サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 11517「ヤギと男と男と壁と」★★★★★★★★☆☆

2011年02月25日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行

ジョン・ロンスン原作のノンフィクション「実録・アメリカ超能力部隊」を基に描く娯楽作。アメリカ軍に実在したという、ラブ&ピースの精神で世界を救おうとする特殊エスパー部隊のぶっ飛びのエピソードの数々が披露される。物語の語り手に『天使と悪魔』のユアン・マクレガー。彼を無謀なミッションに巻き込む男を、『マイレージ、マイライフ』のジョージ・クルーニーが熱演する。次々と登場するおよそ軍隊とは思えないへなちょこ技に大爆笑。[もっと詳しく]

超能力というのは、ヘナチョコぐらいが安心する。

ジョン・ランスン原作の「実録・アメリカ超能力部隊」を、文庫本であったが大笑いしながら読んだ。
なにに大笑いしたかというと、大真面目に軍がエスパー研究をしているのだが、それが「最強のエスパー戦闘軍団」をつくる(これはこれでSFやアニメのお馴染みのテーマ)というよりは、なるべく「無血」でありたいというように「道徳的戦闘」をミッションとしていたことだ。
目的が「平和の戦士」というよりは、手段が「平和の戦士」なのだ。
どちらかというと、ロールプレイングゲームの「白魔道士」のようなもの。
そしてお馴染みの、念動力や透視能力や予知能力を鍛え上げることになるのだが、それがまたお粗末なしろものなのだ。
しかしながら大真面目に「ジェダイの戦士」を養成しようとしているのが可笑しい。
もっと可笑しいのが、その訓練方法が「ニューエイジ思想」をベースとしているところである。
兵士たちは、ヒッピーのように髪の毛を伸ばし、あごひげを生やし、ドラッグで瞑想しながら、「ラブ&ピース」を唱えるのである。
そして「いいかい、雲を動かして見せるからね」などと宣言し、「キラキラ眼力」で空を凝視し続けるのである。
こうして実力はともあれとして、新・地球軍マニュアルに則って、エスパー軍は組織されたのだった。



『グッドナイト・グッドラック』でジョージクルーニーとコンビを組んで、なかなか硬質で良作な製作・脚本を手がけたグランド・ヘスログは、今回は監督としてこの抱腹絶倒の「実録」を原作として、絶妙な役者陣をキャスティングした。
語り役のミシガン州の地方紙の記者役ボブにユアン・マグレガー。
妻に浮気されて、失意のどん底で半ばやけっぱち気味に03年、イラク駐留軍の従軍記者を志願して、クェートに赴く。
そこで以前に「エスパー軍」の取材をした時に、名前を聞いていた軍で二番目の超能力者というリン(ジョージ・クルーニー)に偶然出会い、同行することになる。
リンを通して、この新・地球軍を任されたビル(ジェフ・ブリッジス)や、彼の能力に嫉妬して反目することになるラリー(ケヴィン・スペイシー)のことなどを知る。
ボブはそんな能力のことなどはなっから信じてないが、奇妙な同行劇に振り回されることになる。
僕たちは、軍の訓練と言うと、マッチョでハードな海兵隊式訓練のようなものしか知らないから、ジャクジーにつかりながら「愛と平和」を満喫したり、カルト教団のような瞑想に耽るシーンが面白くって仕方がない。



「ジェダイの戦士」たちは自らが「平和的非殺傷兵器」になることを目指している。
だから「ヤギ」を見つめながら、「倒れろ、倒れろ!」と念波を送ったりする。
あるいは「体外離脱」を目論んだり、「遠隔透視能力」と称して精神を集中したり、壁を通り抜けようとして跳ね返されたりするのである。
相当に可笑しいが、もともと冷戦のさなか、「スターゲイト計画」と名づけられて、CIAやスタンフォード研究所などと協同して、ベトナム戦争によるトラウマを受けた元兵士などから選抜して、「効果なし」ということで04年に解散するまで、大真面目に実在した部隊なのである。
共産圏とりわけソ連との、宇宙、軍事の激烈な競争が、超能力分野にまで及んだのである。
もちろんソ連だって、水中で赤ちゃんを養育したり、冷凍保存の人間を隔離したりにとどまらず、奇妙な「エスパー戦士」の研究、養成をやっていたことは、ほんとかどうかは別として月刊『ムー』のお得意の特集テーマのひとつである。



