「カトー折り🄬」ペーバークラフトで広げるエコ!

カトー折り🄬は、商標登録第5994722号を取得しました。2009年に誕生。紙をエコと防災に役立つ知恵の折り方です。

町田YMCAボランティア講座でカトー折りワークショップ

2018-10-23 19:30:41 | 活動レポート
10月8日(月)東京町田において町田YMCA主催の「避難生活に役立つカトー折り」(90分)ワークショップをしました。
 災害時のトイレは、どうやってするか!?を一つ一つ、その問題を一緒に考えながら対応策を考えてみました。今回はトイレットペーパーについても考える機会がありました。


○震度6強の地震がきたら、トイレは使ってはだめ!
 トイレを使うと、汚物を流す配管が壊れていたら流れない、漏れることが起きます。下の階に汚物を漏らす、上の階から汚物が逆流して便器から出てくるということも。
 だから便器に蓋をします。ビニール袋で便器を覆い、蓋をします。ビニール袋があれば、汚物を便器に流すことはしません。便器を詰まらせていないので復旧したときもすぐにトイレが使えます。

○携帯トイレは一袋に一回分
 携帯トイレには多くのタイプがあり、それぞれ使い方が違いますので事前に読んで知っておくことがおすすめです。黒いビニール袋が入っているものもあります。2枚入っているタイプもあります。1枚は便器に蓋をするものとして使います。
 (災害時にトイレが使えなくなったときに復旧するまでは一ヶ月以上かかるという情報もあります。何個用意すればよいのでしょう。一人1日にトイレに行く回数は最低でも5回。30日分で150個になります。)

○携帯トイレがなくなったら、どうする?
 こういう場合のことを考えておきましょう。カトー折りなら新聞紙をトイレ袋にすることができます。折り方を覚えておきましょう。(全員が折れるまで何度も練習しました)この袋は便座にぴったりの大きさです。大便は新聞紙の中に、小便は新聞紙の下にあるビニール袋に流れます。分別ができます。大便は新聞紙を連続折りにより密閉できます。小便はビニール袋に溜まります。これをカットしたペットボトルのコップですくって、バケツに移します。
 
○トイレットペーパーは、新聞紙を使う。
 ・新聞紙の見開きはA1サイズです。横に畳んで半分、A2サイズ。上に畳んで半分、A3サイズ。さらに横に畳んで半分、A4サイズになります。ポストに入れるサイズ。このサイズになるように手でちぎってA4サイズしましょう。(道具を使わないで、手で上手に切る方法を自分で見つけましょう。)
 ・新聞紙をよくもみ、ふわふわの紙にします。
  どうやってもむのか、両手で紙をつかみ、グーのカタチで握り、こすり合わせます。何度もやっているうちに紙の繊維が切れて、ふわふわになります。トイレットペーパーとして使います。 
 
 ・使った紙は便器に流してはいけません。
  A4の新聞紙で折って作った連続折りの袋(水が漏れない紙袋)に入れて、折って封印してからビニール袋に捨てます。便器に捨てると詰まってしまうので、注意します。

○新聞紙がなくなったら、どうする?
新聞紙のないところもあります。A3用紙でトイレ袋が出来ます。フリーペーパーでもできます。紙があれば、袋がなんとかできるということさえ覚えておけば、パニックにならず済みます。

以上がワークショップの内容でした。ぜひ、参考にしてみてください。また「避難生活に役立つカトー折り」という本にはこの折り方、それ以外にも紙パンツ、紙おむつなどがありますのでぜひ機会がありましたら購入してみてください。
コメント

震災でトイレが使えないとき、新聞紙が簡易トイレになる!新聞紙は備蓄しておこう!

2017-01-30 22:47:25 | 活動レポート

2017年1月28日(土)まちの先生見本市に向けて、カトー折りは、トイレ特集に取り組みました。

震災でトイレはどんな問題を引き起こすのかは、ネットで「災害時のトイレ対策」で検索すると数多くの事例やマニュアルがあります。

また、携帯トイレや簡易トイレにはどんなものがあるのかということもわかりました。

例えば以下のようなものがあります。避難所のあり方の勉強にもなります。

---------------------------------------------------

「避難所等におけるトイレ対策の手引き」の策定

https://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/documents/g_kaiken20140407_0402.pdf ・・・非常に参考になります。

---------------------------------------------------

避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン

http://www.bousai.go.jp/taisaku/hinanjo/pdf/1604hinanjo_toilet_guideline.pdf・・・・・勉強になります。

