はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

宮崎・鹿児島の旅(歴史的な街並みが残る飫肥へ)

2018-11-14 19:05:55 | 知らない街をぶらり
宮崎ではもう一ヶ所訪ねたいところがありました。それは歴史的な街並みが残る飫肥(おび)という町です。

飫肥の街並みです。ここは重要伝統的建築物群保存地区に指定されています。昭和52年に九州で最初に国の指定を受けたそうです。



石垣の街並みがつづきます。歴史の教科書にも登場する、明治の外交官・小村寿太郎もこの町の生まれでした。



飫肥は伊東藩五万一千石の城下町でもありました。今も飫肥城跡が残ります。



思った以上に立派なお城でした。



歴史を感じるお城です。



友人にお城ファンがいますが、日本中のほとんどのお城に行ったそうです。それも凄いと思います。



飫肥城には天守閣はありませんでしたが、それでいいと思います。



お城をあとに武家屋敷通りを歩きます。このあたりが重要伝統的建造物群保存地区らしいところでした。



九州の小京都といわれるそうですが、私は、「小京都」という言葉があまり好きではありません。



静かな街歩きが楽しめましたが、ちょっと寂しい気もしました。



飫肥では昼食もいただきました。飫肥の名物は「おび天」です。鹿児島のさつま揚げとは、ちがった味でした。丼は「かつおめし」です。温かいおだしでいただきます。かつおの出し汁が美味しかったです。



さいごに飫肥駅に立ち寄って、宮崎市内へと戻ることにしました。鉄道ファンとしては駅も大切な鑑賞スポットです。



帰り道に海外岸沿いを走っていたらサーファーが見えたので、ちょっと見学しました。



そして、国道沿いの素敵な駅もみつけました。JR日南線の小内海駅です。



JR日南線は南宮崎駅から鹿児島県の志布志駅までを走る路線です。ちなみに、志布志へは大阪南港からフェリーさんふらわあが出港しています。(弾丸フェリーもありますよ。)



この日は宮崎市内のホテルに泊まりました。夜は美味しい地元の焼酎(宮崎ではアルコール度数は20%でした。)とともに、地鶏の炭火焼やチキン南蛮をいただきました。鶏料理は大分でも美味しいと思いましたが、宮崎も美味しかったです。


※訪問日 2018.11.8
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 宮崎・鹿児島の旅(鵜戸神宮へ) | トップ | 宮崎・鹿児島の旅(日本最南... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よっちん)
2018-11-14 21:16:42
九州の人は関西に比べて
鶏の美味しい食べ方を
よく知っていると思いますねぇ。

逆に牛肉に関しては
関西人は美味しい食べ方を熟知していると思います。

応援ぽち
Unknown (はりさん)
2018-11-14 21:57:33
よっちんさん
こんばんは。
九州で食べる鶏料理は本当に美味しいですね。
今回はチキン南蛮の美味しさにびっくりしました。
宮崎牛も食べたかったのですが
お店の前でメニューを見てすぐに諦めました(笑)
おっしゃる通り大阪で食べたほうがいいかもしれません。
飫肥城 ()
2018-11-15 05:00:26
お早うございます。
飫肥城、初めて知りました。
日向の南、この城を巡って島津氏と伊東氏の百年戦争が続くわけですね。
歴史ロマンを感じつつ、鉄分もしっかり補給する、はりさんらしいぶらり旅です。

Unknown (takayan)
2018-11-15 09:34:15
おはようございます。
飫肥(おび)は初めて知る名前です。
飫肥(おび)の町並みは、城下町と言った風情で、素晴らし景観ですね。
知覧の武家屋敷も素晴らしかったですが、
この町並みも石積みが見ごたえがありますね。
1枚目の景色の色合いが良いですね。
電線や道路標識等を、もう少し考慮して設置できれば、
この景観がもっと素晴らしいものになるように思いました。
日南線の小内海駅、ローカルな雰囲気が良いですね。
志布志と聞いて、昨年の弾丸フェリーを思い出しました。
Unknown (はりさん)
2018-11-15 16:59:13
信さん
こんにちは。
飫肥はあまり知られていないようで
訪れる観光客も少ないように思いました。
資料館や武家屋敷にも一切入らず
いい加減な観光客でした。
そのくせ駅にはしっかり寄り道しました(笑)
Unknown (はりさん)
2018-11-15 17:07:21
takayanさん
こんにちは。
知覧の町もいいところのようですね。
実は30年ほど前に行っているのですが
特攻隊のことしか記憶に残っていないのです。
1枚目の色具合は自分でも面白いと思います。
偶然に写ったのでもう二度と写せません(笑)
私も志布志と聞いて、なぜか懐かしかったです。
(私はフェリーには乗ってないのですが‥。)

コメントを投稿