One Day One Voice with PHMC

日常の身近な出来事と趣味のひとときを紹介できればと。

1年振りの名阪 Vol.275

2018-09-16 21:15:39 | モトクロス
 『全日本モトクロス第8戦』

 明日は太平洋側で30℃とまだ真夏日となる様です。 

 そして台風21号、北海道地震後早期の復旧を望むばかりです。

 先週9日(日)、全日本モトクロス選手権第8戦が開催されました。

(場所は奈良県の名阪スポーツランド)

 第7戦が西日本豪雨の影響で広島大会が中止となり約1ヶ月振りの大会となりました。

 

 各メーカーのパドック

 

 新型のCRF450Lも展示されていました。

 

 

 ホンダワークスのライダー(左から成田選手、山本選手、能塚選手)

 

 今も第一線で活躍している成田選手(38歳)

 

 
 
 

 

 ホンダは最新のジャッキアップを使用

 

 

 ヤマハの岡野選手

 

 

 こちらはマイナーチェンジのYZ85Ⅱ(当日は開発者の方の製作秘話も)

 

 

 

 

 スズキブース

 
 
 

 

 うず潮レーシング

 

 

 IA1参戦のハドリー・ナイト選手(ニュージーランド)ヒート2では4位と健闘

 

 

 

 トレーニング用のバイスクール

 

 

 山の傾斜を利用したコース

 

 

 

 

 前日の雨で少し水分を含んでいますがサンド質(砂状)の為それ程影響なし。

 

 

 プライベートチーム:TEスポーツ(東福寺監督の名門チーム)

 

 

 

 レディースクラス参戦のホンダCRF125F(4ストローク)
 
 

 

 

 

 

 

 

 サイディングラップ前の状況

 

 

 成田選手

 

 山本選手(成田選手のグリッドの隣に)

 

 

  

 終始先頭争いを繰り広げる成田選手と山本選手(IA1)  

 

 

 

 ヒートレースを終了したマシン(激しいレースを物語っています)

 

 

 

 上位の選手のマシンは車両点検の為しばらく保管。

 

 IA1の表彰台も模様(ヒート1、2総合での成績にて)成田選手、山本選手、星野選手

 

 

 こちらはレディスクラスの選手(男性に劣らず熱い走りで場内は盛り上がっていました)

 

 昼休憩ではいろいろなイベントが(DJブース)

 

 

 駐車場は普段、ジムカーナやカートが行われるコースを使用。

 

 

 10月7日に開催される『モトクロス・オブ・ネイション』の日本メンバーの壮行会

 昨年は派遣がありませんでしたが、今年は予選を突破して本戦で良い成績を期待しています(頑張れニッポン!!)

 ヘルメットも日の丸を飾ったスペシャルペイント

 左から古賀選手(IA2:1位)富田選手(AMAMX14位)、横山選手(IA2:4位)

 
 
 昨年のチャンピオンマシン(ホンダ:山本選手)

 

 IBクラスチャンピオン獲得の岸選手(来年はIA2クラスで活躍を期待しています)

 

 最終戦は少しインターバルがありますが スポーツランド菅生大会(10月27日~28日)

 毎年、海外からの招待選手が来日するので楽しみです。(さすがに遠すぎて行けません...)

 2015年:Tカナード、Cウェブ、Jマーティン(AMA)、Rフェーブル、Tガイザー(WMX)
 
 2016年:Cシーリー(AMA)
 
 2017年:Jマーティン(AMA)
コメント

久しぶりの更新で... Vol.274

2018-09-02 10:20:22 | 模型
『第57回静岡ホビーショー(番外編)』

 前回の更新から約4月が経過しました...(ご無沙汰ですいません)

その間に、ロシアワールドカップ、第100回高校野球、ジャカルタアジア大会等

いろいろな事がありました。今は撮り貯めた高校野球をしばらく観戦する日々です。

3日からは夏の大会で活躍した選抜選手が出場する『U18ベースボール』が開幕します。


 その他では、世界モトクロス選手権は終盤戦に入り 白熱した戦いが続いています。

10月3日には毎年恒例の『モトクロス・オブ・ネイションズ』がアメリカで開催されます。

 今年のアメリカ代表は450、250クラスチャンピオン選手が出場予定で

5年振りの王者復活に挑みます。特に450クラスチャンピオンのイーライ・トマックは

世界最速の実力者の為、ヨーロッパの強豪選手とのレースが楽しみです。

1チーム3人の総合成績が優勝の鍵となります。

(モトクロス情報は 『The Newsmoto』にて)

尚、9月8日 名阪スポーツランド(奈良県)で開催される全日本選手権に観戦予定です。


 かなり前になりますが 5月静岡で開催された『静岡ホビーショ』に

いつものメンバーで行ってきました。昨年から前泊で行った為 時間的にも余裕があります。

関東のメンバーとは現地合流とのことで 前日途中観光しながら静岡に行くことに。

 その中で2回目となる『浜松ジオラマファクトリー』に行ってきました。

ショッピングセンター内駄菓子屋ショップの一角にスペースがあり300円で鑑賞できます。

 ジオラマモデラーでは第一人者の山田卓司さん、手作りの作品に驚くばかりです。

懐かしの生活風景、ゴジラやガンダム等の作品、その他映画のワンシーン等 

幅広い作品の数々が展示されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 家事ロボットのようです。

 

 

 

 

 

 こちらは有名なご本人の家族模様
 
 

 

 

 黒澤明監督の『用心棒』の一コマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 製作にかなりの時間がかかりそう...