石森章太郎の人気名作漫画であった「サイボーグ009」でも、山田風太郎の「忍法帖シリーズ」でも、映画の『ファンタスティック・フォーシリーズ』でも、そのほかゴマンとある超能力ユニット戦士たちのお話は、結構好きなのだが、あまりに超能力者のパワーが強すぎると収拾がつかなくなってしまうのが難点だ。
でも『ヤギと男と男と壁と』に出てくるエスパー軍団は、まあユリ・ゲラーとどっこいどっこいぐらいに思えるから、なんとなく滑稽で親近感が涌くというものだ。
スプーンをどんなにヒョイと曲げられたとしても、金正日の頭を小突くことさえもできない。
でも、超能力というものは(僕は信じているが)、所詮リアル世界ではそれぐらいのことのほうがいいのかもしれない。
だって「神の奇蹟」というのはあるのかどうか知らないが、エスパー戦士がその領分にまではズカズカと入っていって欲しくはないからだ。






コメント (4)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« レアアース代替(雑草のよう... | トップ | 218日目「印傳のさまざま/革... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2011-07-23 14:12:14
最近TBできる作品がなかったので、ちょっとご無沙汰でしたね。

軍隊と超能力をこういう切り口で処理し、ヒッピーの思想が混じえたおとぼけタッチは可笑しいけれど、僕にはちょっとピンと来ないところがありました。

>ジェダイ計画
原作からありましたか。
すると、ユアン・マグレガーの起用はお話から生まれたと考えるべきですね!
オカピーさん (kimion20002000)
2011-07-24 02:10:54
こんにちは。
オカピーさんのレヴューはいつも見ていますよ。
半分ぐらいは見ているんだけど、ほとんどこちらはレヴューしていないので、コメントだけするのも失礼かなと思って。
根性がないです、僕は(笑)。
コメント (オカピー)
2011-07-24 16:20:39
父親は病院と施設の往復で、母親がない今、昼間一人でいる時間が相当増えましたので、コメントにレスするのも一種の会話として楽しみとなっております。

時間があっても以前ほど分析的に映画評を書く気にはなれず、手抜きも甚だしいですが、kimionさんの真似をして自分のことも文章に織り込んで書くなどしています。

TBあるなしに関係なく、どしどしお願いしますよ。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-07-24 16:52:38
了解しやした。

