鴨着く島

大隅の風土と歴史を紹介していきます

西鋭夫教授の歴史観

2019-03-20 12:29:36 | 母性

最近ダイレクト出版という会社がよくネットの広告欄に載っているが、この会社が出した『新説・明治維新』(西鋭夫=にし・としお講演録)という本は書店には並ばず、ネットで送料のみで取り寄せたのであるが、この前ブログで取り上げたヘンリー・ストークス『反日・中韓の詐偽を暴いた』と併せて読むと大変ためになる。

西鋭夫(としお)という人は1941年生まれの77歳で、関西大学卒業後に渡米してワシントン大学に学び、大学院まで出てから一時広告代理店に勤めた後、スタンフォード大学で学位を取得、そこの研究員を経て、今は同大学フーバー研究所の教授である。

このフーバー研究所は大統領フーバーの名を冠したアメリカでも極めて質の高い研究機関で、研究員の多くが政府機関や大手企業にスカウトされる名門であるそうだ。

西氏はフーバー研究所の博士号研究員であった若い時に、アメリカCIA(国家情報機関=スパイ養成機関)からスカウトされそうになったとエピソードを披露している。

それによると、英語の堪能な日本人スパイ(CIA職員)として日本の大学やマスコミ、大企業などに「高級かつ美人の秘書付きの好待遇」を保証するからやってみないかと誘われたそうである。

西氏は大学教授ならやってみたいと傾きかけたのだが、CIAの職員になるからには日本国籍を離れる必要があると念を押され、「(西)母が泣きますよ」「いや、お母さんには黙っていればいい」「(西)でも、やはり母に嘘は付けない」と目が醒め、寸でのところでスパイにはならなかったそうである。

この「母が泣く。母には嘘は付けない」(からスパイには成りたくない)という回想を読んだとき、ああ、この人も古いタイプの日本人なんだーーと感じ入ってしまった。それで、このブログのカテゴリーの中の「母性」に分類することになったというわけである。

さて、西教授の「明治維新観」だが、一言で言えば「イギリスが金を出して志士たちをうまく操った」「グラバー商会と坂本龍馬との関係は後ろにイギリスがあればこそであった」というもので、なるほど開国にはアメリカの「黒船」が最大の効果を発揮したが、その後の維新までの動きを「金の流れ(資金源)」から追っていくとイギリスの野望が透け透けである――というものだ。

そのイギリスはインドを支配しつつアヘンを栽培させ、アヘンを中国清朝に売りつけることで莫大な利益を得ていた。またインドへは工業製品である綿織物を売りつけてこれまた大きな利益を上げていた。

そこにユダヤ系商人も絡んでくるが、グラバーはユダヤ系商人の一つマディソン商会の一支配人として長崎に支店を開設し、坂本龍馬に資金を提供し、竜馬を通して薩摩や長州へ武器を売った。(※薩摩が御雇い外国人としてイギリス人を雇っているのもその流れだろう。)

ヘンリー・ストークスの上に挙げた著作では、イギリスのアヘン貿易や綿花貿易にの「悪行」についてほとんど取り上げておらず、太平洋戦争後の日本に対するアメリカの「戦勝国史観」の横暴を口を極めて罵っているのとは対照的である。ストークスも母国の恥には触れたくないのだろう。

西教授は現在国籍は日本のようだが、アメリカの研究機関からのサラリーで暮らしているからアメリカの歴史上の汚点についてさほど熱心には取沙汰していない。もっとも教授の言及しているのは明治維新前後の事であり、太平洋戦争後のことはさらっと触れている程度だ。

巻末に、教授の論文が日本語と英語で掲載されている。『美学の国を壊した明治維新」というタイトルだが、次の箇所は大いに学ぶべきだろう。

〈 日本が「脱亜入欧」と「文明開化」と「富国強兵」の鑑にした大英帝国は模範とすべき国ではなかった。〉

〈 明治維新から昭和20年まで77年。昭和20年から平成28年まで71年。悲劇の繰り返しににもめげず、日本国民は愚直なまでに美学と道徳(これらの根底にある日本語=引用者注)を大切にする。その日本人を世界中が崇める。日本の黄金時代は目の前だ。夜明け前だ。〉

 