 

 

 

 

 

 

 こちらはウルトラマンの怪獣 ゴモラ

 

 

 こちらは映画『GODZILLA 怪獣惑星』の一コマ

 

 先月WOWWOWでも放送されていたガメラ(怪獣ギャオス)

 

 ガンダム作品も数多く製作されています。

 

 

 

 ガンダム作品(ジオン軍のホバークラフト)

 

 こちらは80年代に放送された『装甲騎兵ボトムズ』

 

 

 ショッピングモール1階にも作品が展示されていました。ゴジラ映画の作品。

 浜松に寄る際には是非 浜松ジオラマファクトリーへ。


 

 最後に『バンダイホビーセンター』のエントランスです。大型のガンダムのポスターが印象的。

(長沼駅から徒歩0分。目の前にありました)

 今も社員の方は連邦軍の服装で仕事されているのでしょうか...
コメント

異国の地に訪れて(その3) Vol.273

2018-05-01 22:45:25 | 旅行
 『ドイツサッカーの歴史を』

 先週末から世の中はゴールデンウィークに入りましたがお休みの方 お仕事の方

色々な過ごし方をされているのではと思います。

 29日から開幕した世界卓球、個人戦、団体戦と毎年交互に開催されますが

今年は団体戦(スウェーデン)となります。

日本チームは男女共過去最強の布陣の為 金メダルが期待されます。

・男子(3位):丹羽(9位)、水谷(11位)、張本(13位)、松平(14位)、大島(29位)

・女子(2位):石川(3位)、平野(6位)、伊藤(7位)、早田(18位)、長崎(81位)

 ※( )団体、個人の世界ランキング

特に、女子は世界ランキング10位以内に3人が入っていることで

世界ランキング1位の中国との対戦(決勝予想:6日)が楽しみです。

 
 ドイツ旅行4日目以降のご紹介です。

前日、デユッセルドルフで宿泊しましたが ホテルの場所が少しわかりにくかったことと

駐車スペースがなく周辺の道路の脇に駐車することに。

(翌日、フロントガラスにチケットらしいものが挟まっていた時には気分が落ち込みましたが

よく読んでみると パーキング場を紹介するチケットで少し安心。きちんとパーキングに預けることが大切です)

ホテルは宿泊した中では一番古く 部屋のドアを開けるのも苦労しました。(コツがあるようです)


翌日、観光場所を探して市内を走っていましたが なかなか場所が見つからず

あきらめて近くのデユッセルドルフ国際空港に行くことにしました。

(ボンにも国際空港がありましたが 時間がなかったのであきらめました)

国際空港もあり大きな空港で扇形にカウンターが配置されていて開放的な空間です)

 

 

 

 

 平日でしたが多くの方が利用されていました。

 
 
 

 

 

 

 その後、宿泊先のエッセン(炭鉱跡で世界遺産)に向かいました。

 途中、町中を走っていると珍しい場所を発見。

 

 民家の隣に馬(大きなロバにも見えます...)を発見。

 

 

 

 その後、エッセンにあった現代美術館に寄ることに。

 駐車場はかかりましたが入場料は無料の為 ドイツ美術を堪能できました。

 

 宿泊した中で一番最新のホテルでした。

 

 部屋の鍵も暗証番号を入力。

 

 テレビを見るとどこかで見たようなアニメ(アルプスの少女...)が放送されていました。

 

 

 敷地内にはスーパーや駐車場もあり 1日無料で駐車ができました。

 スーパーに入りましたが食品の品揃えは多かったです。(レジ袋は有料の為、持って行った方がいいようです)

 

 

 エッセンのホテルの近くにあったシャルケのスタジアム(現在リーグ戦2位)

 今回、サッカースタジアムを5つ拝見しましたが一番素晴らしいスタジアムです。

 

 

 

 

 

 シャルケの選手らしい方が練習に来ていました。

 

 その後、ドルトムントに向かいサッカースタジアムに。

 

 

 

 

 

 香川選手所属のドルトムント(オフィシャルショップ)

 

 

 急傾斜の座席も有名です。(スタジアム内見学もある様です)

 

 

 

 

 

 隣の建物ではコンサートが開催されていたようです(若い女性の方が多かったです)

 

 

 

 その後、ドルトムントの中心街へ。

 

