「カトー折り🄬」ペーバークラフトで広げるエコ!

カトー折り🄬は、商標登録第5994722号を取得しました。2009年に誕生。紙をエコと防災に役立つ知恵の折り方です。

網戸のサッシ部品を3Dプリンターで作って、実際に使えた!

2016-03-14 00:00:03 | 3Dプリンター

 ディアゴスティーニの3Dプリンターで作ったものがどれだけ実用性があるのだろうかと日頃思っていたのだが、使えると実感した。

その部品のスケッチをして、ノギスで寸法を測り、図面化した。それをパソコンで3DCADで描いて出力してみた。

左がその網戸の部品だが、寸法通りには難しいが、紙やすりで寸法を出した。はまらないとまた削るの繰り返しで何とか装着できた。

あとは、穴にドリルで開け直して、完成した。材質は固く、強度があることがわかった。

まだまだ、調整するところはあるが、まずは使えるという実感を得た。

コメント

おわんに入りきらないカニの足入りラーメンで、とっさにチラシで作った紙皿

2016-03-13 23:45:09 | 暮らしに役立つ

 困ったことは、突然の対応ができないときに、よく起きるが、特に食べ物に関しては

カニの足がおわんからはみ出していて、いざ、ラーメンを食べようと思っても、カニの足を食べように思っても

たいへんなときがある。そんなときにチラシがあると、それがお皿になれば、ひと安心。

今回はチラシの角をひねって、さっと作ったチラシのお皿のおかげで、落ち着いて頂けた。

ただの広げた紙でもよさそうだが、皿の方が、ポロリと落ちることもなく、安心して食べれた。

コメント

セキュリティショー2016 セコムブースに行って来ました!

2016-03-11 13:24:14 | セコム

 私はこのたびのセコムブースに熱い注目を感じていたので東京ビックサイトに昨日3/10、行って参りました。行ってよかったです。セコムブースには大勢の来場者に囲まれ、その中に堂々とやっているところを発見しました。他を圧倒するようなブースに、その中身も凄く、テーマパークのパビリオンのように、わくわく感じいっぱいの、臨場感溢れるプレゼントに夢中にみてしまいました。

  この四角い箱のなかは、ちょっとした映画館になっていて、オリンピック会場を警備するドローンやセコム飛行船を臨場感いっぱいに3つのスクリーンで映し出していました。あーこんな風になるんだというイメージがわかり、未来の安心がわかったような気がしました。

 上映が終わると、回りの展示ブースとはまったく違う、ギャップを感じました。他のブースもみたいのに、覚めやぬ興奮を沈めるのに時間がかかりました。

 よくみると、セコムの社員も大勢きており、その盛り上がりは皆さんも同じだったようです。やっと落ち着いて、じっくり他のブースも眺めて、見学しました。やはり、これからのセキュリティはこうなりますという安心を伝えるセコムブースは凄いなと思いました。

 

 

コメント