コメント

シャクナゲが咲く

2019-03-19 13:50:35 | おおすみの風景

一昨年近所のDIY店の苗物コーナーで購入し、一回り大き目の鉢に植え替えておいたシャクナゲが見事な花を付けた。

十日くらい前から、つぼみに赤味が見えて来たなと思っていたらぐんぐん大きく膨らみ、三日前には数個の花が開き始め、ついに今朝は満開になっていた。

縁取りが濃いピンクの何とかいう西洋シャクナゲだが、去年の花後に大きめに鉢に植え替え、それからは半日陰になるように庭の西側(西日が当たらない)をあちこち移動して、結構手間がかかっている。

それだけに咲いてくれると嬉しい。

3月中旬の今咲くとは予想していなかったが、やはり暖冬の影響だろうか。

ところが「春一番」の方はとうとうやって来なかった。

また、我が家から見える雄大な高隈山地の1000m級の稜線に、この冬は一度も雪を見ていない。桜島でもいまだに冠雪なしということだから「暖冬ここに極まれり」だ。

一方、桜開花前線は休眠打破に大きな影響を与える低温が少なかったせいで、こちらもソメイヨシノの開花の時期が遅れると予想されている。鹿児島では25日以降になりそうで、満開はそれから十日後となるとして、4月の5日前後だろうか。

今周辺では見ごろの花として、菜の花があり、ハヤトミツバツツジが見事なレンゲ色の明るい花を咲かせている。

昨日から春の彼岸に入ったので、これからは三寒四温、日毎に日が長くなり暖かくなる。ツツジが咲いて蝶々が舞い飛ぶのもあともう少しだ。

コメント

マイブーム

2019-03-13 13:58:46 | おおすみの風景

近頃、はまっていたのは「ペットボトル製の風車」だ。

今ちょうど家庭菜園では春まきの野菜や花のシーズンに入ったところだが、菜園内の通路や庭の路地でモグラが活発に動き始めている。

せっかく耕して種をまいても畝が荒らされては困るので、地面にモグラの嫌いな微細な振動を与えて活動を抑えるか、あわよくば退散させようと、地面に突き刺した棒(実際はスチールパイプ)に風車を取り付けて風力を頼みに回し、懲らしめてやろうという細工である。

三週間前から今日でもう7体を完成させ、庭のあちこちに仕掛けている。ペットボトルの状態にもよるが、羽の数は6枚が基本だ。羽は透明のままでもよいが、自分は絶縁テープを張り付けている。これは緑色で回って透明感が出てくるとさわやかな感じがする。白い絶縁テープを張ったものは回ると実によく目立つ。4枚羽の風車も一つある。これは四角のペットボトルで作ったから当然といえば当然。

6枚羽のより回り方が遅いだろうと最初は思ったが、回り始める時に若干時間がかかるだけで、回ってしまえば一枚の羽根の面積が大きいので速さは変わらないようだ。むしろ迫力と振動のある回り方をする(風に対しての羽根の傾き具合が速度には強く作用するのだろうがここでは大目に見ておく)。

昨日今日と、強い西風吹いているので、思った以上によく仕事をしてくれそうだ。モグラには天敵現わるだろう。

強風のためスギ花粉も飛びまくっている。今朝の犬の散歩のときからして目の周りが少しかゆくなった。あともう一回飛散の小ピークが来て、ソメイヨシノが咲けばスギ花粉に関しては終焉となる。

しかしモグラとの戦いは春の種まきと植苗の植え付けがすべて済む4月いっぱいまで続く。

でも、風車がそのころまで順調に稼働していれば、春の訪れを感じさせてくれるモグラごっこもまた楽しからずや、だ。

コメント

「日本が進むべき道」

2019-03-10 14:07:06 | 日本の時事風景

『反日・中韓の詐偽を暴いた』の著書ヘンリー・ストークスはこの本の終章でブログのタイトルにあるように「日本の進むべき道」を項立てをして、おおむね次のように述べている。

 

1、中国は、いつかは名実共に日本を追い落とし、アメリカとともに太平洋を支配したいという野望を抱いている。

”平和で温厚な文明の獅子‘‘(中国のこと)は、今後もねつ造した歴史をカードにして日本攻撃(反日)を仕掛けてくるに違いない。

2、韓国もまた国内問題を「反日」に転嫁することで、政権を維持しようと躍起になっている。

3、2015年7月に安倍政権は「安全保障関連法案」を成立させようとしたが、マスコミの多くは「憲法違反」だとして大騒ぎし、安全保障論議をまともにしようとしていない。