 

 駅前にあるドイツサッカー博物館へ(入場料17ユーロ)

 

 

 ドイツサッカーの歴史を見ることができます。(ドイツ語の為 細かなことはわからず)

 

 

 

 

 

 皇帝ベッケン・バウワー選手

 

 

 

 

 
 
 当時話題となった勝利を予想したオクトパス

 

 ノイアー選手(ゴールキーパー)

 

 

 数々の栄冠のトロフィーが飾られています。

 

 

 

 

 リーグ杯? 今年もバイエルン・ミュンヘンが6連覇を達成しそうです。

 

 

 

 審判の方が使用したホイッスルの数々。

 

 

 

 

 

 その後ドルトムントの町中を散歩(数多くの屋台がありました)

 

 

 早めにホテルにチェックインして休息することに。

 

 

 

 

 

 宿泊した翌日が日曜ともあり店は全てお休みでした(ドイツでは日曜日は全面的に店舗がお休みです)

 

 最終日ともあり、一般道路を走りゆっくり空港に向かうことにしました。

 

 

 たまたま立ち寄った民家。(誰も住まわれていないようでした)

 

  

 途中立ち寄ったリーメス(ローマの遺跡、城壁がのこっています。世界遺産:バート・ホンブルク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ローマまで続いた城跡がこの地に一部残っています。

 

 

 

 

 

 

 その後、フランクフルト空港近くにあるフランクフルトのサッカースタジアムを見学して

 空港に(レンタカーを返却)

 少し早く戻ってきたのでゆっくりと休憩(20時45分発で羽田空港に翌日16時15分着)

 
 
 最後に記念にANAの飛行機を。


 今回、レンタカーでの移動を少なくしましたが 観光を予定していた所に行けなかった所もあり

 もう少し下調べをした方が良かったかなと思いました。

 運転の方は少し走れば慣れますが 都心での運転は少し気をつけた方がいいようです。

 英語、ドイツ語を話す機会は少ないですが 積極的に話せる為にも

 語学の勉強はある程度しておいた方がいいです。

 次回、海外に行く機会があるかわかりませんが その場合は趣味の分野に行ければと思います。

(異文化を体験することで 海外に対して興味が高まると思います)
コメント

異国の地に訪れて(その2) Vol.272

2018-04-22 22:19:25 | 旅行
『ドイツ旅(その2)』

まだ4月なのに 昨日、今日と全国的に真夏日となり7、8月がどうなるのか心配です。

今日は、天気が良かったので今年3度目の登山に行くことに。

3回とも近場の金剛山ですが、何種類もの登山ルートがあることと登山道がダイヤモンドトレールを

兼ねています。前回の登山でもトレイルランニングレースがあり登山客以上に競技者が多かったです。

 今年は全長54kmのダイヤモンドトレールを制覇したいと思います

(一気には制覇できないので、何回かに分けて走破の予定)


 前回のドイツ旅行の続きになります。

今回、海外でwi-fiが使える様 急遽グローバルwi-fiを申し込みました。

空港での引き取り(ロッカー)と返却が可能でしたので助かりました。

『フォートラベル』で7日間で2625円(375円/日)と安くすみました。

尚、3Gプランでしたが4Gプランもあるようです。(ご参考に)

 
 

 こちらはケルンで宿泊したホテルです。(朝食は別料金ですが部屋も綺麗でした)

 朝、近くのスーパーマーケットに行きジュースを買うことに。

 食料、雑貨、衣類等が購入でき 海外特有の大量のセット食品が多かったです。

 そして、ケルンと言えばトヨタのTMG(モータスポーツ)の拠点があることでも有名です。

 ホテルから5分以内に広大なトヨタの敷地がありました。

 トヨタ・アレーという通りもあります。

 

 TMGのミュージアムを見る予定でしたが、保安員の方に聞くと別のトヨタ社屋にあるとのことでそちらに行くことに。

 

 向かった先(トヨタ・ジャーマニー)で聞くも展示はないとのことであきらめることに...

 

 

 トヨタ社員の自家用車でしょうか。

 
 
 オリンピックにもトヨタは貢献(ステッカー)

 

 トヨタ・アレー通りにあった『BOSCH』の事務所。

 

 こちらはスマートのショールーム

 

 ホテルの近くにあった電気店に入ることに。

 店内は広く多くの定員の方が対応されていました。

 (日本の電気店に比べ品揃えは多かったように思えました)

 

 FCケルンのサッカースタジアム(大迫選手が所属) 残念なことに現在最下位です(18位)

 

 

 

 

 1966年から1979年までケルンで活躍した ハインツ・フローエ選手(2013年65歳でお亡くなりになりました)

 

 

 

 その後、ケルン中心街に行くことに(約15分程度)

 交通量は多くなかったが中心街ともあるなかなか駐車場を探すことができませんでした。

 (また、道を間違えて町中を何周もすることに。反面運転には慣れました)

