はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

黒部の釣りも今年で最後かな(イワナも釣れました)

2019-08-18 18:08:55 | 釣りの旅
初めて黒部で釣りをしてから22年になります。その間ブランクもありましたが、ここにはよく通いました。
その頃は私も若かった(40代)ので、体力も気力もあり、イワナもしっかりと釣ったものです。
しかし、最近は二、三尾も釣れればもう満足で、あとはお酒でも飲みながら渓流の中で佇んでいるのが好きになりました。

黒部、二日目の夜明けです。



こんな景色の中で飲む朝のコーヒーは最高です。沢から引いた水も美味しいのでしょう。



ハナアブが遊びにきます。



トンボも飛んでいました。



今日は、ヌクイ谷を釣ります。この登山道を登っていけば五色ケ原に達します。(コースタイムは4時間半)



川へ下りるのも一苦労です。



ヌクイ谷から見る景色です。この景色が好きで、いつも撮っています。正面の山は針ノ木岳です。



ヒゲさん親子は上流に向かい、私は無理をしないで、下降地点の周辺だけを釣ります。
餌のミミズをつけて、探っていると、コンコンと魚のあたりがきました。しばらく待って合わせると、なんとニジマスでした。



まあまあのニジマスですが、「なんでここからニジマスが出るねん。」とツッコミを入れてしまいました。狙いはあくまでもイワナです。



同じ所でもう少し粘ってみました。すると、再びコンコンとあたりがありグッと合わせると、今度は正真正銘のイワナでした。



これが黒部で釣った最後になるはずのイワナです。なんとか1尾でもイワナが釣れたのでホッとしました。



イワナが釣れたので、もう釣りも終了です。竿も仕舞ってしまいました。ふと、見上げると針ノ木岳笑っているようでした。



今日のお昼ご飯は、定番のカレーです。もちろんドリンク付きです。山で食べるカレー(レトルト)は本当に美味しいです。



T君の釣り姿も決まっています。



川の流れは毎年のように変わります。



渡し船が針ノ木谷から帰ってきました。この船を利用する登山者は、ほとんどが読売新道からの下山者です。(逆は、読売新道に向かう登山者か上ノ廊下に向かう沢登りの人たちです。あまりニュースにはなっていませんが、上ノ廊下では毎年遭難者が出ています。)



流れ込みを釣るヒゲさん親子です。私は釣らなかったのですが、ニジマスが釣れました。



いつまでも目に焼き付けておきたい景色です。



<つづきます>

※訪問日 2019.8.13
コメント (1)

黒部の釣りも今年で最後かな(渓流の楽しみは)

2019-08-17 18:00:55 | 釣りの旅
渓流釣りは、山歩きと違って眺望がきかないのが残念なところです。お花畑でもあればいいのですが、それもありません。写真的には、あまり面白くありません。イワナでも釣れれば絵になるのですが‥。

1年ぶりの中ノ谷です。



中ノ谷にかかる丸太橋です。黒部ダムから平乃小屋まで登山道が整備されていて、約4時間の道程です。



何年か前に、ここで毛針にイワナが飛び出してくれました。釣ったポイントは、けっこう覚えているものです。



昼ごはんです。今日は棒ラーメンです。



渓流釣りの楽しみは、渓流の冷たい水で冷やした



これです。



ここでは、ゆっくりした時間が流れます。釣りに来ているのですが、それを忘れてしまいます。



ヒゲさん親子は、魚止めの滝まで釣り上がります。私は無理をしないで、そのあたりを釣りました。渓流の釣りは、何度も川を渡ったり、岩を乗り越えたりしながら上流をめざすのですが、最近それが出来なくなってきました。



ヒゲさんたちが戻ってきました。手にお土産をぶら下げています。



イワナでした。



ここは、いつも念仏を唱えながら歩きます。足を滑らせれば湖まで一直線です。



平乃小屋のアイドルのモモちゃんです。もう7歳になったそうです。



夕方、ダム湖にルアーを投げに行きました。今年は、昨年と比べると随分と水量が多いです。



ニジマスが2匹釣れたのですが、モモちゃんが邪魔をするので、写真が撮れませんでした。



このイワナは、毎年黒部でお会いしている、滋賀のKさん、Hさんの釣果です。このお二人は、いつもよく釣っておられます。



炭火で塩焼きにしていただきました。



<つづきます>

※訪問日 2019.8.12
コメント (4)

