守ってくれることでしょう。

今日の二枚:毛布兄弟

2020-10-29 06:00:43 | 福太郎

                                        

 

 

 毛布兄弟の

 

「 兄れす   」

 

 

「 弟れ~~す   」

      

 

 おまけ   

いつかの晩ご飯・・・シイラと鮭とホタテのマッシュポテト(マヨ和え)載せチーズ焼きとサラダ

左横は人参の蒸し焼きです 

 

コメント (3)

抱っこちゃん

2020-10-26 06:00:28 | 福太郎

                                        

 

 

 「 あはは、福ちゃん、にゃんこちゃんみたいれすね~」

 

 

「ほんと! あらまっ 朝から「らっこ」されてるわんこがいますよ 」

 

「 おかしゃん、おはよ 」

 

 

「 甘えん坊じゃないろ 」

 

「 父孝行なの

 

 

「 抱っこさせてあげてんの 」

 う~ん、どちらとも言える 

 

 

  おまけ        

 

いつかの晩ご飯・・・・まぐろとアボカドのポキと椎茸とエノキダケのハムチーズ焼きと 揚げ豆腐とオクラのカレー味スープ

カジキマグロはごま油とオリーブオイル少々と塩、、わさびで和えてます

コメント (2)

焼き芋ら!

2020-10-22 06:53:29 | 福太郎

                                 

 

 

「あ! おいおあ(お芋ら)! おいいあっあおえ(美味しかったよね)~~  」

 

 

久しぶりにお芋が食べたくなりました 紅はるかオーブンで焼いて・・

 

 

 

 ちょこっとバター垂らして頂きました  

 

当然、福太郎も匂いにつられてやって来たので、ちょこっとだけあげましたよ~

「うんま

 

その後・・・よほど美味しかったらしく・・

 

「うんまかったら~~~

 

「おかしゃん、もうないの?

 

 もうないない

 

「へっ?  」

 

「へええええ~~

 

「 がっくし

 

「 「がっくし」のあんよ」 

 

 

 おまけ   

いつかの晩ご飯・・・・・お買い得伊佐牛たっぷりの贅沢カレーといつものサラダ

 

 

コメント (7)

何故にそこまで

2020-10-20 06:00:51 | 福太郎

                                     

 

 

「 ぼく今懐かしいチョビ君のブログ見てるとこ   福ちゃんは? 」

 

 

「 おかしゃんの手伝いらよ 」

  

 

 

「う~ん、読書好きにはたまんないインクのにおい 」

 

 

 福ちゃん、悪いけど、読めないからめくるね  

 

「 お 」

 

「 あごのせ~~~~~

 

 何故にそこまで  

「 よくわかんないけろ、なんか気持ちいいのら 」

邪魔が? 新聞が?  

 

 おまけ  

いつかの晩ご飯・・・・里芋のコロッケと 納豆とアボカドと紫蘇混ぜ混ぜ(納豆に付いているタレで)

アボカドと・・は見た目悪いですが 美味しかったですよ

里芋のコロッケももっちり美味しかったです

コメント (2)

毛布の季節

2020-10-17 06:00:41 | 福太郎

                                    

 

 

「  毛布が恋しい季節になったれすね 」

 

南国鹿児島・・・昼間はまだまだ暑いのですが、朝晩はひんやりです 

 

ここにも寒がりさんが  いつもテーブルの下に陣取っているのに、最近はここで眠ることが多くなりました 

季節は確実に冬へ向かっているんですね~

 

 

「 あったかいろ 」

 

「  おかしゃんも毛布に入る? 」

 

 

「 あはは~  無理らよね~~            」

 

 

 おまけ   

 

いつかの晩ご飯・・・・お買い得伊佐牛のステーキと残り物サラダ

ステーキとなると、いつも人参のグラッセとほうれん草と・・・と付け合わせに手間がかかっていたのですが、今回はささっとセロリとジャガイモとブロッコリーのソテーで

ジャガイモは圧力鍋で皮ごと蒸しておきました

 

 