 ようやくケルン大聖堂の地下駐車場に止めることができてしばらく町中を歩くことに。

 

 さすがに間近で見ると大きかったです。(所々で修復工事をされていました)

 

 

 

 石でできているとは思えない程の装飾です。(ちなみに無料でした)

 

 ローマ・ゲルマン博物館

 

 ルートヴィヒ美術館

 

 

 

 特に館内は広く、数多くの綺麗なステンドガラスが飾られていました。 

 

 

 

 

 

 聖棺

 

 

 

 

 

 路上演奏の方

 

 

 

 大きな広場(色とりどりの建物)

 

 

 

 

 

 ケルン中央駅

 

 

 

 隣国ルクセンブルク行の列車(日本と異なり、色々な国が国境に接してしる為 行き来が可能です)

 

 ここまでするかと言う程の駐車...

 

 駅とは反対側(ライン川沿い)を歩いていると模型店を発見。

 

 ドイツでは世界最大級のトイショーが開催されますが 模型が売られている店があまりなかった様です。

 

 店主の方に許可を頂き写真を撮らせて頂くことに。

  

 さすがに外国製の商品(ドラゴン、レベル等)がほとんどでタミヤ製品はなかったです。

 

 

 

 唯一アオシマ文化教材社の模型がありました。(右下)

 その後、雨が降ってきましたが ホテルとは反対側の

 世界遺産の『アウグストゥスブルク城』に行くことに。

 

 

 広大な敷地に立派な宮殿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 但し、到着したのが閉館30分前とのことで 観光客も帰られる途中で殆ど最後になりました。

 店員の方のドイツ語(英語)がわからず しばらく庭園内を散策することに。

 

 

 

 

 庭園内にはカルガモが自由に散歩。

 

 

 

 宮殿裏側には城壁がなく 民家が隣接していて庭園内を散歩する人もいました。

 

 その後事務所に戻ると ガイドの方に館内を案内して頂けることに。実はそのことがわからなかったようです。

 (日本語の音声ガイドにて)

 閉館時間 間近ともあり申し訳なく集中して見学できませんでした。

 

 

 その後、雨が降る中 宿泊先のデュセルドルフに向かうことに。 

 
 4日以降は次回紹介致します。
コメント

異国の地に訪れて Vol.271

2018-04-15 22:45:10 | 旅行
 『ドイツで異国文化に触れて』

 本当に久しぶりの更新になります。

その間、平昌オリンピック、パラリンピック、センバツ高校野球、プロ野球開幕、

モータースポーツ開幕といろいろな出来事があります。

 そして、4月に入り新年度を迎え 新たな目標に向けて歩まれている方が多いのではないでしょうか。

久しぶりの更新ということで、1ヶ月前に行ったドイツ旅行の内容を紹介致します。

実は5年前にもドイツに行きましたが 今回は一人旅ということで期待半分、不安半分の気持ちでした。

 前回は車での移動距離が長かったことで 今回は極力移動距離を短くして観光重視で計画しました。

旅の計画は以下の通りです。

 ・1日目:日本発~途中経由でフランクフルト空港へ(当日はフランクフルトで宿泊)

 ・2日目:レンタカー~マインツ~ボン~ケルン(宿泊)

 ・3日目:ケルン市内観光~デッセルドルフ(宿泊)

 ・4日目:デッセルドルフ観光~空港見学~エッセン(宿泊)

 ・5日目:エッセン観光~ドルトムント観光(宿泊)

 ・6日目:ドルトムント観光~フランクフルト空港(レンタカー返却)夜帰国(次の夕方日本着)

日本とドイツの時差が8時間ということで ドイツ到着時 日本時間の夜11時頃ということで

少し違和感がありました。

 日本からドイツまで約12時間ということでさすがに長かったです。2度の食事、映画鑑賞、仮眠等で時間を過ごしました。

1列10人掛けで中央の4人掛け 中側の席でしたが隣の方と少し空間があったので少しゆったりしていました。往復ANA)

 

 空港を出て外のタクシー乗り場通りを撮りましたが あまりわからず...

初日は、空港から地下鉄でフランクフルト駅まで移動。日本の様に改札口がありません。

(それ程モラルが高いということでしょう。切符の抜き打ちチャックもあるようです...)

 

 地下鉄のホームに設置されていた自動販売機(日本に比べて少しお高いようでした)

 

 フランクフルト駅は20以上のホームがあり 平日夕方の時間帯とのことで人の行き来が多かったです。

 

 色々な種類の列車が停車していたので 鉄道好きには少し興味深いかもしれません。

 

 

 こちらが切符販売機(ボタンを押して英語表記にもできるので分かりやすいです)

  
 

 とにかくドイツ人は背が高く 肩身の狭い思いをしました。

 

 フランクフルト駅

 

 

 市内で良く見かけた路面電車。(バス感覚で利用されています)

 

 時間があったので市内を散歩。

 

 

 レンタルサイクリングでしょうか。

 

 道路の両側には駐車車両が。どこの町に行ってもこの様は状況です。

 その後 しばし駐車スペースで悩まされることに...

