サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レアアース代替(雑草のような経歴が応援したくなる度80点)

2011年02月24日 | それでも世界は回る

レアアース代替できた!インクが高感度センサー

 

読売新聞2011年2月21日(月)09:59

 


 価格が高騰するレアアースの代替素材として、インクに含まれる有機分子を使うことで、世界最小、高性能の磁気センサーの開発に、千葉大の山田豊和・特任准教授(35)ら日、独、仏3か国の共同研究チームが成功したと発表した。


 大きさ1ナノ・メートル(10億分の1メートル)の極小サイズながらセンサー感度は従来品の10倍にアップ。安価な材料でパソコンなどの小型化や高性能化が図れるという。


 研究成果は、21日付の科学誌「ネイチャー・ナノテクノロジー」電子版に掲載される。


 山田特任准教授らが開発したのは、パソコンなどのハードディスクの記録読み取り装置に使う磁気センサー。年々高騰するレアアースなどの代替品として、太陽光電池やディスプレーなどへの応用が進む有機分子に着目。インクや染料・顔料などに含まれているフタロシアニンを使ってみたところ、有機分子1個で磁気センサーの働きをすることを発見。センサー感度も10倍になることがわかった。

もちろん実用化までの道なりはわからないが、わくわくするニュースである。
この山田特任准教授を擁する千葉大学も、鼻高々で若手研究者紹介のいの一番に
彼を上げている。
文部科学省の「若手研究者の自立的研究環境整備促進」の「科学技術振興調整費」を利用した研究でもあろうが、成果をこういうかたちで挙げるのはよいことだと思う。

この若手研究者は、学習院大学でドクターをとった後、オランダの研究機関で単位を取得し、いったん母校で研究生活に入った後、ドイツに派遣されている。
今までも、各種の研究助成を獲得しながら、今回の成果に至ったわけだろうが、こういう世界には門外漢だろうから間違っているかもしれないが、それほどエリートの研究者世界を歩んできたようには思えない。
そのことがまた逆の意味で、応援したくもなってくる要因にもなっている。

政府はわけのわからない「子ども資金」などなくして、こういう研究に集中的に予算をつぎこむべきである。
もちろん「二番じゃ駄目なんです」(笑)。


  


  

コメント   この記事についてブログを書く
« デパつく!(仮想の試食コー... | トップ | mini review 11517「ヤギと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

それでも世界は回る」カテゴリの最新記事