幸せの雲と整体師  

呉市広の整体、身体均整 木村です。
(腰痛、肩こり、骨盤矯正など)
とびしま街道の風景やランチなどの日記です

うどん家 郷原店

2010-12-31 21:51:13 | グルメ (食と健康)


広島ブログ←  1日1クリックお願いします。
おいしいうどんといえば、「うどん家郷原店」場所が郷原というところにあるだけでチェーン店ではありません。

久しぶりに食べる呉の細うどんはとてもおいしいです。
好みで言うとさぬきの硬い太い麺より好きです。

まあ、これも別の食べ物という感じもします。呉の細うどんはつゆで食べるのがおいしいです。
胃に優しい細いうどんです。

さぬきは、釜揚げが一番好きです。つけ麺の方法で食べる方がさぬきはおいしいと思います。




呉の細うどん、肉、天ぷら、玉子、毎回のように全部入っています。



そして、夜は年越しそばをこの店でもらって家で食べました。



こちらも肉、天ぷらが入っています。

肉の味付けが出汁の中に溶けておいしいです。
そばを食べると大みそかという感じがしますね。



整体院のHP → 

  ↓ いつも応援のクリックありがとうございます。
広島ブログ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 呉情報へ にほんブログ村 写真ブログへ
コメント (2)

今年最後の朝

2010-12-31 11:06:33 | 蒲刈・とびしま海道


広島ブログ←  1日1クリックお願いします。


おはようございます。安芸灘とびしま街道、今年最後の朝は青空が見えました。
昨日の天気予報では、雪、大荒れになる予報でしたが、青空も見えていい朝でした。

今日も仕事にむかうときに写真を撮りました。安芸灘大橋は気温2度、風速10mです。

一年を振り返っても色んなことで楽しめた1年でした。

といってもこれが最後のブログではありません。

今日ふたつめ、ひとつ前の記事もおいしい料理ですからよろしく。

このあとも残ってる写真をアップすると思います。

FMではこんな曲が流れてきました。


BENI / ずっと二人で










  ↓ いつも応援のクリックありがとうございます。
広島ブログ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 呉情報へ にほんブログ村 写真ブログへ
コメント (2)

華みづきの定食

2010-12-31 01:06:49 | グルメ (食と健康)


広島ブログ←  1日1クリックお願いします。

何度も紹介している華みづきですが、630円でこの料理はとてもお得で
健康的です。
店の入り口に書いてあるメニューを見てから入ります。
肉料理、魚料理が一品ずつ決まっていてどちらかを選ぶ方法です。

豚のトマト煮という感じで書いてあったと思いますが、
このトマトの味はとてもおいしいです。トマトがよくきいたミネストローネのようなものです。

ごはんは、大、普通、小とありますがどれを選んでも値段は同じです。
普通で。と注文すると茶碗にいれてから、これぐらいでいいですか?
と確認していただきました。

というのが、この店は値段は同じなのですが、食べ残すと罰金100円です。
食べ物を粗末にしないということです。



ほくほくと崩れるようなじゃがいも、厚みのある豚肉、
やわらかい人参。ほとんど形がとけてきている玉ねぎ、どれもおいしいです。



さすがにこんな料理を作っている店ですから味噌汁もおいしいわけです。




日替わりの添えの三品もどれも好きなものでした。



この店には芸能人も何人か来ています。
壁に色紙がはってありました。
ここに連れてきた人がよく店を知っていたものだと思います。

この店の料理だと満足されたと思います。
こんなの初めて食べますという料理ではなくて、家でこんな料理が出るといいよね
という日常にほしい家庭的な料理です。

ご飯の適量も効果はあるのですが、この店の料理を食べると
食べすぎた感じはなく、ちょうどいい量を食べた気がします。
味が良くてしっかり食べた感じ、かといって胃を休める時間が必要なこともなく
快適に昼殻の仕事につけます。

家族で行って、家でやってみようという料理を見つけるとよさそうです。





整体院のHP → 

  ↓ いつも応援のクリックありがとうございます。
広島ブログ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 呉情報へ にほんブログ村 写真ブログへ
コメント (1)

お好み焼き はやと 2

2010-12-30 12:06:27 | グルメ (食と健康)


広島ブログ
一日一クリックお願いします。

お好み焼きはやとでお好み焼き以外に人気なのが汁やきそばです。
お好み焼きを食べ終わる頃にもう少し入るよねということで一杯の汁やきそばを
分けて試してみることにしました。


鉄板では焼そばを焼き始めます。最初はこれが自分たちのものだとは思いませんでした。
あー、そうか汁焼そばだから焼きそばを焼くのかと納得。

キャベツもやし、テンカス、魚粉がいっぱいでおいしそうな焼そばです。

この焼そばをスープの中に入れて出来上がりです。


僕の想像です。もともと今のお好み焼きは野菜焼きが昔はねぎ焼きでした。
それからボリュームを出すことと値段のこと手に入ることなどで
キャベツ焼きになりました。同時に、別メニューで中華そばがありました。
これをひとつにすればいいじゃないかと、麺がお好み焼きの野菜焼きの中にはいります。
・・・これを考え付いた広島では、汁の麺の中にあったそばともやしをもってきたのです。
(という想像です。もやしがぬけているところは伝達のなかでもれたのではないでしょうか)

