幸せの雲と整体師  

呉市広の整体、身体均整 木村です。
(腰痛、肩こり、骨盤矯正など)
とびしま街道の風景やランチなどの日記です

下蒲刈 弘願寺(ぐがんじ)

2009-04-10 09:16:44 | 蒲刈・とびしま海道
広島ブログ

とびしま街道、下蒲刈町三ノ瀬。
小さな漁港に船が帰ってきました。町の上のバスが通る道から見た光景です。
下を見下ろすと弘願寺があります。本堂の屋根も大きく桜の綺麗なお寺です。



バイクで降りてみました。



駐車場のすぐ上に桜がいっぱい咲いています。
青空も綺麗です。ここの桜はとくに花が多いですね。



今週末もまだまだ見ごろではないでしょうか。
ここに降りてくる道路わきに少しだけ駐車スペースもあるのですが
せっかく三ノ瀬に来られたら、松淘園あたりの広い駐車場にとめて歩いてくるのもいいですよ。



少し桜の木が多いと提灯が下げてあるところが多いのですが、島の桜は
そのままです。こうして写真を写していると何もないほうが綺麗ですね。



海と青空を感じながらお寺。心洗われる静かなところですよ。
たまに、漁船のぽんぽんぽんという音は聞こえますけどね。
それはそれで情緒があります。




広島ブログ
 ↑
人気ブログランキングに参加しています。1日1クリックお願いします。


整体院のHP → 
『広島県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 大崎下島の桜 | トップ | 一本の桜 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
名刹 (孤島児)
2009-04-10 10:09:29
とびしま随一のお宮様が大長、宇津神社なら、
お寺様は、下蒲刈の弘願寺です。
名僧、勧学円識、司教永野龍猛を排出し、
政界、経済界の重鎮を生んだ名刹であることは言うまでも有りません。
下から行ったことは有りますが、、
上の道路から降りれるのですね、今度、先の住職、早世した猛雄君の墓参に行きたく想っています。
架橋 (孤島児)
2009-04-10 11:04:47
現在とびしま架橋完成で、痴呆政治家どもは40年来の夢が適いなんて、新聞にまで報じられていましたが、そもそも橋を掛ける言い出しっぺは弘願寺の永野猛雄、前住職だった。僕が訪れた43年前の夏、日商会頭、五洋建設、後の知事など東大出秀才が帰られていて、鯛素麺をいただきながら、お前の所まで橋を渡って帰れるようにしないと、っと言ったのが始まりでネーミングは7つの橋が要るからレインボーブリッジだと口ずさんだけど、それは東京湾に取られた。その頃橋の話をしたら何処の溝へ掛ける話かと笑っていた痴呆どもがよくもぬけぬけと言いますね、僕の書斎には永野猛雄君からの書簡を保存しているのです。父君鎮雄参議の全国区遊説に付き添って倒れる前の手紙も有りますが、彼が早世しなければ、もっと島は発展していたほど、ずらりと並んだ親戚の東大出は圧巻でしたよ。
島周辺や呉市に散らばる学窓ではその偉さが解らないほど知能指数が違う人物郡が弘願寺にはいました。偉い人とはあのような方を言うのですね~
馬と鹿は平等ではないのに、、、、、、、
綺麗ですね ()
2009-04-10 12:00:28
此処の桜は今まさに元気盛り?本当に樹全体が花という感じですね。
金星さんの撮影も素敵です。
8日お誕生日だったのですね。おめでとうございます。
何よりものプレゼントはこの美しい風景ですね。
ランキングも頑張って上向いていますね
初めまして♪ (はちこ)
2009-04-10 21:41:01
諏訪恵さん経由でこちらに来てから
いつも拝見させていただいてます。

このお寺に父方の祖父母のお墓があります。。
一番下の写真、幅の狭い急な階段のところか
途中じゃないかな~と想像してます。
残念ながら春には行ったことはないんです。
こんなに桜が見事とは!
また三之瀬への思いがつのりますー(^_^;)

すてきなお写真をありがとうございました。
これからもブログ更新楽しみにしてます。
Unknown (金星)
2009-04-11 00:01:54
>孤島児さん
いつも解説ありがとうございます。解説を読んで写真を見ると、なるほどと歴史を感じますね。長野鎮雄さんは僕が子供の頃、手を差し伸べてこられて握手した記憶があります。

>風さん
桜の木もいろいろなんですね。
山にぽつんとある桜も好きですよ。
周辺の景色が桜を引き立たせますね。

>はちこさん
はじめまして。コメント有難うございます。
今は、大きな楠の木が切られてしまっていますよ。ご存知でしたか。
三ノ瀬は意外と写真を撮れる場所があります。
美術館も良いですし。

コメントを投稿

蒲刈・とびしま海道」カテゴリの最新記事