 

 ヨーロッパ中央銀行

 

 歌劇場前(この通りにも路面電車が走っていました)

 

 

 

 

 ホテルだったかな?(間違っていたらすいません)

 

 無印良品の店がありました。

 

 レーマー広場

 

 

 

 

 郵便局です。

 

 本屋です。

 

 ショッピングセンター

 

 

  
 
 

 

 1泊目のホテル(市街地から反対側にあり 庶民的なホテルでした。朝食付きでしたので美味しく頂きました)

 

 

 ホテルに行くまでにあった建物(同じ様な建物が4、5棟ありました)

 
 
 建築中の建物(ネットフェンスがなかったのが少し驚きました)

 

 次の日、レンタカーを借りるためにもう一度フランクフルト空港に戻りました。

 平日の8時頃だった為、出勤途中のラッシュに出くわすことに。

 

 予約していたレンタカー会社(alamo)で車をレンタル。

 前回はミッションでしたが今回はオートマだったので少し安心しました。ちなみにゴルフ・ワゴン)

 

 サッカーチーム『マインツ』のオペラアリーナへ。休日の為、ゲートは閉まっていました。

 ブンデスリーグには日本人選手が多く、マインツには武藤選手が所属しています。

 

 ご覧の様に周り一面畑で サッカー場がポツンとあります。

 

 近くに、電車の停留所も。駐車場もあったので 車で来る人が多いのでしょうか。

 

 

 停留所の近くにあったドイツの大学。

 小雨が降る中、少し時間がなかったことと運転に慣れる為に 市内観光はあきらめることに。

 その後、ライン川沿いをボンに向かいました。

 交通量も少なく順調に走ることができました。

 

 途中立ち寄ったガソリンスタンド(トイレは殆どで有料です。0.7ユーロ(約90円))

 飲み物も購入(オレンジのジュース0.7L、約3ユーロ(約400円)さすがにガススタンドでは高かったです)

 

 この様な道路標識です。ナビが設置されていたので道に迷うことはなかったです。

 (反面 ナビがなかったら目的地まで行くのが困難かもしれません)

 

 

 

 

 大型の貨物船が往来していました。鉄道より貨物船の方が便利なのかもしれません)

 

 

 ライン川沿いの家々。

 

 ライン川沿いにはいくつかの城が残っています。

 ホテルや当時の内部を見学できる城等があります。

 

 サントゴアールにある『ラインフェルス城』

 

 

 

 昔の城跡をのこしつつホテルとして利用しているのも素晴らしい。

 

 

 

 ちなみこちらがレンタカーです(ディーゼル仕様でしたのでガソリン代は助かりました)

 

 

 こちらがドイツの信号機です。日本とは表示が異なり赤から黄、そして青の表示になります。
 
 少しでも発進が遅れるとクラクションを鳴らされます。(黄色に変わった時、少し発進の準備をすることが必要です)

 その後、ボンで少し町中を散策。ボンはベートーベンのゆかりの地としても有名です。

 

 綺麗な町並みでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広場にはベートーベンの銅像がありました。

 

 

 

 城壁の一部が残っています。

 

 

 夕方近くになったので その後宿泊地があるケルンへ向かいました。


 ※3日目の状況は次回ご紹介いたします。
コメント

新年早々に... Vol.270

2018-01-08 23:45:07 | モトクロス
 『AMA SX(スーパークロス)開幕』

 新年が明けて1週間程度過ぎましたが 毎日寒い日が続いています。

新年明けて新春のスポーツが到来です。

 昨日は大学ラグビー決勝で帝京大学が逆転で全人未踏の9連覇達成。明治大学も素晴らしい試合内容でした。

来年は日本でラグビーワールドカップが開催されるので ラグビー人気が更に高まることでしょう。

モータースポーツでは、ダカールラリーが7日から開幕。南米ペルー、ボリビア、アルゼンチンを巡る世界一過酷なレースです。

今年は40年目を迎え4輪、2輪、バギー、カミオンの4部門で熾烈な戦いが期待されます。

特に2輪は王者(16連覇中)KTM、ホンダ、ヤマハ、ハスクバーナの4メーカーが参戦。







(個人的にはハスクバーナーから参戦の元ホンダワークスのモトクロスライダー アンドリュー・ショート選手に注目)

ホンダは2013年にダカール復帰して今年が6年目(5名体制) 