---------------------------------------------------

女性の視点に配慮した防災対策についての提言

https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/1334_L23_joseiteamsaishuuteigen.pdf ・・・・視点の重要性がわかります。

---------------------------------------------------

女性の視点でつくる防災セミナー災害に備えるトイレ対策編

http://www.scrum21.or.jp/wp/wp-content/uploads/2014/08/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E8%B3%87%E6%96%99%EF%BC%88%E6%94%B9%E8%A8%82%E7%89%88%EF%BC%89fin.pdf ・・・よくまとまっています。

 ---------------------------------------------------

こういう資料を読んでわかったことが、新聞紙を活用したトイレ対策がありませんでした。そこで考案を試みたのが今回のチラシです。

これについては、さっそく新宿区の区長さんが関心を持ってくださいました。

ポイントは、携帯トイレには黒いビニール袋が2枚ありますが、1回分しかありません。

①1枚の黒いビニール袋は便器に被せて、汚さないように保護のために使います。

②新聞紙で作った便器袋を便座に乗せます。

③用を足します。(小便、大便も一緒に新聞紙の中に入ります。この中に新聞紙の短冊も入れておきます)

④袋をつまみあげて、尿を、新聞紙の箱の中のレジ袋バケツに捨てます。

⑤糞のみが入った便器袋(新聞紙)をもう一枚の黒いビニールに入れます。入れる時はさらに新聞紙でカトー折りの袋で包むと漏れることなく、捨てられます。

⑥糞と尿が分別されるので、吸収剤がなくても、大丈夫。大便はカトー折りの袋でパックすれば、トイレの外、屋外に捨てにいける。悪臭対策にもなる。

⑦一つの携帯トイレで、新聞紙により何回も使える。ストレスが減る。トイレの便器も汚れない。

⑧また便器が汚れてしまった場合は新聞紙で和式トイレをつくり、そこで用を足せばいい。

以上のようなことを説明しました。

新聞紙の和式トイレは、左、レジ袋のバケツは右。

展示内容では、本やネット資料を冊子に印刷して展示しましたが、あまり見てくれませんでした。

やはり人が作りながら説明するのが一番ですね。

それとワークショップでもトイレ問題を新聞紙で解決する方法について説明しました。

参加者は8名でしたが、熱心な方もあり、有意義でした。

その新聞紙で作った便器袋を実際にお尻に当ててみると、こんな感じと説明しました。

今回発表したのは、

 ①洋式トイレ便座にセットできる新聞紙の便器袋

 ②新聞紙でつくる和式トイレ

 ③新聞紙でつくった箱にレジ袋を入れて、バケツ

 その他に、新聞紙の靴、帽子、枕も展示しました。

 展示の終わりごろに新聞紙の靴を作っているときに見学の年長の男性から声を掛けられ、自分にも靴を作ってくれとのこと。さっそく作りました。それを履いて、体育館を歩き回り、体験してくださいました。名刺交換しました。すると、本日、お手紙をいただきましたのでここで一部を転載いたします。

*****************************************

・新聞紙工芸(創意工夫)で身近に役立つ光景を目の当りにしまして、すぐに手施きを受けようと思いました。

・私は毎日、スニーカーに新聞紙と丸めて脱臭・脱湿に活かしていますから、加藤さんのコーナーにて履物の細工にほっと温もりを感じました。

・現役のとき職場の事務所の窓ガラスの仕上げに丸めた新聞紙を(家庭のガス台の磨きにも同様)使っていました。

・山岳地帯で緑のボランティアで寒い朝に新聞紙を胴に巻いて、作業に取り組んだところ、へこみに足が捉えて、転がり落ちて石垣に当たったのに、無傷で幸運に恵まれた。

・幼少のころ、書道の練習には新聞紙と、正月二日の初夢には宝船に見立てた船を作って枕元に。

・今なお、野菜保温、保湿剤として新聞紙を活用している料理人が居合わせます。(湿った新聞紙に野菜をくるむと、新鮮度をキープされる)

・先日、神社の焚火の折りに試みに、焼き芋を!と思ったら、年長の方の知恵で濡らした新聞紙にサツマイモを包んで、アルミホイールでくるみまして、火中に置いたところ果たして柔らかいいい香りの焼き芋ができました。手軽にできる銘品となりそう。

まぁ、こんな訳で新聞紙の諸々の活かし方が浮かんで参りました。

また会えます日を心待ちにしています。

***************************************

いろんな出会いがありました。本当に素晴らしい「まちの先生見本市」になりました。

ありがとうございました。

 

