冬景色と山より低い虹

2017年11月13日 | 冬の風景

  今朝は寒い朝で辺りは霜で真っ白でした。

  霜で出来た車のガラスの模様がきれい~で暫く見とれてました。

  こんな朝の前の晩は星がとってもきれいなんですね

  星と言えば11月中旬から後半にかけてしし座流星群が見れそうで楽しみです

 

  この週末は10月の雨で延期が続いた外の片付け スタットレスにタイヤ交換

  街に買い物 美容院の予約もあったりと忙しくしていました。

  しかし出掛ける途中広がる風景は車を止めさせるほど きれいでした。

   

   落葉松は落葉し始めて枝や幹が見えるようになるこんな状態も美しいものです。

   

    

     なんの木なんでしょう~ まだこんな青々とした木があって冬景色に色を添えていました。

     

 

     土曜に街まで行った時始めて見たという出会いがありました。

     最初目の錯覚か目がおかしくなったのかと思いました 

     道路の先が七色なんて・・・ 虹の中に入っていけそうな感じがしました。

     あまり色が出ませんでしたが分かるでしょうか? 時間は11時前くらいだったと思います。

     

     山の稜線より低くアーチが掛かっています。 

     空に掛かる虹は見たことがありますがこんな低くて幅広で大きな虹って初めてでした。

     いろんな条件が揃わないと見られないのでしょうね。

     こんな虹を見られてラッキーでした。 \(^o^)/  虹自体も最近は見ていなかったので大興奮でした~

     

 

 

     今日はカメムシの羽音で起こされてしまいました。

     飛び起きてティッシュを取りに離れたら消えてました!

     最近はスリムなカメムシに変わりふつうのカメムシになってきました。

     今年はどれだけカメムシに悩まされるのか早く落ち着く所に落ち着いてほしいですね。

 

 

 

        お立ち寄り下さってありがとうございます。

     

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加