4、国際法で「自衛権」は認められている。集団的自衛権も日本の当然の権利として有している。

5、安全保障について自らのものとして論議ができない最大の原因は、戦後70年、アメリカに自国の防衛を委ねてきたことにある。

6、日本が今日まで存続できたのは、アメリカの軍事力という後ろ盾があったからである。アメリカの軍事力がなければ、日本はとっくに他国に攻め込まれ、蹂躙されていたに違いない。

7、日本が”真の独立国家‘‘として存続していくためには、本書で述べたように、「戦勝国史観」から脱却し、日本国民自身が徹底的に論議を重ねた上で、自主憲法制定へと踏み切るべきだ。

8、独立国家ならまず憲法を改正し、国を守るために軍隊が必要であること、アメリカに防衛を依存しすぎることなく、自らの国は自らが守るという気概を取り戻すべきである。

 

1・2は「反日」が両国のガス抜き的なプロパガンダであることを言っており、この「詐偽性」については、この本で詳しく述べてある通り。ただし、彼らの拠って立つ論拠はアメリカの「東京裁判」(極東軍事法廷)であり、アメリカによる日本悪者仕立ての戦略であった。本書によれば、日本をことさら貶めることでアメリカの原爆投下や都市への無差別攻撃の国際法違反を糊塗しようとした「戦勝国史観」(戦勝国がやった違法性には目をつぶり、戦敗国がやったことだと正しいことでも認めない。もしくは無視をする史観)が日本人の自身の過去(戦前)を見る目を徹底的に曇らせたのだった。

3・4は安倍内閣が成立させた「安全保障関連法」についてで、国際的にはどの国も「自衛権」を持っているという正論を述べている。ただし、集団的自衛権についてはアメリカとの間に二国間安全保障条約を結んでいることで、前提が崩れてしまうことを考慮していない。

国連憲章が想定しているのは国連加盟国同士では二国間の軍事的同盟は暫定的でなければならず、本来は集団的に(多国間で)「国連安全保障理事会」において解決を見なければならない取り決めである。世界各地の紛争地域において出動している「多国籍軍」がそれである。

日本がもし安全を脅かされたら、安保理に訴える。そして必要なら日本国内に紛争解決のための軍隊が派遣されるが、現在は日米安保があるので米軍のみが出動するが、これは本来の国連本位の姿ではありえない。必ず「多国籍軍」でなければならないのだ。

5は全くその通りである。アメリカ軍も日米安保を楯にとって日本を「守る」はずであるが、そのことに関してはトランプ大統領が「アメリカが日本を守るのに、日本がアメリカを守らないのはおかしい」と安保堅持論者にとっては痛い正論を吹っ掛けて来たのは記憶に新しい。

6は、おかしな論議だ。一体どこの国が日本に攻めて来る(来た)というのだろう。確かに朝鮮動乱の時は日本の九州に韓国人が逃れてきたことはあったが、軍隊が来たことはなかった。また中国は貧しくてそれどころではなかったし、もし中国共産党軍が攻めるとしたら、まずは台湾だったはずだ。ソ連が北海道に侵入する可能性が高かったと言えば言えるが、そうなったらそれこそ国連軍の出番となったろう。

7で言う所の「戦勝国史観」はアメリカの仕組んだ東京裁判によるものだったという筆者にしては、そこから脱却する方法が「アメリカに防衛を依存しすぎることなく、自らの国は自らで守るという気概を持つこと」では、心情論に傾きすぎてはいないか、と首をひねる。

アメリカの創作した東京裁判が、日本国民から自国の誇らしい過去を直視する目を奪い、中国韓国の今日の「反日プロパガンダ」をねつ造する根拠となっているのであれば、この際、日米安保を停止してみるのが一番ではないか。そうすれば日本人は自らの国の過去の汚点ばかりをあげつらうばかりでなく、大功績のあった植民地解放の戦後史を誇らしく思うようになるだろう。

 