コメントを投稿

座布団シネマ:や・ら・わ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

『ヤギと男と男と壁と』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ヤギと男と男と壁と 』 (2009)監  督 :グラント・ヘスロフキャスト :ジョージ・クルーニー、ジェフ・ブリッジス、ユアン・マクレガー、 ケビン・スペイ シー、スティーブン・ラング ベストセラーの...
ヤギと男と男と壁と (LOVE Cinemas 調布)
ジョン・ロンスン原作のノンフィクション「実録・アメリカ超能力部隊」を基に豪華キャストで描いたコメディムービーだ。ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー、ジェフ・ブリッジス、ケヴィン・スペイシー、スティーヴン・ラングといったハリウッドを代表する錚々たる...
ヤギと男と男と壁と (映画的・絵画的・音楽的)
 予告編を見て面白そうだなと思い、また千原ジュニアがこの映画の邦題をつけたということもあって、『ヤギと男と男と壁と』をシネセゾン渋谷に行ってきました。 (1)何よりこの映画には、驚いたことに、『マイレージ、マイライフ』のジョージ・クルーニー、『クレージー....
ヤギと男と男と壁と (あーうぃ だにぇっと)
8月11日(水)@新宿明治安田生命ホール。 今年も8月の後半はあまり食指の動く作品がない。 NECKとかキャッツ&ドッグスとかはあまり見る気にならない。 そんなラインナップの中、この作品は数少ない観たい作品のひとつ。 期待して観に出かけた。 I.M.D.B.の評価...
ヤギと男と男と壁と (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Men Who Stare at Goats。グラント・ヘスロヴ監督、ジョージ・クルーニー、ジェフ・ブリッジス、ユアン・マクレガー、ケヴィン・スペイシー、スティーヴン・ラング ...
ヤギと男と男と壁と (風に吹かれて)
ジェダイ戦士は世界を救う?公式サイト http://www.yagi-otoko.jp原案: 実録・アメリカ超能力部隊 (ジョン・ロンスン著)地方新聞の記者のボブ・ウィルトン(ユアン・マクレガー)は、
《ヤギと男と男と壁と》 (日々のつぶやき)
ヤギと男と男と壁と [DVD]/ジョージ・クルーニー,ユアン・マクレガー,ケヴィン・スペイシー ¥3,990 Amazon.co.jp 監督:グラント・ヘスロヴ 出演:ジョージー・クルーニー、ユアン・マクレガー、ジェフ・ブリッジス、ケヴィン・スペイシー ホントに実在...
ヤギと男と男と壁と (迷宮映画館)
うーん、どっかピリッとしなかったんですが・・・
孤高のヤギ (Akira's VOICE)
「ヤギと男と男と壁と」 「孤高のメス」 
ヤギと男と男と壁と/ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー (カノンな日々)
ジョージ・クルーニーとユアン・マクレガーの主演作品にしてはこの公開規模はちょっと地味かな?と思っていましたけど、いざ劇場でかかり始めた予告編を観るとB級テイストな香りが ...
「クロッシング」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
・・・。
ヤギと男と男と壁と (ケントのたそがれ劇場)
★★  余りにも退屈で睡魔が何度も襲いかかってくる。目を閉じると字幕が読めないので、必死で目を大きく開いてふんばるのだが、いつの間にか、ウトウトとして爆睡しそうになってしまう。これではいかんと、再びふんばるのだが、またいつの問にか眠りの中に引き込まれる...
ヤギと男と男と壁と (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 失恋したら戦地へ行こう!
ヤギと男と男と壁と (キノ2)
★ネタバレ注意★  微妙についていけないタイトルだったので、またしても劇場窓口で口ごもってしまいました。  「ええと、ヤギ……ヤギ……ヤギ?」  ヤギを三連呼した上に、最後の一回は疑問文になってしまいました。そんなこと訊かれても。「ヤギを見つめる男...
ヤギと男と男と壁と (とりあえず、コメントです)
ジョージ・クルーニー&ユアン・マクレガー主演のちょっと不思議なコメディです。 変なタイトルと予告編だなあと思ったのですけど、出演者の豪華さに惹かれてチャレンジしてみました。 これはスター・ウォーズのファンなら楽しいかなと思うような作品でした(^^ゞ
ヤギと男と男と壁と (シネマDVD・映画情報館)
ヤギと男と男と壁と スタッフ 監督: グラント・ヘスロヴ キャスト ジョージ・クルーニー ユアン・マクレガー ジェフ・ブリッジス ケヴィン・スペイシー 劇場公開日:2010-8-14 発売日: 2011-01-07 ...
ヤギと男と男と壁と(2009) (銅版画制作の日々)