昨年惜しくも優勝を逃したバレラを筆頭に打倒KTMに臨みます。








 ※ホンダ・ダカール公式サイト:http://www.honda.co.jp/DAKAR/ より


そして、海の向こうのアメリカではSX(スーパークロス)が昨日開幕しました。

全17戦と1週間の休息をはさみ毎週開催される為、体力勝負のレースです。

昨年王者のダンジーやカナード、プーセル等が引退しましたが 怪我で1年休養のロクスン(ドイツ)や昨年後半から調子を上げてきた

ムスキャン(フランス)、トマック、アンダーソンが450クラスでは優勝候補です。

(ちなみのロクスン、ムスキャンは元世界選手権MX2クラスのチャンピオンです)


 250クラスは若手中心のメンバーですが 450クラス以上に混戦が予想されるクラスです。

(後半になると怪我で離脱する選手が多くなりますが 怪我なくアグレッシブなレースを期待します) 

 ・開幕(250クラスメイン):http://setagayaracing.net/features/29812.html

 ・開幕(450クラスメイン):http://setagayaracing.net/features/29822.html

 ※THE Newsmotoサイトより

 ・開幕戦(フルビデオ)   :https://www.youtube.com/watch?v=5ATN4K1xco0
コメント

13年振りに訪れて Vol.269

2017-12-10 23:39:37 | クルマ
 『第10回大阪モーターショー』

 本日、大谷翔平選手(23歳)がエンゼルスの入団会見に臨みました。

アメリカンリーグ(西地区)はDH制ですが、夢の二刀流の実現は我々日本人にとっても期待が高まります。

ひときわ大きい体格(193cm)の為 大リーグでも通用するでしょう。

(ちなみに日本人最高身長は藤波選手(阪神)の197cm。ダルビッシュ選手は196cm)

来年の開幕が待ちどおしいかぎりです。


 昨日、今年で第10回となる大阪モーターショー(インテックス大阪)に行ってきました。

2年に1回の開催のモーターショー、東京モーターショーに比べて2輪専用メーカー等の出展がないことで

少し規模は小さいですが国内、海外のメーカーを含め新車、コンセプトカーを一堂に見れることできます。

福岡でも12月15日から開催されます。(名古屋は先月開催)


 

 インテック大阪(色々なイベントで使用される施設です。東京ではビックサイトが有名)

 

 

 商業施設や住宅地も多く、港も近いです。

 

 順不同で紹介します。三菱自動車ブース。

 

 

 

 

 デリカD5(オレンジのアクセントが特徴のアクティブギア(内装もオレンジのアクセント処理)

 

 

 

 

 

 三菱エクリプスクロスのライト廻り(近年各メーカーで様々なフロントランプを採用しています)

  

 スバル(コンセプトカー:VIZIV)

 

 

 

 

 

 
 
 

 ランドローバー

 

 

 

 リアのランプ周りは綺麗な造形でした。

 

 ジャガー

 

 

 アメリカのテスラ社のブース

 

 

 トヨタブース

 

 

 
 
 

 クラウンコンセプト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤリス WRCラリーカー(今年WRCに復帰)ベースはビッツ

 

 

 

 

 

 

 少しわかりにくいですが 大型のリアウィング

 

 ドライバー:ラトバラ、ハンニネン(2018年は3台体制)

 

 

 

 ガズーレーシング

 

 

 高級ブランド『レクサス』

 

 

 

 

 

 

 

 

 パドルシフト付ハンドル

 

 

 ダイハツブース

 

 

 

 

 

 

  

 

 懐かしいミゼット

 

 

 スズキブース

 

 

 

 

 

 

 

 

 スズキの2輪ブース

 

 

 

 

 ホンダブース(フロント部分に電子表示するところがさながらロボット)

 

 

 新型NSX

 

 

 

 インディ500優勝のマシン(当日、佐藤琢磨選手もイベントに参加)

 

 

 

 モトGPマシン(レプソルホンダRC211V)

 

 

 

 60周年のスーパーカブ

 

 

 

 新型ゴリラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日産ブース

 

 

 新型リーフ(ニスモバージョン)

 

 

 マツダ

 

 

 メルセデスベンツ

 

 

 

 

 

 

 スマート

 

 BMW ⅰ8(電気自動車)

 

 

 

 ボルボ

 

 

 シトロエンC3(WRC参戦モデルマシン)

 

 

 ロータス

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカのタイヤメーカー:グッドイヤー

 

 その他のブースでは カスタムカーやキャンピングカーが展示されていました。

 特に軽自動車のキャンピングカーが多く 快適な空間に驚き。

 

 

 アイスクリーム販売車

 

 

 

 中央のブースではミニコンサートも。

 
 最近の新型車を間近で見る機会が少なくなりましたが、液晶パネルの採用、エコカー等

 技術の進化に驚き。軽自動車も小型車並みの性能で益々進化しています。

(最近のデザインは少し個性が強いので 自家用車はかなり長く乗りこなしています...) 

