幸せの雲と整体師  

呉市広の整体、身体均整 木村です。
(腰痛、肩こり、骨盤矯正など)
とびしま街道の風景やランチなどの日記です

ふるさと憩いの家(大三島)

2008-09-30 09:02:59 | 広島周辺と日帰りの旅
今日、ふたつめの記事です。
「ところミュージアム」をでて次に向かったところは、
「ふるさと憩いの家」 学校跡地を利用して民宿をしているところ。
木造の校舎がいいですね。



ここでキャッチボールして、海で泳いで、釣りをして、
魚三昧の料理があったら最高でしょうね。
島の暮らしそのまんま。チャイムならんのかな。



目の前はこんな海岸、対岸は波方あたり、菊間の石油タンクも見えました。
このみっつの島は、不老不死の仙人が住むと言われています。



波止場で釣をしている人がいます。海は綺麗です。
釣れても釣れなくても気持ちよさそう。
こんな場所にはむすびの弁当、玉子焼き、ウインナーですね。



この校舎の民宿は、映画のロケでも使われました。
なんどもとりあげていますが、「船を降りたら彼女の島」
泊まる場所は正面の建物かと思えば違うのかな。

ズーム。



波の穂  と書いてある。
この名前で、泊まってみたい気がぐぐっときますね。

先ほどのミュージアムといい、今回はタイトルや名前に感動ですね。



この時すでに時間が予定よりかなりオーバー。
目的の昼食はまだまだ先。

つづく
コメント

ところミュージアム

2008-09-30 08:45:11 | 広島周辺と日帰りの旅
愛媛県の大三島。大山祇神社をあとにして次の橋を渡るために最短の
コースは引き返すことなのですが、遠回りの島を沿岸を走ることにします。

しばらく行くと、海沿いからみかん畑が広がる山の中腹にでます。
そこにあるのが「ところミュージアム」という美術館。
現代アートを展示しています。



受付でチケットを購入し、建物の外側から階下へ降りていきます。



建物と周辺の景色全体がアートなのです。
天気悪いのに落ち着きますね。これで快晴と青々とした海だったら
どんなにすごいのだろう。
作品を見る前からわくわくしてきます。

建物の立っている方向は、夕日が見える方向を選んでいるそうです。



最初の作品がこれ。人と同じぐらい大きなものです。
タイトルは、旅人・雨あがる



ピカソ    マリソールの作品



小さなブロンズは 深井隆さんの作品


逃れゆく思念  -垂直の時間
 


ノエカッツの作品。 左から、カップル、ミーティング、夢というタイトル。

どの作品もタイトルが素晴らしい。
そして、温かい感じがします。ひとり、じっくり眺めながら微笑んでしまう。



家にひとつほしいなぁと思ったのがこれ。
深井隆さんの作品   馬なんだけど、タイトルは
どこからきて どこへいくのか
えっ?僕のこと?



段々畑のように作られた建物を順番に作品を見ながら降りてくると
こんな素敵な場所があります。
目の前が海。そして、誰もいない。

これがいいんですよ。誰もいない。 がやがやと観光客がいると全然違ったと思う。
ここで、コーヒーを飲みながら本を開いてのんびりするといいだろうなぁ。
と思ったのは帰ってからのこと。

リュックには本が入ってたけどこの時は出してみようなどとは思いませんでした。
それぐらい、目の前の海と船をぼんやりと見ていた。

そして、セルフでコーヒーが置いてあるのです。
インスタントですけど。

一人で入れてのんびり海を眺めてきました。



本当に一人かというとふりかえると
ほら、一緒に眺めてる作品があったりする。



天井の感じもいいですね。この空間、いいですよね。



こんどはここに誰とこよう

コメント (2)

大山祇神社 (おおやまずみじんじゃ)

2008-09-29 06:34:50 | 広島周辺と日帰りの旅
本日、旅の記事、ふたつめ。
目的地はまだまだ先。そして、行き着いた先で食べたかったものとは・・・

大三島について桟橋で道を聞いて大山祇神社 (おおやまずみじんじゃ)に向かいました。
約15分。9時過ぎなので人がほとんどいません。
60代ぐらいのグループが写真を撮るところでした。
あぁ、ちょううどええとこにきたわ。 これ押して?

