はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

思い出のスイス(2)

2021-05-07 19:28:28 | 海外の旅
アルプスを代表する山、マッターホルンです。




エギュ・デュ・ミディ展望台からシャモニーにもどり、さらにバスでテーシュという所にやってきました。
テーシュはマッターホルンの登山口にあたるツェルマットの玄関口です。
ツェルマットへはガソリン自動車は乗り入れ禁止なので、ここで登山電車に乗り換えです。

お洒落な電車に乗ってツェルマットに向かいます。




車内から写したと思うのですが、アルプスで見た川はこんな色をしていました。キャンピングカーも多かったです。




ここからはツアー3日目です。(写真の日付が変わっていたので気がつきました。)

ツェルマットの町です。ガソリン車は閉め出されているので、馬車が走ります。




ツェルマットの町から見た朝日に輝くマッターホルンです。(実はホテルの部屋からも見えたのですが、あまりいい写真がありませんでした。)




もう登山電車に乗っています(笑)今から思えば、駅舎や登山電車の写真ぐらい撮っておけばよかったと思います。




ツェルマットからゴルナーグラート展望台(3130m)に向かう登山電車からのマッターホルンです。




ゴルナーグラート駅です。登山電車が写っていました(良かった)




展望台からの眺めです。この山は、スイスで一番高い山モンテローザです。




参加したのは〜三大名峰をめぐる〜ツアーでした。実はマッターホルンとアイガー北壁を眺めるのがお目当てでしたが、その一つがかないました。




高校生の時は山岳部でした。(私の高校では「登山・スキー部」といいました。)
その頃に山の本もよく読んだのですが、マッターホルン初登頂やアイガー北壁の登頂の話に心を踊らせたものです。
いつかは登りに行きたいと思っていたアルプスやヒマラヤの山々への憧憬も、夢で終わってしまいました。
山に登ることはかないませんでしたが、何十年後にこうして眺めることができただけでも幸せだということにしましょう。

<マッターホルン編は、つづきます。>

※訪問日 2000.8.19
コメント

思い出のスイス(1)

2021-05-06 20:05:05 | 海外の旅
いよいよスイス旅のはじまりです。

予告編でも書きましたが、20年も昔の話です。
当時は仕事も忙しく写真もきちんと整理できないままで今日に至ったのですが、少しずつ思い出しながらの旅日記になりそうです。
当時はフィルムカメラでしたが、どんなカメラを使っていたのかも忘れてしまいました。
今は、カメラの設定やら構図やらを気にしながら撮っていますが、当時は全てカメラ任せだったと思います。


関空から12時間かけてチューリッヒへ。さらに飛行機でジュネーブに。これはジュネーブの町だと思います。




写真に日付があるのも旅の思い出です(笑)ジュネーブの町だと思います。




この日はジュネーブからバスでシャモニー、テーシュへ向かう(約240km)日程です。さすがはツアー旅行です。
シャモニーからロープウェイでエギュ・デュ・ミディ展望台に向かいます。




ロープウェイに乗って一気に三千メートルの高さへ上っていきます。(途中で乗り換えた記憶がありますが?)




あっという間にアルプスの真っ只中です。




雪の壁を登る人がいました。憧れのアルピニストです。




展望台からの眺めです。多分、左手にモンブランの白いドームが見えていたと思います。




氷河がすぐ横を流れています。




下に見えるのはシャモニーの町並みだったと思います。「だったと思います。」が多くてすみません。本当に忘れ去っています(笑)




この高い山がグランジョラスだったと思います。ここの北壁も三大北壁の一つです。




こちらの山もカッコ良かったです。




今いる展望台も富士山より高いのですが、さらにエレベーターで頂上(3842m)まで上ります。




一気にロープウェイで上ってきたので、連れ合いさんは軽い高山病のような症状を起こしていました。その後、ホットココアで復活しました。




しかし、こんな高い所にこんなものをよく作ったものです。槍ヶ岳の肩の山小屋までロープウェイで上り、槍の穂先をエレベーターで上るような感覚です。




後ほど訪れるツェルマットなどは、ガソリン車を締め出し自然保護を進める代表的な町だと思っていました。スイス全体がそうだと思っていたのですが、これでは自然破壊だと思いました。。
でも、そのことによって山に登れる元気な人達だけの世界でなく、体の弱い人やお年寄りなども訪れることが出来るのは素晴らしいことではないかとも思いました。
スイスの初日は、こんなことを思いながらモンブランを眺めたような気がします。

<つづきます>

※訪問日 2000.8.18
コメント (6)

思い出のスイス(予告編)

2021-05-05 21:15:15 | 海外の旅
全くブログのネタが無くなり、思い出シリーズばかりが続きます。
昨年の緊急事態の頃には「思い出のネパール」(2020.4.24〜4.29)を綴りましたが、好評(?)につき、今回は「思い出のスイス」を綴ろうと思います。

スイスを旅したのは2000年8月17日から24日までの8日間、今から20年前の話になります。
ネパールは個人旅行でしたが、スイスはツアーに参加しての旅行でした。
ちょうど銀婚の記念も兼ねての旅行になりました。
私は山が好きなので、アルプスの三大名峰をめぐる旅にしてもらいました。