さて、今回の汁焼そば、お好み焼きに中華そばの麺を盛ってくればいいじゃないかという
お好み焼き+中華そばの組み合わせ方の別バージョン。

焼そばは焼きそばでありました。中華そばというメニューもありました。
焼そばを中華そばの中に入れたらいいじゃないかという組み合わせ。
さらにおいしさを増すために、おでんのこんにゃく、牛すじもたっぷりはいるのです。




究極のB級グルメとはこれだ!と思うぐらいおいしい味でしたよ。
お好み焼き店ならどこでも置いているのであれば、
今治の中華料理店の玉子飯ぐらい浸透するのでしょうが、汁やきそばは
はやと独特のものなのでここでしか食べられません。



それが焼きそばを作ったもののつゆの中に入れてしまうわけですから
普通のラーメンに戻りそうですが、宗でもないところがおもしろいのです。
焼いていた焼そばであることがしっかりわかるような味でした。
これはおすすめです。



てんかすと牛すじがたっぷりなのでこてこてかと思われがちでしょうが
そんなことはないです。けっこうあっさりした味ですよ。

整体院のHP → 

  ↓ いつも応援のクリックありがとうございます。
広島ブログ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 呉情報へ にほんブログ村 写真ブログへ


コメント

お好み焼き はやと

2010-12-30 11:33:08 | グルメ (食と健康)


広島ブログ
一日一クリックお願いします。

次男が冬休みなので、家族が全員そろったところでお好み焼きはやとに行って来ました。
観光客の人がよく訪れる店です。

海猿の出演者やスタッフが通っていたということもあって他県から来る時に
ネットで調べて来られるようです。
上の写真にあるように、僕は三軒の店、どこにも行きます。
左から子豚、華みづき、はやとです。呉でもどこもお勧めの店ですよ。

この日も鉄板の前は4人ほどの男性客でにぎわっていました。
みなさん関西あたりから来られた観光の人たちです。
関西の人は言います。野菜をこれだけしっかり食べられるのはいいですねぇ、
キャベツの味を感じますよと。
そういえば、広商店街のほてい屋にも関西の人が仕事にきていてこれはおいしいといっていました。
同じように、呉の人も関西のお好み焼きも好きです。
古くからある「ぼてじゅ」や広の「ルル」も生地がおいしいと人気です。


マスターは、お好み焼きのことや呉のことなどいろいろと丁寧に解説していました。



鉄板を前に店の人と話をしながらお好み焼きを食べる。
地元の人とかかわれる場所での食事は広島弁の解説付きで楽ししい旅行ですね。



広島風のお好み焼きは、もやしが入りますが、これはあるのとないのとでは
全体の味が随分違います。
食べたときに今もやしを食べたという感じではなくて、全体の味に影響があります。
家でもやしがたまたまないのでまあいいかで作ったときにこの違いがはっきりわかります。
普通に盛り付けてるラーメンと麺だけのラーメンぐらい違いますよ。



大量のキャベツ、豪快な野菜焼きです。



よく見るとわかりますが、呉焼き。生地があってその上に少しの下味をつけた焼そば
が載せてあってそのうえにキャベツが乗っています。ゆで麺をつかうと
こんな感じの焼き方をするのです。
窯でゆでる生麺を使用するところは麺を焼きすぎて固まり過ぎないように
一番最後に野菜の上に麺を載せます。

焼ける間に先に一品いただきました。
ホルモン焼きです。ぷりぷりのホルモン、この脇についているもやしが
いい仕事をしているのと同じでお好み焼きの中もこんな感じにもやしが生きているのです。



出来上がりました。基本のイカ天いりねぎかけです。



ソースはかかりすぎず、かといって少なすぎずこのあたりの加減はちょうどよく
出来ていて、追加のソースをかけなくても良いぐらいの味付けがしてあります。



どんな角度で写せばお好み焼きがおいしく写せるか繰り返し試しています。
ソースをかけすぎると、ソースの味だけ食べてる感じになります。
松山の三津浜でやってるお好み焼きはソースたっぷり、
ソースのツボにつけてきたのではないかというぐらい隙間なくソースたっぷりでした。
地域ごとの味の好みがあるというものの、う~ん。

店の看板は広島風となっている店がいくつかありますし、
ソースも広島のものを使っています。半月折にするのですが、独特と言っていますが
これは昔の呉とまったく同じ、麺に下味をつけたものを包むのと玉子でふたをせずに
半分におって生地で包んだ形にします。
独特なのは焼き方ではなくて濃すぎる味と野菜が少ないということでしょう。
広島風というより松山風と言ったほうがいぐらい違うものです。



広島では、広島市内と呉では呉のほうが若干味が濃いと思いますが、
これがごくわずかな店の個性という程度です。
はやとのお好み焼きは観光客に人気があるように今では全国に配送しています。


これぐらいに麺の色が残ってる程度で仕上げると
麺そのものの味を楽しめるのです。
通はそばを食べるときに全部を汁の中につけませんよね、あれと同じです。
野菜の味、麺の味、玉子の味、ソースの味、いろんな素材の味が
バランスよくどれもがでしゃばらずに口の中に広がるのです。



広島風のお好み焼き、広島市、呉市、それぞれにおいしさがあります。
やはり地元で人気の店がいいですね。





整体院のHP → 

  ↓ いつも応援のクリックありがとうございます。
広島ブログ

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 呉情報へ にほんブログ村 写真ブログへ
コメント (3)