はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

安土城跡を歩きました(前編)

2018-12-15 17:32:55 | 知らない街をぶらり
安土城は織田信長が天下統一をめざして1579年に安土山に築城した平山城です。織田信長の名前は、歴史ファンでなくてもご存知の方は多いと思います。安土城の名前も聞いたことはあると思いますが、実際に行ったことのある人は少ないと思います。私もその一人で、今回初めて安土城を訪れました。(近くまでは何度も行っていたのですがお城の中に入ったのは初めてです。)
安土城は、大坂城や姫路城のように天守閣があるお城ではありません。ただ石垣が残っているだけのお城です。



実はこの石垣に意味があるのです。今ではお城といえば、大阪城のように石垣で囲まれたイメージですが、信長の頃の城といえば土を固めた土塁がほとんどでした。それを本格的な石垣の城に変えたのも信長の独創性でしょう。(近くにある六角氏の観音寺城を参考にしたともいわれています。)



石垣の積み方にも名前があるのですが、私には分かりません。近江には石積みのプロ集団の穴太衆がいて、ここでも活躍したことでしょう。



大手門跡に受付があり700円(高い!)を払って中に入ります。まっすぐに石段の大手道がのびています。



この左側の辺りには、秀吉邸があったと考えられています。秀吉もここに住んでいたのでしょうか。でも、戦が忙しくてゆっくりしている暇はなかったと思います。



大手道の右側には摠見寺仮本堂があります。ここは徳川家康邸跡と伝えられています。



少し登ったところから振り返ると、東海道本線が見えました。



写真には写っていませんが、この時は雨が降っていました。石段も滑りやすいので慎重に登ります。



真っ直ぐな大手道からややカーブしながら石段を登って行きます。普通お城といえば、枡形があったり複雑な構造になっていて、敵が攻め込みにくくしてあるのですが、安土城はそうではありませんでした。安土城は、守るための城ではなく、見せるためのお城だったというのが良く分かります。



石段を登っていると、あちらこちらに石仏がありました。(掲示してあります。)いかにも神仏を畏れない信長らしい話と思うのですが、石仏や墓石は他のお城にも使われているようです。急いで石を集める必要から何でもかんでもお構いなしだったのでしょう。



湖東三山に紅葉で有名な百済寺がありますが、信長はここを焼き討ちして、石垣をひっぺがして安土城に運んだそうです。(百済寺も石垣で護られた寺院だったようです。)



雨が止んで、突然、日がさしてきました。黒金門跡が見えてきたようです。今回はここまでにします。



<つづきます>

※訪問日 2018.12.14
コメント (4)

温泉が恋しい季節になりました

2018-12-14 21:25:55 | 秘湯の旅
温泉が恋しい季節になりました。

今日はこれだけです。




※撮影日 2011.7.11 槍見温泉にて
コメント (6)

南京町の夜景もきれいでした

2018-12-13 20:55:55 | 知らない街をぶらり
神戸ルミナリエを訪れた日の夕食は、南京町で中華料理をいただきました。
夜景もきれいだったので、ルミナリエの予行演習として少しだけ写しました。

7時過ぎに元町に着いたのですが、混雑を避けるために南京町でゆっくりと中華料理を食べてから行くことにしました。



神戸の南京町は、横浜・長崎と並ぶ日本三大中華街だそうです。横浜の中華街といえば、若い頃に食べたシュウマイの美味しさに感激したことを思い出します。



ここには何回も訪れているのですが、夜に来たのは初めてかもしれません。



豚饅に餃子や小籠包など美味しそうな料理が並んでいます。昼間は行列ができているお店もこの時間は閉まっていました。どの店が美味しいのかよく分からないので、適当な店に入りました(笑)



店の写真や料理の写真はありませんが、西安に行った時に入った店の雰囲気に似ていたので嬉しくなりました。



南京町は、とても活気にあふれていました。この門をぬければ、ルミナリエ会場もすぐです。(本当はすぐですが、会場へはぐるりと遠回りをしなくてはなりませんでした。)



※訪問日 2018.12.10
コメント (6)

神戸ルミナリエを訪れました(ガレリア〜スパッリエーラ編)

2018-12-12 19:32:39 | カメラ紀行
玄関作品の「フロントーネ」から、天井作品の「ガレリアコペルタ」を眺めながら進んできました。

「ガレリアコペルタ」から、光の回廊「ガレリア」が見えてきました。



「ガレリア」は正面から見ると光のトンネルのようです。



近くで見るとこんな感じです。正面からはトンネルのように見えるように計算されているのでしょう。



光の回廊を通り抜けて東遊園地にやって来ると、光の壁掛け「スパッリエーラ」が迎えてくれます。



実は広場も人で埋めつくされているのですが、人の姿は見えません。



なんとも素晴らしい「光の芸術」です。



まわりの雑踏がなければ、夢の世界に迷いこんだようです。



中央にあるのは光の聖堂「カッサ・アルモニカ」です。



神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂と街の復興を祈念する祭典ですが、その意味が良く分かりました。



とても素晴らしい「光の芸術」に出会える事ができ、満足して神戸を後にしました。



※撮影日 2018.12.11
コメント (6)

神戸ルミナリエを訪れました(フロントーネ編)

2018-12-11 19:15:55 | カメラ紀行
神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂と街の復興を祈念して開催されています。今年で24回目を迎えるそうです。あれから24年が経ち、街はすっかり復興しているように見えますが、なかなか癒えない傷もあるのではないでしょうか。

ルミナリエには今回はじめて訪れました。ルミナリエ=大混雑というイメージがあり近寄り難いところでした。




それが今回どんな風の吹き回しか、ルミナリエに行ってみたくなったのです。




混むのが嫌なので、訪れたのは平日の8時ごろです。それでも沢山の人が訪れていました。




行列について歩くこと10分程で会場に着きました。ゆっくりと進む流れに乗って写真を撮りました。




立ち止まるのは禁止ですが、来ている皆さんもスマホで写真を撮りたいのでどうしても立ち止まります。




ゆっくり構図を決める暇はありませんが、なんとか写真は撮れたように思います。




会場は明るいので、カメラの設定もそんなに神経質になる必要はなかったです。



<つづきます>

※撮影日 2018.12.10 カメラFUJIFILM X-T2 レンズXF10-24mmF4R0IS
コメント (8)