もひとつおまけ

 五行歌(ごぎょうか)のご紹介 

高校時代の同窓生rりえこさん(以前エプロン工房ちまりを主催)から素敵な本を頂きました 「五行歌」をご存知でしょうか?以下は彼女の資料からの抜粋です。

「 五行歌とは、文字通り「五行で書く」歌です。現代のことばで、字数・音数にこだわらず自分の呼吸で、思ったことを自由に五行で書きます。

 万葉集以前の日本人は、自由に歌を書いていました。その古代歌謡の約半数は五句構成でした。その古代歌謡のように、5行で書くのが現代の五行歌です。

 私達は日々の生活の中で、いつも何かを思ったり、目や耳に入るものに心を動かされたりしながら生きています。そういう思いや感じたことを、自分のことば、自由なリズムで表現してみる。そうするとご自分の唯一の歌になります。・・・ 」

 

頂いた本を開いたら、恋の歌、愛の歌、人生の歌、家族の歌、老いの歌、・・・様々なテーマの歌が自由に飛び出してきました

例えば 

      なんか 

      ほんとの

      はなしを

      すると

      おちつくね

    (水源 カエデ)(六歳)

 

     

      たいしたことなど

      なにもできない

      だから

      たった一つの

      心を磨けばよい  

    (草壁焔太)(五行歌草案者)

 

そしてりえこさんの歌も

    ひとりの中で

    ふたつの心臓が

    リズムを合わせてる

    十月だけの

    二重奏       

    (兼子利英子)

 

どれもそれぞれに情景や想いが伝わってくる味わい深い作品ですよね 

 

触発されて私も何か書いてみたいと思いましたが こんなのしか浮かびませんでした

   

    ありゃ! 福ちゃん

    こら! 福ちゃん 

    あれまあ

    これまあ

    やれやれ 福ちゃん  

   (紅福母  福太郎のいたずらにため息 の巻)ちゃんちゃん   

   紅福母、五行歌への道は通し 

 

 

 

コメント (4)

ぼんぼり

2020-10-14 06:00:16 | 福太郎

                          

 

 

 

 

「  ぼくのしっぽれす    くるん れしょ?  」

 

「 あんれれ?  福ちゃんのしっぽ・・・」

 

ぼんぼり~ 

 

ぼんぼり~ 

 

ぼんぼり~ 

「   」

 

「ぼんぼりらよ 」

 

「ろ~お? 」

花火のようにふさふさ開いていた尻尾でしたが、思い切ってまあるくカットしてみました

 

 

 

 おまけ  

いつかの晩ご飯・・・・・困った時の焼き肉風頼み と 湯豆腐などなど

前の晩から牛肉にニンニクのすりおろしや焼き肉のタレや蜂蜜など好みの味のタレに漬け込んでおいて、食べる前に炒めてドン

湯豆腐は大根のすりおろしにポン酢です

 

コメント

お手紙拝嗅

2020-10-10 06:00:40 | 福太郎

                             

 

 

 「  朝は気持ちいいれすね~~~ 」

 

「おはようごじゃいます おいどんと朝日さあとお月さあとの3ショットでごあす

 

この日の空はこんな空

朝日がまぶしい

おお 雄々しい福太郎どん

福太郎どんは匂い嗅ぎに余念がありません。 以前読んだ本の中に楽しい解釈がありました

「わんこ達はこうやってお互いに匂いを嗅ぎ合って手紙のやり取りをしている」のだとか

 

 

「すんすん ふむふむ そうなの?

 

「へえ~~ そうなんら~

 

で、お返事のおちっこ

 

「 元気れね ぼくもここに来たろ 」

 でも、福太郎、出てないんです 散歩前に自宅の敷地でおちっこは済ませて行くので、見ていると何も出てない

気持ちは一人前の「お・と・な・の雄犬」なのでしょうね

 

 

 おまけ  

いつかの晩ご飯・・・イカとセロリとブロッコリーとトマトのニンニク炒めとしらすとジャガイモのチーズ焼き

今回はパセリがなかったので、セロリの葉っぱを刻んでチーズ焼きに使いました

コメント (2)

それにゃに?

