「カトー折り🄬」ペーバークラフトで広げるエコ!

カトー折り🄬は、商標登録第5994722号を取得しました。2009年に誕生。紙をエコと防災に役立つ知恵の折り方です。

新聞紙でつくる実用的カレー皿(紙食器)を。しかも自由自在の好みの形に。使い終わったらごみ袋に!

2014-03-29 11:55:14 | カトー折りの実用編

 カトー折りの折り方パターンというのはだいたい決まってきて、そのパターンの組み合わせでまた新たな食器ができます。今回は食器の底が平らなのが特長です。皿の深さやサイズは自由自在にできます。折り方はひねり折りを箱の内側で行って、外側にひっくり返す方法です。

下の写真は新聞紙を4つ折りにしたサイズ(2回折ったサイズ)でつくった紙食器としての一例です。(クリックすると拡大写真が出ます)

   

①開いた新聞紙を半分に折り、さらに半分の折ったサイズから始めます。

②皿の深さをイメージして、4辺から同じ幅で折って、折り目をつけます。 

   

 

③角を右手でつまみ、角の両側の辺を左手でおさえて、角を真ん中に引き寄せて、三角をつくります。

 

④できた三角の上の先端を向こう側に(山折り)に折ります。

⑤折って直角三角形になるようにします。とんがった先端を今度は、手前に、(谷折り)に折ります。

⑥手前に折って、とがった先端をクルクルと巻くように2回、折ります。

 (巻いている)

⑦巻き終わったら、それを同じように残りの角を折っていきます。

 

⑧巻き終わった角の部分は簡単には元の状態に戻りません。この折り方をひねり折りと名付けました。(内側ひねり折り)

  

⑨短い辺の縁をつまみ、外側に折り返す。(ちぎらないように)

  

⑩縁全体をきれいに外側にひっくり返し、整えて、完成です。

※もう一回縁をひっくりせば、縁は頑丈に、また浅い皿になります。お好みに。

<使い方>

◆キッチンペーパーやアルミホィールを敷けば、サラダ食器として使えます。

◆ビニール袋の中に入れれば、汁物の容器として使えます。

試しに水を入れてみました。食器の型崩れはしません。カレー皿にも使えますね。

◆使い終わったら、分解して、分別できます。糊やハサミ、セロテープを使っていないから元通りになります。

 

◆食べたら残飯や生ごみが出ますね。新聞紙でカトー折りで包みます。

カトー折りの袋なら、糊を使わなくても、折るだけできっちりとゴミを漏れないように、ガードします。

 

 

 

 

コメント

企業で採用されています!カトー折り

2014-03-25 23:26:29 | カトー折りを考える

  

カトー折りの活用事例について紹介したと思います。

<その1>宅急便業者の配達所ではたくさんの伝票紙や包装ビニールが役目を終えてゴミになります。これをビニール袋で片づけていたそうです。大量にあるのでその袋もごみにするのはもったいないと。
 そこでカトー折りで役目を終えたビニールや包装紙だけで片付けられるようにしました。袋の節約にもなるし、ごみの量も減るとのことでした。

<その2> ブラザー工業ではエコ活動が盛んのようで、実は以前からブラザー工業はカトー折りにとっても関心があって、カトー折りを社内に紹介したいとのことでした。

今回、ポイント制で活動成果をポイントを貯めることができるとかで、その景品にナント!カトー折りでつくる紙食器作り方シートになったとか。社内のイントラネットでしか掲載していないとのことで、見れないので残念ですが、景品シートはこちらでご覧になれます。

       

また、今回このような運びになったのは、カトー折り掲載の件で担当デザイナーの方の存在です。カトー折りとブラザー工業を繋いでくださいました。感謝を申し上げます。

コメント

半分に切った白菜から新芽が。。。

2014-03-23 19:12:40 | 番外編

 半分に切った白菜から新芽が出てきました。

家内が見て見てと、持ってきました。

陽の当たる窓際に1か月くらい置いていたそうです。

ちょっと食品庫代わりに置いていたのですが、こういうこともあるんですね。

コメント

「パンドラの約束」特別先行試写会 櫻井よしこ氏講演会に行ってきました!原発のルネッサンス!

2014-03-12 23:57:22 | 番外編

 このたび、日本エネルギー会議主催の「パンドラの約束」という試写会と櫻井よしこ氏の講演を観て、聴いて参りました。

感動したこと、たくさん、大事な話、たくさん、とっても重要だということ。そして未来のヒントがここにはたくさんありました。原発賛否問わずに重要なメッセージいっぱい。それと日本の存在価値、地球と未来と子供たちを語るなら、これを見ないと。。。とっても大事、大事です。

 申し込みして、入場したのですが、名刺を渡すだけで、入場できました。ぜひ、ぜひ、見てほしい、聴いてほしい!

http://enercon.jp/topics/6784/?list=movie

これをクリックすると、映画の予告編が見れます。これが映画のチラシです。

これが裏です。

映画の感想は、真実を語っていました。その事実と真実は、ある意味、驚嘆の事実でした。ぜひ、見てください。

それと、櫻井よしこ氏の講演を書いたメモです。まとめて、きれいにしたいけど、そのまま、まずは、そのメモを掲載します。読めるか、読めないかでなく、そのままのメモの方が説得力があるかもしれないから。

 

 

このメモをみると、字が汚すぎて、読めないところたくさん、だけど、これを読めるようになったら、きっと衝撃がいっぱい書いてある。かんじたままのメモを読んで、感じ取っていただき、次なる試写会、または映画をごらんください。

 

 

コメント