なんとも親しみのある声をかけていただいて記念撮影、そして、ゆっくりと
土の感触を味わいながら楠に向かって歩きました。



あたりは静かで、竹箒で掃いている、サーッ、サーッという音が響きます。
もこもこっと生い茂ってる葉、この楠を一度みたかったのです。
樹齢2600年



どっしりと構えていて力強い、そしてやさしい感じもする。

この神社、海の神様という書き方をしていたのでもっと海沿いにあるのかと
思えば、山の方なのですね。

大三島は大きな島だけど、家もぽつんぽつんと農家があるぐらいで
本当に田舎でした。神社周辺もあまり観光でにぎわう感じもなく、
そこがまたいいのです。




あまりいい写真はとれませんが、なんとなく境内の雰囲気はわかったでしょうか。
少しですが歩いてる人も物静かで落ち着くところです。



古く茶色い建物、何も塗っていない歴史そのままがいいですね。
お祈りを・・・ あなたが幸せでありますように



こちらは伊藤博文が植樹した木だそうです。



本殿側からもう一度、楠。






お参りを済ませたら、次の目的地へ。



一人で黙ってあるいたので特に書くことなし。
この場所にしか自分の感覚がないというか、日常もいろんなことも忘れて
今目の前にあるものしか、無い。
神社や大きな楠にであうと感じることはそんなこと。
気持ちが今の瞬間に落ち着くと疲れなくて心地いいです。
是非一度行って見られるといいです。

次はどこへ? しまなみ街道を渡るのですがそのまえに

つづく
コメント (2)

忠海から

2008-09-29 06:00:11 | 広島周辺と日帰りの旅
日曜日の朝、ひとりで日帰り旅に出ることになりました。

8時過ぎ、忠海港に到着。やはり1時間ちょっとかかりました。
それにしても天気が悪い。昼間は半そでで走っていた昨日とは随分違います。



フェリー乗り場の雰囲気もいいです。自動販売機で券を買います。
大三島まで大人290円、原付250円
一緒に船に乗る人たちはほとんどが観光のような人。
なれてない感じがなんともいいです。日常を忘れた休日です。
バイクは僕一人、他には自転車のグループもいました。



忠海港をでると約30分で大三島に着きます。
途中止まった大久野島。子供の頃に一度だけ来たことがあります。
ここで海水浴をした記憶が。しかし、島の子がなぜここまで来て泳いだのか不思議。



大三島の盛港に近づくと、多々良大橋がよく見えるようになりました。(肉眼では)
写真で波わかりにくいですね。雲の色と橋の色が同じです。

もってる地図は、前日にインターネットで印刷したあまりにも簡単なもの。
大丈夫でしょうか。

どんなたびになりますことか、つづく


コメント (2)

陶芸教室の茶碗

2008-09-27 06:48:21 | つぶやき
今日ふたつめの記事です。
ひとつ前の中華料理店もよろしく。



カルチャーセンターの陶芸教室にいって整体をしていますが
終わって陶芸教室で遊んでいるときに、見つけた器、
これいいねと先生にいうと、ああ、それは整体受けてるあの人の作品、

聞いてみましょうか、ということで話がまとまっていただけることになりました。



茶碗。 趣味でされている陶芸なのでこれを売るというものではありません。
その点、自由に好き勝手にやってる感じが気負いがなくていいのです。
見つけたときは明るい色でしたが焼きあがってみると下地は濃い色に。

気に入ったのは大きさ、厚み、適度な重さ。
手に持ってしっくり来る感じがいいのです。

ありがたいですね。

コメント