コメント

エコジャパンカップ in エコプロダクツ2015 カトー折りワークショップの様子

2015-12-14 00:30:24 | 活動レポート

まずは、紙を繋げる実験をして、本当につながっていることがわかった瞬間です。

段ボールを折って、箱にするところです。

カトー折りのサンプルを作りました。

実際に履けるところを見せました。

ワークショップの全体の会場の様子です。

 家族連れで参加して、帽子を作りました。

こちらも帽子づくりです。

2枚の折り紙を重ねて、袋にしたものに水を入れています。

漏れていないことを確認して、水を出しました。

次はコピー用紙で折ったものに水を入れています。

漏れていません。水を出しました。

家族連れのお子さんが必死になって、帽子を作って、満足顔の様子

帽子をかぶっているスタッフもいます。

会場では過去の受賞者のファイルが並べられていました。カトー折りを発見!

これは、ブルーシートの寝袋です。中には新聞紙の枕があります。

これはラップを新聞紙に包んでから、食器として折りました。

これは、新聞紙の上に用を足したとして、(これは、段ボールをぬらしたもの)

新聞紙を被せて、

そのまま縁からカトー折りの袋にしてしまう。あとはビニール袋にしまう。(簡易トイレ)

一通り、紹介して、ご満悦の来場者の方。

 

ご来場のみなさま、本当にありがとうございました。

コメント

今年は、ロボットのロビを連れて、国際交流のつどい2014 「折り紙」コーナーの担当・・・大盛況でした。

2014-11-16 23:15:40 | 活動レポート

 このところ、ブログを更新していませんでしたが、もう、更新しなくちゃという思いです。

11月15日(土)9時、新橋駅から降りて、徒歩15分で、天気がよく気持ちよく、

築地社会教育会館に着きました。

そう、チラシが窓ガラスに貼られていました。

今回もスタッフとしてお手伝いします。10時から説明会です。今回は大勢の方来場されるとのことでした。

スタッフの方々です。

12時からスタートです。会場は折り紙コーナー 3階です。

(飾り付けの中にロビが混じっていますよ。このあと、ロビは踊って、みんなに挨拶しました。)

私は、来場者にポシェットの作り方を教えました。感動していただき、とてもうれしかったです。

カトー折りのほかに、国際折り紙レタークラブ代表 小野原様が面白い折り紙を

皆さんに教えていただき、会場を盛り上げてくださいました。

なんと、折り紙によるコマです。それと紅白の鶴です。

(折り方をマスターしましたので、いずれ公開したいと思います)

それと、来場者の中にも蓮の折り方を押してくれる人もいました。

これは、非常に高貴な折り紙かもしれません。

これもマスターしました。

1階では、和太鼓の体験コーナー

フォークダンスを踊ったり、本当に交流の集いだったです。

コメント

新聞紙の袋に水を入れて実験!驚きの体験が覚えるきっかけに。(子どもとためす環境まつりレポート)

2014-10-12 23:59:44 | 活動レポート

勝どき駅から歩いて5分くらいの月島第一小学校で行われました。今回は「子どもとためす」という場面をメインにして、カトー折りを企画してみました。

新聞紙を折っただけの袋に、水を入れたらどうなるかと投げかけると、水が漏れると答えます。入れてみると漏れないことに気づくと、今度はどれだけ放置しても漏れないのか興味が湧きます。

コップに水を戻して、成功したことを喜びます。それを見ていたお友達も実験します。初めて折っても成功したので驚きます。それから折り方を教えました。

今度は教わらずに、覚えた折り方で自分で折って、再度、実験します。

ほんとだ、漏れないという納得してから、次にその使い方を教えました。

砂を入れても漏れない。そしていい香りのする匂い袋を入れると、匂わなくなることを体験します。

災害で避難所に行くと、水が使えなくて、トイレがたいへんになります。するとオムツやトイレの始末もたいへんです。

こういったもので、包めば、見えないし、匂わなくなるし、捨てられます。

日ごろからは、生ごみ入れ、また野菜入れ、食べ残したものを入れたり、日ごろから使うことで、いざ、災害時に新聞紙が役立つことに気づき、使うことが自然になります。

日ごろから新聞紙は重宝なものだと身体で覚えて、使うことがエコにもなりますし、防災にも役立ちます。

新聞紙は身体に巻けば、暖かくなるし、焚き付けにもなりますし、バスタオルの代わりにもなります。折り方に関係なく、防災に役立ちます。

スリッパにもなるんですと話すと、大人も真剣に、この折り方を覚えてくださいました。

とても充実したお祭りになりました。

コメント