こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

来年度予算過去最大規模

2009年12月26日 07時10分59秒 | Weblog
 鳩山民主党政権は、政権はじまって以来初の予算編成を閣議決定しました。

 子ども手当や高校授業料無償化など、自民党政権ではできなかったことが進んだことは評価できますが、92兆円の歳出に税収は半分以下の37兆円で、新規国債が44兆円で、その差を埋蔵金から引き出すとしています。
 巨額の埋蔵金がいつまでも続くとは思えません。

 国民は、将来に大増税がまっていると心配しています。
財源で言うならば、軍事費と大企業・大資産家を優遇する税制にメスを入れてこそ「健全財政」への一歩におなります。

 オバマ大統領も、「富裕層に応分の負担を、貧困層に減税」の方針で進んでいます。
 ヨーロッパでも消費税の引き下げで国民の懐を暖める政策を進めています。

 世界の流れは、「応分の負担」で貧困層をなくすことです。
 日本も「弱肉強食」の社会からの転換が望まれます。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランキング

blogram投票ボタン