星が流れた夜☆彡

2018年12月15日 | 

 昨夜のふたご座流星群 皆さんはご覧になりましたか!?

 私は最初10時頃少し見て 次は完全防備で深夜12時頃から1時頃までじっくり見ました。

 たくさんの流星が飛び交い何が違うのか不思議ですが夜が更けてからの方が星たちの

 存在感がまるで違って流星の輝きも違ったような気がします。

 しかし流星が飛んでいなくても満天の冬のにぎやかな星々を眺めているだけでも至福の時です

 首の痛さと氷点下8度の寒さも忘れるほどでした。

 息も凍るような空気でもこんな星空を見上げていると大きく深呼吸をしたくなるんですね。

 

 8時頃見上げた月ですがまわりがぼぉ~と赤くきれいな月でしたね

 

 

 そして10時過ぎ八ヶ岳の根石岳辺りに沈んでいきました。

 山に少しかかったところです。 22:20

 

 

 そして・・・山のシルエットを写して沈んでいきました。

 見ているとあっという間に沈んでいきますね。 

 この頃の月の色は画像では写りませんでしたが濃くなり山吹色になってきれいですね。

 

 

一夜明けて今日は良く晴れましたね。

上の沈んでいったシルエットの山は右側の山天狗岳の左 ほぼ中央の尖っているあたりですね。

 上の画像↑の左側の続きは下の↓画像に続きます。 右の硫黄岳の爆裂火口へと続きます。

 下にたなびく雲の流れがきれいでした。

 

 

 

 赤岳も雪の赤岳になりましたね。

 ここに立つとどんな季節でも気持ちの良い風が吹いてきます。

 

 

ボ~っとかすむプレアデス星団を見ながら今接近中のウィルタネン彗星はこの近くで

見えるのかな~と思いながら星々流星を眺めました。

ピカっと光ってスゥー~と流れる流星

今思い返しても胸がすく想いというのか・・・ぴったりな言葉が浮かびませんが

宇宙からのエネルギーを感じられて気持ち良いという感じでしょうか!?

 

 

 

   お立ち寄り下さってありがとうございます

コメント (10)