原題:THE MEN WHO STARE AT GOATS (ヤギを見つめる男たち)ホントに実在した超能力部隊これで世界は平和になる!最終日に滑り込みました。観ないわけには行かない!良くも悪くも見ておきたいと思っていました。それでどうなのか?ひたすら眠気が襲い、ヤバかった(汗)...
ヤギと男と男と壁と (Recommend Movies)
これで世界は平和になる! なんでかわからないけど邦題の名付け親が千原ジュニア ジュニア自体はアレだけど“超能力部隊”ってネタは面白そうだね~♪ イラク戦争の取材に飛んだボブは“新地球軍”所属...
『ヤギと男と男と壁と』をギンレイホールで観て、どーせーちゅーんやな男ふじき☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆有名人の顔見世興行?】 ・自分自身に愛と平和が足りないせいか、とてもつまらんかった。 ・それはサバンナ八木の「ブラジルの皆さん、聞こえますかあ」を90分 ...
ヤギと男と男と壁と~真実に基づいた嘘のような嘘の話? (ライフスタイルをデザインする建築家の・・・ライフスタイル)
映画の日にトイレットとまとめて見てきた映画「ヤギと男と男と壁と」 変なタイトルだなぁ~って思っていたんですけど・・・ 後から友人に聞いて知ったのですが千原ジュニアが邦版のタイトルつけたんだそうです。 なぜ?男が反復されるのか? そんなタイトルに裏があるのか...
ヤギと男と男と壁と (映画鑑賞★日記・・・)
【THE MEN WHO STARE AT GOATS】2010/08/14公開 アメリカ 94分監督:グラント・ヘスロヴ出演:ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー、ジェフ・ブリッジス、ケヴィン・スペイシーホントに実 ...
「ヤギと男と男と壁と」 エスパーでソルジャーがラブでピース? (はらやんの映画徒然草)
ジョージー・クルーニー、ジェフ・ブリッジス、ユアン・マクレガー、ケヴィン・スペイ
ヤギと男と男と壁と (だらだら無気力ブログ)
ジョン・ロンスン原作のノンフィクション「実録・アメリカ超能力部隊」を 基に米軍極秘舞台の実態を豪華キャストで描いた実録コメディ。 出演は『マイレージ、マイライフ』のジョージ・クルーニーや『天使と悪魔』 のユアン・マクレガー、『クレイジー・ハート』のジェ...
ヤギと男と男と壁と (The Men Who Stare at Goats) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 グラント・ヘスロヴ 主演 ジョージ・クルーニー 2009年 アメリカ/イギリス映画 94分 コメディ 採点★★★ 動物園のふれあいコーナーなんて行くと、大抵いるのがヤギとか羊。あとウサギとか、なんかフンがコロコロしてる連中。性格も大人しいし、子供らがワ...
ヤギと男と男と壁と (心のままに映画の風景)
2003年、新聞記者ボブ(ユアン・マクレガー)は、妻の浮気をきっかけに、イラク戦争の取材を敢行すべくクウェートへ向かう。 かつて耳にしたことのある軍隊の超能力部隊にいたリン・キャシディ(ジョージ・...
ヤギと男と男と壁と (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
栄えある米軍には、なんと超能力を専門とする特殊部隊が実在していた!全米のベストセラー・ノンフィクション「実録・アメリカ超能力部隊」を原案にした真実の物語。本当にいた超 ...
ヤギと男と男と壁と (Diarydiary! )
《ヤギと男と男と壁と》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - THE MAN
ヤギと男と男と壁と~真実に基づいた嘘のような嘘の話? (ライフスタイルをデザインする建築家の・・・ライフスタイル)
映画の日にトイレットとまとめて見てきた映画「ヤギと男と男と壁と」 変なタイトルだなぁ~って思っていたんですけど・・・ 後から友人に聞いて知ったのですが千原ジュニアが邦版のタイトルつけたんだそうです。 なぜ?男が反復されるのか? そんなタイトルに裏があるのか...
【映画】ヤギと男と男と壁と…ヤギって顔怖いよね。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2011年2月5日(土曜日)…一日中寝てたなぁ で、夕方ちょこっとだけ会社に行って、TSUTAYAに嫁さんが急に買い始めた「JIN」を買いに言って、家族と外食しただけの一日(というか半日以下)。 以下は映画観賞記録です 「ヤギと男と男と壁と」 (監督:グラント・...
映画評「ヤギと男と男と壁と」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督グラント・ヘスロフ ネタバレあり
ヤギと男と男と壁と (RISING STEEL)
ヤギと男と男と壁と / THE MEN WHO STARE AT GOATS 2003年。新聞記者ロバートは仕事も夫婦生活も順調、幸せをかみ締めていたが 妻の浮気が発覚しどん底に。半ばヤケクソになって開戦直後のイラク取材...