こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

地獄極楽絵図を見てきました

2012年08月17日 06時33分44秒 | Weblog




 唐津市役所前にある浄泰寺(弓鷹町)で「えんままつり」があっているということでいってきました。
毎年8月16日の一日だけ「地獄極楽図」の開帳があっていることは知っていましたが、はじめて見学させていただきました。

 午後5時すぎにお寺に着くと、立派な本堂では親子づれの方10数人がビデをによる「地獄極楽図」の解説を熱心に見ていました。

 浄泰寺の絵図は、波多三河守が比叡山を詣でた時に、この霊像を見てその美しさに感動し、領民の守護仏にと願い、総本山知恩院の特命により真誉上人を伴って、持ち帰ったとされています。



 







 「地獄極楽図」には、釜茹でをしている姿、舌を引き抜く様子などが生々しく描かれ、炎燃え盛る地獄が描かれています。
一番下の絵は、罪を悔い改めた人々を救う阿弥陀如来が描かれています。
ここに、この絵を描かれた本質があるのではないかと想い寺を後にしました。

 みなさんも来年8月16日には「浄泰寺」を訪ねられては如何でしょうか。








 
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« いまの日本は、戦前と似ています | トップ | 橋下市長の「ダブルスタンダ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地獄絵図 (昭和生まれのおじさんです)
2012-08-17 22:17:03
地獄絵図を見せて教え諭したい人間はいくらでもいますね。(東京電力の役員とか原子力村の人たちとか天下り官僚などなど。)
怨霊やたたり、地獄など、昔の人は人間の心を正しく導くためにいろんなものを生み出していたのですね。
教え諭したい人 (うらた)
2012-08-18 06:36:50
 教え諭したいことはほかにもいっぱいいますよね。

民主党=平気で国民にウソをつく
自民党=解散と控えに民主党に増税をけしかけ
公明党=国民の暮らしより党利党略

 閻魔大王の地獄で苦しんでもらい、改心した人だけが阿弥陀様に助けられるようにしたらどうでしょうか。
阿弥陀様も見捨てるかも (昭和生まれのおじさんです)
2012-08-18 22:17:42
地獄の業火で焼かれなくてはいけない政治家や役人はたくさんいますが、はたして彼らを阿弥陀様が助けてくださるでしょうか。
阿弥陀様もあきれ返って見捨ててしまうような悪行三昧を尽くしている者がなんと多いことか。  

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事