 現在はハイブリッド車が主流の為 今後は電気自動車がどの位進歩していくのか楽しみです。 
コメント

久しぶりに間近で Vol.268

2017-11-23 12:07:58 | ウォーキング
 『大阪ホビーフェスタ~大阪城』

 最近日に日に寒くなってきました。

京都の紅葉も今週がピークのようです。

東北、北海道では先週末から雪が降り始め 本格的な冬の到来かもしれません。

 今月初めに大阪で開催されました『大阪ホビーフェスタ』に行ってきました。

場所は『マイドーム大阪』でイベント等でよく利用される施設です。

 東京や静岡で開催されるホビーショーに比べて少し規模は小さいですが

新作商品の展示会は少ないので 情報収集にはありがたい催しです。



 

 1、2階で開催(模型、RC、周辺道具、雑誌販売など)

 

 まずはタミヤコーナー(今回も新作が多く展示されていました)

 

 ベンツAMG GT-3(細部まで再現したモデルです)

 

 

 ドカティレーサー(トリコロール仕様)

 

 メッサーシュミット

 

 

 パーツを組み替えてエンジン部分が見える仕様に変更できるようです。

 

 

 

 

 ラインナップが増えてきた48シリーズ(エイブラハム)

 車体が大きい為 48サイズでも丁度いい大きさです。

 

 

 

 

 

 缶スプレーのラッカー塗料がビン詰用で発売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近はいろんなジャンルの商品が発売されています。

 

 

  

 

 

 バンダイのスターウォーズシリーズ(来月新作が公開される為、益々ラインナップが増えそう)

 

 

 ドラえもんも。

 

 

 展示会では必ず出品される 株)さんけい の作品

 

 

 

 

 

 

 エブロ(ホンダジェット)

 

  

 

 

 精巧な作品です。

 

 吉岡和哉さんによるウエザリング講習

 

 

 

 

 
 
・吉岡和哉さんのツイッターhttps://twitter.com/hareiwa1173(素晴らしい作品の数々が)

 その後、早く終わったので徒歩約10分にある大阪城に。

 近くあるとなかなか行く機会がありませんが

 外国人観光客が増えているということで 久しぶりに行くことに。

 

 快晴もあり多くの観光客が見学されていました。

 

 

 

 

 

 間近くで見ると雄大です。(少し綺麗になっていました)

 

 

 

 

 

 豊国神社

 

 豊臣秀吉像

 

 内堀(外堀もあり広い敷地です)

 

 

 

 

 

 

 観光バス(天井がなく開放的)

 

 大阪府警察本部

 

 NHK大阪放送局

 

 

 玄関前ではどーもくんとの触れ合いも。

 

 久しぶりの大阪城見学、今後とも歴史を刻んでいくことでしょう。

 また、都内をウォーキングすることで新しいことに出会うかもしれません。

 (外堀周辺では数多くのジョギングランナーを見かけました。26日の大阪マラソンにそなえてか...)
コメント

シーズンが終了し...Vol.267

2017-11-12 09:59:59 | モトクロス
 『今年を振り返り』

 今年もあと1ヶ月半となりました。

日々時間が過ぎるのがつくづく早く感じる様になりました。

(今年たてた目標がなかなかできていないことに少し反省。日々の積み重ねがつくづく大切です。ブログも...)


 来年に迫ったワールドカップロシア大会、注目の欧州プレーオフが今週開催されます。

各対戦とも激戦が期待されます。また、アフリカ予選、大陸間プレーオフも佳境で

今月には32ヶ国の参加国が決定します。そして12月1日に抽選会が行われます。

日本はプール4(4つのプールに分配)に入る予定で 場合によっては厳し組み合わせになるかも思いません。

ちなみにNHK・BSで欧州プレーオフが放送されます。

■欧州最終プレーオフ ( )はFIFAランキング

・クロアチア(18位)× ギリシャ   (47位):11/13(月)PM7時

・イタリア (15位)× スウェーデン (25位):11/14(火)AM9時

・スイス  (11位)× 北アイルランド(23位):11/15(水)AM1時

・デンマーク(19位)× アイルランド (26位):11/15(水)PM7時

■大陸間プレーオフ

・オーストラリア  × ホンジュラス

・ニュージーランド × ペルー


モータースポーツもほぼシーズンが終了し、各カテゴリーのチャンピオンが決定しました。

主なカテゴリーのチャンピオンは以下の通りです。


・F1  :ルイスハミルトン(3度目)、最終戦(20戦)は11月26日アブダビGP

・モトGP:モトGPクラス 最終戦(18戦:11/12)でチャンピオン決定

      モト2クラス  モルビデリ

      モト3クラス  ミル

・WRC :オジェ(4年連続)

・DTM :ㇾネ・ラスト(アウディ)

・世界モトクロス(MX1):カイローリ(イタリア:9度目)

        (MX2):ヨナス(ラトビア)

・AMA SX(450クラス):R・ダンジー(2017で引退)

     SX(イースト)  :Z・オズボーン

     SX(ウエスト)  :J・ヒル

・AMA NX(450クラス):I・トマック

     NX(250クラス):Z・オズボーン(SXと2冠)