黒部の釣りも今年で最後かな(黒部ダムからの景色)

2019-08-16 18:21:21 | 釣りの旅
8月12日から14日まで恒例の黒部に釣りに行ってきました。
11日の夕方に大阪を出発して、京都でいつもの釣り仲間のヒゲさん親子を乗せて、扇沢の駐車場に着いたのは、12日の午前1時でした。お盆の三連休ということもあり、駐車場が空いているか心配していたのですが、
有料駐車場に何とか停めることができました。朝方に着いていたのでは満車になっていたことでしょう。

扇沢ー黒部ダム間は、これまではトロリーバスでしたが、今年から電気バスになりました。
その電気バスに乗って黒部ダム駅に到着です。



トンネルを抜けると、お約束の景色が広がります。



立山には少し雲がかかっていました。この景色は何十回と見ているのですが、今だに雄山が何処だかはっきりしません。確か頂上にある峰本社からはダムが見えていたのですが‥。



今年は、ダムもしっかり見ておくことにしました。



というのも、黒部での渓流釣りも今年で最後になるかもしれないからです。



岩を乗り越えたり、川を徒渉したりと、何年か前から渓流を歩くのがしんどくなってきました。



ダムカードもゲットしました。



私たちが釣る溪は、ダム湖のずっと先にあります。



遠くには赤牛岳(手前右)、その先には黒岳が見えます。読売新道を歩くのも夢でしたが、もう叶うことはありません。



ダムの上から下を見下ろします。吸い込まれそうな気分になります。



こんな巨大なダムをよく造ったものです。発電のために造ったダムですが、おかげで沢山の人が、こんな山奥の秘境に気軽に行けるようになりました。



黒部ダムの下流側です。見えているのは丸山(2048m)です。もっと晴れていれば、遠くに白馬岳が見えるのですが。



黒部湖を遊覧船ガルベが行きます。



スバリ岳(手前)や針ノ木岳(2821m)も見えます。さあ、平乃小屋をめざしましょう。



<つづきます>

※訪問日 2019.8.12 (今回の旅のカメラは全てコンデジです。)
コメント (8)

酷暑の長居植物園でひまわりを写してきました

2019-08-10 18:05:55 | 花めぐり
久しぶりに長居植物園に行って来ました。
大阪は毎日暑い日が続いていて、出かける気にもなりませんが、ブログの材料も無くなったので、思い切って出かけてきました。
あまりの暑さに1時間ほどの滞在で、ひまわりと百日紅だけを写してさっさと撤収しました(笑)
沢山写したつもりですが、70枚ほどでした。これでは補充になりませんでした。

夏雲が湧く長居植物園のひまわり畑です。



沢山のひまわりが植えられています。



黄色のベールで包みました。



8月3日から18日まで「ひまわりウイーク」が開催されています。



ご愛嬌です。



夏空に向かって咲く、元気なひまわりです。



暑さのせいか、目眩を感じました。それって、熱中症です。



百日紅の木陰が涼しげでした。



鮮やかなピンクです。



酷暑の中のオアシスでした。



※撮影日 2019.8.9

<お知らせ>
明日の夜から恒例の黒部の釣りに行ってきます。私が行くのを待っていたかのように台風も接近してきました。もう「雨男」を通り越して「嵐を呼ぶ男」になったようです。(石原裕次郎か)
ということでブログはしばらくお休みします。
コメント (9)

東風の伊丹空港へ

2019-08-09 19:55:05 | 大阪のまちをぶらり
普段は大阪市の上空を通過して伊丹空港に着陸する飛行機ですが、東風の強い日は逆コースから着陸します。
台風の影響でしょうか、この日も逆コースからの着陸だったので写真を撮りに行きました。

国道171号線軍行橋の上を通過する飛行機です。



千里川の土手からは、真上を飛ぶ飛行機が取れるのですが、ここも面白い写真が撮れました。



少し移動してエア・フロントオアシス下河原に向かいます。



ビル群に向かって離陸する飛行機です。見えているのは梅田あたりのビル群です。



オリンピック・パラリンピックの塗装をした飛行機です。



着陸態勢に入る飛行機です。



離陸しました。



プロペラ機も離陸しました。



遠くに見えるのは二上山のようです。



ランディングしました。



伊丹空港は、日本航空と全日空しか見ることができません。



パイロットも見える近さです。(望遠レンズですが。)



※撮影日 2019.8.6
コメント (6)