2020-10-07 06:00:58 | 福太郎

                                       

 

 

「 福ちゃんね、ガン見 、よく頑張ったんれすけろね~~~   」

 

 

「何なろな~~ 」

 

「何なろな~~~  」

 

「ねえねえ、おとしゃん、それにゃに? 」

 

「すんすん、美味しそうな匂いらろ~~~   」

 

「いっこ、ちょらい?」

 

「 ぶーぶー  粘ったけろもらえんかった  おとしゃんのドケチ~ 」

消化不良を起こすといけないからね がまん、がまんですよ

 

 

 おまけ     

 この日の晩ご飯・・・落花生入り鶏肉の煮物と カンパチのお刺身

 スーパーに生の殻付き落花生が出ていたので、おつまみ用に塩ゆでして、残りを煮物とカレーにも使いました。

昔母が良く作ってくれたのを懐かしく思い出しました

 

かなり食べられた後のおつまみ塩ゆで落花生

コメント (2)

どら焼きら!

2020-10-03 06:00:11 | 福太郎

                                   

 

 

「 おかしゃん、福ちゃん、平和らね~~~~     」

 

 

「福太郎隊員、100センチ前方にどら焼き発見  」

 

 

「30センチ付近まれ接近  」

 

「20センチ 」

 

「 何気ない顔れ相手を油断させての 」

 

            

「 速効             」

敵もさるもの とっさにかわされて作戦失敗 

(ちょびっと皮のところだけもらってましたよ~~ )

 

 

 おまけ      

いつかの晩ご飯・・・・ 贅沢! うなぎと赤だし味噌汁ともろもろ

 

コンサート前、喉風引いて寝込んで絶望的な気分だったとき、「おかしゃん、鰻食べて元気出してよ」と紅太郎と福太郎の声が聞こえた気がして、奮発して鰻の蒲焼き注文しました

私の耳は都合良く出来ているみたいです 

 

 

もひとつおまけ

紅福父写真館

先日、みんなの九州切符を利用して、紅福父1人でぴゅ~~っと門司港駅まで行った時の写真です

二日間乗り放題で1万円 っていいですよね 

駅舎は国の重要文化財に指定されています

 

レトロな雰囲気~~

 

帰りに太宰府天満宮にも寄ってお守り買ったり、充実した一日だったようです

 

 

 

 

笑い話・・・すっかり気を良くした紅福父・・・・次の日もお昼からお休みを取って、今度は熊本へ

熊本城など観光して、これまた良い時間を過ごしたようですが・・・・にゃんと 市電の中で肝心の親切符をなくしてしまい、帰りの新幹線代は手出しだったそうです ←まるで私自身を見ているよう~~ 夫婦間で「おっちょこちょい」は感染するのでしょうか・・

コメント (4)

福太郎のテーブルマナー

2020-09-29 06:00:25 | 福太郎

                                    

 

 

 

「 くふふ ふくちゃん、また何かやらかしたみたいれすよ 」

 

 ひえ~~~ 福太郎さん、何れすか、これは~~~~~

 

 

「 ほ? 何れすかとは何れすか?」

 

 何ですかこの汚い食べ方は~~~~ 

 

「 オイラ(オイラ)の流儀ら、文句あるまい  にひっ

 

「 美味しいトッピング以外はぺっぺっと落とすんらよ 

 

「 そんでもって、また後で食べに来んの 」

 毎回ではないのですが、何故かトッピングすると、トッピングと一緒に口に入ったカリカリをこんなに素晴らしくまき散らして下さいます

 

 

 おまけ   

 

いつかの晩ご飯・・・・牛すね肉のビーフシチューと鮭骨缶&タマネギサラダ

 

鮭骨缶はそのままだと骨がぼそぼそするので細かく砕いてタマネギのみじん切りとマヨネーズで和えました

 

 

 もひとつおまけ

 

紅福父写真館

 

 

                   

 

コメント (2)