 来年2月に迫った平昌冬季五輪、各競技が本格的にスタートし日本人の活躍が報道されていることで

五輪でのメダルが期待されます。フィギアスケート羽生選手の怪我の状況が心配ですが

4年に一度の集大成となる五輪大会、怪我から回復し万全の状態で挑める様願います。

 年が明けると開幕するAMA SX(スーパークロス)、ダンジー、カナードの引退で少し勢力分布が

変わるかもしれませんが クラス移籍、チーム移籍、ルーキーライダー等と毎年興味がつきません。

また世界モトクロス選手権もヨーロッパ中心の会場から 世界各国で開催される様になりました。

(カタール、アルゼンチン、メキシコ、アメリカ、インドネシア)

今年を振り返り来年のシリーズに備えて。


 

 今年のモトクロスネーションズ(国別対抗モトクロス)、イギリス/マスターベイン

 当日は雨の影響で各国ライダーが苦戦することに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカのエース Z・オズボーン(250クラス)第2レースではOPENクラスとの混走で6位と健闘。

 

 観客の数の多さでもわかる様に ヨーロッパでは熱狂的なファンが多いようです。

 

 

 本大会ではレジェンドラーダーによるライディングもありました。

 リッキー・カーマイケル(アメリカ:左)今年は2度目の来日も。

 

 ジョエル・スメッツ(ベルギー監督) ライダーとしても英雄でした。

 

 マシン、ウェアー、ヘルメットに自国国旗をペイントするのも特徴。

 

 4年連続優勝のフランス(左からフェーブル、ポーラン、シャリエ)

 ※WMGP サイトより

 1ヶ国3名のライダーで3レース(2クラス混走)、5人のポイントが有効(1人のポイントは無効)の為

 平均的なポイント獲得チームが上位に進出できます(2人以上の成績が悪いと下位に沈んでしまいます)

 フランスはM・ムスキャン(AMA参戦)も控えているので来年以降も優勝候補です。

 ここ数年アメリカチームが優勝を逃しているので 来年はベストメンバーで優勝獲得に期待したいものです。

 また、今年は日本チームの出場がなかったので ぜひ来年は参戦を。

  
 ・世界モトクロス選手権ハイライト   :http://setagayaracing.net/features/28953.html

 ・モトクロスネイションズ(フル動画) :http://setagayaracing.net/features/28350.html

 ・モンスターエナジーカップ(アメリカ):http://setagayaracing.net/features/28630.html

  M・ムスキャンが3レース完全優勝で1億円の賞金を獲得

 ※TheNewsmoto サイトより

 2018年も どの様なレースになるか期待が高まります。
コメント

素晴らしいAFVの世界へ Vol.266

2017-09-30 23:49:36 | 模型
 『関西AFV展』

 久しぶりの更新になります。

約3ヶ月更新をしていませんでしたが 日々の積み重ねが大事です...

 ということでしばらく前の出来事になります。

ちょうど台風18号が関西に接近した9月17日(日)に開催された『関西AFV展』に行ってきました。

当日、台風の接近が気になりどうしようか考えていましたが 当日は雨の影響もなく会場(大阪日本橋)

に行くことができました。全国各地でも開催されていますAFV(ミニタリー)展示会、

ミニタリー作品が主体とあり 素晴らし作品が多かったです。

車やバイク、飛行機、戦艦等に比べて塗装の仕方により多様な表現ができることも根強い人気が

あると思います。また情景モデルの作品はオリジナリティーを表現できることも魅力的の一つです。


 

 会場はボックス大阪ショールーム(日本橋高島屋の近くにあり7階全部が模型関係の商品が発売されています)

 8階のイベントスペースで開催(一般の方の見学も可能でした)

 近くには模型専門のジョーシンキッズランドもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 破壊された建物の表現が素晴らしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは1/54の作品(小さいながらも細部にまでこだわった塗装処理)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 雑誌に掲載された作品とのこと。

 

 

 

 その他にも素晴らしい作品が数多くありました。

 当時の状況を思わせる塗装表現に関心させられました。

 
 昨日、明日と全日本模型ホビーショーが東京のビックサイトで開催されています。

 さすがに遠くていけませんが 各メーカーから新作が数多く出展されるようです。

 タミヤから1/48のアメリカエイブラムス戦車も出展され M10(1/48)と比較するのもいいかもしれません。

 
 もう一つの話題が明日開催される『国別対抗モトクロスネイションズ』

既にシーズンが終了したモトクロス(WXGP、AMA)、最後に開催されるモトクロスの

オリンピックとも呼ばれる国別対抗戦。特にモトクロスの人気が高いヨーロッパ、

今年はイギリス(マスターベイズン)で開催されます。(その模様は後日)

・昨年(イタリア開催)のハイライト映像:http://setagayaracing.net/news/21313.html

 ※TheNewsmoto サイトより
 
コメント