コメント

『巻頭言―歴史認識について』

2019-03-06 12:48:58 | 日本の時事風景

※この巻頭言は2007年3月発行の大隅史談会誌「大隅」(第50号)に掲載されたものである(執筆者は当時の会長・松下高明)。

 

平成18年秋に退陣した小泉純一郎首相の靖国神社参拝に対して、中国共産党政府は「歴史認識上の問題があり、すぐにやめるべきだ」と譴責するのがつねであった。

彼らの歴史認識は、A級戦犯という中国を侵略し人民を蹂躙した日本軍の首謀者を祭ってある施設を、日本を代表する者が参拝するのは中国に対して非礼である、というものだ。

ところが、戦前・戦中を通して日本軍が戦った相手は蒋介石率いる国民党であって、各地の軍閥や当時は赤匪(せきひ)と呼ばれた共産党ではなかった。現在の共産党政府は戦後の国民党との内戦で勝利を収めた毛沢東政権の後裔であって、その当時の日本とは全く関係のない凄惨な権力闘争の果てに呱呱の声を上げている。

戦時中の日本軍との関わりにさかのぼって言えば、むしろ毛沢東の共産党は日本軍と国民党軍とを戦わせて消耗させ、自らは勢力を温存すべく地方に「疎開」し、虎視眈々と漁夫の利を狙うことさえできたのである。

その一方でアメリカは国民党に肩入れしていた。蒋介石が共産勢力ではないことと、これ以上日本が中国に関わり、万が一にでも日中が手を携えるようなことがあってはならぬ、との思惑からである。

この思惑の根底に〈黄禍論〉があることはあまり知られていない。黄色人種が白色人種の地球規模の植民地分割支配に割って入る、あるいはその支配から独立しようとすることを彼らの白人優位という人種差別観がそれらをかたくなに拒んでいたからだ。

これに果然として挑んだのが日本で、その証拠が(第一次世界大戦後の)パリ講和会議における日本の主張であった。

全権大使は西園寺公望、副使は英語の堪能な牧野伸顕(大久保利通の二男)で、本会議で堂々と「人種差別はもう撤廃しようではないか」と訴えて会議の採決にかけた。すると、何と賛成が反対を大幅に上回った。

驚いたのが議長をしていたアメリカ大統領ウィルソンで、彼は他の議案についてはほとんどを賛成多数で採択しながら、日本のこの議案については「全会一致でなければならぬ」と強弁し、採択から外してしまったのだ。しかもその後の抗議には耳を貸さずに議場から去り、早々に帰国してしまったのである。

何という傲慢さであろうか。この講和会議の後、アメリカは日本を完全に敵国とみなし始めた。この後、ワシントン軍縮会議、ロンドン軍縮会議などが開かれるが、明らかに日本の脅威の封じ込めを図っている。

パリ講和会議から21年後、日米(英仏蘭)は戦い、日本は敗れた。しかし人種差別的な植民地支配の桎梏は音を立てて崩れていった。

極東においてひとり日本のみが独立を維持し、欧米の白人優位の植民地支配に拮抗して立ち上がることができた。その結果、アジア・アフリカの解放を促したことは世界史的にいや人類史的に見て明らかなことである。

日本軍の残虐ということが戦後はよく言われるが、千人の兵士の中には一人か二人の乱暴者もいただろう。だがそれは実は日常生活における割合と変わらないのだ。

戦勝国側のプロパガンダに乗ってはなるまい。歴史を学ぶ者として先入主の色眼鏡を外し、勝ち負けを超えて冷静に過去を振り返る姿勢が必要だ。

ところで中国共産党政府はいつまで南京大虐殺30万人などと見え透いた嘘をついているのだろうか。許しがたいことである。

 

以上が私の執筆した「巻頭言」で、同誌発刊の2007年3月25日より2週間くらい前には書き終えていたと思う。

上の赤い部分はヘンリー・ストークスの「日本人は欧米の植民地支配を打破するという仕事をした。大いに誇りに思うべきだ」(要旨)に呼応する部分である。

ストークスが最も言いたいことは、このことともう一つ極東軍事法廷(東京裁判)という名の「戦勝国史観」に囚われてはならないということで、この裁判を象徴とした「戦勝国(アメリカ)はすべて正しく、戦敗国(日本)はすべて間違っていた」とする考え方は誤りだということである。

 

コメント