前回もそうでしたが、まだフィルムカメラの頃だったので、データは写真プリントです(笑)
それをスキャナーしての作業なのでちょっと大変ですが、他にすることもないのでぼちぼちと綴っていきます。


スイスといえばこの山、マッターホルンです。



そして、もう一峰はアイガーです。アイガーは若い頃から憧れの山でした。(登るのではなく眺めるのがです。)




写真のサイズが小さいのですが‥。
コメント (4)

みどりの日は緑特集(2021)

2021-05-04 17:50:50 | カメラ紀行
今年も「みどりの日」は、緑特集です。


紅葉で有名な通天橋は新緑の頃も美しいです。(東福寺 2017.5.21)



山の新緑です。(六甲山 2017.5.26)



新緑の中を流れる蒲田川です。(新穂高 2018.5.22)



緑のメタセコイア並木は生命力に満ちていました。(マキノ 2018.6.2)



富山地方鉄道を撮り鉄しました。(千垣橋梁 2018.6.3)



川も緑色でした。(みたらい渓谷 2018.6.14)



白馬三山を望みました。(大出公園 2018.7.1)



緑の中を走る長良川鉄道です。(岐阜県 2019.5.23)



湖東三山も紅葉の名所ですが、百済寺はこの季節も素敵です。(百済寺 2019.6.1)



床に映った青もみじです。(智積院 2019.6.3)



緑の中をゆく列車です。(北条鉄道 2019.6.13)



嵐山は紅葉も綺麗ですが緑も綺麗なところです。(祇王寺 2019.6.26)



箕面山の青もみじです。(箕面山 2020.5.20)



万博記念公園です。(万博記念公園 20205.22)



大阪城の緑も綺麗です。(大阪城 2020.5.28)



明日香の棚田も緑につつまれていました。(明日香 2020.6.2)



これが一番最新の緑の写真です(万博記念公園 2021.4.19)




緑の美しい季節ですが、撮影にも行けず巣ごもりが続いています。
コメント (2)

今年もおうちでジャズフェスティバル

2021-05-03 16:59:59 | 音楽の話
今年も「高槻ジャズストリート」が中止になりました。
毎年GWの年中行事でしたが、この状況ではいたしかたありません。
しかたがないので、今年もおうちでジャズフェスです。
実は昨年の5月3日にも同じことを書きましたが、今回はそれを再編集しました。
(はっきり言って手抜きです(笑))

ジャズを聴き出したのは20歳の頃からでしょうか。1970年の頃です。京都の街の中にも沢山のジャズ喫茶がありました。
よく行ったのが「ZABO」や「BIG BOY」で、「蝶類図鑑」なんていうジャズ喫茶もありました。
(写真は全て過去の高槻ジャズストリートからです。)



その頃よく流れていたのが、ジョンコルトレーンやマイルスデイビスです。私のお気に入りは、エリックドルフィーでした。
喫茶店の片隅で、哲学者のような顔をして聴いたものです(笑)



ロックも好きだったので、買ったレコードもロックの方が割合が多かったです。(今はレコードからCDの時代になりましたが。)



今も時々、ステレオで(これも古い言葉になりました。)ジャズを聞きますが、ほとんどが50年代から70年代にかけてのジャズです。
最近は、やはり落ち着いて聴けるビルエバンスやキースジャレットなどが多いです。



ジャズは昔の音楽というイメージになっていますが、高槻ジャズストリートに行くと、若いミュージシャンが多いのにも驚きます。



聴衆は圧倒的に中高年が多いのですが(笑)しかし、こんなに多くのジャズファンがいたのかと感心もします。



今年も残念でしたが、来年こそは缶ビール片手に各会場を巡りたいです。



さて、お家でのジャズフェスのラインナップはこんな感じです。



昨年は11枚のCDを選びました。
左上から、ジムホール「ライブ」、キャノンボールアダレイ「サムシングエルス」、ビルエバンス「モントレージャズフェスティバル」、エリックドルフィー「ラストデイト」
中上から、チックコーリア「リターンフォエバー」、オーネットコールマン「ジャズ来るべきもの」、ホレスシルバー「ソングフォーマイファーザー」、ブリジッドフォンテーヌ「ラジオのように」
右上から、キースジャレット「スタンダード1」、ソニーロリンズ「サキソフォンコロッサス」、ソニークラーク「クールストラッチン」


今年も11枚のCDを選びました。



左上から、ソニー・ロリンズ「ヴィレッジ・ヴァンガードの夜」、ウェス・モンゴメリー「フル・ハウス」、オスカー・ピーターソン「ウイ・ゲットリクエスト」
中上から、バド・パウエル「ジ・アメイジング」、ジョン・コルトレーン「ブルー・トレイン」、エリック・ドルフィー「アウト・トゥ・ランチ」、エリック・ドルフィー「アット・ザ・ファイブスポット」
右上から、セロニアス・モンク「ブリリアント・コーナーズ」、ビル・エヴァンス「インタープレイ」、マイルス・デービス「ウォーキン」


家呑みしながら聴いています。キリンのクラフトビール美味しいです!



来年こそは高槻ジャズストリートでライブ演奏を聴きたいものです。
コメント (6)